熟睡できる5つの方法!熟睡の驚くべき効果と熟睡できない理由

熟睡できているという人は、どれくらいいるでしょうか。現代人は仕事も忙しく、プライベートでもパソコンやスマホ、テレビなどのブルーライトで睡眠の質が低下している人も多くなっています。

そこで、

  • 熟睡するメリット
  • 熟睡できないのは理由
  • 今夜から試したい!熟睡できる方法

など、知っておきたい知識を紹介します。

熟睡するメリット

熟睡することによるメリットはとても多いです。なかなか眠れないという人は、何かしらの疲労やストレスが蓄積していることも多いでしょう。まずは熟睡することの魅力を知ってください。ここからは熟睡するメリットについて紹介します。

疲労回復

人間の身体は寝ている時に休憩します。内臓は働いているのですが、それでも眠っている時は全体的に臓器も休憩に入ることができるのです。それは根本的な疲労回復に繋がってきます。しっかり寝るというのは、生命維持にもとても重要で、寝ることで日々の疲れをしっかりと癒すことができるのです。

熟睡できない人は、いつまで経ってもなかなか疲労が抜けず、最悪の場合は不眠症を併発して、より疲労が蓄積されるようになります。また、うつ病などの精神病にもなりやすくなり、結果的に泥沼に入ってしまう人もいます。毎日の疲れをしっかり回復させるためには、1日で最低でも6時間~8時間ほどの睡眠が必要です。

ストレスの軽減

熟睡はストレスの軽減にもなります。毎日仕事でもプライベートでもストレスが溜まっているという人も多いのではないでしょうか。特に現代人は便利でハイテクな生活を手に入れたのですが、逆にストレスの指数は高くなっていると言われています。ストレスもずっと蓄積させておくとうつ病などの精神病になりやすくなるので要注意です。

熟睡することによって、思考が一度リセットされ、それによってストレスを軽減できます。人間の身体は不思議なもので、熟睡できるだけでもストレスは軽減していくことができると言われているのです。普段から脳や身体を使っているという人は、休憩の意味を込めて熟睡できる時間を作っていくことがとても重要となるでしょうね。

肌質の改善など美容効果

熟睡することで、実は肌質の改善に繋がっていきます。人間の肌というのはターンオーバーという生まれ変わりを繰り返していて、常に新しい皮膚に生まれ変わっています。熟睡すると、そのターンオーバーがより促進されて、いつでも新鮮で新しい肌に生まれ変わることができるのです。当然、健康的な肌に生まれ変わるので、肌質改善にも効果があります。

美容に関しては人によって大きく違ってくるので、一概には言えません。しかし、睡眠不足はホルモンバランスを崩し、自律神経も乱れさせてしまいます。そうなると身体の循環が滞り、健康を害することが出てくるのです。特に肌は体調をよく表すものでもあるので、肌が荒れている時は睡眠不足なのかもしれません。

熟睡できないのはどうして?

熟睡できない人が増えている昨今、そもそもどうして睡眠できないということが多くなってきたのでしょうか。睡眠できない理由や原因がわかれば、おのずと解決策も見えてくるかもしれません。ここからは熟睡できないのはどうしてなのか紹介します。

体内時計が乱れている

熟睡できない理由として多いのが、体内時計が乱れているということにあります。例えば、海外旅行などに行った時、時差によって眠れなくなることがありますよね。あれは、明らかに体内時計が乱れてしまって、普段のリズムと違う身体の動きに脳が対応しきれていない状態にあると言えるでしょう。

そのため、対処するためには体内時計を整えることが必要です。海外旅行とは言わずとも、平日が眠れないからと土日に長時間睡眠したり、逆に夜更かししたりすることで体内時計が乱れることも多いです。また、太陽の光を浴びずに生活している人も体内時計が乱れやすいので注意が必要となってくるのではないでしょうか。

寝具が身体に合っていない

寝具が身体に合っていない時には、やはりなかなか熟睡することはできません。人間の骨格は人によって違っていて、体格も全然違います。そのため、自分に合った寝具を見つけていくことが必要となってきます。単純にベッドだけではなく、マットレスや枕、毛布や布団などもしっかりこだわって選んでいくことが必要となってくるのではないでしょうか。

ちなみに、現代人はより身体の構造も昔とは変わってきているので、寝具が10年以上同じという人は注意した方が良いです。事実、自分が成長していく段階で身体も変わってくるので、定期的に寝具の見直しをしないと熟睡できなくなります。もちろん、寝具は毎日使うものなので、しっかりとしたものを選んでいくことが必要です。

