結婚できない女性の原因や特徴はなに?真相に元キャバ嬢が迫る

この記事の情報提供者

最近は結婚しなくても幸せになれる時代とは言うものの、SNS上でのご報告に心がざわついたり、友達の結婚で焦りを感じたり……。たくさんの女性が経験する道ではないでしょうか?

ここでは、

  • 結婚できない女性の主な理由
  • 男性が結婚したいなと思う女性
  • 結婚できない女性の普段の生活や特徴
  • 結婚したい女性が起こすべき行動

をご紹介します。

結婚できない女性の主な理由

結婚は“縁”だと昔から言われるように、自分の努力だけでどうにかなるものではないものの、結婚できない女性には共通点があります。結婚できない女性の主な理由として挙げられるのは以下の2つです。

我が強すぎる

我の強い女性というのは、良い意味で言えば、人に流されず自分の意見をしっかり持っていて“自立している女性”とも言えます。自立している女性は、男性から見てもこの女性は結婚したらしっかり家庭を守ってくれそうだなと結婚相手候補としても好印象です。

ところが、我が強すぎる女性は、他人の意見に耳を傾けず、常に自分が一番と思っていて、仮に自分に非があったとしても謝ることができません。

男性側からすると常に自分が一番正しいと思っているような我が強すぎる女性とは結婚しても衝突が絶えなさそうで、結婚相手としては考えにくいでしょう。

理想が高すぎる

どのような人と結婚したいのかを具体化すること自体は決して悪いことではないのですが、理想があまりにも現実離れしている女性は結婚できません。

年収はいくら以上、イケメン、身長が高い、家族構成など。誰が見てもそのような条件の良い男性は既に結婚してしまっていることがほとんどで、本来自分の年齢が上がれば上がるほど、ひとつずつ妥協しないといけないことが増えるはずのに、どんどん理想が高くなってしまうのです。

男性が結婚したいなと思う女性とは?

男性が結婚したいと思うのは、やはり思いやりがあって家庭的な女性です。

結婚とは、他人同士が同じ空間で共に暮らすことです。夫が仕事で疲れて帰宅しても、部屋はグチャグチャ、ご飯はレトルト、洗濯物は溜まりっぱなし……。そんな日常では、帰宅するのが嫌になるのは時間の問題です。

内助の功として家庭を上手に回しながら、自分の帰りを笑顔で待っていてくれる……。そんな女性がいたら、いつまでも末永く幸せに暮らせること請け合いです。

親しき仲にも礼儀ありです。いつまでも互いが互いのことを考えながら、笑顔でサポートし合えるような関係性を築ける女性がいたら、男性が放っておくはずがありませんね。

結婚できない女性の普段の生活や特徴

女性 悪口 炎上

今やネットを介してSNSなどで婚活できる時代。結婚できないことを「出会いがないから……。」は通用しません。やはり、結婚できない女性にはそれなりの特徴があるのです。

卑屈な女性

「どうせ私なんて。」が口癖で、世間を斜めの視点から見ているような女性は、やはり実際にほとんど結婚できていません。男性が結婚したいのはやはり、包容力があって癒しを感じるような女性ですよね。

それに対して、人のアラ探しが得意で、不倫や離婚など他人の不幸スキャンダルが大好きな女性というのは、やはり男性からすると結婚相手としての魅力は感じにくいでしょう。

見た目に気を遣わない女性

女性の内面は見た目で判断できないのは事実ですが、少なくとも見た目は興味の入り口です。見た目に最低限の気を遣えない女性は、やはり結婚対象にはなりにくいでしょう。

たとえば、明らかに健康的以上に太っているのに気にする様子もなくよく食べる女性、服が小汚い女性など、同性から見てもこの女性はきっと怠惰な生活をしているんだろうなと想像させられます。

ここで大切なのはルックスの良し悪しではありません。もちろん、ルックスが良いことに越したことはありませんが、それよりも清潔感や、綺麗でいようとする姿勢のほうが重要なのです。

結婚したい女性が起こすべき行動

結婚できない女性が、結婚するために起こすべき行動はズバリ、先述した要素にあてはまる点があれば改善することです。

他人を引き算ではなく足し算で評価する癖をつける

まず他人の批判をしないことからはじめるべきでしょう。悪口が次から次へと見つかる日常であっても、表に出したい気持ちをグッとこらえ、相手の良い面を見つけていく練習をすることをおすすめします。

そうすれば、今まで理想が高く男性に対して引き算で評価し“この人はないな”と判断していたのが、“こんな良いところもあるんだな”と足し算で考えることができるようになり、自身のストライクゾーンが広がるでしょう。

自分を客観的に意見してもらう機会を作る

ふたつ目の見た目に気を遣わない女性は、まず自分の状態を客観的に意見してもらう機会を設けましょう。

たとえば先述のように、明らかに太っている女性に対して友人が「痩せたほうがいいよ。」などとはなかなか注意できないものです。結婚できない女性というのは、本人だけが気づいていない重大な欠点を抱えている可能性があります。

結婚したいのであれば、まず自分の外見について誰かに素直な意見を伝えてもらうことからはじめましょう。友人同士だとやはり気を遣ってしまって、「欠点なんてないよ……。充分かわいいよ……。」と社交辞令で終了されてしまうかもしれませんから、母親や兄妹など身内から聞き出すのがおすすめです。

まとめ

結婚しなくても幸せになれる時代とは言うものの、やはり結婚しないと得ることができない幸せというものがあります。年齢が上がれば上がるほど結婚は厳しくなるという現実がどうしてもある以上、早くアクションすることが大事になってきます。

気づいた頃には遅かったとならないように、自分を見つめ直し、自分が選んだ人に選んでもらえるような女性を目指していきましょう。