コーヒー 飲み物 食

エアロプレスを使って美味しいコーヒーを入れる方法とは?

おいしいコーヒーを飲むとそれだけで1日が快適に始められます。その時においしいコーヒーを淹れられる夢のような道具が「エアロプレス」です。エスプレッソの濃さから普段の珈琲まで、自分に合わせてコーヒーを淹れることができます。

ここでは、

  • エアロプレスとは
  • エアロプレスの特徴
  • エアロプレスの正しい使用手順

について紹介します。

エアロプレスとは?

エアロプレス コーヒーメーカー
コーヒー愛好家の中で話題となっているエアロプレスとはどのようなものえしょうか。エアロプレスは注射器のような形状が印象的なツールで、そのエアロプレスで淹れたコーヒーはとてもおいしいです。エアロプレスについて知っておきましょう。

2005年に発明されたコーヒー抽出ツール

エアロプレスとは、2005年にフリスビーを作る会社、エアロビーの社長であるアラン・アドラーによって発明されたコーヒー抽出ツールです。コーヒーがおいしく淹れられない、という友人の悩みを解決するために発明されたコーヒー抽出ツールです。

空気の力を利用してコーヒーを抽出する

エアロプレスは、その名の通り空気の力を利用して、コーヒーを抽出します。高温で淹れない、そして時間が短いコーヒーがおいしくなるのでは、と考えて空気圧を利用することを思いつきました。

これは、エアロビーが空気抵抗を少なくしたフリスビーを発明した技術も生かされているといわれています。ピストンで押し下げることで空気の力により苦みの少ないコーヒーが淹れられるのです。

フィルタードリップの濃さのコーヒーを淹れることができる

エアロプレスは、エスプレッソも淹れられるとパッケージに書かれていますが一般的にフィルタードリップの濃さのコーヒーを淹れられます。

フィルターのように抽出するのではなく、圧力をかけて短時間で抽出することになります。だからこそ、注射器のような形状をしているのです。

エアロプレスの特徴

エアロプレスは2005年に開発されてから、特に宣伝は行っていないのにバリスタやコーヒー専門店などの口コミで話題になり1000万台をうりきりました。それだけ簡単においしいコーヒーが淹れられるエアロプレスの特徴について知っておきましょう。

酸味と甘みのバランスの取れたコーヒーを淹れられる

エアロプレスは、抽出時間を短く空気の圧力によって押し出すことでコーヒーを淹れます。比較的低温で抽出し、圧力をかけるという面が従来のコーヒードリッパーと違います。

そのためコーヒーの渋みを極力抑え、酸味と甘味のバランスの取れたコーヒーを淹れることができます。

スッキリした後味のコーヒーが好きな方におすすめ

エアロプレスのコーヒーが好きな人は、すっきりした後味のコーヒーが好きな人です。一言でその味を表すと「スッキリしているのにフレーバーしっかり」といったところです。

短時間での抽出なのでコーヒーの持っているフレーバーや甘みをより味わうことができるので、フレーバーコーヒーなどに最適です。

誰でも簡単に一定レベル以上のコーヒーを淹れられる

エアロプレスのよいところは、操作が簡単なところです。コーヒーの粉を、ペーパーフィルターをセットにした大きなシリンダーに入れて、お湯を注ぎます。

それからプレスするプランジャーをはめて押し出して圧力をかけるだけです。一般的な淹れ方なら特に難しいこともありませんし、慣れれば応用して自分でもコーヒーの濃さなどを調整して味わいを変えられます。

抽出できる味わいのバリエーションが豊富

エアロプレスの特徴は、抽出できるコーヒーの味わいが広いことです。慣れてくるとエスプレッソのような濃さから、かなりフレーバーを飛ばさない薄い味わいまで、自分で味をコントロールすることができます

そのため、抽出できる味わいのバリエーションが豊富であり、コーヒー好きの人にはもっと極めたくなる逸品なのです。

後片付けがとても簡単

エアロプレスは、味だけではなく操作も特徴的です。エアロプレスはさかさまにしてカップに載せ、プランジャーを押して中身を押し出すやり方なのでコーヒー粉などが外に飛び散りません。