寝室の環境が整っていない

熟睡できない原因としては、寝室の環境が整っていないということもあるかもしれません。例えば、近隣に交通機関が通っていてうるさかったり、隣部屋や隣室の騒音が気になったりすることもあるでしょう。その他にも、カーテンやブラインドを設置しておらず、周囲から眩しい光が入ってくるということもあるかもしれません。

そういう環境で「熟睡しなさい」と言われても、やはり難しいと言えるでしょう。寝室というのは、しっかりと環境を整えないといけません。自分が一番リラックスできるように、アロマや間接照明など、色々な要素を組み込んで快適な空間を作っていくことも重要です。眠れないのなら寝室の環境にも目を向けてみましょう。

今夜から試したい!熟睡できる方法

熟睡をするためには、正しい方法を知っておくことが重要です。ここからは、今夜から試すことができる熟睡の方法について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。実際に熟睡する方法に関していれば、夜を迎えるのが楽しみになりますよ。

身体に合ったベッドや枕を揃える

熟睡の基本となるのが、睡眠に最適な環境を整えるということです。その中でも特に重要なのがベッドや枕など、自分の身体に合った寝具を整えるということになるでしょう。寝具がぴったりであれば、熟睡の効果はさらに大きくなると言えます。

寝具を専門的に扱っているインテリアショップや家具店に行ってみると、自分に合いそうなものも見つかります。近年は通販で買うという人もいますが、実際に店頭で寝転がってみて、その感触を確かめた方が良いです。ベッドや枕だけではなく、マットレスや毛布、布団などもしっかりと選んだ方が、より熟睡できるようになりますよ。

寝る3時間以内に食事を摂らない

熟睡をするためには、内臓や臓器もしっかりと休ませることが必要です。これらの器官が活動しているだけで、実は睡眠の質も大幅に低下してしまうことになります。そのため、寝る3時間以内には食事を摂らないようにしましょう。食事さえ摂らなければ、基本的に身体の中もしっかりと休ませることができます。

疲労やストレスが溜まっている人は寝る直前まで色々なものを食べてしまう人がいるのですが、間食も睡眠の天敵となるでしょう。夜の22時頃に就寝する予定なのであれば、19時頃には食事を済ませておくようにしましょう。どうしても遅くなりそう場合であっても、睡眠の3時間以内はあまり何も食べない方が良いです。

寝室の室温や湿度を適切にする

寝室の室温や温度に関しては、適切に調節することが必要です。寒すぎると身体に毒ですし、暑すぎても毒です。何より環境が睡眠に適していないと、定期的に目が覚めてしまうことも多く、熟睡とは程遠い睡眠のリズムになってしまうことが多いです。

室温や温度は、人間が快適だと感じる22℃~25℃前後が良いと言えるでしょう。それ以下だと寒く感じますし、それ以上だと暑く感じてしまいます。そうなると身体は無理に環境に適応しようとして疲れてしまうので、結果的に眠れなくなってしまいます。まずは最適な睡眠環境に整えましょう。

寝室を間接照明などにする

寝室の照明に関しては、関節照明にすると良いです。直接光があると、どうしても目に光が入ってきて気が散ってしまいます。関節照明であれば目に直接光が入るということはなく、ほんのりとした空気のまま睡眠に入っていくことができるのです。

また、人間の身体はDNAレベルで月の光程度の光があった方が眠れると考えらえています。そのため、睡眠の時には真っ暗にするのではなく、関節照明である程度の光のある状態にしておくことが重要です。カーテンやブラインドを使わず、あえて月の光で寝るというのも熟睡には効果的だと言えるでしょう。

寝る前にスマホやパソコンを使用しない

寝る前にスマホやパソコン、テレビを見ているとブルーライトの影響で脳が活性化されてしまいます。一度脳が覚醒してしまうと眠くなることもなくなってしまいます。結果的に不眠症になることも多く、人によってはそのまま朝まで眠れないということになる人もいるくらいです。

寝る前の1時間~2時間の間は、ブルーライトを見ないようにしてください。どうしても眠れない時には読書をしたり、景色を見たり、目にとって負担のない過ごし方をすると良いです。

まとめ

熟睡できない現代人が増えたことで、より近年の睡眠事情は大きく変わってきています。健康的に生活していくためには睡眠がとても重要なので、しっかりと眠れる方法を知っておきましょう。こちらで紹介した寝る方法をして、ぜひとも熟睡を手に入れてくださいね。