似た者同士カップルのメリット・デメリットと円満の秘訣を解説

似た者同士と言われるカップルには、どんな共通点や良し悪しがあるのでしょうか。また、良好な関係を続けていくにはどうすれば良いのでしょう。

そんな疑問を持つ方のために今回は、ナイトワークの経験を持つ、恋愛に関する知識が豊富なNaoさん提供の情報を基に、似た者同士のカップルについてまとめました。

似た者同士のカップルの共通点

似た者同士のカップルには、次のような共通点があると言われています。読み進めてみて自分たちやまわりのカップルに当てはまっているかどうか、チェックしてみるのも良いでしょう。

仲が良い

似た者同士のカップルの共通点としては、まずは仲良しな点をあげることができるでしょう。その主な理由は性格が似ているからなのですが、もともと似ていたパターンもあれば、付き合い続けているうちに似てくるパターンもあります。自分と相手の似ている人間性に肯定的なカップルは、衝突が少ないです。

笑いのツボや趣味が同じ

趣味などが似ていると、会話が盛り上がり、一緒に話をするだけでも飽きることがありません。そもそも、この点が付き合うきっかけになった人も多いのではないでしょうか。

同じものを見て、喜んだり感動したりといったふうに感情を共有できる相手がいることに、幸せを感じる人は多いです。

服装の趣味が似ている

デートのとき、打ち合せをしておいたわけでもないのに、たまたま服装が似ているということもあります。このように服装がリンクしていることも、似た者同士と言われるカップルの多くに共通している要素のひとつでしょう。

お互いのファッションの好みが似ているため、彼氏の洋服を借りる女性もけっこういるのではないでしょうか。

お互いの友人と気が合う

2人の友達も交えて遊ぶことが多いカップルもたくさんいます。似た者同士なので、お互いの友人たちも気が合うケースが多く、余計な気を遣わずに遊ぶことができるでしょう。

これは、似た者同士でないカップルには、なかなかないことですよね。

相性の良さを実感できる

相性が良いと、一緒に過ごしていて安心感が得られます。恋愛観も似ていると、お互いにとって理想的な交際のスタイルを実現させやすいと言えるでしょう。そんな人と付き合えるのは、幸せなことですよね。

自分が相手を好きだという気持ちと同じくらい、相手からの愛情を感じることができると、恋愛も非常に楽しいはず。

似た者同士のカップルのメリット

似た者同士のカップルだと、デートや一緒にいるときにどのようなメリットがあるのでしょうか?よく言われていることをまとめてみました。

相手の気持ちがよくわかる

似た者同士でいることの最大のメリットは、「自分はこうやって考えるから、たぶん相手もそうかな?」とわかりやすいところ。

相手の考えていることが自然と掴み取れて、余計な詮索や悩むことが少なくて済むのは、長く一緒にいても疲れない要素のひとつかもしれませんね。

サプライズが成功しやすい

サプライズを好む人は多いでしょう。似た者同士のカップルだと、相手がしてもらって嬉しいことがわかりやすいため、本当に喜んでもらえるプランを練ることができるというメリットがあります。

失敗する確率が低いぶん、サプライズのしがいがあるでしょう。

悩みを共有し合える

考え方が似ているということは、同じような悩みを抱えることも多いです。そのため、一方が何か悩みを抱えた場合、もう一方が克服した経験があれば、的を得たアドバイスがしやすいです。しかし、そうでない場合には、確信的な解決策がお互いにわからないということも。

ただ「どうしてそんなつまらないことで悩むの?理解できないんだけど」ということはお互いにありません。相手がわかってくれるだけでも気持ちが軽くなり、深く悩み込んでしまうようなことは少ないと言えるしょう。

似た者同士のカップルのデメリット

多くのメリットがある反面、似た者同士ゆえのデメリットも複数あります。次のような問題が起こり得るのですが、恋人を持つ人の中には、すでに実感しているものがある人もいるかもしれません。

喧嘩が多い

気が強い者同士であったり頑固者同士であったりすると、お互いこだわりを譲れずに、衝突することがあります。また、イライラするポイントも似ている場合があるため、喧嘩も多くなってしまうのでしょう。

