【夢占い】火事の煙が意味することとは?煙の状態で診断します

火事の夢を見ると、嫌なことが起こる前触れと思う人は少なくありません。しかし、火事の状況や煙の勢いによっては凶夢ではなく吉夢の場合もあります。

ここでは、

  • 火事の夢が持つ意味とは
  • 夢占いで火事の煙が意味すること
  • 良い火事の夢

についてまとめてみました。

火事の夢が持つ意味とは


火事の夢が持つ意味は、警告的な夢から大吉夢を示します。また、燃え方に注目することも大切です。炎は感情も意味し、怒りの感情にもつながります。ここでは、火事の夢が持つ意味についてみていきましょう。

警告的な夢から大吉夢を示すものまである

夢に出てくる火事には、警告的な夢から大吉夢を示すものまでさまざまです。激しい感情や恋愛・健康に関するネガティブなこと、再生の暗示にも関わっています。火事の夢は状況によって解釈に幅があり、吉と凶の差も激しいので注意しましょう。

火事の夢はショッキングですが、必要以上に恐れることはありません。警告的な夢であっても、そこから注意すればトラブルを防止することもできます。まずは火事の夢がもたらす意味を知りましょう。

燃え方に注目することが大事


火事の夢を見たときに、注目すべきポイントは対象物の燃え方です。燃え方が激しいほど恐怖心も大きくなりますが、夢占いでは燃え方が激しいほど吉夢になる場合が多くなっています。

また、時間ごとに炎が強まっているなら現実では右肩上がりの運気、時間ごとに炎が弱まっているなら現実では右肩下がりの運気と解釈することもできるでしょう。また、ボヤのように燃え方が小さいときは、現在抱えている問題が長期化することが予想されます。

多くの意味があるが怒りの感情を示すことが多い

火事の夢には多くの意味がありますが、感情に置き換えた場合は怒りの感情を示すケースが多くなっています。炎が大きいほど、怒りの感情も大きくなるのです。また、周囲に怒りの感情を出すことができず、内の中で怒りの感情が大きくなるケースもあります。

ただし、怒りの感情が大きいからと言ってネガティブな状況になるとは限りません。怒りを原動力に変えていける人であれば、大きな前進につながるでしょう。火事の炎が大きくても吉夢になることが多いのは、良くも悪くも感情豊かで生命力に溢れているためです。

夢占いで火事の煙が意味すること


夢占いで火事の煙が意味することは、深層心理や変化の度合い、運気などです。火事の夢は炎がピックアップされがちですが、煙の状況も重要になります。ここでは夢占いにおいて火事の煙が意味することを見ていきましょう。

煙は深層心理を表している

夢占いにおいて、煙は深層心理を表すと言われています。火事の煙には大きく分けて三つあり、白色の煙と黒色の煙と炎があるのに煙がないケースです。これらの煙の特徴を知ることで、自分の深層心理に近づくことができるでしょう。

自分の本音は自分自身が気付けてないケースも少なくありません。あまりにも、自分の普段の行動と深層心理が異なっているとストレスが溜まります。自分を見つめ直すという意味でも深層心理を知ることは大切なことです。

煙の勢いで変化の度合いが変わる


火事の夢を見たとき、煙の勢いが激しい場合とそうでない場合では変化の度合いが変わります。煙の勢いが激しい場合は運気の変化が大きくなり、反対に煙の勢いが弱いと運気の変化は小さくなるのです。

運気の変化については、好転する変化の場合もあれば暗転する変化の場合もあります。今の状況からの変化を示すことが多いため、幸せだと感じることが多いなら不幸に、不幸だと感じることが多いなら幸せな状況に変化していくでしょう。

火事で白い煙を見る:トラブル解決・願い事が叶う予兆

火事の夢で白い煙を見た場合、抱えているトラブルが解決して願い事が叶う予兆になります。白という色には肯定的な意味があり、夢占いでは現状の好転につながることが多いです。

ただし、焦り過ぎてしまうのは禁物です。夢を見たあとに美味しい話しがあっても、飛びつかないようにしましょう。冷静に物事を考えることで、いい方向に少しずつ向かうことができます。

