伸ばしかけの髪でもおしゃれしたい!かわいいアレンジ12選

髪の毛を伸ばそうと思っても途中で断念してしまって、また元のショートに逆戻りを繰り返している方はいませんか?その理由として大きいのは、伸ばしかけの時にどうもヘアアレンジが決まらないからでしょう。しかし伸ばしかけのだからこそできるヘアスタイルもいろいろとあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

伸ばしかけの髪の悩みとは

伸ばしかけの場合、寝癖がついてしまったり、どうにも自分でうまくまとめられなかったりなどの悩みを抱えがちです。その結果我慢しきれなくなって、ショートに切ってしまうというパターンは多く見られます。どのような悩みを抱えているのか、以下でまとめてみました。

ハネてしまい寝癖直しが大変

伸ばしかけの髪の毛の場合、ハネやすくなるのが悩みとよく言われます。特に寝癖がついてしまって、朝出かけるときにスタイリングに時間がかかるという人はいませんか?肩につくかどうかの長さの時にいろいろな方法にはねてしまうと悩んでいる人は多いようです。しかしアレンジするときにちょっとした工夫をすることで、悩みを解決できる可能性は十分あります。

中途半端な長さだからまとまらない

伸ばしかけの場合、中途半端な長さになってしまいがちです。このためスタイリングしにくくて、どうにもまとまらないイメージを持っている人も多いでしょう。しかしちょっとした工夫を加えることで、短くも長くもない髪の毛の長さだからこそできるスタイルもあります。

アレンジがかわいくできない

中途半端な長さの場合、なかなかかわいらしくアレンジできないのが悩みという話もしばしば聞かれます。髪の毛の長さが十分でないと、女性らしさを演出できないからです。しかし例えば内巻きにすることで、ロブのような印象に仕上げられます。コテがあれば、簡単に自分でもスタイリングできるはずです。

伸ばしかけハネはパーマで解消

伸ばしかけでハネに困っているのであれば、対策の一つにパーマをかける手法があります。パーマをかけることで、楽にヘアセットができるようになるからです。一回は美容院に行く必要はありますが、一度パーマがしっかりかかれば、あとはセルフで簡単にセットできます。どのようなスタイリングがあるか、以下で詳しく紹介します。

ゆるいパーマで簡単アレンジ

伸ばしかけの時に困ってしまうのは、毛先のハネでしょう。この問題を解決するには、パーマをゆるくかけることです。緩めのパーマであれば、カジュアル・フォーマルいずれでもしっくりきます。透明感があって明るい仕上がりにまとめたければ、ブリーチとハイライトでアレンジしてみるのもおすすめです。

毛先を巻いてらくちんヘア

全体的にパーマを巻くと髪の毛の傷みが気になるのであれば、毛先だけ巻いてみる方法がおすすめです。これなら毛先のハネの悩みも解消できますし、髪の毛のダメージも最小限に抑えられます。ちょっと扱いにくい髪の毛になったときに活用しましょう。伸ばしながらイメチェンすることも可能です。

思い切って外はねに

 

ハネが気になるのであれば、それをヘアスタイルに取り入れてみるのも一つの方法です。顔の周辺のうねりが気になっているのなら、毛先以外はストレートでまとめるスタイリングもあります。雨の日に特にまとまらずに困っている人などにおすすめの手法です。

ストレートパーマという手も

羽対策としてパーマをかける手法を紹介しましたが、あえてストレートパーマに持っていくアプローチも選択肢の一つです。ストレートでインに入るような毛先の流し方をすれば、小顔効果も期待できます。骨格に合わせてウエイトの位置を調整することで、だれでもナチュラルに小顔に持っていくことも可能です。

伸ばしかけでもできる!スッキリまとめ髪

伸ばしかけの場合、ロングのように髪の毛をまとめられないのではないか、このように思っている人もいるでしょう。しかしバンダナやクリップなどのヘアアクセサリーを使用することで、短時間でもおしゃれにアレンジできます。伸ばしかけでも簡単にできるアレンジ方法について、以下で見ていきます。

