乾燥肌さんにおすすめのスティックファンデーション

コントロールカラーは肌のお悩み別で選んで!おすすめカラーをご紹介

日本人はイエローベースやブルーベースの人が多く、なかなか思い通りの肌色にならないこともありますよね。そんな時に便利なのがコントロールカラーです。

そこで、

  • コントロールカラーの役目
  • コントロールカラー別の効果
  • カラー別おすすめのコントロールカラー

について紹介します。

コントロールカラーの役目


コントロールカラーの役目はそもそもどういうところにあるのでしょうか。普段から使っていない人はわからない人も多いかもしれません。必須アイテムとは言えないですが、あれば確実に便利アイテムとなってくれます。ここからはまず役目について紹介します。

肌の色を整える

コントロールカラーは肌の色を整えてくれるのが特徴です。ピンクやレッドがベースのものもあれば、ブラウンやイエローがベースのものもあります。要は肌の色を自分の好みに整えていくことができるのが、コントロールカラーの役目なのです。

ファンデーションの厚塗りを防ぐ

ついつい肌に悩みがあるとファンデーションを濃いめに塗ってしまうということもあるでしょう。ただ、コントロールカラーがあると自分の好みに調節できるので、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。厚化粧を避けるためにも有効です。

コントロールカラーのカラー別の効果


コントロールカラーは色々なカラーが用意されていて、そのカラーごとに印象も違ってきます。どのようなカラーを使うかによって印象も違ってくるでしょうここからは、それぞれのカラーが持つ効果について紹介します。参考にしてみてください。

パープルはハイライトの役割がある

パープルはハイライトの役割を持っています。顔の陰影をはっきりさせてくれるので、立体感のある肌色にしてくれます。また、単なるハイライトではなく肌の印象を抑えてくれるのでクールな印象にすることも可能です。顔の圧力が強い人にもおすすめです。

イエローは健康的な肌色に

イエローは健康的な肌色になり、日本人にもマッチしやすいです。顔全体が明るい印象となるで、ガーリーな雰囲気を演出するのにも活用できます。また、イエローは程よい血色感を演出してくれるので、そちらも魅力が大きいと言えるでしょう。

オレンジはクマやくすみによいとされる


オレンジはクマやくすみをカバーでき、程よい血色感を出してくれます。オレンジの明るさもあって、キュートな雰囲気になる効果もありますね。肌全体のトーンアップにも繋がり気になる黒ずみなどもカバーできるかもしれません。

ブルーは透明感を引き出す

ブルーは透明感を引き出して、より落ち着きのある顔にしてくれます。もともとブルーベースの人が使っても良いですし、イエローベースの人が使っても雰囲気が出て良いですね。顔の印象が変わるので、色白な人だとより透明感が出ておすすめです。

グリーンは赤みを目立たなくする

グリーンは赤みを目立たなくしてくれるので、肌をよりナチュラルに見せてくれます。森や林の中にいるかのような雰囲気となるため、自然な発色で健康的に見えます。もちろん、そこまでグリーンが強く出るわけではないので、ふんわりとした雰囲気になるのが良いですね。

ピンクは肌色を明るくする


ピンクは肌色を明るくしてくれて、心地良い立体感が生まれます。相手に威圧感や圧迫感を与えることがないので、より透明感のある自然な仕上がりになるでしょう。肌の血色感も出るので、より美しい肌に見せることもできちゃいます。

パープル系コントロールカラー

肌が綺麗な人になる10この方法と肌が綺麗になる美肌アイテム
パープル系のコントロールカラーは印象もクールになって、大人の色気を出すのにも最適です。そこで、ここからはパープル系コントロールカラーの中でも、人気の高いものを中心に厳選してみました。ぜひイメージを変えましょう。

ナチュラグラッセ カラーコントロールベース 01 (バイオレット)


コントロールカラーの中でもナチュラルに発色してくれると評判なのが、こちらのアイテムです。パープルというよりはバイオレットなので、少し赤が強い青も感じられるカラーとなっています。美容成分も豊富で紫外線対策にも良いのでおすすめです。

ベビーピンク ラベンダーマジックベース


肌を輝かせて赤ちゃんのような肌に見せてくれるのがこちらのコントロールカラーです。ラベンダーのようにほんのりと甘いパープルに発色してくれるのが特徴です。血色感と透明感のバランスが絶妙ということもあり、若い女性を中心に人気となっています。

CandyDoll ブライトピュアベース<ラベンダー>


肌がつるんととろけるような透明感になるのが、こちらのコントロールカラーです。ほんのりとした優しいパープルが特徴となっていて、透明感のあるブルーと血色感のあるピンクがちょうど良く融合された優れものとなっています。

イエロー系のコントロールカラー


肌の美しさをより高めていきたいという時には、イエロー系コントロールカラーがおすすめです。肌全体のトーンもアップするし、きめ細かな肌に見せることも可能です。ここからはイエロー系のコントロールカラーについて紹介します。

ママバター BBクリーム イエローベージュ


こちらはオーガニックな植物原料配合のアイテムとなっていて、肌にしっとりと吸着してくれるコントロールカラーとなっています。イエローというよりはベージュ寄りなので、より肌色に近い色合いを演出することができますよ。

スガオ (SUGAO) シルク感カラーベース イエロー


まるでシルクのような透明感と血色感がプラスされるのが、こちらのコントロールカラーです。毛穴に密着して隠してくれるので、毛穴のないつるつるな肌に見せることができます。血色感があるのに透明感もある、美しい肌を演出できます。

