口紅の使用期限っていつまで?長く使うためのポイントも紹介

口紅は余ってしまうこともあり、「いつか使うから」と取っている人も多いのではないでしょうか。そこでふと気になるのが使用期限ですよね。

ここでは、

  • 口紅の使用期限
  • 口紅を長く使うためのポイント
  • 口紅以外も要注意!その他の化粧品の使用期限

についてご紹介します。

口紅の使用期限

口紅には一応使用期限というのがあります。厳密に設定されているということではありませんが、当然ですが時間が経つと質も低下してくるので、新しいものに買い替えた方が良いこともあるでしょう。ここからは口紅の使用期限について紹介します。

未使用の場合は約3年

未使用の口紅であれば、約3年は持つと言われています。これもメーカーなどによって若干の差異があるものの、約3年はそのまま保管することができるでしょう。ただ、これはあくまでも未使用だった場合に限ります。一度でも使ったという時は開封してしまっているので、使用期限も一気に短くなってくると言えるのではないでしょうか。

また、未使用だと思っていても、保管方法によっては開いてしまっているということもあるかもしれません。一度開いてしまうと寿命は大きく変わってきます。口紅をどのように保管しておくかによっても変わってくるでしょうね。まずは口紅がどういう状況なのかを把握し、長持ちさせられるように工夫することが必要です。

開封後は半年~1年以内に使いきる

開封後に関しては半年~1年ほどで使用期限が来てしまうでしょう。厳密な期限というのを設けていないものが多いですが、一度開けたのなら半年~1年以内に使いきる方が良いです。

なぜなら、そのままずっと放置しておくとコスメの寿命もどんどん短くなるし、何よりコスメとしての質も落ちてしまう可能性があるためです。

開封後というのはどうしても口紅が環境の影響を受けやすくなるので、保管しているところによっては、もっと早く寿命が来てしまうこともあるかもしれません。あくまでもこれらの使用期限に関しては環境によっても違ってくるということを理解しておくことが必要となります。どうしても長持ちさせたい場合は、定期点検や定期メンテナンスを行いましょう。

変色や嫌なニオイがするときは捨てる

変色や変な匂いを放っているという時には、素直に捨ててしまうのが良いです。嫌な匂いが発生している時や色が変わってしまっている時というのは、化粧品にも何かしらの影響が出ていると言えます。

そのまま使うのは当然ですが気が引けますし、やはりどんなトラブルや問題になるかもわかりませんから注意は必要となるでしょう。

コスメは肌に直接使うもの、特に口紅は唇にそのまま使うものなので、十分に注意が必要です。変色や変な匂いが発生している時は、肌荒れの原因となってしまうこともあるかもしれません。時間が経過した口紅は、基本的には廃棄することが望ましいと言えるでしょう。

口紅を長く使うためのポイント

口紅を長く使うためには、ポイントも知っておくと良いのではないでしょうか。ポイントをしっかり知っておくことで、より長持ちさせることもできます。そこで、ここからは口紅を長く使うためのポイントを紹介するので、参考にしてくださいね。

リップブラシを使って清潔な状態をキープする

口紅というのは、直接唇に塗っているという人もいると思います。しかし、直接塗るということは唾液や皮脂などが口紅に付着してしまうことになります。口紅を使う時には、リップブラシなどを使いましょう。

リップブラシというのは、口紅を乗せるために使うことができるブラシのことです。これでメイクするようにすれば口紅は清潔に保つことができます。口紅に雑菌などが発生することもなく、長時間使っていくことができます。あくまでも清潔な状態がとても重要となってくるので、そこは意識的に管理をしていくことが必要となってくるでしょう。

使用後は必ずキャップを閉める

使用後にうっかりキャップを閉め忘れてしまうということもあります。口紅は空気に触れる時間が長ければ長いほど、当然ですがダメになってしまうことも多いです。使用後は毎回しっかりとフタを閉めるように確認してください。何度も閉め忘れをしてしまうと、その度に口紅がダメになってしまいます。質も悪くなり、メイクにも悪影響があります。

化粧をする時は色々なアイテムを使うので、締め忘れなどは結構発生してしまうでしょう。そこは意識することによって対処していくしかありません。使ったものは必ず定位置に戻すなど、いつものルーティンの中に組み込んでしまうと、忘れることも少なくなるかもしれません。しっかりキャップやフタをすれば、寿命な長く保てますよ。

