ワンカラーネイルの人気急騰♡扱いやすいおすすめデザインまとめ

ワンカラーネイルの人気急騰♡扱いやすいおすすめデザインまとめ

近年、ジェルネイルやマニキュアでネイルを楽しむ人が増えています。中でも人気沸騰中なのが、全ての爪を同じ色で塗るワンカラーネイルです。

ここでは、

についてまとめてみました。

ワンカラーネイルの魅力

ワンカラーネイルの魅力
アートが何もないワンカラーネイルですが、一体どうして人気が高まっているのでしょうか?まずは、ワンカラーネイルの魅力を見ていきましょう。

シンプルで統一感がある

ワンカラーネイルは、全ての指を一色のネイルカラーに統一したものです。そのため、シンプルで統一感があり、大人っぽい印象になります。また、ワンカラーでもカラーによってがらりと雰囲気が変わり、シンプルでありながらきちんとネイルを楽しむことができるのです。

職場であまり派手なネイルができないという方でも、ワンカラーネイルのようなシンプルなネイルならOKという会社も増えてきています。

サロンでお手軽にできるのがいい

サロンでお手軽にできるのがいい
ワンカラーネイルは、ネイルサロンの中でもお手頃価格ですることができます。サロンでネイルをするとなると、1か月に1回ほどの頻度で通わなくてはなりません。あまりアートが多いネイルだと金額も高くなるため、通い続けるのが難しくてネイルをしていないという方もいるのではないでしょうか。

ワンカラーネイルなら、サロンでも金額は低めに設定されているところが多いので、今まで高いからという理由でサロンに通うことを諦めていた方でも通いやすくなります。

セルフでも難しくない

いくらワンカラーネイルをサロンでやるのが安いといっても、「やっぱりネイルにはあまりお金をかけたくない」という方もいるでしょう。そんな方は、セルフネイルがおすすめです。ワンカラーネイルなら、特別なアートもなく、同じネイルカラーを全ての指に塗るだけなので、セルフネイル初心者の方でも挑戦しやすくなっています

またセルフなら、自分の好きな時に気分に合わせてできるので、休みの日だけネイルするということもできます。

洋服やアクセサリーとコーディネートしやすい

洋服やアクセサリーとコーディネートしやすい
アートがたくさん施されたネイルはとても可愛いですが、その反面、雰囲気が合わない洋服やアクセサリーがあるのがデメリットです。しかしワンカラーネイルならシンプルなので、洋服やアクセサリーとコーディネートしやすくなります。ワンカラーネイルは指先を綺麗に、そして上品に見せてくれるので、洋服やアクセサリーを引き立たせてくれるのです。

ワンカラージェルネイルにするとネイルが長持ちする

ワンカラーネイルは、マニキュアでも簡単にできますが、ジェルネイルにするとさらに長持ちします。ジェルネイルのアートでストーンなどをつけると、何かの衝撃で取れてしまうなどの心配がありますが、ワンカラーネイルはカラーを塗るだけなのでその心配がありません。

マニキュアのように剥げてしまうということも少ないので、より長持ちさせたい方はジェルネイルがおすすめです。

セルフで簡単♡ワンカラーネイルのやり方

セルフで簡単♡ワンカラーネイルのやり方
ワンカラーネイルでも、汚く塗ってしまうとワンカラーネイルならではの綺麗さが台無しになってしまいます。ここで、ワンカラーネイルをセルフでやるときに綺麗に塗るやり方をご紹介します。

1.ベースコートを塗る

メインカラーを塗る前に、まずはベースコートを塗りましょう。ベースコートを塗ることで、次に塗るマニキュアの色が爪に直接つかずに済みます。また、ベースコートをきちんと塗ることでマニキュアがよれにくくなります。