江原道 メイクアップ カラーベースイエロー


メイクアップに使えるコントロールカラーの中でも、人気なのがこちらのアイテムです。イエローの他にも豊富なカラーが用意されていて、自分の肌に合わせて使えます。イエローは肌をしっかり補正してくれて、均一でナチュラルな素肌感を出してくれます。

オレンジ系のコントロールカラー


より肌をふんわりとした雰囲気に見せたいのなら、オレンジ系コントロールカラーがおすすめです。温かみの中にもガーリーでキュートな雰囲気があり、大人の女性から若い女性まで使えます。ここからはオレンジ系のコントロールカラーを紹介します。

MAMEW(マミュ) コントロールリキッド-化粧下地 オレンジ


化粧下地として使えて、肌の質感と色彩をグッと変化させてくれます。オレンジだと肌の明るさがしっかりと出るだけではなく、まとまりのある素肌感が生まれます。使いやすくて肌に馴染みやすいアイテムなので、肌のトラブルや問題を隠したい時にもおすすめです。

カネボウ メディア メイクアップベースS 肌くすみ消しオレンジ


コントロールカラーの中でも、明るく健康的な肌にしてくれるのがこちらのアイテムです。くすみ消しとして提供されているため、くすみのカバーに定評があります。また、植物由来のコラーゲンも配合されているので、肌にも優しく便利です。

マーシュフィールド SC クリームファンデI 04(オレンジ)


肌の悩みをトータルでカバーできるのが、こちらのコントロールカラーです。シミやそばかす、クマにくすみなど肌の悩みをこれ1つでカバーできます。発色が人によって違ってくるものの、肌のナチュラルな雰囲気を演出できると評判です。

ブルー系のコントロールカラー


透明感をより一層出したいということであれば、ブルー系コントロールカラーを使うというのが良いのではないでしょうか。透明感が出ると顔の印象も一瞬で違ってきます。ここからは、おすすめのブルー系コントロールカラーを紹介します。

無印良品 UVベースコントロールカラー・ブルー


人気ブランドが提供しているのが、こちらのコントロールカラーです。くすみやクマをしっかりとカバーしてくれるのに、透明感もしっかりと出る優れものです。保湿成分も含まれているので、瑞々しい綺麗な肌に仕上げていくこともできますね。

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー


皮脂がテカってしまうという人には、こちらのコントロールカラーがおすすめです。テカりを抑えて、高級感のある肌に見せてくれます。透明感が主張しすぎないので、自然と肌が美しく見えるのが特徴です。それでいてプチプラなので、とても求めやすいというところからも人気を集めています。

カバーファクトリー カラーコントロールベース 01 ブルー


透明感をアップさせてくれる下地、それがこちらのコントロールカラーです。肌にしっとりと吸着して、気になる毛穴もカバーできます。肌がとても綺麗になるため、オールラウンダーとしても使えるアイテムとなっています。特に美肌補正に定評があるのが特徴です。

グリーン系コントロールカラー


落ち着いた雰囲気を出したいという時には、グリーン系のコントロールカラーがおすすめです。使い方はちょっとコツが必要ですが、使い方さえわかれば汎用性も利便性も抜群です。ここからは、そんなグリーン系コントロールカラーを紹介します。

ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ EX-2 赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーン


肌をしっとり仕上げてくれるのが、こちらのコントロールカラーです。赤みを抑えてくれるので、全体的にナチュラルで落ち着いた雰囲気になります。顔が赤くなりがちな人におすすめの商品となっていて、下地としても優秀だと定評がある商品です。

【RMK (ルミコ)】ベーシック コントロールカラー N #03 グリーン


メイクアップはもちろん、ベースメイクとしても使えるし、コンシーラーとしても使えるのがこちらのコントロールカラーです。柔らかいグリーンとなっていて、肌全体の美しさを整えてくれるのが特徴です。商品としてはちょっと高いですが、マッチする人にはマッチする商品と言えます。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) エニークッション カラーコレクター Mint


人気の商品として知られているのがこちらのコントロールカラーです。肌のきめを整えるだけではなく、美しく見せてくれるのが特徴となっています。鮮やかなヴェールで包み込むことによって、肌の美しさを底上げしてくれますよ。

ピンク系コントロールカラー


コントロールカラーの大定番と言えば、やっぱりピンク系のコントロールカラーです。肌に合わせて無限の可能性を見つけていけるアイテムと言えるでしょう。ここではその中でも特に使いやすいピンク系コントロールカラーを紹介します。

メイベリン フィットミー コンシーラー 15 ピンク系の明るめの肌色


人気メーカーから登場しているのが、こちらのコントロールカラーです。ピンクの明るめな肌色に調節できるため、肌のトーンアップにも最適です。透明感の中にも血色感が生まれて、愛されやすい顔に演出することも可能となっています。

【WHOMEE フーミー】コントロールカラーベース (ピンク)


ほんのりと血色感を演出することができるピンクとなっていて、肌色を補正しながら紫外線からも守ってくれます。肌のツヤやハリも出してくれる優れものなので、メイクアップにも最適なコントロールカラーだと言えるでしょう。

NOV ノブ ベースコントロールカラーUV ラベンダーピンク


ベースメイクに活用できるのが、こちらのコントロールカラーです。肌色をしっかり補正しつつも透明感と血色感を程よく演出してくれて、簡単に美肌になれちゃいます。使いやすくて他のカラーもあるので、肌の状態に合わせて選んでおくと良いかもしれません。

まとめ

コントロールカラーは色々なものが出ているので、肌の悩みに合わせて使ってみると良いでしょう。肌は人によってベースとなるカラーが違ってくるので、それに合わせたコントロールカラー選びも重要となってきます。ここで紹介したものを中心に使ってみて、自分にぴったりの演出をしてみてください。