肌のお手入れの正しい手順は?悩み別のお手入れも紹介

お肌のお手入れをきちんとした手順で行えている女性はいったいどのくらいいるのでしょうか。スキンケアの知識、意味、それぞれのお手入れを知らないとせっかく行ったケアの意味がなくなることもあります。

ここでは、

  • お肌のお手入れの基礎知識
  • 効果を最大限に引き出すお手入れの手順
  • 悩み別お肌のお手入れに大切なポイント

についてまとめてみました。

お肌のお手入れの基礎知識


スキンケアを何故するのか、スキンケアをどのようにするのか、こういった基本的な知識がないと美肌を手に入れるのは大変です。お肌のお手入れに大切な知識について知っておきましょう。

スキンケアは4つの働きで成り立つ

そもそもスキンケアには4つの働きがあります。どの一つが欠けても満足のいくケアはできません。一つ目は「取り除く」ことで、古い角質表面や化粧品などを取り除き、汚れによる肌ダメージを防ぎましょう。

次に、角質をはぐくむための潤いを与える「育む」です。化粧水や乳液を使って肌に潤いを与えます。3つ目は、肌本来の健やかさを保つために成分を「与える」ことです。最後に、肌を乾燥や紫外線から「守る」というこの4つの働きを満たすことが大切です。

間違ったスキンケアは肌トラブルの原因になる


これら4つの働きを理解してスキンケアをすることが大切です。間違ったスキンケアは保湿成分がいきわたらなくて乾燥してしまったり、うまく汚れや角質が落とせなくて毛穴のつまりなどの肌トラブルになる可能性があります。

効果を最大限に引き出す肌のお手入れの順番


では、スキンケアを効果的にするにはどのような順番でどのようなお手入れをするのが良いのでしょうか。肌のお手入れ方法やそれぞれのスキンケアの役割について知っておきましょう。

クレンジングで汚れをオフしてから洗顔

まず、クレンジングで汚れをオフします。特に化粧品などの汚れが付着していることがあるので、洗顔とクレンジングは別にしましょう。きちんと汚れを落とすことが肌本来の健康に必要だからです。小鼻などの細かい部分やマスカラなど落としにくいメイクもしっかりと落とします。

そのあと、洗顔をすることによって、素肌そのものの不要な汚れを取り除きましょう。日中のダメージや汚れから肌を守り健康で健やかな肌を取り戻せます。

化粧水をつけてから乳液を塗る


スキンケアの順番は化粧水をつけてから乳液を塗ることです。化粧水にはうるおい環境を与えて肌を柔らかくするという役割があります。特に、セラミドやコラーゲンなど肌の保湿に関わる保湿成分は体内にありながらも加齢により失われていくので化粧水で保湿しましょう。

次に、化粧水の有益成分を閉じ込めるべく乳液を使います。化粧水でみずみずしい肌になった後、肌のきめを細かくするため乳液を使う、この順番でスキンケアをするとよいです。

朝は日中用のケアアイテムを使う

朝は、日中の紫外線や乾燥から肌を守るために、日中用のケアアイテムを使いましょう。化粧水や乳液などは朝と夜で使い分けるのも良いです。

紫外線は夏場だけでなく一年中肌にダメージをもたらします。そのため、夏場でなくても日焼け止めクリームなどのアイテムを使いましょう。感想も怖いので、部屋の湿度を調整するなどの予防も必要です。

夜はクリームで潤いを閉じ込める


クリームには、化粧水や乳液などの潤い成分を奥まで閉じ込めて浸透させる働きがあります。加えて、寝ている間の乾燥から肌も守ってくれます。美容クリームをたっぷり使ってそれから就寝することを習慣づけましょう。

美容クリームにはべたつきがあるので、メイクをする朝のケアには不適切です。朝と夜でスキンケア、保湿の方法を変えるのも必要になります。

パックなどのスペシャルケアは週に1度


時にはスペシャルケアを施すことも、時には必要です。たとえば、ピーリングなどの角質除去アイテム潤い成分をくれる美容液や美容マスクなどです。

最近流行のアイテムとしては、皮脂を調節して毛穴を引き締めてくれる収れん化粧水などです。そういった特別なケアは普段のケアより上乗せして行うとよいですが、一週間に一度に留めておきましょう。特にピーリングなどは必要な皮脂まで奪ってしまいますので頻度を考えることが必要です。

