結婚しない男性の心理と「結婚したい」と思わせる3つのポイント

愛しているからこそ「早く結婚して、幸せな家庭を築きたい。」と思うのは当然のこと。しかし、今の男性には「付き合うのはいいけど、結婚は考えてない。」という人が急増中です。

そこで今回は、男性の恋愛事情に詳しいA.Fさんの情報をもとに、結婚しない男性の心理や対策方法についてご紹介しましょう。

結婚しない男の心理とは

「早く結婚したい!」と思っている女性にとって、いつまで経っても結婚しない男性は大敵のようにも思えますよね。まずは結婚しない男性の心理について解説していきたいと思います。

相手に不満を抱えている

結婚しない男性が抱えている心理として、「この人で良いのだろうか、もっと良い女性がいるんじゃないか。」というものがあります。考えを放棄して今の彼女と付き合いをずるずる続けてしまっているのです。そのような男性に対して「結婚しないの?」と聞くと、大体は「まだいいかな。」という返事をされてしまうでしょう。

結婚をするとなると一人の女性とこの先何があっても一緒にいなければいけませんから、今後はちやほやされなくなるという懸念から、なかなか結婚まで踏み切ることができません。

結婚自体に興味がない

結婚自体に興味がない男性もいます。そもそも一人暮らしが長かったり、自分のルーティーンのようなものができあがっていたりする…。そこに突然女性という新たな人物が登場すると、自分のライフスタイルが崩されたかのごとく嫌な気持ちになってしまう男性もいるのです。

もちろん自分のこのライフスタイルをしっかりと保ちながら、女性と一緒に生活ができたらという心理も持ち合わせているはずですが、基本的に受け身で相手をずっと待っている状態。

「いつかそんな女性が、いつかそんな女性が……。」と思っているうちに40代、50代と年齢を重ねていってしまったりもするのです。

責任をとれない

子どもは欲しい、奥さんも欲しいという考えはあるものの、家族の大黒柱として一家を支えていくほどの責任感には耐えられないと男性もいます。

このような男性は、自分のこれからの人生に目標を抱えていることが多く、何より自分が1番大好きであり、家族のために自分を犠牲にする覚悟ができていないのです。

しかし逆にいえば、結婚は自分にとって大きな出来事であり、結婚すれば何があっても家族を守っていかなければいけないと理解しているということ。

周りからは将来のことを考えていない楽観的な男性と捉えられがちですが、本人は「20代で夢を叶えて、30歳で結婚する。」など、きちんとした将来設計ができている方が多いでしょう。

結婚しない男性のよくある行動タイプ

これまでは結婚したい男性の心理についてご紹介してきましたが、このような男性は行動によって大きく3つのタイプに分けることができます。それぞれのタイプの特徴についてまとめましたので、さっそく見ていきましょう。

自己顕示欲タイプ

まずご紹介するのは、お金に余裕があってちやほやされたい、遊びたいなどという心理が働き、仕事終わりには必ず飲みに出かけ、夜な夜な女性を引っ掛けに行くような自己顕示欲タイプです。そんな男性との結婚は険しい道のりだと思ったほうが良いでしょうね。

恋愛ゲームタイプ

次にご紹介するのは恋愛ゲームタイプ。複数の女性と関係を持ち、罪悪感と背徳感がありながらも、その状況にスリルを感じて楽しんでいる男性です。

バンジージャンプを飛ぶ前に近い感覚とでも言いましょうか。飛ぶまではハラハラドキドキで怖いですが、いざ跳んでしまうととても心地よくてやめられない。こんな方は結婚しない男性であり、結婚できない男性とも言えるでしょう。

趣味孤立タイプ

趣味に没頭し周りが見えず、気づくと自分の周りには独身の男性友達しか残っていなくなっている趣味孤立タイプの男性。このような男性とは、うまく結婚できても趣味への出費を覚悟しておいたほうが良いでしょう。

結婚したいけれどしない?そんな男性の心理とは

結婚したいけれどしない。一体なぜなのかわからない女性もいると思いますが、そんな男性が存在しているのも事実です。そこで次は、結婚願望を持ちながらもしない男性が抱えている心理について解説していきます。

一定の地位がある人

一定の地位がある男性は結婚したいと思いながらも、実行までには至らないケースが多くあります。例として、芸能人なんかを思い浮かべてくれたらわかるはず。

「この人カッコいいのにどうして独身なんだろう。」という方は、あらゆる事情を考慮して、あえて結婚を選択しないのです。

養うほどのお金がない

男性は見栄を張りたいという気持ちが強い生き物です。それゆえに、安定した職業に就いていながらも「これではまだ家族を養えない。」と考えている方が多くいるのです。

男性に限ったことではありませんが、お金を稼ぐというのはとても難しいことですよね。特に自分が幼少期にお金で困った経験のある男性は、「子どもに同じ思いはさせまい!」という考えから、結婚を遠ざける傾向があります。

結婚をして不幸になった先輩を見てきたから

会社の上司や同僚、はたまた後輩など、先に結婚を果たした結婚の先輩。そんな結婚の先輩から聞く話があまりにも不幸に満ち溢れていることから、結婚を選択できないでいる男性が多くいます。

自分が描いている理想の結婚はあるものの、現実は休日も家族サービス、低いお小遣い制、家では妻から愚痴ばかりなどなど…。気持ちとは裏腹に、周りから得たイメージが影響して結婚まで至れないのです。

結婚しない男性を「結婚したい!」と思わせるためには??

いくら男性から結婚したくないと言われても、これまで自分の全てを捧げてきた相手とは、なにがなんでも結婚したいですよね。そこで最後に、いつまでも結婚しない男性を「結婚したい!」と思わせる秘策をご紹介します。

1番の理解者になる

男性は自分のことを理解してくれていると思ったときに、結婚を意識するようになります。男性は結婚生活に不安を抱えていたり、結婚よりも自分の趣味を大切に思っていたりします。

そんな男性に対して「結婚してからもしっかりとあなたの味方でいる」と思わせるようにしましょう。そうすることで男性は結婚に対して安心感を持ち、自然な流れで結婚することができます。

弱いときこそ支えてあげる

誰しも輝いている男性はカッコいいと思うはずですが、結婚を本気で考えているなら「弱っているときこそ支えてあげる」ことが大切です。

弱っているというのは、体調が優れないときはもちろんですが、仕事が上手くいっていなかったり身内に不幸があったりする場合も含めます。聞き上手になった気分になり、全面的に彼を受け入れてあげるようにしましょう。

家庭的なところを見せる

お互いの家で過ごしているときに、自然な形で家庭的な部分を見せるようにしましょう。料理や洗濯などが代表的だと思いますが、男性が朝起きた際にリビングから聞こえる「おはよー。」という声や、ダイニングテーブルに並ぶ美味しそうな朝ごはんも魅力的です。

また、子どもと触れ合う機会があったら積極的に歩み寄ってコミュニケーションをとることも大切ですね。彼女のこんな家庭的な部分を見たら、結婚したいと思わない男性はいないはずですよ。

まとめ

基本的に結婚を必要としていない男性は、いつまで待っても結婚したいとは思ってくれません。この機会にしっかりと男性の気持ちを理解して、ぜひ心変わりさせてあげましょう。

結婚したいと思わせるための秘策は、今回ご紹介した3つのポイント!さりげなくアピールして幸せを手に入れてくださいね。