スピリチュアルナンバーとは?各ナンバーの性格傾向や計算方法を解説

スピリチュアルナンバーを知っているでしょうか。スピリチュアルナンバーとは、数秘術の一つであり、誕生日を用いて算出します。

占いにも良く使う、

  • スピリチュアルナンバーについて
  • スピリチュアルナンバーの計算方法
  • スピリチュアルナンバーの性格傾向

についてまとめてみました。

スピリチュアルナンバーとは?


スピリチュアルナンバーとはそもそも、生年月日から計算したある数字です。スピリチュアルナンバーとその特質を知ることにより、自分の得意分野を見つけたり、気になる人との相性を知ることもできます。スピリチュアルナンバーの計算方法を知ることで、人生が広がります。

誕生数秘学のバースデーナンバーの一種

スピリチュアルナンバーとは、誕生日から簡単に割り出すことができる一桁ないしは二けたの数字です。誕生数秘学の一種であり、なんとなくしか見えてなかった自分の本質がわかると評判です。

ちなみにスピリチュアルナンバーは、誕生日から導き出されるバースデーナンバーの一つであり、ほかにはエンジェルナンバーとチャレンジナンバーがあります。

前世から続く生まれ持った本質を表す


そもそもなぜ、スピリチュアルナンバーで自分の得意なことや性格動向がわかるのでしょうか。それは、誕生日が人生のスタート時点をしめすことであり、そのなかでスピリチュアルナンバーは過去に分類されます。

自分の過去とはすなわち前世であり、前世で積んだ経験が自分の得意分野となって現れてくることが多いからです。前世の記憶はなくとも魂は身体を変えても生き続けますので、成り立つのです。

ちなみにバースデーナンバーのほかの2つ、チャレンジナンバーは未来、エンジェルナンバーは人生の道を示しています。

1~9・11の合計10種類

では、スピリチュアルナンバーにはどのようなものがあるのでしょうか。スピリチュアルナンバーには1から9の一桁、それから11という10種類の数字になります。なかでも11はマスターナンバーと呼ばれる特殊な数字です。

スピリチュアルナンバーの計算方法


スピリチュアルナンバーを知ることで自分の前世に関わることを知り、本質や自分の得意分野を知ることができます。そのようなスピリチュアルナンバーの計算方法を知っておきましょう。

生まれた日をばらばらにして一桁になるまで足す

スピリチュアルナンバーに使うのは、生まれた「日」です。自分が生まれた日をばらばらにして一桁になるまで足していきましょう。たとえば、14日生まれの人とは、1+4=5で、5がスピリチュアルナンバーとなります。

8日生まれの人は、8がそのままスピリチュアルナンバーになるように、一桁の人はその数字はそのままスピリチュアルナンバーとなります。11日生まれの人はこの計算方法から除外します。

11が出た場合・生まれ日が11日の場合はばらさず終了


生まれた日を1桁になるまで計算しますが、11日の場合は計算が必要ではなく、そのまま11がスピリチュアルナンバーとなります。

加えて、29日生まれなど、足して11になる場合もそのまま11がスピリチュアルナンバーとなります。このように例外はありますので注意しましょう。

スピリチュアルナンバーの性格傾向


スピリチュアルナンバーは、誕生月に関係なく、誕生した「日」だけで簡単に算出できます。スピリチュアルナンバーそれぞれの性格傾向についてみておきましょう。

1:リーダータイプで負けず嫌い

スピリチュアルナンバー1の人は、リーダータイプで負けず嫌いです。特に、人を仕切る才能に長けていますので、前世はもしかしたら王族や貴族、司令官かもしれません。

特にスピリチュアルナンバー2の人とは、2の人が良いサポート役になりますので、相性がかなり良いです。

2:控えめで知的なサポートタイプ

スピリチュアルナンバー2の人は、リーダー気質の人について参謀として活躍します。控えめでありながらも、リーダーをうまく行動させる方法を持っている知性的な行動派です。

