年下彼女の魅力に迫る!彼とうまくお付き合いする3つのポイント

この記事の情報提供者

男性と女性のおつきあいにおいて、最も多いカップリングが「年上男性×年下女性」の組み合わせ。

その多くは年齢差が2〜3歳とあまり離れていませんが、近年は年の差の大きなカップルも少なくありません。中には男性と女性の年の差が一回り以上も離れていることも…!

安定したおつきあいができそうなイメージの「年上男性×年下女性」ですが、よりよいおつきあいのためには抑えておきたいポイントがいくつかあるといいます。一体どんなポイントなのか、今回は恋愛経験の豊富なちぃさんに「年上男性×年下女性」の恋愛についていろいろ伺ってみました。

 

  • 男性が感じる「年下彼女」について
  • 年下彼女の魅力
  • 年下彼女へ感じる男性の不安
  • 年下彼女として長いおつきあいをするために

年下彼女として彼と仲良くおつきあいするためのヒントをたっぷりご紹介していきます。

男性にとって「年下の彼女」ってどう感じているの?

男性にとって恋愛対象になる女性は、

  • 年下の女性
  • 同い年の女性
  • 年上の女性

大きく分けて上記の3つのカテゴリーに分けられます。

男性がおつきあいする女性としてよく選ばれるのは「年下女性」ですが、実際男性は年下女性についてどのように考えているのでしょうか?

男性が年上に憧れるのはだいたい25歳まで

男性が若い頃から年下の女性にばかり目がいっているのかと思えば、実際はそうではありません。

30代・yoshimoさん
「高校〜大学くらいは年上の女性にばかり惹かれていました。あの余裕ある感じ、たまらないんですよね。

でも実際に付き合うと以外と子供っぽいところもあったりして、それがまたかわいいんです。

でも25過ぎたくらいからは結婚も視野に入れてるせいか、なんだかんだで年上彼女への憧れは減っちゃいましたね。子供も欲しいので現実的に考えるとどうしても…今は2つ下の子と付き合ってます。」

20代・チャンパさん
「年上のおねーさんとのおつきあいは夢です。

いろいろリードしてくれそうで、年上ってだけでエロいです(笑)年上のおねーさん、絶賛募集中です。」

だいたい25歳くらいまでは、意外と年上彼女に憧れを持っている男性が少なくないようです。

しかし、年齢を重ねるにつれ年上彼女への憧れは下火になっていく様子。それはなぜなのでしょうか。

男はやっぱり若い子が好き?

25歳くらいまでは自分よりも経験が豊富そうな年上彼女に魅力を感じていることが多いようですが、男性自身が年齢を重ねると次第にその恋愛観も変わってくる様子。

実際年下の彼女とつきあっている男性に聞くと、年下彼女がいい、と初めから考えていたわけではないといいます。

女性の年齢が上がればそれだけ結婚へのプレッシャーや好きになった相手の既婚率も高くなります。そのため自然と恋愛対象となる女性の年齢が下がってくるパターンが考えられます。他にも、キャリアを重ねた男性が女性をリードできる自信と実力を身につけたことによってアプローチする女性の幅が広がることも理由と考えられるでしょう。

かつては年上彼女に憧れていても、25歳を過ぎたあたりから結果的に年下彼女とおつきあいを始めるようになった…という男性は少なくないと言います。

年下彼女の魅力とは

年下彼女とおつきあいをしている男性は結果的に多く、やはりそこにはちゃんと理由があります。年下彼女の魅力について、実際におつきあいをしている男性にその魅力を答えていただきました。

素直でかわいい

30代・コータローさん
「今まで年上の彼女とばかり付き合ってきて、今の彼女が初めての年下彼女になります。

何かするたびに嬉しい!とかありがとー!とか素直に言葉にしてくれるのが新鮮で嬉しいですね。

その分不満とかも素直に言ってきますが…でもストレートに言ってくれるからストレスがないです。」

40代・西郷さん
「コンビニでジュースおごっただけでも尻尾振った犬みたいに喜ぶので、なんだかこっちまで嬉しくなっちゃいますね。かわいいです。」

年下彼女の魅力としてよく挙げられたのが素直でかわいいという点。

「ありがとう」「ごめんなさい」といったあいさつ系の言葉や嬉しい、楽しい、悲しいといった感情表現が素直に出てくると、男性側も女性の感情を理解しやすくなります。

ついつい女性は自分の気持ちを察して欲しいと考えがちですが、年上彼氏の懐の深さに甘えるように素直な表現をすると魅力的に映るようです。

守ってあげたくなる子供っぽさ

30代・マッチさん
「一緒にTV見てたら、大号泣してて。すごいブサイクな顔してたけど、愛おしい気持ちになりました。」
50代・鈴木さん
「職場の近くにイルミネーションがあって、自分は見慣れているので何の感動もない風景です。

しかし、彼女がすごい感動してくれて。いつもの同でもいい風景が見違えました。曇った目の自分を生まれ変わらせてくれた彼女の純粋な視線を大切にしてあげたいと、感じました。」

いい意味での子供っぽさは、年上彼氏にとって非常にピュアな女性に感じさせます。

美味しい食事や美しい風景に喜んだり、映画やTVで感動して泣いたり…年上彼氏にとってはなんでもないようなことでも年下彼女にとっては大きな出来事かもしれません。物事を素直に受け取り感動することは、年上彼氏に新鮮さを感じさせるでしょう。

