うまい棒のカロリーは?実はダイエットの味方にもなるうまい棒はコレだ!

最近、ダイエットで注目されているのがうまい棒です。古くから多くの人に愛されてきたお菓子で味のバリエーションも豊富にあります。うまい棒がダイエットに効果的なのはなぜでしょうか。

ここでは、

  • うまい棒のカロリーと内分量(1本あたり)について
  • うまい棒ダイエットが注目されている理由
  • ダイエット中におすすめの低カロリーのうまい棒
  • うまい棒でダイエットするときの注意点

についてご紹介します。

うまい棒のカロリーと内分量(1本あたり)


うまい棒ダイエットを考えている人にとって、うまい棒のカロリーは気になるところです。ここではうまい棒のカロリーと内分量を紹介します。

カロリ―:29kcal~35kcal

うまい棒のカロリーは、1本あたり29kcal~35kcalです。女性が1日に必要とするカロリーは1500kcalから2300kcalなので、うまい棒だけだと50本以上食べると1日に必要なカロリーをまかなうことができます。

カロリーは体を動かすために欠かせないものです。しかし、必要以上に摂取してしまうと肥満の原因になります。お菓子の中ではカロリーが少なく、少し食べただけではカロリー過多になることはありません。

糖質:2.0g~3.5g


うまい棒1本あたりに含まれている糖質は2.0g~3.5gです。糖質は体が必要とするエネルギー源で、消化・吸収されて血液と一緒に全身を巡っていきます。糖質の不足は、集中力や気力の低下につながる原因です。

ただし、糖質を過剰摂取すると肥満や糖尿病の原因になります。1日に必要とする糖質量は100gから260gとなるため、うまい棒は30本から100本でカバーすることが可能です。

脂質:1.9g~2.6g

うまい棒1本あたりに含まれている脂質は1.9g~2.6gです。脂質はエネルギー源としてだけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成し、皮下脂肪として臓器を保護する働きがあります。

脂溶性ビタミンの吸収も促し、体にとって欠かせない3大栄養素の一つです。1日に必要とする脂質量は総エネルギーの20%から30%程度です。1日2000kcalであれば、50g前後の摂取が目安になります。他の成分と違って1日に必要な摂取量には個人差があるので、あらかじめ調べておきましょう。

ナトリウム:22mg~53mg

うまい棒には1本あたり22mg~53mgのナトリウムが含まれています。カリウムと共に体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持している成分です。ナトリウムの摂取量は1日あたり600mgが推奨されています。

ナトリウムは過剰摂取すると、高血圧を中心とする生活習慣病のリスクを高めます。過剰摂取にならないように日頃からナトリウムの摂取量を意識しましょう。

味によってカロリーなどが大きく変わってくる

ダイエット中にたんぱく質を摂らないと…?
うまい棒は味のバリエーションが豊富にあり、味によってカロリーが大きく変わってきます。カロリーと直結する栄養分は脂質と炭水化物と糖質です。これらが多く含まれているほど、カロリーも大きくなってきます。

1日に取るカロリー量から考えると、うまい棒の味の違いによるカロリーは気にする必要はありません。しかし、ダイエットをしている場合は味とカロリーをチェックしておくとよいでしょう。

最近ではダイエットの手段としても注目されている

うまい棒は長年にわたり美味しいお菓子として愛されてきましたが、最近はダイエットの手段としても注目されています。

ダイエットはお菓子制限するのが一般的ですが、うまい棒ならお菓子を制限せずにダイエットできるのがメリットです。食べながらダイエットができるため、苦しい思いをせずに痩せる効果が期待できるでしょう。

うまい棒がダイエットに!?注目されている理由


うまい棒ダイエットが注目されていますが、カロリーが低いことや食べ応えがあること、いろいろな種類があって飽きないことが理由になります。うまい棒ダイエットが注目されている理由についてみていきましょう。

カロリーが低く食べ応えがある

うまい棒ダイエットのメリットは、カロリーが低く食べ応えがあることです。1日の摂取カロリーをうまい棒だけでカバーするなら数十本食べなければなりません。

現実には数本食べただけでも満腹感が得られます。カロリーが低いため、少々食べ過ぎても問題ありません。美味しく食べることができるので、お菓子を我慢する必要がないのもメリットです。

色々な種類があり飽きない

うまい棒ダイエットのメリットは、色々な種類があって味を変えて楽しめば飽きないことです。うまい棒ダイエットでは1日に何本も食べることになるため、同じ味だと途中で嫌になります。

しかし、味のバリエーションが多いので、そのときの気分に合わせて味を変えれば飽きることなく楽しめます。実際にダイエットするときは、種類をいくつか用意しておきましょう。

リーズナブルでコスパが高い


うまい棒ダイエットのメリットは、1本あたりの金額が10円程度で安くコスパが高いことです。1日20本のうまい棒ダイエットをする場合でも、かかるコストは200円で月に換算しても6000円になります。

3食のどれかをうまい棒に置き換えれば、食費を浮かすことにもつながるでしょう。お金をかけず、しかも食べながらダイエットする方法としては最適です。

コンビニを始め多くの場所で購入できる

うまい棒は、今や日本を代表するお菓子と言っても過言ではありません。スーパーマーケットやコンビニなど、多くの場所で購入できるのがメリットです。どこに住んでいても、すぐに始めることができるでしょう。

また、お店によっては大入袋で販売されている場合もあります。この場合は通常の価格よりも安くてお得です。どこのお店でも手に入れることができるので、気軽に始めることができるのもメリットになります。

