ケイトのファンデなら肌に自信が持てる!プチプラなのに安心の肌カバー

ファンデを販売しているメーカーで人気が高いのがケイトです。質のいいプチプラも多く取り揃えています。

今回は

  • ケイトのファンデの魅力
  • ケイトのファンデーションの種類と使うときのコツ
  • ケイトファンデの口コミ
  • ケイトのファンデにぴったりのベースアイテム

を紹介します。

ケイトのファンデの魅力


ケイトのファンデの魅力は安いのに質が高いことやカバー力が高く肌の悩みに対応すること、商品のバリエーションが多いことです。プチプラでありながら高性能となっています。ここではケイトのファンデの魅力に迫っていきます。

プチプラとは思えない仕上がりが期待できる

プチプラと言えば価格が安いイメージが定着していますが、ケイトのファンデはプチプラと思えない仕上がりが期待できます。広がりやすいテクスチャーとなっていて、薄付きでメイクできるなど高い機能性が魅力です。使用後も洗浄力が低いクレンジング剤でも化粧をしっかり落とすことができます。

また、ケイトのファンデは肌にフィットしやすいことも人気の秘密です。リキッド系のファンデだと乾燥肌にフィットしやすく、脂性肌では化粧が崩れやすくなります。しかし、ケイトのファンデなら乾燥肌でも脂性肌でもしっかりフィットするため、さまざまな肌質の人が使用できるでしょう。

カバー力が高く肌悩みをカバー


フィット感が優れているファンデなので、カバー力が高く肌の悩みもカバーしてくれます。色ムラが起きにくくなっているため、少しのことで化粧は落ちず何回も化粧を塗り直す必要性はありません。肌の凹凸が気になる人も、伸び心地がいいファンデが肌表面にフィットするため肌の悩みも気になりません。

一般的にリキッド系のファンデはカバー力が高く厚塗り感が出やすいデメリットがありますが、ケイトのファンデは問題点をカバーする形で作られています。自分に適したファンデが見つからないという人にもおすすめです。

種類が豊富で自分に合ったファンデが見つかる

ケイトのファンデの魅力は、商品のバリエーションが多いので自分に合った商品が見つかりやすいことです。リキッド系のファンデだけでも、実に6種類ものカラーバリエーションが用意されています。日本人の女性の肌にフィットしやすい薄いベージュ系のカラーから濃いカラーなど自分の肌に適したものが選べるでしょう。

自分の肌に適したファンデを使用しないと、メイクしている顔とそうでない部分との色合いに大きな差が出てしまいます。違和感を減らすためにも、自分の肌本来の色に近いファンデ選びが必要です。商品のバリエーションが多いほど、より肌に近い色も見つかりやすくなります。

ケイトのファンデーションの種類


ケイトのファンデーションにはさまざまな種類があります。種類による効果の違いを知ってここでは、特に人気のファンデーションについて紹介していきます。

リキッドファンデーション シークレットスキンメイカーゼロ


仕上がりの美しさを追究し、肌に乗せた際のカバー感が顔全体に広がっていきます。毛穴の凹凸にも密着し、ハイカバー&スムース処方でカバー膜を最小限に形成するため、厚塗り感もありません。

色ムラもカバーし、肌の色がトーンアップしたような仕上がりになります。ひと塗りで全体をカバーし、カバー力をキープしながら伸びていくのが特徴です。カラーバリエーションも豊富にあるので、自分の肌にあった商品が見つかるでしょう。

パウダリースキンメイカー


液状パウダーファンデーションで、肌につけるとパウダーに変化します。べたつきのないサラサラした仕上がりが期待できるでしょう。また、肌の赤みなど気になる部分の色ムラをカバーし、肌の色のトーンもアップしたような仕上がりが期待できます。顔の中心から外側へ塗るのがポイントです。

雑誌でも絶賛されるほど、高い人気を集めています。若い女性から年齢が気になる女性まで、幅広い年齢層に使用されているのも特徴です。肌に優しい成分なので、乾燥肌から敏感肌まで、さまざまな肌タイプの人が使用できます。毛穴の凹凸を均一にカバーし、厚塗り感もありません。

シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)


肌に沿いながら均一に広がっていくため、毛穴や凹凸はしっかり隠しながらも化粧の厚みを感じることがありません。毛穴のカバー力があり、毛穴の黒ずみや開きが気になる人にもおすすめです。塗布後にパウダーになるため、仕上がりはサラサラとした感じになります。

