脇汗対策してますか?ニオイと汗シミ対策法・おすすめグッズ

脇汗が気になる、と思ったことはありませんか?脇汗が多いと恥ずかしい気持ちにもなりますし、何よりニオイが気になってしまいますよね。

そこで、

  • 脇汗の原因
  • 脇汗対策3つの方法
  • 脇汗のお悩みにおすすめのアイテム

についてまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

脇汗の原因


脇汗の原因はいろいろと挙げられます。食生活や運動不足、睡眠不足、緊張や不安、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが代表的ですね。ここでは、脇汗の主だった原因についてまとめたので、まず目を通してください。

食生活

脂っこい食事を続けていると、脇汗をかきやすいと言われています。動物性脂肪をたくさん含むような食事ですね。

また、刺激の強い食べ物は交感神経を活発にさせてしまうので、それが原因で脇汗をかいてしまうことがあるようです。カフェインの多い食べ物や飲み物も汗をかきやすくするので注意が必要です。

運動不足

汗をかくのは、体温調整のためです。体温を調整するために汗腺から汗を分泌するのですが、運動不足になると汗腺からの発汗が衰えてしまいます

こうなると、心臓の近くにあるエクリン線と呼ばれる汗腺が活発に活動を始めるようになり、たくさんの汗をかくようになるのです。

睡眠不足


人間の体は睡眠が足りていないとさまざまな弊害を生じます。睡眠が足りなくなると、自律神経の副交感神経がバランスを乱してしまい、汗をコントロールできなくなってしまうのです。

その結果、大量の脇汗をかいてしまうことがあります。また、睡眠不足からストレスに繋がり、脇汗をかくことも珍しくありません。

緊張や不安・ストレス

緊張したときや、不安なときに手に汗をかいたことはありませんか?緊張や不安を抱えたとき、ストレスを感じたときは、交感神経が刺激されることで急激に汗をかいてしまいます。

こうした精神性の発汗は、足や脇、頭などに多く見られるのが特徴ですね。水分だけでなくたんぱく質や脂質も含んだ汗になります。

ホルモンバランスの乱れ


ホルモンバランスはさまざまな原因で乱れます。ホルモンバランスは甲状腺ホルモンの働きを低下させますし、それによって発汗量が増えると言われているのです。

女性だと、生理の前後や妊娠しているとき、産後などにホルモンバランスが乱れやすくなり、甲状腺ホルモンの働きも低下してしまいます。

脇汗対策①制汗剤を使う!

脇汗への対策もいろいろありますが、もっとも手軽にできるのは制汗剤の使用でしょう。制汗剤にもさまざまなタイプがあり、携帯に便利なスプレータイプやサラサラの手触りになるベビーパウダーなどがありますね。詳しく見ていきましょう。

手軽に携帯に便利なスプレータイプ

プッシュするとミスト状の制汗剤が噴霧されるスプレータイプです。コンパクトなものが多いため、携帯に便利でどこにでも持ち運びできるメリットがあります。

制汗スプレーを使用するときは、事前にしっかりと汗を拭きとり、それから噴霧するようにしましょう。清潔な状態で使わないと効果が半減してしまいます。

ピンポイントで使えるスティック・ロールオンタイプ


スティックタイプは、直接脇に塗ることで効果を発揮します。塗ったらすぐにサラサラになるものが多いので、即効性に優れていますね。

ロールオンタイプは、ボールのような塗り口がコロコロと転がるように制汗剤を塗布するタイプです。汗と匂いを同時に抑えることができるので、このタイプも人気ですね。

肌に密着し制汗ニオイ防止効果が高いクリーム・ジェルタイプ

制汗剤の中でも、もっとも効果が高いと言われているのがクリームやジェルのタイプです。高い殺菌作用を持つものが多く、効果が長続きするものが多いのも特徴と言えるでしょう。

使うタイミングは寝る前、または出かける前などです。清潔な状態で使わないと効果が半減してしまうので注意が必要です。

さらさらな手触りになるベビーパウダー

赤ちゃんに使用するベビーパウダーですが、意外にも制汗剤として使用することができます。化粧水100mlに対し、ティースプーン1杯半分のベビーパウダーを混ぜるだけで、手製の制汗剤になりますよ。パウダーが汗をしっかりと吸収し、嫌な臭いも抑制してくれます。

手作りできるミョウバン水

ミョウバンは、鉄やアルミニウムなどの金属イオンが硫酸塩となり結びつくことでできます。防水材や染色剤として使用されてきたミョウバンですが、抗菌や殺菌作用があることでも知られているのです。ペットボトルにミョウバンを入れ、1~3日ほど寝かしたものを、水で約10倍ほどに薄めて使うだけです。

脇汗対策②気になるニオイを抑える

単純にたくさん汗をかくことが気になるという方もいれば、匂いが気になるという方も少なくありません。ここでは、脇汗による匂いが気になる場合の、対策についていくつかご紹介したいと思います。ぜひチェックしてください。

こまめに汗を拭いて雑菌を抑える

脇汗をかくと、匂いの元となる雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が増殖してしまうと、特有の嫌な臭いを発してしまうので、その前にきちんと拭きとってあげましょう。

運動をしたときはもちろん、脇汗をかいたと思ったらできるだけ清潔なタオルや、清涼シートなどで拭いてあげることです。

吸水性の良いタオルを濡らし固く絞り拭く

汗
しっかりとタオルを絞って拭きとることで、皮膚の表面に残っている雑菌まで拭きとることができます。ただ、匂いが気になるあまり強くゴシゴシと擦ってしまうと、脇の黒ずみなどの原因になるかもしれません。強く摩擦するのはやめましょう。