ベースコートを塗るときは、甘皮から爪先に向かって塗るようにし、爪の先端やサイドなどの細かい部分にも忘れずに塗りましょう。

2.マニキュアを薄く塗り乾かす

2.マニキュアを薄く塗り乾かす
マニキュアを薄く塗っていきます。ここでマニキュアを分厚く塗ってしまうと、表面が乾いていると思っても中が乾かず、マニキュアがよれる原因となるので注意しましょう。また、ネイルをどこから塗り始めるのか、ネイルの根元のラインであるキューティクルラインを決めることで仕上がりがより綺麗になります。

キューティクルラインを決めるときは、マニキュアのはけをボトルの縁で扇形に広げて塗り始めると綺麗に決まりますよ。

3.マニキュアを重ね塗りをする

一度目のマニキュアが完全に乾いたら、同じカラーを重ね塗りしていきます。二度目は、一度目より少し多めのマニキュアで塗ると、ネイルに艶が出て色ムラもなくなりますよ。

重ね塗りをするときは、一度目に決めたキューティクルラインからはみ出さないようにすることを意識しましょう。また、一度目同様、マニキュアのはけを扇形に広げて塗ることで、綺麗にぬることができます。

4.トップコートを塗る

4.トップコートを塗る
重ね塗りしたマニキュアも乾いたら、トップコートをたっぷり塗ります。そのあと、ネイルが完全に乾くまで1時間程度待ちましょう。

トップコートをできるだけ早く乾かしたいという方は、速乾性のあるトップコートを選んだり、塗った後に速乾スプレーをかけると、乾かす時間を短縮することができます。

また、100円ショップやドラッグストアなどで売られているネイルガードを使えば、乾かしている間に誤って傷つけてしまうのを防ぐことができるのでおすすめです。

5.はみ出したラインを整える

最後に、マニキュアが爪からはみ出していないかチェックしましょう。ここで、マニキュアが皮膚についてしまっている箇所を見つけたら、綿棒にネイルリムーバーをつけて取り除いてください。

ポイントは、マニキュアを乾かした後にはみ出したラインを整えることです。はみ出した時点で整えてしまうと、綺麗に塗れている部分までよれてしまう可能性があります。トップコートを乾かした後に整えて、綺麗なラインに仕上げましょう。

ワンカラーネイルのスタイル集

ワンカラーネイルのスタイル集
ワンカラーネイルでも、カラーによって雰囲気が全く違うので、デザインもさまざまです。ここで、おすすめのワンカラーネイルのスタイルをご紹介します。あなたのイメージにぴったりのものを見つけてみてください。

ヌーディーなピンクのワンカラーネイル

大人っぽいヌーディーなピンクを使ったワンカラーネイルです。ピンクでも大人っぽいので、落ち着いた印象になり、綺麗なネイルはしたいけどあまり派手なネイルにはしたくないという方におすすめです。また肌馴染みも良いので指先を綺麗に見せてくれます。

爪先にラメを入れていたり、根元にストーンを置いたりすることで、ワンカラーネイルにアクセントがついて、よりおしゃれなネイルになっています。

パープル系のワンカラー

パープルでも薄い色味のものを使うことで、奇抜な印象にならず、女性らしい落ち着いたネイルに仕上がります。また、全体にラメが入っていることで華やかさもプラスされ、ワンカラーでも存在感のあるネイルです。

オフィスカジュアルから普段のコーディネートはもちろん、パーティーシーンにも合うワンカラーネイルになっています。

グリーン系ワンカラーネイル

グリーン系のワンカラーネイルは、少し個性的なネイルがしたいという方におすすめです。グリーン系だと奇抜になりやすい印象ですが、ワンカラーにすることでシンプルに仕上がり、コーディネートにも合わせやすいです。

ポイントで1本だけ根元にスタッズを置くことで、さらにおしゃれなネイルになっています。あまり人とかぶらないグリーン系ネイルで、周りと少し差をつけられますよ。

スモーキーレッド系のワンカラー

レッド系の中でも、少しくすみのかかったスモーキーレッドのワンカラーネイルです。くすみがかかっていることで、レッド系でも落ち着いた大人ネイルに仕上げることができます。また、コーディネートの指し色にもなるので、普段からシンプルなファッションが好きという方にもおすすめのネイルになります。

