分け目を変える5つのメリットと分け目の変え方【動画あり】

長さを変えずに美容院にもいかずに簡単にイメージチェンジする夢のような方法があります。それは、髪の毛の分け目を変えること、です。

ここでは、

  • 分け目を変えるとこんなメリットがある♡
  • 分け目はあいまいに作るのがトレンド
  • 分け目をあいまいにするポイント
  • 【動画】簡単に印象をチェンジ!分け目の変え方

についてまとめてみました。分け目を変えるだけでイメージも変わり気分も一新できそうですよね。

分け目を変えるとこんなメリットがある♡


髪の毛の分け目を変えると、簡単にイメージチェンジできる以外のメリットもたくさんあります。普段分け目を意識していない人から、ヘアスタイルのマンネリ化を何とかしたいと思っている人まで、分け目を変えることがどれだけのメリットをもたらすか、知っておきましょう。

簡単にイメチェンできる

ヘアスタイルを変えるのが大きなイメチェンになるのは誰もが知っていることでしょう。しかし、分け目をかえるだけでも相手への印象を大きく変えることができるのです。

左分けで右側の顔を見せると知的でクールな印象になりますし、逆に右分けで左側の顔を見せるとかわいらしい、愛らしいといった女性らしい印象になります。

トップのボリュームを出せる

分け目がずっと同じだと、髪の毛も同じ方向に流れるようになります。同じ分け目を長く続けていると髪の毛が流れて落ち着く分、ボリュームダウンしてしまうこともあります。

分け目を変えることで、寝ている髪の毛を起こし、トップのボリュームアップにつながります。

分け目部分にできる頭皮の日焼けを予防

分け目部分にできる頭皮の境目は、紫外線の影響を受けやすくなります。長い間分け目を同じにしていると、その部分だけが紫外線にさらされ続けて日焼けします。

日焼けをして一分の頭皮にかかるダメージを軽減するためにも、分け目は定期的に変えたほうがよさそうです。

頭皮の負担を軽減し薄毛予防

分け目を変える際だのメリットと言ってよいのが、頭皮の負担を軽減することです。髪の毛は常に下に向かって重力が働いており、毎日下から引っ張られているような状況にあります。

そのため、同じ分け目を続けていると、特定の部分の頭皮に負担がかかってしまいます。抜けやすくもなりますし頭皮環境が悪くなると、新しい髪の毛も育ちにくくなります。分け目を定期的に変えることは頭皮のダメージ軽減、薄毛予防にもつながるなど、知られざるメリットがあるのです。

フケの発生を抑制する

分け目を同じにしておくと、頭皮の負担が大きくなります。そのため、頭皮トラブルも起きやすく、抜け毛だけではなくフケを発生させることもあります。分け目を変えることは、フケの抑制にもつながるのです。

分け目はあいまいに作るのがトレンド


ヘアスタイルやヘアカラーにトレンドがあるように、分け目にもトレンドがあります。現在、分け目はあいまいに作るのがトレンドになっていますがその理由についてみてみましょう。

おしゃれ感やトレンド感が出せる

モデルをみても、ぱっくりとした分け目を作っている人は少なく、むしろあいまいにしている人が多いです。どこが分け目かわからないくらい曖昧に見せることで、おしゃれ感やこなれ感を出すことができます。

ぱっくりとした分け目は老けて見える

ぱっくりとした分け目は、おしゃれ感がありません。そして髪の毛が少ない分け目が目立ってしまい、老けて見えることにもなります。今のトレンドを抑えるなら分け目はあえて線を引かず曖昧な境界線にするとよいです。

ナチュラルでボリュームのある髪に見せられる


分け目の部分がぱっくりと見えて分け目のとおり髪の毛が流れると、ボリュームがなくみえてしまいますし、作りこんだヘアスタイルのようになってしまいます。あいまいな分け目にすることでナチュラルかつボリュームのある生き生きとしたヘアスタイルにできるのです。

分け目をあいまいにするポイント


今トレンドのあいまいな分け目を作るのはどのようにすれば良いのでしょう。あいまいな分け目は日頃のケアを気を付けるだけで、簡単に作ることができます。あいまいな分け目の作り方を抑えておきましょう。

