爪が割れた!カンタンに自分で対処する方法・おすすめアイテム

何かにちょっとぶつかっただけなのに爪が割れてしまった、という経験をしたことがありませんか?特にネイルを頻繁にしている人は、常が割れやすくなっている可能性があります。

ここでは、

  • 爪が割れた!そんなときの対処方法
  • 爪が割れたりヒビが入ったりする原因は?
  • 爪が割れたときの応急処置におすすめのネイルグルー
  • 爪が割れたときのおすすめシルクラップ
  • 爪が割れない予防を心がけよう

についてまとめてみました。

爪が割れた!そんなときの対処方法

二枚爪にならないために気をつけること

爪が割れたままでは、キレイにネイルをしていても魅力が半減してしまいます。そのままにしておと亀裂が広がり、爪の中に雑菌が入ってしまうことも。そうなるとネイルどころではなくなってしまうでしょう。

爪が割れても痛みがないこともありますが、放置せず早めの対処が必要です。爪が割れたときの対処法について紹介しましょう。

ネイルグルーで補正する

爪が割れてしまった場合、ネイルサロンに行くのがおすすめですが、比較的軽症であれば、自分で補正する方法があります。一つがネイルグルーと言われるネイル専用の接着剤で補正する方法です。亀裂部分にネイルグルーを付けることで、それ以上亀裂が入らないようにできるでしょう。

具合的には、まず、ネイルチップやネイルパーツを付けるための接着剤を、つまようじで爪の割れたところに埋めこんで乾かします。次に、ネイル用のヤスリでデコボコを整えたらトップコートを塗って仕上げます。

シルクラップを貼る

シルクラップを貼るのもおすすめの方法です。シルクラップはジェルネイルに使用する接着剤がついた薄いシートのこと。ネイルグルーよりもキレイに補修でき、割れにくいでしょう。しかも、割れた部分に乗せて貼るだけなので、簡単に補修することができます。

市販されている亀裂補修キットを使う

二枚爪になったときの対処法
市販の亀裂補修キットを使うのもおすすめ。亀裂補修用キットには、シルクラップやネイルグルー、繊維入りのシートなどが入っているので、それを使って補修できます。シートをカットし、亀裂が入った部分に貼ります。

爪ヤスリで整えてトップコートを塗るだけでもOK

亀裂が入った部分を爪ヤスリで整え、トップコートを塗るだけでも、亀裂が深くなるのを防ぐことができます。ただし、表面だけに浅いヒビが入っている程度の場合で、大きな亀裂が入ってしまった場合は、補修をするようにしましょう。

爪が割れたりヒビが入ったりする原因は?

通常、何かに強くぶつけたりしない限り、爪が割れることはありません。しかし、爪の状態が悪くなっていると割れやすくなり、ちょっとしたことで割れたりヒビが入ったりするもの。爪が割れたり、ヒビが入ったりする原因について見ていきましょう。

乾燥で柔軟性がなくなっている

原因の一つは乾燥していることです。肌に密着している爪は水分が行き届くため割れることはほとんどないのですが、肌に密着していない部分は水分が不足しやすいため、柔軟性がなくなり割れやすくなります。

冬など乾燥した季節は注意が必要。水やお湯を使う家事はそれだけでも乾燥しやすいのですが、洗剤によっても乾燥しやすくなります。また、パソコンなど指先から水分が失われる作業が多いと、水分が失われやすく乾燥しやすくなります。

栄養不足

ダイエットなどで栄養が足りていないことも、爪が割れやすくなる原因です。忙しくて食事ができない、偏食が多いなど、栄養バランスが乱れることで栄養不足に。

爪はケラチンというタンパク質からできています。そのため、爪の材料となるタンパク質をはじめ、ビタミンAやビタミンEなどが不足すると爪に影響が出るので注意しましょう。

マニキュアやジェルのやりすぎで爪がもろくなっている

爪に優しいはがせるマニキュア

マニキュアやジェルはどんなに気を付けていても、爪へのダメージとなります。頻繁にマニキュアやジェルネイルなどをしていると爪の乾燥の原因に。

また、ネイルを落とす除光液は爪を乾燥させやすいため、爪が割れる、ヒビが入るなどのトラブルが増えてしまいます。

爪が割れたときの応急処置におすすめのネイルグルー

爪が割れてしまった場合、放置しておくとヒビが深くなり、雑菌が入りやすくなります。そうなる前に自分でできる応急処置をしましょう。方法の一つがネイルグルーと呼ばれる接着剤です。おすすめのネイルグルーを紹介しましょう。