赤みと明るさに工夫を凝らしたカラーラインナップで、一段トーンアップした仕上がりが期待できるでしょう。使用方法も簡単で1プッシュを手の甲に出し、指にとって頬やおでこ、あごに乗せていくだけです。美白成分も含まれているため、色白を目指す人にも最適の商品でしょう。

シークレットスキンメイカーゼロ(パウダー)


仕上がりの美しさを追究し、肌に際のカバー感がまたたく間に顔全体に広がっていきます。肌の凹凸にも対応し、肌全体に密着していくでしょう、気になる肌の赤みもカバーし、肌の色のトーンがアップしたような仕上がりが期待されます。厚塗り感が少ないのは、肌につけるとパウダーに変化することも理由です。

使った後はふんわりキレイな肌になります。ラーバリエーションも豊富にあるので、自分の肌質や肌色に適した商品が見つかるでしょう。リーズナブルな金額で、長く使い続けやすいのもメリットです。

レアペイントファンデーション


レアファンデーションで仕上げたしっとりした艶やかな肌仕上がりのレア肌が作れます。ひと塗りすると肌の凹凸にも密着して、肌トラブルの悩みをカバーしてくれるでしょう。汗や水に強く崩れにくいウォータープルーフタイプとなるため、汗をかきやすい夏場に使用するファンデとしてもおすすめです。

塗り方を変えることによってカバーを自在にコントロールすることができます。やわらかくしっとりした感触が残り、使用しているときの不快感もありません。塗り方を変えることでカバーを自在にコントロールすることができるでしょう。

ケイトのファンデを使うときのコツ


ケイトのファンデを使うときは、肌の状況に合わせましょう。血色は下地を使って調整し、毛穴が目立つときは下地をしっかり塗るのがコツです。また、クマやニキビが気になるときは重ね塗りもおすすめします。ここではケイトのファンデを使う時のコツをみていきましょう。

お肌の血色は下地で調整すると良い

お肌の血色は下地で調整すると、いい感じに仕上がります。血色の悪さが気になる場合は、ピンクなど暖色系の下地を選ぶと血色感が出てくるでしょう。また、肌の色が白い場合は少し薄めの暖色系肌の色が黒い場合は少し濃いめの暖色系を使って調整するのがコツです。

肌のくすみや肌の赤みが気になる人には、グリーン系など青み系の下地の使用がおすすめです。青み系の下地を使用することで肌に透明感を与えることができます。ナチュラルな感じを出すのであれば、薄めの下地を使用しましょう。

毛穴が目立つ場合は下地をしっかりと塗る


ニキビ跡や毛穴の開きなどが原因で毛穴が目立つ場合は、下地をしっかり塗るのがポイントです。塗り方としては最初に適量を手の甲に出し、その半分を指で取りましょう。毛穴の気になる部分にクリームを乗せ、毛穴に埋め込むように塗り広げると毛穴にも浸透していきます。

最後は顔の中心から外側に向かって徐々に薄く伸ばしていくとキレイに仕上がります。ケイトのファンデは厚塗り感が出ないので、少し多めに塗っても違和感はありません。また、毛穴の部分とそうでない部分の明暗も出にくいため、下地を塗るだけで毛穴対策はバッチリです。

ニキビやクマが気になるときはファンデを重ねづけすると良い

ニキビやクマなどが気になる人は、ファンデを重ねづけすることをおすすめします。塗り方のコツとしては、まず気になる部分に少量のファンデを塗りましょう。乗せた後は指先でトントンと叩くように広げ、丁寧に馴染ませていくのがコツです。重ねた部分と他の部分の違いが目立たなくなったところで完成となります。

余分なファンデをスポンジで抑えることで、塗りムラや化粧崩れを防ぐことも可能です。また、薄く伸ばすことを心がけて塗ると均一になります。手に取る量が多いと厚塗りの原因になってしまうので気をつけましょう。

ケイトファンデの口コミ

ケイトのファンデはファンが多く、口コミもたくさんあります。ここでは、ケイトのファンデの口コミを一部抜粋して紹介します。

乾燥やほうれい線が気にならない

きちんと保湿して肌にブラシを伸ばして塗ると乾燥はしない

https://www.cosme.net/product/product_id/10145041/review/507397938
乾燥肌の人でも保湿に気を付けてファンデを伸ばして使うと乾燥対策になります。ほうれい線や小鼻をスポンジで押さえることによってヨレ対策にもなるでしょう。

伸びが良いので使いやすい

2度リピート!本当に伸びがよくちょっとの量で満足

https://www.cosme.net/product/product_id/10124849/review/507394481
伸びの良さに関する口コミですが、薄くても長時間つけて崩れないのが特徴です。お手頃な価格でありながら、仕上がりの満足度が高い商品になります。コスパが高く、長く使いやすいのが魅力です。