特別なスキンケアについては、製品の注意事項を守るのが一番ですが、基準として週1回程度を目安とするとよいです。

悩み別!肌のお手入れに大切なポイント


お肌の悩みは人ぞれぞれで、悩みの中身によって使うべきアイテムにも違いがあります。お悩み別のお手入れポイントについて調べてみました。自分の肌の悩みに応じたお手入れ方法について知っておくとよいでしょう。

Tゾーンが油っぽい:部位ごとで保湿力を変える

Tゾーンが脂っぽいと毛穴に皮脂が詰まりやすくなってごつごつ肌の原因となります。そういった人はTゾーン専用のクレンジングや美容液を使うなど、部位ごとで保湿するアイテムを変えていくのが良いです。Tゾーンの毛穴が気になる場合は、しっかりと洗浄することが必要なので、洗浄力の高いオイルクレンジングを使うとよいでしょう。

ニキビができる:帰宅したら早めに洗顔する


どうしてもニキビができてしまう人は、帰宅すると早めに洗顔するのが大切です。日中は紫外線など肌にさまざまなダメージを受けています。そのため、帰宅をしたら早めに洗顔をして肌のダメージ物質を落とすことから始めましょう。洗顔後は保湿をするとよいです。

脂分が多い人はニキビ肌になりやすいです。揚げ物やインスタント食品、炭水化物など糖質の多いものはほどほどにし、収れん化粧水などを使うことにより皮脂が出る量を調整するとよいです。

ストレスで肌が荒れる:睡眠と腸内環境の改善


ストレスで肌が荒れる人はストレスの原因をなくすことからまず始めます。それだけでなく、良質な睡眠をしっかりと取ることが必要です。特に現代人はスマホをいじる時間が長くてブルーライトの悪影響を受け睡眠の質が落ちることがあるので注意しましょう。寝る前のスマホは控え、睡眠時間の確保とともに良質な睡眠の確保にも気を付けます。

また、肌荒れの原因は腸内環境が悪化することにもあります。腸内環境が悪化すると、老廃物が便としてうまく排出されず肌荒れにつながります。食物繊維や善玉菌を増やすヨーグルトなどを摂取して腸内環境を整えましょう

肌が弱く敏感肌:肌のバリア機能を高める

ナイトクリームの効果とは
敏感肌は肌のバリア機能が落ちてきていることにより起こります。そのため、敏感肌の人は敏感肌用化粧水やクリームなどでしっかりと保湿し、肌のバリア機能を高めることから始めましょう。

肌のバリア機能を高めるためには、コラーゲンやセラミドなどの保湿成分をしっかりと浸透させることが必要です。コラーゲンについては、サプリメントやコラーゲンドリンクを利用するのもおすすめです。

保湿不足による乾燥:洗顔のやり方と保湿アイテムを見直す


保湿不足による乾燥肌になっている人も少なくありません。保湿しているつもりなのに肌がガサガサ、という人は洗顔方法から見直しましょう。メイクを落としたいからと洗浄力の高いオイルクレンジングは、洗浄力が高い反面乾燥肌の悪化につながることもあります。乾燥肌の人はクリームの洗顔料を使うとよいでしょう。

入浴後、洗顔後は肌が柔らかくなっており保湿成分がしみこみやすくなっています。そのため、洗顔後は時間をおかずに保湿することも大切です。手の乾燥に悩んでいる人は、手が保湿成分を吸い取ってしまうこともあるので顔の保湿にはコットンを使うとよいです。

まとめ

毎日のスキンケアには意味があります。クレンジングや洗顔でしっかりと汚れを落とすのは勿論、スキンケアによって新しい肌をはぐくむケアも同時に必要だからです。

必要な肌ケアは自分の持つ悩みによって変わってきます。それぞれのスキンケアにこめられた意味と、自分の肌の状態を比べて、一番ふさわしいアイテム、一番ふさわしいスキンケア方法を取り入れるとよいです。

肌ケアはもちろんですが、食生活や睡眠など、生活習慣の改善も毎日継続して行うようにしましょう。そして、憧れのツヤ肌、加齢に負けない肌を目指しましょう。