【動物占い】タヌキの性格傾向は?色別の性格や恋愛傾向・相性も説明

1999年に一大ブームを巻き起こした動物占いですが、2018年になってカラー分けされるなど再びブームとなっているのが動物占いです。

ここでは、動物占いのタヌキの性格傾向や恋愛傾向、相性のいい動物などについてまとめてみました。

タヌキの基本的な性格傾向


タヌキは昔話から日本人になじみのある動物であり、かわいらしさと何かされてもどこか憎めないところがあります。動物占いでタヌキとされる人にはどういった性格なのか、魅力も含めてみておきましょう。

思いやりがあり穏やかな人気者

タヌキは、穏やかでまじめな性格でありなんといっても人当たりが良く人気者です。対人関係には気を使うので、人間関係で揉め事を起こすことはほとんどありません。いわゆる「天然」な人が多いのもタヌキの特徴で、その天然っぷりがかわいらしく映ることもあります。タヌキは知られざる人気者なのです。

上下関係を重んじる

タヌキは実は真面目で、常識や伝統、しきたりを重んじます。目上の人を尊重するので、目上の人からの受けがよく、上司から可愛がられるという特徴もあります。腰が低く常に上司に対して敬いの姿勢を崩さないだけでなく、とにかく温厚で穏便なので部下からも慕われます。

冷静で慎重・古風な保守派


タヌキは真面目で冷静、慎重で古風な保守派です。冒険をするよりも安心感を求めます。仕事では自己主張するよりも必要に応じて他人に譲ることがある平和主義者です。

プライベートでは自分のこだわりを重視することもありますが、新しいものより古くて伝統的なものを好む傾向があります。

経験と実績を重んじる努力家

タヌキは新しいことをするよりも、自分の経験や実績を重んじる傾向があります。穏やかで人当たりが良く、コツコツと努力することが得意です。役割分担された作業を地道に行うことが好きです。

おとなしく消極的な人と思われがちなタヌキですが、努力している姿すら目立たないので成果が出てから初めて気づく、ということもあります。年齢がいくと評価されることも多いです。

様々なキャラを演じ人の和を大切にする


古来から化けるのが得意なタヌキは、さまざまなキャラを演じることができます。それは、自分をよく見せたい、というものではなく衝突を避けたいからです。体育会系の雰囲気ならそういったキャラ、インテリな雰囲気を求めるならそういったキャラといったように演じ分けられます。

相手の雰囲気を感じ取る能力に長けているので、相手の求める人物像を演じることができます。接客や営業などに大いなる力を発揮します。

控えめだが意志が強く堅実で信頼される

タヌキはぱっと見穏やかで人と衝突しないので、自己主張が弱いと思われがちです。しかし内面には強い意志を持っており、自分の目標達成のためにはコツコツと努力します。そういった仕事を積み重ねていくことで堅実で信頼されるようになります。

忘れっぽくて天然!から返事も多い

タヌキは忘れっぽいところもあります。人によっては「天然」と思われるような言動もあります。忘れっぽいのですがそのかわいらしいキャラで怒られることや反感を買うことはあまりありません。

仕事は人の役に立つ仕事が向く


タヌキは和を大切にする性格があるので、人の役に立つ仕事が向いています。堅実な仕事ぶりだけでなく、人によって対応を変える臨機応変さがあるので、人と接する仕事に向いています。

恋愛は消極的&古風で結婚前提を望む

何かと古風な考えを持つタヌキですが、恋愛についても古風で積極的にアピール吸うことはありません。日本男児、大和撫子の雰囲気を大事にし、初めて付き合った人でも結婚前提を望みます。恋愛については自己主張が弱いですが、一度心を開いた相手を大切にします。

色別・タヌキの性格傾向


最近の動物占いではカラーによって細分化され性格傾向を見ることもできます。タヌキは4色に分けられるので、その色別の性格傾向を見てみましょう。

金:内に情熱を秘め人間味あふれる行動派

金のタヌキは、タヌキの中でも最も情熱的な性格をしており、その情熱を内に秘めています。実は行動派で、集中力もあり、大変なことや情熱を傾けるものに一生懸命になりますがそれを見せません。裏表もなく誰からも好かれる性格で、危機に直面したときの判断能力にも優れています。