後片付けがとても簡単で、屋外でも使えるので、朝からゴミを出したくない人やアウトドアでもおいしいコーヒーを淹れたい人に最適です。

エアロプレスの正しい使用手順

パッと見部品が多くてなかなか初心者には使いづらいエアロプレスですが、正しい使い方を覚えればそこまで難しいこともありません。エアロプレスの正しい仕様手順について知っておきましょう。

1.必要な量のコーヒー豆を計量し挽く

まずは、必要な量のコーヒーを計量して挽きます。マグカップ一杯位のコーヒーだとだいたい20グラムのコーヒー豆を挽けばよいでしょう。

コーヒー豆は中粗挽きで挽き、ペーパーフィルターを用いるときはそれよりも細かく、中挽きくらいに仕上げるとよいでしょう。

コーヒーを淹れるときに挽くほうが、香り高いコーヒーを楽しめます。

2.キャップ内にペーパーフィルターを入れチャンバーの底にはめる

キャップ内にペーパーフィルターを入れて、チャンバーの底にセットします。ペーパーフィルターは、計量したコーヒー豆をいれてからお湯で濡らしておくと、表面張力でピッタリと密着します。

3.チャンバーの中に計量したコーヒー粉を入れる

チャンバーの中に計量したコーヒー粉を入れましょう。エアロプレスは本体であるチャンパーとブランジャーを組み立てて、さかさまの状態にしてコーヒー粉を入れます。

ブランジャーの入りには気を付けます。ブランジャーが浅いとお湯が漏れますし、深くまでセットするとお湯が入りきらないからです。

4.プランジャーに計量したお湯を注ぐ

ブランジャーに、計量したお湯を注ぎます。実は、お湯は一気に注ぐとうまく抽出されないので3回に分けて注ぐのがポイントです。100グラム、100グラム、90グラム
の順番で注ぎましょう。

使うお湯は合計290グラムですが余裕を持って400グラムくらい沸かしておくのがおすすめです。実際にチャンバーに注ぐお湯は200グラムで、残りの90グラムは濃度の調整に使うとよいです。

5.プランジャーのお湯をチャンバーへゆっくりと注いで蒸らす

ブランジャーのお湯は、チャンバーへゆっくりと注いで蒸らしましょう。ただし、あまりにもゆっくりしてしまうと冷めるので、適度なスピードにします。

6.お湯とコーヒー粉をパドルでかき混ぜる

お湯を注ぐと、コーヒー粉とお湯をしっかりとなじませるため、エアロプレスについているパドルで撹拌します。ここでの目安は1回お湯を注ぐのにつき30秒程度と手早くかき混ぜるのがポイントです。

7.プランジャーをチャンバーに差し込みゆっくりとプレスする

全部のお湯を注ぎ終わったら、いよいよ抽出です。ブランジャーをチャンバーに差し込み、コップの上においてゆっくりとプレスします。ここでのポイントは、押し出す速度を一定にすることです。

押し出すときに途中でスピードを早くしたり緩めたりするとうまくいきません。30秒を目安に押し切れるよう、ストップウォッチなどを置いてコントロールしましょう。

空気が漏れる音がしたら、押し切れた合図になります。一定のスピードで押し出すことで中の圧力が一定になりおいしくなります。

また、エアロプレスに入れるお湯は200グラムとし、残りの90グラムのお湯で濃度を調節するとよいでしょう。

まとめ

2015年に登場し、世界中で1000萬台も売り上げるというコーヒー好きにはたまらない抽出器具、それがエアロプレスです。従来のコーヒーメーカーと比べて、比較的低温のお湯で抽出時間をかけず空気の力でプレスするため、香りが飛んでしまうこともありません。

コーヒー好きの人はもちろん、そうでない人もエアロプレスを使って今日から新しいコーヒーライフを始めてみてはどうでしょうか。