伸ばしかけでもハーフお団子なら

伸ばしかけの髪の毛の場合、襟足のところの外ハネが気になる人はいませんか?その場合には、お団子ヘアを駆使する方法がおすすめです。ハネてもお団子でまとめてしまえば、寝癖が気になりません。お団子ヘアにすることでロングでなくても、女性らしいヘアセットも可能です。

バンダナを味方につけよう

ヘアアクセサリーを駆使して、伸ばしかけの髪の毛をまとめる方法は簡単に実践できます。例えばバンダナを巻き付けることで、簡単に髪の毛をまとめられません。外ハネなどもバンダナの中に入れてしまえば気になりません。朝忙しくて時間のない方でも簡単におしゃれにアレンジできるはずです。日によってバンダナを変えることで、コーデのバリエーションは無限に膨らみます。

おしゃれな一つ結び

 

ゴムでまとめるのも一つの方法ですがアレンジが一辺倒になりがちですし、おしゃれという感じがしないかもしれません。しかし軽く巻いて結んで、それを少し崩すだけで女性らしくおしゃれなテイストに仕上げられます。後れ毛を少し出すと、こなれた雰囲気を醸し出せます。着崩しコーデのような粋な感じがいいと思っている人向けです。

大きめバレッタでサイドすっきり

クリップでまとめてしまうのも簡単にアレンジできるので、朝あまり時間のない人におすすめです。この時大きめのバレッタを使用すれば、それがアクセントになっていつもと違った印象に変わります。いくつかバレッタを用意して、日によって変えてみると気分をリフレッシュできます。

伸ばしかけでもかわいい?簡単アレンジ


伸ばしかけでもヘアアレンジに少し工夫を加えることで、かわいらしいスタイルにまとめることも可能です。ツインテールやポニーテールができるような長さになったら、そこにもう一つテクニックを加えてみると、だいぶ見た目の印象も変わります。ここでは簡単にできるアレンジ方法について、いくつか見ていきます。

くるりんぱを二つ重ねて

サイドから後ろの髪の毛をツイストしてそれを一つにまとめるアレンジは、伸ばしかけの状態でも可能なセット方法です。くるくる巻かれることで、ガーリー度がアップします。しっかりまとめられるので、多少動いても髪の毛がほどける心配もないです。お店などで働いている女性がこのようなアレンジをするとしっくりくるでしょう。

編み込みからのツインテール

個性的なヘアスタイルを希望しているのなら、ねじねじに編み込んでそれをツインテールでまとめるのがおすすめです。何重にもくるくる巻かれているため、ほかにはなかなか見られない表情に仕上がります。黒髪の方でも重たい感じにならずに、遊び心のあるテイストといえます。伸ばしかけて髪の毛の広がりが気になる女性にはお勧めのヘアスタイルといえます。

髪をほぐしてこなれ感ありのハーフアップ

 

伸ばしかけボブの方にお勧めの髪の毛のまとめ方に、ハーフアップがあります。伸ばしかけボブの場合、外ハネにあえて巻いてみるといいでしょう。この時ハーフアップにまとめた髪の毛を少しほぐしてみるのがポイントです。若干崩すとスキのある感じになって、男性に好感を持たれるような女の子らしさがアップするからです。

ポニーテールもかわいくアレンジ

伸ばしかけである程度の長さまでくれば、ポニーテールができる人も出てくるでしょう。ノーマルなものでもしっくりきますし、女性らしさを演出できます。しかし自分らしさを加えたければ、プラスアルファのアレンジを加えてみることです。例えば普通一つでまとめるポニーテールを、何段階に分けて縛ることでこぶのいくつかできる個性的なヘアスタイルになります。

まとめ

伸ばしかけのボブなどは寝癖がひどい、なかなかまとまらないなどスタイリングに不向きの長さと思っている人も多いでしょう。しかし上で見たようにパーマをかけてみたり、ヘアアクセサリーを活用したりすることでかわいらしい印象にまとめることも十分可能です。上で紹介したヘアアレンジなどを参考にして、自分に合ったヘアスタイルを見つけてみましょう。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。