オイルフリーファンデーションのおすすめを紹介!

肌をよりナチュラルに見せたいのなら、普通のファンデーションではなくオイルフリーファンデーションを使ってみてはいかがでしょうか。その効果はとても大きいですよ。

ここでは

  • オイルフリーファンデーションの特徴や選び方
  • テカらないオイルフリーファンデーション
  • カバー力のあるオイルフリーファンデーション
  • 乾燥肌に合うオイルフリーファンデーション

を紹介します。

オイルフリーファンデーションの特徴

オイルフリーファンデーションは特徴も豊富で、知れば知るほど使いたくなる要素が詰まっています。普通のファンデーションも良いのですが、人によってはオイルフリーファンデーションの方が良いかもしれません。ここからは、その特徴について紹介します。

鉱物油などの油分が入っていないので肌に優しい

オイルフリーファンデーションは鉱物油などの油分が入っていません。普通のファンデーションの中には、それらが配合されたものもあります。当然、鉱物油は人間の肌に馴染みにくいので、肌に優しいとは言えません。

オイルフリーファンデーションであれば鉱物油などは使っていないことが多いので、肌にとても優しいのが特徴となっています。肌が敏感な人や乾燥している人、ダメージを負っている人などにこそ、オイルフリーファンデーションがおすすめです。

クレンジングは不要な場合が多い

オイルフリーファンデーションはクレンジングが不要な場合も多いです。普通のファンデーションは、クレンジングが必要となります。しかし、毎日化粧やメイクをする人にとっては、そんなクレンジングも面倒ですし手間もかかりますよね。

オイルフリーファンデーションはクレンジングを使わなくても落とせるものが多いので、手間も面倒もありません。また、クレンジングのやりすぎによる肌のダメージも軽減できます。摩擦なども起こらないので、肌をよりナチュラルな状態に保っておけますね。

オイリー肌の方にオススメ

オイルフリーファンデーションは特にオイリー肌の人におすすめです。脂性肌の人はコテコテになっていることが多いので、普通のファンデーションだとどうしてもテカってしまうことも多いです。ただ、オイルフリーファンデーションなら心配は無用です。

オイルフリーファンデーションならそもそも油分が含まれていないので、安心して使っていくことができます。肌に対する不安もありませんので、基本的にどんな肌でも使えます。オイリー肌だけではなく、乾燥肌や敏感肌、ダメージ肌に使っていくことができて便利です。

オイルフリーファンデーションの選び方

オイルフリーファンデーションの選び方は、色々なポイントを押さえておくと良いです。そこで、ここからはオイルフリーファンデーションの上手な選び方について紹介します。初めて使うという人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

オイリー肌にはテカりにくいタイプ

オイルフリーファンデーションはテカりにくいタイプを選ぶと、オイリー肌の人にとってとても効果を発揮します。オイリー肌だとテカりが目立つこともあるので、光沢を抑えたマット感のあるものを選ぶと良いでしょう。

マット感があると肌がすべすべのさらさらに見えるので、とてもきめ細かく演出できます。テカテカしていると見た目も良くないだけではなく、化粧崩れやメイク崩れも引き起こしやすくなります。そういう意味でも、オイルフリーファンデーションがおすすめです。

肌悩みがある場合はカバー力が高いタイプ

肌に悩みがあるという時には、カバー力の高いタイプを選ぶようにしてください。オイルフリーファンデーションはカバー力に優れているものも多いです。それによって、肌をしっかりとケアすることができるので、普段から肌を酷使している人にもおすすめと言えるでしょう。

ちなみに、オイルフリーファンデーションによっては肌に優しい美容成分が豊富なものもあります。美容成分は植物由来の天然のものを使っているものだと、より安心して使っていくことができるでしょう。カバー力に注目して選んでみても良いですね。

乾燥肌にはオイルフリーでも保湿効果のあるタイプ

乾燥肌の人は、オイルフリーであっても保湿をしっかりしてくれるタイプがおすすめです。オイルフリーファンデーションには美容成分の他にも、保湿成分が含まれたものもあります。それらだと乾燥肌の人にとっても使いやすいと言えるでしょう。

なお、乾燥肌だけではなく敏感肌やダメージ肌の人も、保湿効果があると安心です。保湿することで肌を守れるだけではなく、しっかりとカバーしていくこともできます。そこを基準にオイルフリーファンデーションを選んでみても良いかもしれませんね。

