【風水】水槽を置いて金運アップする方法!財位や置き方のポイント

古来から私たちの世界には良い「気」も悪い「気」も流れており、悪い気を排出し良い気を取り入れられるのが風水です。

ここでは、

  • 風水からみた水槽の意味
  • 設置のポイント
  • 方位別・水槽を飾る場所のポイント

についてまとめてみました。

風水からみた水槽の意味


風水において水槽は、金運、そして財運を家の中に引き寄せてくれて貯めるという働きがあるとされています。必ずしも魚を飼う必要はないのですが、アクアリウムとしてとりあえず水槽を置いてみるのもよいです。風水における水槽の意味をまずは知っておき、ぜひ生活に取り入れてみましょう。

水槽は金運・財運を引き寄せる

風水とは古代中国の思想であり、運気は風に流れ水によって留められるとされています。古代の都では水龍として水の流れをもとに都づくりを行っています。

特に川の近くに大都市が発展してきたため、現在の家庭に風水を取り入れるとすれば「水槽」が古代都の発展をささえた「流れのある川」のような役割をしているのです。そのため、家庭に水槽があると、家の金運や財運に良いと言われています。

しかし水は良い気も悪い気も集めることがあります。悪い気を浄化して良い気を集めるためには、置く方位などに気を付けましょう。

金魚鉢サイズが良く大きすぎる水槽はNG


あまりにも大きな水槽は、かえって運気を下げると言われています。20リットルくらい入るものは、健康運を下げてしまうとして忌み嫌われています。

では、どのくらいのサイズがよいのでしょうか。家に置くのに一番良いとされるのが、金魚鉢サイズの水槽です。角のある四角いものよりも鉢のほうがよいとされており、わざわざ水槽を買わなくても家の花瓶で代用してもかまいません。

魚を飼うとさらに金運アップ

実は、魚を飼うと水槽の水に流れが生じるので、気が流れることになりさらに金運がアップするとされています。水槽に水を入れておいて運気の良い方角に置いておくだけでもよいのですが、魚を飼うとさらによいです。

ただし、魚を飼うと水槽を手入れするのが大変です。手入れができないくらいなら買わないほうがよいですが、運気をあげたいと思うなら、魚の飼育に挑戦してみるのもよいでしょう。

メダカや金魚など金色や赤の魚で金運アップ

水槽で飼う魚は、メダカや金魚など、金色や赤色の色鮮やかな魚で金運アップするとよいといわれています。メダカや金魚であれば初心者であっても比較的簡単に飼育できます。

玄関には良い気だけでなく悪い気もあるので、玄関に水槽を置く場合は邪気を吸い取ってくれる黒色の金魚を一匹混ぜておくとよいです。

設置のポイント


水槽を設置するのは、風水的に見て金運や財運に良いとされています。その水槽をどのように設置するか設置ポイントについてみていきましょう。方位だけでなく重要なポイントは他にもあります。

水槽の周りや水を常に綺麗に保つ

まず、風水は私達の周りに流れている良い「気」を取り入れ邪気を払うことが原則です。そのため、水槽の周りや水槽の中は常にきれいに保つようにしましょう。

水槽が汚れていると風水上考えられるはたらきが弱くなったり、悪い気が溜まってしまいます。一週間に一度以上は水槽を掃除しましょう。

浄化作用のある観葉植物を一緒に飾る

実は、水には良い気だけでなく悪い気も溜めこみます。そのため、水槽を置く際は悪い気浄化も考えなければなりません。

風水において観葉植物は浄化作用があるとされているので、悪い気を吸い取ってくれる観葉植物を一緒に置くとよいでしょう。観葉植物の種類は問いませんし、大きいものでなくてもよいでしょう。

水槽に光がさすように設置する

水は気の流れをとらえますが、良い「気」を取り入れることが大切です。良い気は明るい場所を好むので、水槽に光がさすように設置しましょう。さらなる幸運が舞い込む可能性があります。