銀:客観的&繊細で洗練された大人の雰囲気

磨き上げられた繊細かつ大人の雰囲気を持つのが銀のタヌキです。常に冷静で警戒心も強く、慎重に判断するところがあります。実はプライドが高く、認められたいと思うため人を気にしすぎる繊細な一面も持っています。一度仲良くなるとその人間関係を大切にします。

黄:大器晩成&皆に好かれるリーダー的存在


タヌキはそもそも愛されキャラですがなかでも黄色のタヌキは余計にそのようなところがあります。競争心はなくコツコツと努力していくので時間はかかりながらも最終的には成功を収める大器晩成タイプです。強い精神力を持ち、人を楽しませることも好きなので、自然とリーダー的存在になります。

緑:いつも笑顔で謙虚、聞き上手な社交家

真面目でありますが自分に正直に生きており謙虚です。場が和む笑顔と聞き上手な長所や雰囲気の温和さを生かして誰とでも仲良くなれるコミュニケーション能力を持っています。内面は恥ずかしがり屋で警戒心が強く、落ち込みやすい面もあります。ボランティア精神も豊富で人の役に立ちますが頼まれると断れないことも多いです。

色別・タヌキの恋愛傾向と相性のいい動物


動物占いの中でもタヌキは4色に分かれますが、そのタヌキと相性の良い動物をみてみましょう。また、4色ごとの恋愛も、少し違っていて面白いです。

金:古風でシャイだが告白は自分からしたい

金のタヌキの恋愛はとても古風です。好きな人ができると相手に尽くしますし、硬い考え方をしているので恋愛=結婚と思っている節もあります。相手の礼儀作法などもしっかりと見ています。

金と相性のいい動物:緑のライオン・オレンジのコアラ

金のタヌキと相性が良いのは、緑のライオンとオレンジのコアラです。恥ずかしがり屋なタヌキを自分のペースに持ち込めるだけのコミュニケーション能力があるので、相性が良いのです。

銀:受け身&慎重で結婚まで時間がかかる

何事にも慎重な銀のタヌキは恋愛面に対してもそうであり受け身で慎重な故意をします。恋人のことを大事にはするものの、慎重でじっくり相手を見極めるため結婚へも時間がかかります。

銀と相性のいい動物:黄の象・金のチーター

慎重に恋愛をしていて考え込むことがある銀のタヌキには、潔く物事を決められる黄色の象と相性が良いです。物事への取り組みが早く、リードしてくれる金のチーターとも恋愛においては互いの欠点を補えあえます。

黄:一途&相手の内面を見てから心を開く


黄色のタヌキは自分の意志が強く頑固とみられることが多いように、一途な恋愛をします。また、控えめで気持ちを上手に伝えることができず恋愛においても大器晩成型です。相手の内面を見てから心を開くようになります。恋人というよりは普段一緒にいる同僚や友人から恋が発展しやすいです。

黄と相性のいい動物:緑のペガサス・銀のライオン

控えめで一途な黄色のタヌキは、協調性があって独自の感性を持つ緑のペガサスや、包容力のある銀のライオンがマッチしています。受け身な黄色のタヌキのマイペースさを受け入れてくれます。

緑:誠実で尽くすタイプ&嫉妬深い

誠実で尽くすタイプですが、恋に盲目になりやすいのが緑のタヌキです。好きになればその人のことでいっぱいで、一直線に愛しますが奥手なので好きな人にアタックするのは苦手です。誠実な反面、嫉妬深い一面もあります。

緑と相性のいい動物:黄のチーター・赤の狼

社交性のある緑のタヌキと相性が良いのは、似たような社交性のある黄のチーターです。また、赤の狼は緑のタヌキと同じように尽くすタイプなので相性が合います。

まとめ

人懐っこくて社交術にたけており、コミュニケーション能力があるのもタヌキの特徴です。内面には強い情熱を持っていたり陰ながら努力をすることもあります。そのようなタヌキの性格ですが、実は4色に細分化されています。それぞれに恋愛傾向も違いるので、動物占いがタヌキの人は知っておくとよいでしょう。