ダイエット中におすすめの低カロリーのうまい棒


ダイエットにおすすめのうまい棒ですが、どの味を中心に選んだらいいのでしょうか。ここでは低カロリーで美味しいうまい棒の味を抜粋して紹介していきます。

トンカツソース:29kcal

うまい棒の中でもっともカロリーが低い味がトンカツソースです。タンパク質が0.3g、糖質が2.5g、糖質が2gとなっています。カロリーの低さだけでなく、リアルなトンカツソースの味を再現しており、美味しさでも人気の商品です。飽きない美味しさがあり、本格的にうまい棒ダイエットする人にもおすすめします。

やきとり:32kcal

2015年に発売されてから、多くのうまい棒ファンを魅了しているのがやきとり味です。やきとりの絶妙な味がウケています。低カロリーでありながらこってりした味を楽しむことができるので、濃い味が恋しくなったときにおすすめです。店舗で取り扱ってないケースがあるので注意しましょう。

また、やきとり味のうまい棒は食事のレシピにも多く採用されています。ご飯にうまい棒を粉々にしてかけて食べる楽しみ方もおすすめです。通常のフリカケよりも低カロリーでおいしいご飯が楽しめるでしょう。

納豆:32kcal


2012年に発売されてから、コアなうまい棒ファンから高い評価を得ています。納豆の生産地である茨城エリアで多く見かけますが、それ以外のエリアでは取り扱っているお店が少なくなるので気をつけましょう。納豆の味をうまい棒でしっかり再現しており、納豆好きにはたまらない味です。

また、納豆はご飯に合うことから納豆味のうまい棒はチャーハンやご飯系のレシピも多く紹介されています。カロリーが低いサラダにアクセントとして、納豆味のうまい棒を取り入れるダイエットもおすすめです。

牛タン塩:33kcal

2007年に発売されてから、牛タンが有名な茨城エリアで多く販売されているうまい棒になります。口にすると牛タン塩の味が広がり、牛タンのうま味と塩のアクセントが絶妙です。
本家の牛タン塩の味を再現しているため、こってりした味が欲しい場合に食べるとよいでしょう。

めんたい:33kcal

1982年から販売されているめんたい味は、うまい棒の中でも特にファンが多い商品です。リアルなめんたい味を再現しており、濃厚な味とほどよい甘味が特長となります。アクセントにもなるので、薄味のうまい棒ばかりを食べているときは、休憩としてめんたい味を取り入れるとよいでしょう。

めんたい味は味が濃いため、サラダやご飯にもよく合います。ダイエット中であれば、サラダのクルトン代わりに分割したうまい棒を入れるのもおすすめです。飽きないためにも、単体で食べるのではなく他の料理に入れて楽しむのもよいでしょう。

シュガーラスク:34kcal


2013年に発売されてから、甘いお菓子が好きな人から高い支持を得ている商品です。他のうまい棒に比べると甘味が強いですが、含有されている糖質量は3.5gと他の味に比べると多いわけではありません。糖質を気にすることなく、甘いお菓子が食べられるので、ダイエットで甘いお菓子が欲しくなったときにおすすめです。

エビマヨネーズ:34kcal

おにぎりやお寿司の味として人気なのがエビマヨネーズですが、うまい棒の味としても人気を集めています。エビとマヨネーズの絶妙な組み合わせで生じるほどよい甘さと濃厚さが魅力です。実際のエビマヨネーズの味をしっかり再現しているので、エビが好きな人におすすめの味になります。

うまい棒でダイエットするときの注意点


うまい棒ダイエットするときは、バランスの良い食事を心がけましょう。また、間食や置き換えに上手い棒を取り入れるのもおすすめです。ここでは、うまい棒ダイエットにおける注意点について紹介します。

バランスの良い食事が大前提

うまい棒ダイエットをするときの注意点は、バランスの良い食事を大前提にすることです。うまい棒はカロリーが低いですが、生活に必要な栄養分が多く含まれているわけではありません。

ビタミンやミネラルなど、体が必要とする栄養分を摂取するためには、食事を取る必要もあります。ただし、3食のうち1食をうまい棒に置き換えるような方法も可能です。その場合は他の2食で栄養バランスを整えましょう。

間食や置き換えで取り入れるにとどめる

うまい棒ダイエットを成功させるコツは、お菓子の代わりにうまい棒を置き換えることです。うまい棒もお菓子ですが、他のお菓子と違ってカロリーがかなり低い特徴があります。

一般的なお菓子が数百kcalであることを考えると、30kcal前後のうまい棒に置き換えることはカロリー摂取を控えることにもなるでしょう。

食べ過ぎは逆効果!油分にも注意して


ダイエットでうまい棒を食べるときは、油分にも注意して食べ過ぎないようにしましょう。うまい棒は糖質が少ない代わりに、油分が多く含まれています。

1gあたりのカロリーで考えると、糖質よりも脂質の方が大きいため、少量でも高カロリーになりがちです。もともとのカロリーは低いものの、たくさん食べ過ぎてしまうと油分過多になってしまうので注意しましょう。

まとめ

うまい棒ダイエットは、コスパが高く気軽に始めることができます。味のバリエーションも豊富にあるので、いろいろな味を試しながらダイエットができる楽しみもあるでしょう。一方でうまい棒だけでダイエットするのは栄養不足につながるので注意が必要です。食事バランスを整えながら、うまい棒ダイエットをしていきましょう。