ファンデの色味が気に入った

ケイトのファンデは肌色になじみやすい。ファンデの色味が気に入った

https://www.cosme.net/product/product_id/10124850/review/506481951
いくつか試すことで自分の肌にピッタリなファンデが見つかります。カラーバリエーションが多く、ケイトにしかない色味もあるので、ファンデのカラーが見つからなくて困っている人にもおすすめです。

合わせて使いたい!ケイトのファンデにぴったりのベースアイテム

ケイトにはファンデだけでなく、優れたベースアイテムがたくさんあります。ベースアイテム次第でメイクは大きく変わるものです。ここでは、ケイトのファンデにぴったりなベースアイテムをみていきましょう。

シークレットスキンCCベースゼロ


顔色がパッと映えるような明るくて血色感のあるピンクよりの肌に仕上げるベースです。黄みやくすみ、血色の悪さなど、色ムラを補正していきます。肌をワントーン明るく見せるビューティアップパールが配合されているため、使用することで肌の印象はかなり明るくなるでしょう。

保湿成分には水溶性のコラーゲンが配合されており、継続的に潤いを与えていきます。赤みカバーはナチュラルな仕上がりとなっており、少量でも効果がしっかり出るのでつけすぎないように注意しましょう。キレイに伸ばしたいときは、指ではなく筆を使うと効果的です。

BBクリーム ウォーターインオイルBB


1本でベースメイクを完成させることができるウォーターインオイルBBです。天然由来の肌に優しい成分で乾燥肌や脂性肌、敏感肌など、さまざまな肌質に対応しています。保湿効果に優れており、乾燥から肌を守ってくれるでしょう。UVカットの効果もあり、紫外線対策としての効果も期待できます。

肌の赤みや気になる毛穴もカバーし、適度にツヤがあるため厚塗り感も出ません。夕方以降も汚れは目立たず、1日を通して効果が継続します。洗顔だけでもかなり落とせるため、クレンジングで肌を傷めることがないのも魅力です。

ケイト スティックコンシーラーA


シミ、そばかすをしっかり隠してくれるスティックタイプのコンシーラーです。ナチュラルベージュとライトベージュがあり、肌の色が濃い場合や肌トラブルが気になる場合はナチュラルベージュ、肌の色が薄い場合はライト―ベージュを選ぶとよいでしょう。カバー力も高く、コスパに優れているので継続して使いやすいメリットがあります。

また、クマやニキビ跡などカバーするのが難しい肌トラブルにも対応し、カバーしながらも自然な仕上がりが期待できるでしょう。スティックタイプなので手につけるタイプと非比べて使いやすいメリットもあります。リピーターも多く若い年代から年齢が気になる女性まで幅広く使用されているコンシーラーです。

ケイト フェイスパウダーA


リキッドファンデーションやBBクリームの上から使用するパウダータイプのフェイスパウダーです。色がつきにくく、触るとサラッとした感触が特徴的で、化粧直しに使っても厚塗り感が出ません。自然なツヤが出ることで、血色も自然と良くなり、健康的にも見えるでしょう。

使用感もよく、塗った瞬間からベースメイクがキレイに仕上がる感じがします。メイクが崩れるのを防止し、持続させる効果も期待できるでしょう。コスパがよく、安くて質の高いフェイスパウダーを探している人におすすめの商品です。肌が乾燥しやすい人や敏感肌の人でも使用できます。

ケイト シェーディング&ハイライト スリムクリエイトパウダーN


ハイライトとディープブルーシャドウの光と影で深みがあるアイホールや自然でシャープな鼻筋を作っていきます。使用方法は、まずハイライトをブラシに取り、Tゾーンや目の下、あごに馴染ませていきます。次にシェーディングをブラシにとって、輪郭に沿う形で数字の3を描くように馴染ませていくと小顔効果も期待できるでしょう。

シェーディング初心者でも使用しやすく、筆のかたちも生え際、アゴや頬など場所によって使い分けすることができます。ハイライトもキラキラし、発色もプチプラでありながらちょうど良い感じです。顔にメリハリをつけたい人にもおすすめの商品になります。

まとめ

ケイトのファンデは、プチプラでありながら安心のカバー力が魅力です。また、ベースメイクと組み合わせることでお得にレベルの高いメイクができます。低価格で高品質なメイクアイテムが手に入るため、長く使っていく商品としてもおすすめです。バリエーションも豊富にあるので、予算や自分の肌に適したアイテムを選んでいきましょう。