タオルドライをしっかりとしてからドライヤーをあてる

あいまい分け目をつくるには、タオルドライをしっかりしてからドライヤーをするようにします。普段通り自然に乾かすとどうしても日頃している髪の毛の分け目の通り乾いてしまうからです。

ドライヤーでくせをつけるだけで分け目はなかなか変えることができません。そのため、クリップやヘアピンなどのアイテムを活用して徐々に癖をつけていきましょう。今風のあいまいな分け目をするには、クリップでジグザグに髪の毛を留めるのがよいです。

色々な角度からドライヤーをあて自然に乾かす

クリップなどで髪の毛を固定したら、いろいろな角度からドライヤーを当てましょう。放っておいても髪の毛は普段と同じような流れになってしまうことが多いです。

分け目を変えて今風のふんわりとした分け目をつくるには、髪の毛もふんわりと乾かすことが大切です。

つむじの位置と毛流れを考慮しながら乾かす


髪の毛の分け目には、つむじの巻いている方向が関係している場合が多いです。自然に任せていると、つむじの巻いている方向と同じように髪の毛の分け目が生じてしまいます。分け目を変える場合は、自然の流れと逆にするとよいでしょう。

2ヶ月~3ヶ月のスパンで徐々に癖付けしていく

同じ分け目を長く続けていると、頭皮に負担がかかってしまいます。分け目は定期的に変えるのが良いのですが、完全にくせづく2か月から3か月程度のスパンで変えていくのがよいでしょう。

【動画】簡単に印象をチェンジ!分け目の変え方


分け目を隠して曖昧にしたり、分け目を変えたいと思っていても癖が強かったりぱっくりと割れてしまうので無理、と思う人もいるでしょう。簡単に印象をチェンジできる分け目の変え方を動画でみておきましょう。道具をうまく使うことで家庭でも簡単に分け目を変えることができます。

パックリ分け目を簡単に直す方法

まず髪の毛を分け目の周りにしたがってスプレーでしっかりと濡らしていきます。分け目がぼけるくらい手でマッサージします。巻き髪ウォーターを手で付け、根元にカーブがかかりやすくします。

ドライヤーを使って分け目を無視して左右からまんべんなく風を当て頭皮をこすりながら乾かします。根元を立ち上げるイメージで乾かし、スタイリングをするとよいでしょう。しっかりとブラッシングをしたら完成です。

分け目が隠れるスタイリング

くしを使ってもともとある分け目を横、やや斜めにかえていきます。ななめから中心に向かって新たに分け目を取ります。取り分けたところでおろすと、前から見ると分け目が隠れた状態になります。

ポイントは、今の分け目より2センチ程度、斜めに入るように新たな分け目をとることと、根元をふくらましながらドライヤーを当ててかわかしていくことです。中に風を入れることでふんわりとしたあいまいな分け目の髪の毛になります。手ぐし仕上げるとナチュラルな形になります。

上手な分け目のぼかし方

分け目をぼかすには、額から頭頂部分までギザギザにコームを動かします。ギザギザに分け目を作るようにし、裂くようにすると分け目がごまかせます。これはコームを動かしながらやると簡単にできますし、コームの動かし方によって見た目も変わります。

自分でコームを扱うのが苦手だ、という人はギザギザに分けることができるコームも量販店などで売っていますので、そういったもので分け目をぎざぎざにしてからスタイリングをすると、分け目がぱっくりの人でも上手にぼかすことができます。コームを効果的に動かしながらしっかり乾かすことが大切です。

まとめ

髪の毛の分け目については特に気にしていない人でも、同じ分け目でずっといるとその部分の頭皮に負担がかかったり日焼けしたりするため、フケや脱毛の原因になることさえあります。

分け目を変えることはイメージチェンジにもなりますし、頭皮の環境を守ったり脱毛を防ぐなどさまざまなメリットがあります。分け目を変えるときは乾かすときから工夫することや、チャームやクリップを上手に使うと今風のふんわり分け目にできます。

かわいらしくみえるためのふんわり分け目、今日からぜひ挑戦してみましょう。