ベージュチークでヌーディーな抜け感をプラス♡おすすめチークはこれ

チークの入れ方次第で、顔の印象は大きく変わりますよね。最近ではいろいろなメイクが流行っていますが、今のトレンドはカラーレスメイクだそうです。

そこで、

  • ベージュチークのおすすめポイント
  • 失敗しない!ベージュチークの選び方
  • 赤味があって使いやすい?おすすめベージュチーク4選
  • スキンベースに合ったおすすめのベージュチーク8選

についてまとめてみました。

ベージュチークのおすすめポイント


どうして今、ベージュチークに注目が集まっているのでしょうか。ヌーディーカラーが主役のカラーレスメイクに使える、ナチュラルメイクに使えるといったことが挙げられますね。詳しく見ていきましょう。

話題のヌーディーカラーが主役の「カラーレスメイク」にも使える

カラーレスメイクとは、色味をできるだけ排除したメイクのことです。カラーレスなので、色をなくすという意味ですよね。色をなくすと聞くと、すっぴんを思い浮かべるかもしれませんが、あくまで色味を抑えるだけです。

大人っぽく上品に仕上げてくれる

ベージュチークを使ったカラーレスメイクなら、全体的に上品なメイクの仕上がりにできます。下手にいろいろと色を追加するよりも、ベージュカラーでうまくまとめることで上品なオトナっぽさを演出することが可能になるのです。

すっぴん風のナチュラルメイクに使える


男性は女性のすっぴんが好き、という話はよく聞きますよね。しかし、だからといって社会人女性がいつもすっぴんというわけにもいきません。ベージュチークを使えば、適度なすっぴん風のナチュラルメイクもしやすいですよ。

知的で抜け感のある大人なメイクにしてくれる

オトナっぽさを演出するには、知的な雰囲気を出すのが手っ取り早いです。色味をできるだけ排除したメイクなら、適度な抜け感と知的さをアピールできますよ。ベージュチークとメガネコーデとの相性もとてもいいですよ。

失敗しない!ベージュチークの選び方


ベージュチークを持っているという方、普段から使っているという方は意外に少ないかもしれません。そこで、ここでは失敗しないベージュチークの選び方についてまとめてみました。今後購入するときの参考にしてくださいね。

赤味のあるベージュを選ぶと汚れっぽく見えない

初心者だとベージュチークを厚塗りしてしまい、汚れっぽく見えてしまうことがあります。キレイに見せるためのメイクなのに、汚れのように見えてしまうのは不本意ですよね。赤身のあるベージュだとチーク感も出せて汚れっぽく見えません。

イエローベースはオレンジ系・オークル系のベージュチーク


イエローベースの肌には、ベージュチークがよくなじみます。オレンジ系やオークル系のベージュチークだとしっかりと肌になじみますし、似合いますよ。ふわっとほんのり発色するタイプのチークもイエベの肌にはマッチするでしょう。

ブルーベースは青みのあるベージュチーク・ブラウン系ベージュチーク

青みがかかったベージュチークが、ブルーベース肌にはマッチします。青みがあるライトベージュ、比較的はっきりとしたブラウン系のベージュチークなどですね。明るめなライトベージュチークはブルベ肌の方と相性抜群ですよ。

赤味があって使いやすい?おすすめベージュチーク


赤みがあって使いやすいベージュチークをピックアップしてみました。さまざまなメーカーから製品がリリースされていますし、価格帯もまちまちです。プチプラで手に入るものもあるので、まずはお試しで安いものを選んでも良いでしょう。

ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム プラムベージュ BE-8 5.5g

ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム プラムベージュ BE-8 5.5g
容器のデザインもオシャレなチークです。1000円弱とプチプチ価格なのも嬉しいポイントですね。美容液成分も入ってこの価格なのはいいですね。頬や唇などにクリーミィに溶け込みますし、自然な血色感を演出できますよ。

ロレアル パリ ルーセントマジック パウダーブラッシュ B1 ハニーベージュ

ロレアル パリ ルーセントマジック パウダーブラッシュ B1 ハニーベージュ
ロレアルパリのチークです。きめ細かいパウダーを採用しているため、あらゆる肌質の方にマッチしそうです。しっかりと肌に密着しますし、ふんわりと発色して自然な血色感を出してくれますよ。全8色のラインナップです。

コフレドール チーク スマイルアップチークスN 03

コフレドール チーク スマイルアップチークスN 03
女性が好みそうな、キュートなパッケージデザインを採用しています。プレゼントとしても喜ばれそうですね。オイルをまとったパウダーを配合しており、洗練された仕上がりが実現します。肌の透明感を高める隠し青パールを配合しています。