方位別・水槽を飾る場所のポイント


風水において非常に重要なのは方位です。せっかく水槽をきれいに保っていても、置く方位を考えなければかえって健康運などを下げてしまうことになりかねません。

そのため、水槽を置く方位は事前にきちんと考えておきましょう。方位別に水槽を飾る場所のポイントを抑えておくとよいです。

財位である入口から見た対角線上の部屋の隅に設置

水槽は金運や財運に良いといわれているので、各部屋の気がたまる場所「財位」を考えておくとよいでしょう。

財位の場所は部屋の入り口ないしは玄関から見た対角線上に位置する部屋の隅です。水槽はそのような場所に設置するとより金運そして財運アップに良いとされているのです。

入口によって財位が決まる


実は、玄関の位置によって財位は決まってきます。玄関の位置によっておくべき場所が変わるので、水槽で運気をあげようとする人は知っておくとよいでしょう。家の玄関の方角を知るだけで、簡単に置いたらよい場所がわかります。

  • 入口が西:財位は北&南東
    入り口が西の方向にある場合、財位は北か南東になります。そのため、北か南東に水槽を設置するとよいでしょう。
  • 入口が南:財位は南東
    入り口が南にある場合、部屋の財位は南東になります。南東に水槽を配置するのがベストです。しかし、南の方向に水のあるものを置くとよくないので、南の方向に置くようになることは避けましょう。
  • 入口が北:財位は東&南西
    入り口が北にある場合は、財位は東か南西の位置になります。対角線上の部屋の隅がよいので、水槽を置くのならどちらかよりそれに近い位置に置くようにしましょう。南西は風水において「土」の気をもっとも強く受ける方位です。土付きの観葉植物がおすすめです。
  • 入口が北東:財位は北東
  • 入り口が北東の場合は、財位は北東になります。特に北東の方角にある玄関にそのまま水槽を置くとよいかもしれません。北東には風水において成長や挑戦という意味があり、土の気があるといわれています。水槽の横に観葉植物を置くのであれば、土付きの観葉植物を置くとよいかもしれません。
  • 入口が南西:財位は西
    入り口が南西にある場合、財位は西の方角になります。もともと風水の世界においては、西は財運や金運に良いと言われています。そのため、財運や金運をあげたいと考えている人には最適な方位でしょう。水槽を財運や金運に良いと言われている西の方角であれば、良い気を存分に受けられるなおです。
  • 入口が北西:財位は東&南
    入り口が北西にある家は、財位は東もしくは南がよいです。しかし、南には水の気があるものを置くのはよくありませんので、水槽を置くのであれば東に置けばよいでしょう。
  • 入口が南東:財位は東&南西
  • 入り口が南東にある場合は、財位は東、もしくは南西の方向になります。そちらの方向に水槽を置くようにしましょう。水槽を置く方角は財位のあるところにしておくと金運が上がると言われています。

玄関に設置:良い気を集める

水槽を置くのに方位を気にしないでよい場所があります。それが良い気が入ってくるとされる厳寒です。玄関を掃除するとよい気が流れるというのも、このような理由からです。

特に玄関に水槽を置くと、外からの良い「気」を集められます。しかし、玄関には良い「気」もあれば悪い「気」も流れています。そのため、玄関に水槽を置くときは、悪い気を吸わずに良い気が流れるように、気を浄化させるはたらきのある植物を渡すとよいといわれています。

まとめ

水槽は、家庭にありながらも水の流れを取り入れられるという風水においてはとてもよいアイテムの一つです。また、金運や財運をアップしたいと思っている人が取り入れられる、簡単なアイテムだからです。

水槽に魚を飼うのも、水の流れがとどまらずに流れるので良い気を取り入れられますのでおすすめです。金魚やメダカなどでよいので、赤や黄色のかわいらしい魚にしましょう。