デュカート ワンドロップネイルグルー

チューブタイプで使いやすいのもメリットです。剥がすときにはぬるま湯につけて、ゆっくり剥がすと取れます。

ビューティーネイラー ジェルネイル ネイルアートグルー


筆タイプなので、ラインストーンなどアートをしている爪の上からでも補修できます。爪にまんべんなく塗布することができ、刺激を与えなければ持続性も高いのがメリットです。

ibd ブラッシュオンネイルグルー


接着力が高く、馴染みやすいので使いやすいです。ブラシ付きなので量を調節しやすく、液ダレの心配もありません。表面をなめらかに整えれば、爪の補強にもなります。

爪が割れたときのおすすめシルクラップ


シルクラップは爪への負担が軽く、ダメージが少ない補強アイテムです。補強した部分にシルクラップを貼り付けるだけなので簡単にできるもメリット。爪が割れたときのおすすめシルクラップを紹介しましょう。

ケア/ネオコレクション シルクラップ


幅2.5mmでカットしやすいサイズが便利。ハサミでカットするだけで使えます。厚みがあり、割れてしまった爪をしっかり保護してくれるので、補修後すぐにでも安心して手を使うことができるでしょう。繊維のほつれも気になりません。

IBD ファインテクスチャーシルク


密着度が高く粘着性に優れているので、しっかりひび割れを補修できます。リーズナブルな価格も魅力です。

NFS ナチュラルフィールドサプライ ドットシルクラップ


繊維の裏側にドット状に施された粘着剤によって、爪の表面までネイルグルーをしっかりいき渡らせることができます。そのため、粘着性が高いシルクラップと言えます。

爪が割れない予防を心がけよう

二枚爪の気になる状態とは
いくら自分で補修できても、爪が割れてしまうのは避けたいものです。そのためには、爪が割れないよう日頃からの配慮が必要。爪が割れないようにするための予防ケアについてまとめました。

ハンドクリームでしっかり保湿する

乾燥による爪のひび割れは多いので、乾燥させないためにもハンドクリームをしっかり塗って保湿しましょう。ハンドクリームを爪の先まで塗り、爪をマッサージするように塗り込むのがポイント

特に爪の先は乾燥がひどくなりやすいので、爪の先まできちんと保湿を心がけることが大切です。

ハンドクリームでも十分保湿できますが、ネイル専用のオイルもおすすめ。爪を丈夫にして、割れにくい爪になれるでしょう。

栄養バランスの良い食事

栄養不足になると、爪への栄養も不足し割れやすくなるので、栄養バランスを考えた食事をすることも必要です。そのうえで、爪の健康に必要な栄養素を積極的に摂りましょう

積極的に摂りたい栄養素の一つが爪を作る材料となるタンパク質。鶏のささみや卵、豆腐な納豆、青魚など動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく食べることが大切です。

また、ケラチンの形成に重要な役割を担うビタミンA、爪の細胞を活性化させるビタミンB2、血行をよくして栄養を行き届かせるビタミンEなども食事に取り入れるようにしましょう。

痛みがある時はネイルを控えて自爪を休ませる

爪
少しくらいのひび割れなら、補修をすることで治ることも多いですが、ひび割れがひどかったり、痛みがあったりするときには、ネイルを控えて爪を休ませてあげましょう。

マニキュアや除光液などは爪や皮膚に負担をかけ、爪を弱くしたり、皮膚がかぶれたりするなどトラブルを引き起こしやすいものです。痛みがある場合は、細菌などが侵入し、炎症を起こしている危険性もありますまた、ヤスリなどで爪の表面を削る頻度が高いと、爪が割れやすくなります。

まずは爪の健康を取り戻すことが先決。ネイルをやめ、オイルやクリームでケアをするようにしましょう。

まとめ

ネイルによって美しい指先にするのは素敵ですが、注意しないと爪が弱くなり、割れやすくなります。ヒビ割れを放置しておくと細菌が侵入しやすくなり、炎症を起こすなどトラブルになることも。

ネイルグルーやシルクラップなどで応急処置をすることが大切。痛みが出たり、よくならなかったりする場合は、ネイルサロンや皮膚科などに行って適切な処置をしてもらいましょう。