溢れる可愛いが止まらない、甘さに包まれる「cafe no.」

とにかく可愛い、空間に酔いしれる「cafe no.」

元アパレルショップ定員さんが手掛ける「cafe no.」。

「可愛い」を追求した店内には、今までに見たことのない空間が広がります。

大阪から広がり、神戸、広島、原宿と次々と新店舗がオープン。

多くの女性を惹きつける魅力とは?

すべてが甘い「cafe no.」について見ていきましょう。

feely女子におすすめのメニュー「ボトルドリンク」

毎朝お店で手作りしているカラフルなドリンク

「cafe no.」に来たら、押さえておきたいメニュー「ボトルドリンク」。

ボトルに入ったカラフルなドリンクに、シンプルなデザインが映えます。

ドリンクは、毎朝お店で手作りしているというこだわり。

賞味期限は「本日中」とのことなので、買ったその日に飲んでしまいましょう。

「cafe no.」のボトルドリンクの中でも、ピンク色の「いちごミルクが」人気商品とのこと。

何にしようか迷った時は、参考にしてみてね。

「cafe no.」の可愛いパッケージ

可愛いパッケージデザインのボトルを再利用する女子が続々。

綺麗に洗って、花瓶やハーバリウムの容器にするなど活用方法はさまざま。

飲んで後も、別の楽しみ方ができるのも嬉しいポイント。

ボトルタイプなので、待ちを散策しながら飲むこともできますね。

持ち運びしやすいので、お土産にもぴったりなアイテムです。

その場の空間を楽しむなら「限定メニュー」

複数の店舗を構えている「cafe no.」。

店舗によっても、販売されているメニューが少し異なるみたい。

また、その時期だけしか味わえない限定メニューも見逃せません。

お店に足を運んだ際は、チェックしてみてね。

可愛い空間には多数の「フォトスポット」

cafe no.のドリンクイラスト

「cafe no.」では、店内あらゆる場所がフォトスポット。

どこで写真を撮っても、フォトジェニックな空間です。

cafe no.定番のカラフルなボトルドリンクのイラストの姿も。

買ったドリンクと一緒に、SNS投稿用の写真を撮ってみて。

ロゴとキラキラ光るオブジェ

ある一面には、キラキラと光るオブジェの姿も。

ちょこんと描かれた「cafe no.」のロゴがおしゃれですね。

ここでしか、味わうことの出来ない「美味しさ」と「世界観」があります。

注がれるいちごミルク

思わず写真を撮りたくなっちゃうような工夫が盛りだくさん。

まさに店内全体が、エンターテインメント。

「ここに置いて」

と言われているような気さえしてしまいますね。

「cafe no.」の世界観を体で感じて

夕方になると、売り切れのメニューが続出との声も。

お目当てのアイテムがあるなら、早めの時間帯がベスト。

「cafe no.」の魅力を堪能してみてはいかが?

- 1 / 1ページ -