スピリチュアルナンバー2の人はサポートをするほうが向いていますので、無理に出世を目指さないほうが人生うまくいくでしょう。

3:素直で無邪気な自信家


スピリチュアルナンバー3の人は自分に自信があり、本当に素直で子供らしい部分が合います。創造性やインスピレーションに優れており、クリエイティブな活動が得意です。前世は役者や踊り子なのではないかと思われるくらいです。

そういった人に向いている職業は、クリエーターや芸術家など創造性、インスピレーションに優れた職業です。

4:真面目で堅実な社会の模範的存在

スピリチュアルナンバー4の人は堅実でまじめ、そして規則を遵守することに長けています。感情に流されることなく規則を守ることができるため、リーダータイプやサポートタイプの人をうまく正当な人に導くことができます。

前世も銀行印や学者、法律家ではないかと言われており、規則順守できる堅実な職業が向いています。

5:社交術に長け人脈が広い人気者

合コン パーティー
スピリチュアルナンバー5の人は、フットワークが軽く社交的です。世渡りが上手でどのような人ともうまくやっていける生来の人気者です。特に人脈の広さにおいては、スピリチュアルナンバー5の人の右に出る者はいないでしょう。

移住や転居してもうまくやっていけますので前世は貿易商や探検家だったかもしれません。人脈のネットワークを広げることを専門とした職業に向いています。

6:面倒見がよく情に厚い

クールな見た目をしながらも、実は面倒見がよく、情に厚いのがスピリチュアルナンバー6の人です。試練すらも楽しむことが出来、人の役に立つことに最上の喜びを得ることがあります。

前世は人のために動くことができる医師や看護師、教師なのかもしれません。人のためにアドバイスをすることも苦でありませんのでそういった特性が生きる仕事がよいでしょう。

7:孤独を好み強靭な精神と探究心を持つ


スピリチュアルナンバー7の人は、常に冷静沈着、孤独を好み強い精神力を持った一匹狼です。人前で弱音を吐くことは決してなく、探求心の強さを生かして自己を高めます。探求心の強さから前世は武士や修行僧、職人なのかもしれません。

人とのコミュニケーションはやや苦手ですが、コツコツと自分を高めていくような仕事に向いています。

8:野望を隠し持ちながら目標に向かう情熱家

熱き野望を心の中に持ちながら、目標に向かって突き進むことができるのがスピリチュアルナンバー8の人です。前世は地位やお金のある王や貴族、貿易商だったのかもしれません。

スピリチュアルナンバー8の人は、隠れた野望を持っていますのでいつかそれに火がつき、有名になったり起業したりすることもあります。

9:自己犠牲の精神と広い人脈を持つ平和主義者


スピリチュアルナンバー9の人は、多くの人と交流があり、そして平和を願う心が強い自己犠牲の精神を持った人です。自分の利益や自分の成功ではなく、世界の平和などもっと壮大なことを考えて生きています。壮大な志と自己犠牲がありますので政治家や宣教師、革命家が前世かもしれません。

人のために動けますので、スピリチュアルナンバー5の人のコミュニケーション能力を使えばその思想がより強まるでしょう。

11:直感で行動するスピリチュアルなタイプ


スピリチュアルナンバー11は、マスターナンバーとも呼ばれており、スピリチュアルナンバー2の要素も併せ持っています。前世は巫女や神官、占い師などではないかと呼ばれているほど、鋭い勘と直感で行動できます。

神聖なものや美しいものには常にアンテナを持っており、論理的に考えるタイプではなく感覚的に動く方が多いでしょう。すごい感覚を持っているのでそれがスピリチュアルナンバー11の持つ秘めたる力です。

まとめ

スピリチュアルナンバーとは、誕生数秘学の一つであり自分の誕生日の数字から、自分の本質や得意とすることがわかります。スピリチュアルナンバーは、例外はありますが誕生日の「日」を一桁になるまで足していった数字です。

スピリチュアルナンバーは、1から9、11の10種類あり、それぞれ特性も違います。自分がどのような人になりたいのか、本質的に何に向いているのかを知りたいときは、スピリチュアルナンバーを計算してみるとよいでしょう。また、身近な人のスピリチュアルナンバーを知ることでその人との相性などもわかります。