汗ふきシートを使う

汗ふき専用のシートが市販されているので、そうしたアイテムを使うのは有効です。メッシュ構造になっているシートだと、デコボコがしっかりと雑菌も拭きとってくれるでしょう。

サラサラするパウダーを配合しているようなものだと、使用感もイイですよ。爽快な気分になれるアイテムです。

脇汗対策③衣類の汗シミを防止する

脇汗をたくさんかいてしまうと、その部分だけシミができてしまい恥ずかしいですよね。人によっては、この汗によるシミを気にしている方も多いです。ここでは、衣類の汗シミを防止する方法についてお伝えしましょう。

目立たない色のシャツを着る

グレーや赤といった色のシャツだと、どうしてもシミが目立ってしまいます。逆に、白や黒などのシャツだとシミは目立ちにくくなるので、できるだけそのような色のシャツをチョイスしましょう。それでも気になるなら、こまめに着替えるなどの工夫も必要となりますね。

脇汗パット・汗とりインナーを使う

職場や人前だと、こまめに汗を拭きとりたくてもできません。そこでおすすめなのが、脇汗パットや汗取りインナーです。パットは衣服に貼るタイプが多く、服にシミができにくくなります。直接肌につけるタイプもありますよ。脇汗インナーは、脇汗に悩む人に向けた設計になっているので安心です。

脇汗対策できるおすすめの制汗剤

脇汗対策としてもっともポピュラーなのは、やはり制汗剤です。制汗剤にもいろいろな種類がありますし、たくさんの商品が市販されています。ここでは、おすすめの制汗剤をいくつかピックアップしたので、ぜひ目を通してください。

エージーデオ24 パウダースプレー スウィートブレンドの香り

エージーデオ24 パウダースプレー スウィートブレンドの香り 142g (医薬部外品)
1000円以下の価格で購入できる、リーズナブルな制汗剤です。肌にピタッと密着してニオイ菌を殺菌します。汗取りパッドのような効果も発揮してくれるので、粉末が汗を吸収して衣服へのしみ込みなどを防いでくれますよ。汗をかいても流れ落ちにくい成分なので、それも安心できるポイントですね。

レセナ ドライシールド パウダースプレー 無香性

レセナ ドライシールド パウダースプレー 無香性 135g
ニオイの元になる汗をしっかりとブロックしてくれる制汗剤です。持続性も高い制汗剤なので、長時間効果が長続きします。汗の出口となる部分をしっかりとコーティングするので、匂いの原因となる汗をしっかりと防いでくれるでしょう。香りの残らない無香料タイプです。

気になる脇汗のニオイにおすすめのニオイケアアイテム


脇汗のニオイは自分でも気になってしまいますし、周りに人がいるとなおさら気になってしまいますよね。そこで、ここでは脇汗のニオイケアにおすすめのアイテムをいくつかご紹介したいと思います。

Ban(バン) 爽感さっぱりシャワーシート ノンパウダータイプ ホワイトフローラルの香り

Ban(バン) 爽感さっぱりシャワーシート ノンパウダータイプ ホワイトフローラルの香り 36枚
3層構造のメッシュシートで、汗や雑菌をしっかりと拭きとれるシートです。気になるべたつきもしっかり拭きとれるので、使用したあとは爽快な気持ちになれるでしょう。サラサラリキッドを配合することで、肌をサラサラにできるのもポイントです。長時間ひんやりとした爽快感が続きます。

ビオレ さらさらパウダーシート デオドラント 無香料

ビオレ さらさらパウダーシート デオドラント 無香料 本体 36枚
シートタイプの薬用デオドラントです。殺菌成分がしっかりと脇に密着し、ニオイをもとからカットしてくれます。デオドラント効果が長時間持続するため、気になるニオイも感じないでしょう。使った後に香料が肌に残るようなこともありませんし、サラサラの肌になります。

脇の汗シミをケアにおすすめのシミケアアイテム

脇汗のシミは恥ずかしいですし、何とかしたいと思っている方は少なくないでしょう。脇汗用のインナーや、脇汗パッドなどがこうした悩みにはおすすめですね。ここでは、おすすめのシミケアアイテムをご紹介しましょう。

レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性

レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性 20g
脇に直接塗って使用するタイプの制汗剤です。パウダースティックなので、ピンポイントで使用できるのが魅力ですね。汗の出口となる部分にしっかりとバリアを張り、それによってニオイの元になる汗をしっかりと防いでくれるのです。ドライ感が1日持続しますし、香りも残りません。

リフ あせワキパット あせジミ防止・防臭シート

リフ あせワキパット あせジミ防止・防臭シート お徳用 ホワイト 40枚
厚さ約1mmほどの薄型シートなので、使用感もほとんどありません。違和感なく使用できるのはメリットですね。メッシュ素材の吸引シートを採用しており、汗を素早く引きこめます。また、スリット加工を施しているので、動きにフィットするのも特徴と言えるでしょう。

汗取り インナー ワキさら happyインナー リネン ショート丈

汗取りインナー ショート丈 (リリーパレット ワキさら happyインナー リネンさん) M リネンベージュ
汗取りインナーです。脇汗対策を目的に開発されたものなので、高い効果を発揮してくれるでしょう。肩からずり落ちにくいような設計になっていますし、外から見てもわかりにくい設計になっているのも特徴です。汗をしっかりと吸収してくれますし、嫌な脇汗が染みだしていきません。

まとめ

脇汗のシミやニオイに悩まされている方は少なくないですが、ここでご紹介した方法でぜひ対策をしてみましょう。また、食生活や睡眠など、日ごろの生活習慣に気を付けるのも脇汗の改善に効果が期待できます。

その上で、ここでご紹介した脇汗対策アイテムを使用すれば、さらに高い効果を実感できるでしょう。