シンプルなハーフアップを極めたい!レングス別アレンジ12選

なかなか自分にしっくりくるかわいらしいヘアスタイルが見つからない、このような悩みを抱えていませんか?手軽に髪の毛の長さに関係なく、だれでもフィットするのがハーフアップといわれる方法です。簡単に髪の毛をまとめる方法ですが、近所への買い物から出勤・通学まで幅広い用途で活用できます。

ここでは、

についてまとめてみました。

シンプルなハーフアップの魅力

学生から大人女子の幅広い年齢層で、ハーフアップが安定した人気があります。簡単にアレンジできますし、どのようなシーンでもしっくりくる上方であることなどユーティリティの高さが高く評価されているためです。ここではその魅力についてまとめてみました。

簡単にアレンジができる

ハーフアップは必要最小限のアイテムで手軽にまとめられるところが魅力です。例えば結ぶ高さを変えるだけでも見た目の印象に変化をつけられます。アレンジの方法もいろいろとあって、編み込みやみつあみ、ロープ編みのようにいくつか種類があげられます。髪の毛を切ったり伸ばしたりするのは大変で勇気がいるでしょうが、これなら手軽にイメチェンも可能です。

派手じゃないからオフィスにもOK

使い勝手のいいところも魅力の一つです。例えば休日どこかに出かけるようなカジュアルなシーンはもちろんのこと、オフィスに通勤する際でも違和感はないはずです。また結婚式をはじめとした比較的フォーマルなパーティに出席する際にもマッチするヘアスタイルです。どのようなシチュエーションでも合わせやすいですから、ユーザーの間では重宝するという声がよく聞かれます。

大人かわいいアレンジとして人気

ショートヘアの場合女の子っぽく、どこか幼い印象を与えます。一方ロングヘアの場合、大人の女性の雰囲気を醸し出します。そのロングヘアをハーフアップにすることで、可愛さの要素の取り入れられます。シンプルで簡単ですから、出勤などで朝あまり時間のない方でもきれいにスタイリングできます。

ショートヘアでも簡単ハーフアップ

ショートヘアの場合、髪の毛をまとめるのは難しいと思っている人もいるかもしれません。しかしハーフアップをうまく取り入れれば、髪の毛が短めの方でも自分のアレンジに取り入れられます。すっきりとした感じからボリュームを出すスタイリングまで、いろいろなバリエーションがあります。以下におすすめの方法についてまとめてみました。

ピンを使ったすっきりハーフアップ

ヘアゴムのほかにピンを使うことで、しっかり髪の毛を止めることが可能です。仕事などで小時間髪の毛をいじれない人でも、髪形の大きな乱れがなく安心です。自分でも簡単にできkるまとめ方ですから、外出する際のちょっとした時間を利用して仕上げられます。サイドの髪を下ろして、少しほぐしたほうがこなれたおしゃれ感が出てきます。

パーマの髪でボリューム感

ボブ程度の長さの場合、パーマをかけることでボリュームアップする方法もおすすめです。ふわっとした感じが出て、ガーリー感がアップするためです。ボリュームをできるだけ出したければ、トップを少しルーズにまとめてみるといいでしょう。巻き髪よりは波巻きの方が違和感なく仕上げられます。

インナーカラーをきれいに見せる

 

個性的なハーフアップを目指すのなら、カラーリングを取り入れてみるといいでしょう。インナーカラーをうまく取り入れることで、立体感が出てきます。例えば仕事中などフォーマルな場ではカラーを隠して、プライベートな時にハーフアップで色を前面に出していく方法などもあります。

ざっくりラフなショートさんのハーフアップ

ショートでロングに髪の毛を伸ばしている真っ最中であれば、ラフな感じでアップしてみるのもおすすめです。ぎりぎり髪の毛の結べる長さになったところで取り入れてほしいアレンジです。しっかり結ぶのではなく、ふわっと余裕を持たせたまとめ方の方がおしゃれな感じがより高まります。