特に秋冬は、このスモーキーレッドのネイルにするとコーディネートにも合わせやすく、爪先でも季節感を出すことができるのでおすすめです。

ブルーグレーのワンカラー

ブルーグレーは、少し青みがかっていることで、グレーでも温かみのあるネイルになります。またグレー系のワンカラーネイルは、いろいろなファッションに合わせやすいです。あまり派手すぎず、でも存在感もきちんとあるので、ネイル初心者さんでも挑戦しやすいカラーになっています。

ファッションだけでなく、アクセサリーにも合うので、毎日いろいろな服やアクセサリーのコーディネートを楽しめますよ。

ラメ入りピンク

少し濃いめのピンクにラメが入ったワンカラーネイルです。ピンクが明るいと派手になりやすいイメージがありますが、ワンカラーネイルなので明るいカラーでも派手になりすぎません。また、爪先に明るいカラーを持ってくることでコーディネートのアクセントにもなります。

さりげなくラメがあしらってあるので、どの角度から見ても綺麗なネイルになっています。明るめピンクでも落ち着いた印象のネイルがしたいという方におすすめです。

レイクブルーワンカラー

ブルーでも少し緑に近い、レイクブルーのワンカラーネイルです。レイクブルーは、ブルーやライトブルーに比べて大人っぽい雰囲気になり、周りともあまりかぶらないのでおしゃれ上級者さんになることができます。

また、ブルーネイルは夏にする方が多いですが、レイクブルーなら夏だけでなく、春や秋冬でも浮かないカラーです。1年間通してブルー系ネイルを楽しみたいという方におすすめのネイルカラーになっています。

大人びたアコナイトブラウン

チョコレートのようなブラウンネイルは、とても温かみがあってどんなファッションにも合わせやすいネイルです。中でもこのアコナイトブラウンは、大人っぽい雰囲気に仕上がります。

さらにこのネイルは、まるで鏡のような光沢感のあるミラーネイルになっているので、落ち着いたカラーでもきちんと存在感のあるネイルです。

ネオンピンクのワンカラーネイル

ネオンピンクを使った女の子らしいワンカラーネイルです。なかなかコーディネートには取り入れにくいネオンピンクを爪先に持ってくることで、ファッションのアクセントになります。ワンカラーなので、派手になりすぎないのも魅力です。

また、このネイルはマットな質感になるようにマットコートを塗って仕上げています。春夏の印象が強いネオンピンクも、マットにすることで秋冬にも合うネイルになっているのです。

フットネイルもワンカラーがかわいい♡

フットネイルもワンカラーがかわいい♡
ネイルは手先だけでなく、足先でも楽しむことができます。フットネイルも、ワンカラーにするだけでおしゃれになり、足元が綺麗に見えます。ここで、フットネイルのワンカラーネイルのデザインをご紹介します。

ボルドーのフットネイル

あまり露出しない足先だからこそ、存在感の強いボルドーを持ってくるととてもおしゃれになります。足先がちらっと見える夏はもちろん、ボルドーなので冬のフットネイルにもぴったりです。

また、仕事で手先に派手なネイルはできないという方も、フットなら派手なカラーのネイルを楽しむことができます。

フットネイルもピンクでワンカラー

フットネイルも、落ち着いたピンクでワンカラーネイルにすることで、シンプルで清潔感のある足先になります。

そこまで派手にしたくないけど、足先も綺麗でいたいという方は、ピンクやベージュ系のカラーでワンカラーネイルにするのがおすすめです。

まとめ

ワンカラーネイルの魅力と、おすすめのワンカラーネイルのデザインをご紹介しました。オフィスネイルから個性派ネイルまで、カラーによっていろいろな雰囲気が出せるワンカラーネイル。ぜひあなたのライフスタイルや好みに合ったワンカラーネイルを見つけてみてください。ワンカラーネイルをして、指先までおしゃれを楽しみましょう。