どう使う?「シェーカーボックス」で楽しむ北欧インテリア

《シェーカーボックス》ってどんなもの?

18世紀〜19世紀頃に生まれた木製の箱

おしゃれなインテリアに登場することが多いシェーカーボックス。

「見かけたことあるけど、シェーカーボックスって何だろう?」と不思議に思っている方もいるのではないでしょうか。

シェーカーボックス とは、18世紀〜19世紀頃に生まれ、アメリカのシェーカー教徒が愛用していたボックス。

「有用性に美しさが宿る」というシェーカー教徒の理念に沿って誕生したボックスは、シンプルで美しいデザインに機能性を兼ね備えているところが魅力です。

そんなシェーカーボックスが時を経て日本でも親しまれるようになりました。

ナチュラルな北欧インテリアと相性ぴったり

元々はアメリカで生まれたシェーカーボックスですが、シンプルな機能美は北欧インテリアと相性ぴったり。

ナチュラルテイストのインテリアと合わせるなど、おしゃれな使い方が注目を集めています。

シェーカーボックスを普段の暮らしに取り入れてみませんか?

魅力的なシェーカーボックスの使い方をチェックしていきましょう。

《シェーカーボックス》をどう使う?

裁縫箱として

散らばりがちな裁縫道具をシェーカーボックスに入れれば、すっきりと収納。

見慣れた裁縫道具もシェーカーボックスに入るだけで素敵な雰囲気になりますね。

仕切りがついているのでそれぞれの道具を取り出しやすく、機能性もばっちりです。

キッチンの小物やスパイス入れに

普段はサプリやティースプーンを入れてカウンターに置いておくという使い方もおしゃれなアイディア。

食事の時は好みのスパイスを入れて食卓に置くラックにすれば、テーブルコーディネートのアクセントになります。

発想次第で色々な使い方ができるのがシェーカーボックスの良いところ。

お弁当箱のシェーカーボックス も

お弁当箱として使えるシェーカーボックスもあります。

シンプルなシェーカーボックスがお弁当をより美味しそうに見せてくれていますね。

お弁当箱を開けるのが楽しみになりそうです。

愛情こもったお弁当を入れるのにシェーカーボックスを使ってみてはいかがですか?

《シェーカーボックス》でおしゃれな暮らしを楽しんで

シェーカーボックスは、好みに合わせてさまざまな使い方ができます。

インテリアとして取り入れたり、道具入れにしたり、その使い方は十人十色。

「どうやって使おうかな?」というワクワク感があるのもシェーカーボックスの魅力の1つです。

おしゃれな暮らしにシェーカーボックスを取り入れてみてはいかがですか。