高温多湿の場所に置かない

口紅にとって天敵となるのが湿度や気温です。高温多湿のところに保管していると、中で雑菌が繁殖しやすくなり、口紅もダメになってしまうことが多いです。特に雨や雪が降る地域では、高温多湿になることも多いので十分に注意しておきたいでしょう。口紅は環境の影響も受けやすいので、保管する場所にも工夫しておくことが必要です。

基本的には常温であれば問題ないので、保管する場所は気温が高くなりすぎず、それでいて湿度もあまり高くならないところにすると良いのではないでしょうか。そうすることで、より安定した質を保つことができます。また、保管する場所をコロコロ変えてしまうのも良くありません。定位置を決めて、低温低湿のところに保管するようにしましょう。

冷蔵庫で保存するのはあまり良くない

低温低湿というと冷蔵庫が思い浮かぶかもしれませんが、冷蔵庫には雑菌もいるかもしれません。口をつけて飲んだペットボトルや使いかけの調味料、適当に入れている果物や野菜など、口紅をダメにしてしまう原因は多々あります。冷蔵庫は環境としては良いですが、一緒に入れるものの影響を受けてしまうことが多くなるのです。

また、冷蔵庫の場合は冷えすぎることもあり、口紅がカチカチになって逆に使えなくなることもあります。そのため、自然的に冷やすのではなく人工的に冷やすというのは避けておきたいところなのです。無理に冷やすのではなく、口紅にとって良い環境を見つけていくということが必要となってくるでしょう。

口紅以外も要注意!その他の化粧品の使用期限

口紅はもちろんなのですが、その他の化粧品にも使用期限というのがあります。その使用期限を過ぎてしまうと、本来の効果を発揮できないこともあるでしょう。メイク崩れなどに繋がることもあります。化粧崩れさせないためにも、ここからは他のコスメの使用期限について紹介します。

化粧水などのスキンケアアイテム:6ヶ月以内

化粧水などのスキンケアアイテムの場合は6か月以内に使うことをおすすめします。これらは美容成分や保湿成分が多く含まれていて、液体というのが一般的です。保管方法が正しければ長持ちするのですが、普通に使っている時にはやはり6か月ほどで寿命が来てしまいます。

化粧水の他、液体のスキンケアアイテムに関しては保管が難しいものもあるので、上手に保存するようにしましょう。また、使っていて肌に異変が出た場合は、すぐに使うのはやめて買い替えるか、もしくは他のスキンケアアイテムに変えた方が良いです。

マスカラ:6ヶ月以内

マスカラも6か月以内で使い切るようにしたいです。目元を華やかにしてくれるマスカラですが、これも肌に直接触れることがあるので、古くなったものだと思わぬトラブルや問題に発展するということもあるかもしれません。

極力は定期的に交換するようにし、目元もカバーできるようにしましょう。なお、6か月はあくまでも目安なので、そこは自分で色々と確かめて使っていくのが良いのではないでしょうか。

アイシャドウ:1年以内

アイシャドウは基本的に1年ほど持つことが多く、1年以内に使い切れば問題はありません。目元を華やかにしてくれるアイシャドウは、正しく保管すれば1年以上持つものもあります。

こちらも高温多湿を避け、安定した環境で保管するようにしてください。そうすることで、より良い状態を保ってくれます。目元への乗りも変わってくるので、使用期限を考えながら定期的にチェックしておきましょう。

チーク:2年以内

チークは肌に乗せるものですが、他のコスメに比べると長持ちすることが多いです。チークの素材自体があまり劣化しないものなので、風化する恐れもありません。そのため、2年以内に使い切ればまったく問題はないでしょう。

ただ、チークも肌に直接乗せるものなので、異常が出た場合は注意が必要です。使用期限などは厳密にはありませんが、肌への影響を見ながら考えていくようにしてください。

まとめ

口紅に限らず、コスメでは使用期限というのを考えておきたいです。厳密な使用期限というのは設定されていないものもありますが、中にはあまり長く使い続けることができないものもあります。こちらで紹介した情報を参考に、寿命と向き合いながら化粧品を使っていきましょう。