印象を左右する。料理の魅力を引き立てる「盛りつけ方」

料理のセンスは「盛りつけ方」で決まる

料理の盛りつけ方は、私たちでいうところの「お洒落」。

食べる人と料理の第一印象を大きく決める要素でもあります。

盛りつけ方の工夫ひとつで、料理そのものの魅力を引き立ててるでしょう。

料理のセンスの決め手は、意外なところにありました。

「盛りつけ方」のコツについてご紹介します。

ちょっとした意識で変わる、「盛りつけ方」のコツ

盛りつける量の変化で「余白」を上手に活用

料理を盛りつける際に「余白」を意識してみましょう。

余白を少なく、ワンプレートに詰め込むとカフェスタイルに。

たっぷりの余白を取ると、上品な印象に仕上がります。

ボリューム感を出して、盛って賑やかさを演出することも。

今日の料理のイメージに合わせて「余白」を使い分けてみましょう。

高さを加えて「立体感」をプラス

料理にとって高さは、上品さや美味しさを演出してくれる要素。

高さを出して盛ってあげることで、主役である料理が際立ちます。

それだけではなく、視覚的にも美味しく見せてくれますよ。

お皿の中心部分に料理を配置し、高さを出すように持ってみて。

料理に「ワンポイント」加えてお洒落に

ファッションの着こなしでも、差し色を活用するように料理にもワンポイント。

同じ色合いの料理だとメリハリがない印象になりがち。

緑色がきれいなサラダには、他の色合いの具材をトッピング。

スイーツなら、ミントを飾るだけでも印象が異なります。

料理もコーディネートを組むような感覚で、美味しく彩りましょう。

ワンポイント加えるだけで、お洒落になります。

「料理×お皿」の組み合わせを意識してみる

「今日の料理には、どんなお皿が合うかな?」

普段は選ばないような、お皿と組み合わせるなど。

丸、三角、四角と色んな形と色を試してみて。

ちょっと冒険してみることで、新たな発見があるかもしれません。

「これから先、大切に使いたい」

そう思える運命的な器との出会いがあるといいですね。

食欲を刺激する「5つの彩り」

料理を美味しく見せてくれる「5つの彩り」。

基本の赤、黄、緑に、黒と白を加えた5色のことを指します。

料理を盛りつける時にも、彩りを意識してみましょう。

特に暖色系の色合いは、食欲を引き出してくれる色です。

そのため、暖色系を中心に盛りつけるといいですね。

緑などの寒色系は、ワンポイント加えるのに向いています。

「盛りつけ方」で食べる前から心を掴む

料理は作って、盛りつけるところまでが気を抜けない。

ちょっとしたコツを意識することで料理は変わります。

料理の腕は変わらないのに「料理が上手そう」に見えることも。

食べる前から「美味しそう」と言われる料理に。

ちょっとした気遣いで、食べる人の心を掴みます。

- 1 / 1ページ -