しかし、どのようなことで喧嘩になるのかパターンが見えてくると、喧嘩も少なくなるかもしれませんね。

気を遣い過ぎてしまう

性格が似ているため、相手の考えていそうなことがわかってしまいます。それが続くと、相手の気持ちや行動を先読みしてしまい、気を遣い過ぎてしまうということも。

似た者同士だからこそ、思いを打ち明けやすいこともあるので、話し合いで気を遣い過ぎずに済む関係を築いていくと良いでしょう。

刺激が少ない

考えることや趣味が同じで、さらにお互いの友人同士も仲が良いことは、似た者同士のカップルのメリットとしてあげられる要素です。

しかしその反面、新鮮味に欠けたり、刺激が少ないと感じたりすることも。マンネリ化しないような工夫をすることも、ときには必要なのかもしれませんね。

似た者同士のカップルがうまくいく理由

似た者同士のカップルは、メリットやデメリットもありますが、以下のような理由があって上手くいっているケースが多いです。性格が似ている人同士で付き合っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

相手のことがわかりやすい

相手がされて嬉しく感じることだけでなく、相手がされたら嫌なことまで似た者同士のカップルでは掴みやすいです。嫌がることをしなければ、無駄な喧嘩を防げます

また、相手の気持ちがわからずに「どうしてわかってくれないの?」と不安に思うことも少ないです。それが関係を良好に保てている理由のひとつになっているのでしょう。

喧嘩をしても許せる

そもそもの性格が似ていると、喧嘩が長引くことも少ないでしょう。これは、大喧嘩して心ないことを言われても「でも、私でも同じこといったかも(笑)」くらいに思えるためです。怒っている相手の気持ちや発言に理解を示せるために、いつまでも腹を立てずに許すことができています。

客観視してもらいやすい

性格が似ている者同士だと、相手から相手自身を通して自分のことを客観視してもらえるという利点があります。自分が欲していることを冷静に見つめてくれて気づき、応えてくれる、自分がマズイ方向にいきそうなときに止めてくれる。反対にプラスになりそうなことは提案してくれたり、背中を押してくれたりする。

お互いに自然とそうできるようになると、最高のパートナーとなれるでしょう。

一緒にいて落ち着く

自分と考えや好みが似ている相手と一緒にいるのは、非常に落ち着きます。相手を否定したり、相手に反論したりするような場面が少ないためです。そんな価値観が一致する相手と過ごすことによるストレスは少なく、ありのままの自分でいられます。お互いに居心地の良さを感じられるのは、長続きする秘訣と言えるでしょう。

嫌いなものが同じ

好きなものが同じというよりも、実は嫌いなものが同じほうが上手くいくと言われています。これは、自分が苦手なものを相手が好んでいるような場合に、無理して相手に合わせる必要がないということ。

不快なコト、モノを嫌々受け入れて不満やストレスを溜め込まなくて済むぶん、快適に付き合い続けていけるでしょう。

似た者同士の恋愛が上手くいく方法

似た者同士でカップルになる場合、その関係が上手くいく方法として、次のようなことがあげられます。付き合いを続けていく中で、意識して取り入れると良いでしょう。

譲り合う

自分から謝れない性格や、自分を優先してほしい性格が似た者同士の場合は、何かあったときにどちらかが意識して引かないと、喧嘩になるリスクがあります。最悪、別れ話に発展しかねません。

譲り合いが必要な場面に出くわしたときは、片方がいつも引き下がると不満が溜まり爆発してしまいかねないため、一方に偏ることがないようにしましょう。具体的には、交互に譲り合うことを心がけるのがおすすめです。

相手の気持ちを確認する

自分と似ているからといって相手の気持ちを勝手に決めつけず、何か引っ掛かることが生じた際には、その都度確認したほうが良いです。

大まかには似ていたとしても、細かいところまでは同じ考えではないという認識を持つことが大切と言えます。これができれば、無駄な衝突の回避に繋がるでしょう。

自分と相手の違うところを見つける

似た者同士でも考え方が違うことはあります。相手に「こういうところがあったんだ。知らなかったな」といった自分とは違うところを見つけると、新しい発見が多くて楽しいと感じられるものです。知らない相手の一面は新鮮でもあり、さらに愛おしく思うことができるでしょう。

ぜひたくさんのコミュニケーションをとったり、新たなチャレンジをしたりする中で、自分とは違う相手の良さを見つけてください。

さいごに

似た者同士のカップルは、自他ともに認めるナイスカップルであることが多いです。正反対の性格同士で付き合っている場合も、関係が長続きすると言われていますが、似た者同士ならではの良さは、それとはまた違っています。

せっかく同じ感性の人と出逢って恋をしているのであれば、お互いを大切にして良好な関係を築き上げていってくださいね。また、現在フリーの方で似た者同士のカップルに魅力を感じたのであれば、自分と似ている相手を探してみると良いでしょう。