ピュアな姿や笑顔の無邪気な魅力は、年下彼女を守ってあげたいという気持ちにさせるのです。

尊敬してくれる

30代・智さん
「自分が昇進した時にめっちゃ喜んでくれました。

すごいすごいって自分のことのように喜んでくれて、嬉しかったです。彼女のためにもがんばらなきゃって思いました。」

40代・たくみさん
「自分は自営業なんですが、仕事の話をするとすごい食いついてくるんです。

熱心に聞いてくれるから、こっちも気分が良くなって喋りすぎちゃう(笑)」

年下彼女にとって、年上彼氏は尊敬の対象であることがほとんど。

人生経験も豊富で様々なキャリアを積んだ年上彼氏は、頼り甲斐がある男性として映っていることでしょう。ことあるごとに「さすがだね!」「すごいね」とキラキラした瞳でいわれたら、嬉しくない男性はいないといっても過言ではありません。

自分のがんばりを素直に認めてくれる年下彼女は、年上彼氏にとって気分を良くしモチベーションを上げるためにも重要な存在といえるでしょう。

男性の感じる年下彼女への不安って?

年上彼氏にとって魅力がたくさんの年下彼女。しかし、いいところがたくさんある反面おつきあいに関して不安を感じている部分も多々あるようです。

同世代の男性がライバルに見えてくる

年上彼氏が年下彼女とのおつきあいで1番不安に感じていることは、彼女と同世代の男性の存在

自分が年上な分、年下彼女と同世代の男性は当然ながら若くエネルギッシュ。その魅力に自分が負けてしまわないかという不安は常に感じているという男性は少なくありません。

その不安を振り払うように身だしなみに気を使ったり、体を鍛えたり…。年上彼氏には年上なりの魅力があることは頭ではわかっていても、年の差が大きくなればなるほどなかなかにその不安はなくならないようです。

トレンドについていけない…

ジェネレーションギャップは、年の差が広がるほどに確実に存在します。年代によってトレンドと感じるものに違いが出てきたり、話の内容がいまいち合わなかったりすることもあるでしょう。

さらに年代による言葉遣いの違いは顕著に現れやすい部分の1つ。LINEやメールの文章の打ち方、スタンプの使い方をはじめ、トレンドのアプリなどについてはやはり若い方が敏感です。無理やりトレンドに乗っかろうとすると痛々しさを感じたり、すでに流行の終わったものだったりも。

トレンドについていけないことで、年下彼女にダサいと思われないか、幻滅されないか不安を感じている年上彼氏は多いようです。

若いがゆえのノリに付いていくのが辛い

若い世代はことあるごとに写真を撮り、SNSに投稿したり時にはリアルタイム中継することも。若さゆえのエネルギッシュなノリに気圧されてしまうことも多いといいます。

「一緒に写真を撮ろう」といわれてもついつい反射的に断ってしまう年上彼氏も少なくありません。

年下彼女のノリに遜色なくついていけるように自分をアゲていくか、仏のように穏やかに見守る広い心を持てるようにならなければ、小さなストレスとなって積み重なってしまうことが懸念されます。

年下彼女として彼と長いおつきあいをするための3つのポイント

男性の考える年下彼女に対するあれこれをご紹介してきましたが、ここでは年下彼女としておつきあいをしている女性へ向けて、彼との長いおつきあいをするための3つのポイントのご紹介していきます。

年下彼女として彼氏と末長くおつきあいを続けるためには、これまでに挙げてきた男性の意見を取り入れつつ自分なりに振る舞うことが大切になります。

落ち着いた雰囲気を身につける

年齢差が大きいほどに現れがちなジェネレーションギャップ。また、物事に対するノリやテンションの違いも年齢差が大きいとその温度差が顕著に現れてしまうでしょう。

年上彼氏にとって居心地のいい彼女でいるためには、素直でかわいい女性であるだけでなく、大人な彼氏に合わせた落ち着きを持っていることも大切です。TPOをわきまえた振る舞いを身につけたり、一通りの家事をこなせるスキルや堅実な金銭感覚を持っていたりすることは年上彼氏にとってその先を考えるための重要なポイントになります。

年上彼氏との長いおつきあいを考えるなら、ちょっと古風なくらいがちょうどいいのです。見た目は若くてもしっかりしているというのは、年上彼氏に安心感と信頼感を与えます。

彼に頼りすぎない

年上彼氏は、年上なだけにキャリアも収入も女性に比べて金銭面で豊富であることがほとんどでしょう。そのため、彼氏側がいつも食事代やデート代を出したりすることもあると思います。

しかし、そこにずっと甘えてしまうのはNG。この人と一緒だと楽できるとずる賢い感情が愛情を上回ってしまうと、恋人関係が利用する側とされる側に変化してしまう可能性も。

愛情を常に保つためにも、彼に頼りすぎないようにすることが年下彼女のポイントです。時々でいいので「今回は私が出すよ」とお財布を出しバランスを取るようにしましょう。

年上男性に完璧を求めすぎない

年下彼女がつい勘違いしがちなのが、年上彼氏が年上ゆえになんでもできるのではと思ってしまうこと。

いくら年上でも、1人の人間です。苦手なこともあるし失敗もします。そんな時に「年上のくせにそんなこともできないの?」と責めるようなことはしてはいけません。

年下彼女が持っていて欲しいのは、年上男性を包み込むような母性です。年を重ねた男性は、次第に他人に甘えたり叱られたりという経験が減ってきます。

年上男性だって時には弱音を吐きたい時もあるでしょう。そんな時に、穏やかに受け止める器の広さを持っていることで、より手放せない女性になることができるのです。

まとめ

精神的に成熟の早い女性といつまでも少年心が忘れなれない男性…それゆえバランスのいい組み合わせになっている「年上男性×年下女性」のカップリング。

今回の記事が少しでも2人のおつきあいをよりよくするためのヒントになったら幸いです。