アクア・アクア オーガニッククリームチーク 02 ミルキーフィグ

アクア・アクア オーガニッククリームチーク 02 ミルキーフィグ
肌に塗った瞬間にパウダーに変化するという、新感覚のオーガニッククリームチークです。たくさんのビタミンを含んだシークワーサーオイルを配合しているのも特徴と言えるでしょう。チークゾーンをしっかりと保湿ケアしてくれます。

イエベさんに?おすすめベージュチーク

イエローベースの肌の方には、黄色やオレンジ系のカラーがよくなじみますね。そこで、ここではイエベさんにおすすめのベージュチークを集めてみました。毎日使うものなので、成分や価格もしっかりチェックしてくださいね。

エテュセ チークカラー BE2

エテュセ チークカラー BE2(ピリッとシャープなほおに) 2.7g
パフが取り外せて洗える設計になっているため、いつでも清潔に保てるのが特徴です。なめらかに肌にフィットし、内側からほんのりと発光するような発色が体感できるでしょう。自然な頬のツヤを演出できるアイテムです。

キャンメイク クリームハイライター01 ルミナスベージュ 2g

キャンメイク クリームハイライター01 ルミナスベージュ 2g
プチプラコスメの代表格でもあるキャンメイクのベージュチークです。ファンデーションの上から塗ることで、くっきりとした立体感を出すこともできますよ。仕上げ前に仕込むことでナチュラルな立体感も演出できるでしょう。

マリブビューティー ベイクドチーク MBBC-02 コーラルベージュ

マリブビューティー ベイクドチーク MBBC-02 コーラルベージュ (1個)
ふんわりとした色づきが長時間持続するチークです。日本の大人女子のために開発された経緯を持つエアリーチークで、シアーな使用感と持続力が魅力ですね。さりげなく血色コントロールすることでオトナな魅力をアピールできます。

セザンヌ ナチュラル チークN 05

セザンヌ ナチュラル チークN 05
400円を切る価格で販売されている、プチプラなチークです。安いので、お試しに買ってみるのもいいかもしれませんね。滑らかな肌感に仕上げることができますし、ツヤ感や骨格のメリハリをつけることも可能になりますよ。

ブルベさんに?おすすめベージュチーク


ブルーベースの肌の方には、青みがかったベージュチークがマッチします。ライトベージュチークやブラウン系ベージュチークだとマッチしやすいですね。ここでは、おすすめをいくつかピックアップしてみました。

リンメル モデリングフェイスブラッシュ008 ヌードベージュ

リンメル モデリングフェイスブラッシュ008 ヌードベージュ
しっとりタイプのパウダーが、肌にしっかりとフィットしてくれます。自然な立体感を出してくれるので、さまざまなメイクアップも可能になるでしょう。くすむことなく、キレイな仕上がりが長時間持続するのもポイントです。

3CE ムードレシピ フェイス ブラッシュ(ローズベージュ)

3CE ムードレシピ フェイス ブラッシュ (チーク) / Mood Recipe Face Blush (ローズベージュ(Rose Beige)) [並行輸入品]
肌本来の色に溶けあってしっかりとなじむチークです。肌本来持つ美しさを引き立てることができ、ワンランク上の肌も目指せるでしょう。シルキースライディングテクスチャで滑らかな塗り心地も魅力的なポイントですね。

アクセーヌ フェイスカラー チーク C02 ローズベージュ

アクセーヌ フェイスカラー チーク C02 ローズベージュ
ローズベージュのチークです。ほんのりと明るい血色をアピールできますし、適度な立体感を演出することもできるでしょう。肌へのなじみよく、発色が長持ちするのも魅力的ですね。朝メイクしても夜までしっかり持ってくれます。

無印良品 チークカラー マーブルタイプ・ローズベージュ

無印良品 チークカラー マーブルタイプ・ローズベージュ 3.6g
本当に良いものにこだわる、無印良品のチークです。アルコール不使用なので、肌への負担も最小限に抑えています。パール入りの3つのカラーがマーブル状にミックスされ、それが立体的な肌感を演出してくれます。

まとめ

今話題のカラーレスメイクに欠かせないベージュチーク。メイク初心者だと上手に使えないかもしれませんが、慣れてくればうまく血色のコントロールもできるようになりますよ。

プチプラで手に入るものもたくさんあるので、まずはお試しにリーズナブルな価格のものを手に入れてみましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。