体にいい飲み物ってなに?効果や飲むタイミングを教えます

普段からジュースばかり飲んでいる人、お酒ばかり飲んでいる人も多いですよね。でも、それらは体にいい飲み物とは言えません。では、体にいい飲み物とはどういうものなのでしょうか。

ここでは、

  • 水分は体にとって重要
  • 飲んでおきたい体にいい飲み物
  • 飲むのに最適なタイミングとは
  • 飲み方を工夫して効果アップ!おすすめの飲み方

についてまとめてみました。

水分は体にとって重要

水分は人間の身体にとって、とても重要なものだと言えます。単なる水分として考えるのか、それともジュースやお酒も含むのかによって、また違ってくるでしょう。

ただ、人間の身体はその大半が水分で構成されています。ここからは水分の重要性について紹介します。

人が一日に必要とする水分の量は2リットル以上

人が1日の間に必要とする水分量は、約2リットル以上だと言われています。事実、人間はどのような生活を送っているのか、人によって大きく違ってくるでしょう。

しかし、基本的に生きているだけで水分というのは消費し続けています。人間が何か行動する時、水分もかなりの量が消費されています。つまり1日2リットル以上の水分が必要と言うことです。

飲み過ぎには要注意

飲みすぎると逆に人間の身体のキャパシティを超えてしまうことがあります。ただの水であれば大丈夫だと思っている人も多いですが、水でも飲みすぎは避けておきたいです。

当然、ジュースやお酒などの水分も、飲む量は人によって違ってきますが、身体に対して適量で済ますことが重要です。

飲んでおきたい体にいい飲み物

それでは体にいい飲み物というのはどういうものがあるのでしょうか。水だけでは栄養が不足しますし、かといってジュースやお酒は飲みすぎると良くないことも多いです。

そこで、ここからは、ぜひ飲んでおきたい体にいい飲み物について紹介します。

緑茶:肌の調子を整える

緑茶はカテキンなど豊富な栄養素を含み、肌の調子を整えてくれる効果に期待できます。肌の調子が整うだけだけではなく、体内環境も正常化してくれるため、体内循環も良くなると言われているのです。

お茶はカロリーも糖質もほとんどなく、安心して飲めます。

水:むくみの改善や老廃物の排出

人間の身体はほとんどが水分で構成されているため、水分不足になるとむくみなどができやすくなる他、老廃物も身体に滞留してしまいます。

そのため、適度に水を飲むことによってむくみを改善する他、老廃物の排出も促進すると良いです。水分をしっかり摂取すると血液循環も良くなり、身体全体の巡りも良くなっていくことが多いですよ。

牛乳:腸の働きを助ける

牛乳には豊富なカルシウムなどが含まれており、骨や肉の生成をサポートしてくれます。また、腸の働きを促進する効果もあるのです。

腸の働きが促進されればされるほど、腸内環境も良くなっていきます。腸内環境は肌にも影響を与えますし、毎日の体調にも影響を与えるものです。ただ、牛乳を飲みすぎると太ったり、お腹を下したりするので注意しましょう。

豆乳:糖の吸収を抑える

豆乳はイソフラボンなどを多くふくみ、糖の吸収も抑えてくれると言われています。日本人の生活は特にカロリーや糖質が多い食事になっている人も多いです。

そのため、豆乳を飲むことで糖の吸収を抑えるということはとても重要となってきます。また、イソフラボンが女性ホルモンに作用しやすいので、女性のスタイル維持などにも活用できるでしょう。

コーヒー:眠気を覚まし集中力を高める

コーヒーには眠気を覚ます効果があります。飲んでから効果が出るまでには30分~1時間ほどかかるのですが、朝には最適な飲み物だと言えるでしょう。

仕事や勉強をする少し前に飲んでおくことで、集中力を高める効果もあります。また、気分転換のスイッチとしても使うことができ、ちょっとしたブレイクタイムに飲めば、リラックス効果も得られます。