かわいく見せる

ロングでもショートでもないミディアムの時のアレンジをどうすればいいかわからないという悩みはしばしば耳にします。しかしこのような中間の髪の毛の長さの方でもハーフアップの手法をマスターすれば、いろいろなスタイルを楽しめるようになります。おしゃれからフォーマルな場でも大丈夫なまとめ方について、ここでは詳しく見ていきます。

リボンでかわいいハーフアップ

女の子らしさを出していきたいと思っているのなら、編み込みを取り入れてみるといいでしょう。リボンでワンアクセントつけることで、かわいらしさがさらにアップします。透明感のあるキュートな髪形にあこがれている人向けです。ラベンダーグレーなどにすると、光に当たったときに色味が変化して様々な楽しみ方ができます。

サイドに流すおしゃれアレンジ

サイドの髪の毛を後ろにまとめることで輪郭をすっきりした印象にまとめられます。軽くパーマをかけることでボリュームが出て、女性らしさが強まります。カジュアルな格好はもちろんのこと、大人の少し落ち着いたファッションコーデでもマッチするはずです。

ねじってとめるハーフアップ

 

ロングに伸ばしている最中の中途段階は、アレンジの種類があまり多くないのでどうすればいいか迷うという方もいるでしょう。ねじってまとめる方法であれば、中途半端な長さでも問題ありません。アップする分量や襟足などの出し方を少し変化させるだけでも、同じまとめ方でも見た目の印象が変わってきます。

サイドの髪を残したスタイル

ミックス巻きとくるりんぱを組み合わせることで、おしゃれでオリジナリティあふれる髪型に仕上げられます。サイドの髪の毛をまとめないことで、いろいろな遊び方が可能です。カジュアルシーンはもちろんのこと、結婚式のパーティのようなかしこまった場面でもヘアアクセサリーなどを使えばしっくりきます。

好感度高いロングさんのハーフアップ

ロングヘアの場合、ハーフアップは手軽に行えますから人気も高いです。バレッタなどを使えば、短時間でおしゃれな感じにまとめられますし、少しルーズな縛り方をすることで女性らしさが強まります。周りの高感度を高めるアレンジ方法について、以下で見ていきましょう。

低い位置でルーズなハーフアップ

ロングの場合、どの位置でも髪の毛をまとめられるところが強みです。頭部と首の境目のあたりでまとめるとルーズな感じが出て、着崩したときのようなおしゃれさが出てきます。軽くウェーブをかけることで、ルーズな感じをより引き立たせられます。まとめ方もしっかりではなく、ゆるい感じの方がおすすめです。

バレッタでとめる簡単アレンジ

朝仕事や学校などに出かけるにあたって、それほど時間が取れないという方におすすめです。バレッタなどで止めるだけですから、数分程度で仕上げることも可能です。普段使いはもちろんのこと、結婚式の二次会などのお呼ばれされたときにも活用できます。アクセサリーのデザインで余所行きのファッショナブルなヘアスタイルにまとめられます。

ゆるいお団子でこなれ感

 

アップするときにあえてお団子を作る方法も利用してみる価値はあります。こなれた感じがあって、スタイリッシュな女性を演出できるからです。カラーリングを活用すれば、ロングヘアならではの重たさを感じさせずに済みます。カットソーなどとコーディネートすれば、春先などはさわやかな印象になるでしょう。

大きめのロープ編みでざっくりスタイル

ロープ編みをしっかり行うのではなく、少し粗めにまとめることでエレガンスさのある半面、親しみやすい印象を与えられます。ウェーブをかけることにより、ロープの感じをより一層引き立たせることも可能です。かわいらしさを高めたければ、ハイトーンのカラーリングも織り込んでみるのもおすすめです。

まとめ

このようにボブのようなショートからロングまで、ハーフアップはどのような髪形でも利用できるスタイルです。この方法を取り入れることで手軽にイメチェンもできますし、毎日のスタイリングも楽しめるでしょう。もし今まであまりやってこなかったのであれば、試しに上で紹介した髪型のどれかにチャレンジしてみるのはいかがですか?

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。