テカらない!おすすめのオイルフリーファンデーション

オイルフリーファンデーションの中でも、オイリー肌の人はテカりにくいタイプを選ぶようにしましょう。ここからはテカりにくいファンデーションの中でも、特におすすめのオイルフリーファンデーションについて紹介します。

モイストラボ BBミネラルプレストパウダー

こちらのオイルフリーファンデーションは、ミネラルが含まれていて肌にも優しいのが特徴となっています。何よりテカりを抑えることができるので、仕上がりも自然な発色でナチュラルなのが特徴となっているのです。

また、こちらは日焼け止めとしての効果もあるので、紫外線が気になるという人にもおすすめです。肌を突き刺すような太陽が出ている日は、メイクの仕上げとして使っても良いでしょうね。化粧をする人は、こちらがあればまず安心です。

クリニーク ステイマットパウダー オイルフリー

コンパクトタイプで人気を集めているのが、こちらのオイルフリーファンデーションです。マット感のある仕上がりになるので、肌がテカテカしてしまうことはありません。スマートな顔に仕上げてくれるので、おしゃれ女子よりも落ち着いた大人の女性におすすめです。

ステイマットパウダーなので、顔のテカりを十分に抑えてくれます。もちろんオイルフリーファンデーションなので肌にも優しく、安心して使うことができます。ちょっと高いですが、それでもコスパは良い商品だと言えるでしょうね。

カバー力のあるオイルフリーファンデーション

オイルフリーファンデーションを選ぶなら、カバー力のあるタイプも選びたいですね。特に肌に悩みがある人はカバー力に優れているものを使っていくと良いです。ここからはそんなカバー力に優れたオイルフリーファンデーションを紹介します。

レブロン カラーステイメイクアップ

こちらのオイルフリーファンデーションは、肌にとても良い成分で作られています。何と言ってもカバー力が優れていて、最大で24時間前後崩れにくい状態を保ってくれます。長時間のメイクや化粧が必要な時には、心強い味方となりますね。

もちろん、毛穴やニキビなど気になるところはしっかりとテクスチャで隠してくれるので、肌荒れしている人も安心して使うことができます。ソフトマットな仕上げなので、妙にテカることもなく、自然な仕上がりで使っていくことができるのが魅力です。

エテュセ ファンデーション ゼロポア オイルブロックパクト

トータルで肌をカバーしてくれるのが、こちらのオイルフリーファンデーションです。毛穴はもちろん、ニキビなどもカバーしてくれるので、肌が根本的に美しくなります。また、色ムラも一瞬でカバーできるため、忙しい人でもパパッと仕上げることができるでしょう。

コメド予防しながらも、さらさらですべすべな肌にしてくれるパクトということもあり、人気も高いです。使った人の評判も良く、品質でも評価されています。こちらも少し高めですが、キャンペールやセールでプチプラになっていることもあるのでチェックしてください。

乾燥肌にも合うオイルフリーファンデーション

乾燥肌の人は、オイルフリーファンデーション選びもしっかり行っておきたいですね。単純にオイルフリーでも保湿してくれるものもあるので、それらから選びましょう。ここからは乾燥肌の人におすすめのオイルフリーファンデーションを紹介します。

MU ミネラルリッチファンデーション

オイルフリーファンデーションの中でもミネラルが豊富に含まれていて、肌にも優しいのがこちらのアイテムとなっています。肌をカバーしてくれるだけではなく、乾燥から守ってくれるという優れものです。

評価は人によって分かれますが、合う人には合うファンデーションと言えますね。評判に縛られず、自分の肌に合っているのであれば、たっぷりと使っていくこともできるでしょう。

オルビス(ORBIS) クリアパウダーファンデーション

ナチュラルな色合いでしっかりカバーできるのが、こちらのオイルフリーファンデーションです。肌の色に近いカラーを揃えているので、より自然な発色でカバーしていくことができるのも嬉しいです。

オイルフリーファンデーションの中でもプチプラで、なおかつ肌にも優しい成分で作られています。特に乾燥肌で悩んでいる人にも優しい美容成分が含まれているので、安心して使っていくことができるのではないでしょうか。

まとめ

オイルフリーファンデーションは近年、肌に優しいということもあって人気も高くなっています。色々なメーカーが製造して販売しているので、ぜひ自分に合っているものを見つけてください、こちらで紹介したものの中から選んでみても良いかもしれませんね。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。