野菜ジュース:代謝をよくする

野菜ジュースは製品によって含まれているものが違うので一概には言えませんが、代謝を良くする効果が期待できます。野菜にはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれている他、食物繊維なども豊富な食材があります。

飲むだけで野菜を食べているのと同様の効果も得やすくなり、代謝もアップすると言われているのです。ダイエットにもぜひ。

飲むのに最適なタイミングとは

体にいい飲み物を飲む際、タイミングというのもとても重要となります。タイミングが間違っていると、最悪の場合は効果を実感できなくなってしまうこともあるでしょう。ここからは、飲むのに最適なタイミングについて紹介します。

寝起きの一杯はとっても重要

寝起きは身体が目覚めておらず、乾燥していて、体内の血液循環も鈍化していることが多いです。そのため、寝起きには1杯だけでも良いので、何か飲み物を摂取するようにしてください。

朝は牛乳でもコーヒーでも豆乳でも野菜ジュースでも良いです。ただ、いきなり胃袋に負担のかかるものを飲むと大変なので、1杯の水だけでも十分だと言えるでしょう。

のどが渇く前に水分を摂ろう

普段の生活の中では、喉が渇いてから飲み物を飲むという人も多いでしょう。しかし、喉が渇くというのが、すでに水分が足りていない状態になっているということになります。

そのため、理想としては喉が渇く前に水分を摂るというのが良いと言えるでしょう。我慢するという人もいますが、喉が渇いた状態がずっと続くのは身体に良くありません。

運動の時は水分補給を欠かさずに

運動する時は水分補給を絶対に欠かさないようにしましょう。古い考えでは「運動中は水も禁止だ」としている部活やサークルもありましたが、それは危険なのでやめましょう。

身体を動かすと水分を使うので、むしろ水分補給をしないと身体が壊れてしまいます。怪我だけではなく病気にもなりやすくなるので、水分は30分~1時間に1回ほど摂取してください。

飲み物の種類によって飲むタイミングは異なる

飲み会の種類によって、飲むタイミングがことなります。例えば牛乳や豆乳はいつ飲んでも良いでしょう。ただ、コーヒーなどは目を覚ませてしまう効果があるため、寝る前には避けることが必要です。

また、朝起きた後すぐに野菜ジュースを飲むと胃袋への負担もあるかもしてません。タイミングは飲み物の種類ごとに変えるなど工夫が必要です。

飲み方を工夫して効果アップ!おすすめの飲み方

飲み方を工夫するだけで、実は飲み物の効果はかなり変わってきます。そのため、おすすめの飲み方を実践していくことが重要です。ここからは体にいい飲み物の中でも、特に工夫することで効果がアップする飲み方について紹介します。

ホットで飲む

冷たい飲み物をキュッと飲むのは爽快ですが、身体への効果を考えるとホットにした方が良いものも多いです。コーヒーもホットの方がじんわりと身体に沁み込んでくれるので身体に優しいです。水も極力は白湯などにしましょう。

回数を分けて飲む

一気飲みは身体に良くありません。運動後などは一気に飲むという人も多いでしょう。しかし、人間の水分というのは定期的に消費するようになっています。

つまり、コンスタントに飲む方が身体にとっては良いのです。定期的に段階を踏んで消費するのに、一気に飲んでしまうと身体への負担も大きくなりますよね。できる限りこまめに飲んでくださいね。

体調に合わせて選ぼう


体調に合わせて飲むことも重要です。例えば、お腹を下しているのに、牛乳や豆乳を飲みすぎると、より下してしまうことがあります。

また、飲み物によっては吸収率が低いものもあるので、風邪の時にはスポーツドリンクにするなど、飲み物の種類も工夫してみると、より身体にとって良い効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

まとめ

体にいい飲み物はたくさんあるのですが、飲むタイミングや種類もとても重要となります。もちろん、人間の身体はバランスが重要なので、偏った飲み物は避けましょう。

バランス良く、状況に合わせて飲み物を決めていくと良いのではないでしょうか。