火事で黒い煙を見る:運気が低下していることを暗示


夢の中で黒い煙を見た場合は、運気が低下していることを暗示します。黒という色には不吉な意味があり、トラブルに巻き込まれることや環境の悪化が起こるかもしれません。

自分自身の気持ちが落ち込んでいる状況でもあり、周囲の人に不要な心配をさせていることもあります。いつも以上に周りの人には気を遣いましょう。

煙だけを見る夢:先行きが見えない・見通しが立たない状態を象徴している

火事の夢を見たとき、煙だけを見る夢を見たなら、先行きが見えないことや見通しが立たない状況になっていることを象徴しています。現在進行形でトラブルを抱えているときは、トラブルが長続きする可能性も考えられるので注意しましょう。

トラブルは焦って解決しようとすると、状況が悪化してしまうので注意が必要です。煙は消えたように思っても、くすぶって再燃することも少なくありません。完全に煙が消えるまで冷静に対処しましょう。

良い火事の夢


火事の夢を見た場合、それはどんなシチュエーションでしょうか?学校や職場、爆発具合でも意味合いは変わってきます。ここでは良いことが起こる前兆の火事の夢を紹介します。

火事が起こり爆発する夢:すべてにおいて期待が持てる大吉夢

火事が起こるだけでなく、さらに爆発する夢を見たとき、それはすべてにおいて期待が持てる大吉夢です。健康や恋愛、仕事すべての運気がアップするので、モチベーションを高めることにもつながります。

爆発の程度によって運気のアップ具合は変わり、爆発が大きいほど舞い込んでくる幸運も大きくなるでしょう。爆発はネガティブなイメージがもたれがちですが、夢占いにおいては最高の運気を示します。

学校が火事になる夢:新たなスタートを暗示


学校が火事になる夢を見たとき、それは夢占いで新たなスタートを暗示します。現役学生であれば、友達との関係性が変わることや環境の変化につながるでしょう。悪いように変わるのではなく、良いように変わっていくので安心してください。

社会人の場合は、過去に囚われずに未来を見据えることを意味します。学校が激しく燃えているような夢なら吉夢となり、運気もどんどん好転していくでしょう。

火事で職場が激しく燃える夢:金運アップを暗示

職場が火事で燃えている夢を見たときは、金運アップを明示します。炎が大きいほど、金運アップの幅も大きくなるでしょう。ただし、火事の程度が小さいときや炎が出てないときは金運低下を暗示するので注意が必要です。

金運がアップすると、会社で昇進して給料が上がることやボーナスがアップして収入が増えるケースもあります。金運だけでなく、仕事運を上昇させるきっかけになることもあるでしょう。

火事から逃げる夢:現実逃避しようとしている


火事から逃げる夢を見たときは、現実逃避しようとしていることを暗示しています。火事を見たら逃げるのは本能的な行動ですが、夢の世界では現実で怒っているトラブルが火事に該当するからです。

ただし、現実逃避したからと言って問題が起こるとは限りません。火事の夢は運気アップにつながるため、結果として現実逃避した方がいい場合もあるのです。自分の感情に素直に従いましょう。

火事を消す夢:モチベーションの低下や何かを失うという暗示

火事を消す夢は、モチベーションの低下や何かを失うことの暗示です。現実では火事を見たら消す行為は称賛されることですが、夢の世界では火事がやる気や感情になっています。

夢の中で火事を消すことは、燃えている気持ちを消すことになるため、モチベーションが下がることにつながるのです。火事を消す夢を見たときは、自分を奮い立たせましょう。目標を持っているのであれば、目標に明確性を持って行動を起こすことが大切です。

まとめ

火事や煙の夢には、現実と深い関わりがあります。ネガティブだけでなく、ポジティブなことが起こるケースも少なくありません。火事の夢を見たときは、そのときの状況をできるだけ覚えておくことが大事です。そのシーンと現実を照らし合わせ、今後の参考にしましょう。