おしゃれキャットタワーで愛猫も自分も満足!選ぶポイント&人気商品

ペットショップなどでよく見かけるキャットタワー。室内飼いの猫にとって、運動不足やストレスの解消、いたずら防止などたくさんのメリットがあるうえに、飼い主にとってもありがたい存在です。とはいえ、金額的にもスペース的にも大きい買い物になるのも事実。

そこで

  • キャットタワーはなぜ必要?
  • キャットタワー設置方法の種類
  • 〇〇に合わせて選ぶキャットタワー
  • タイプ別キャットタワー人気商品

をまとめてみました。

キャットタワーはなぜ必要?


自分のテリトリーを大事にする猫にとって、室内で飼われることは向いている一方、デリケートでストレスを感じやすいのも事実。猫がストレスを感じずに過ごすために、キャットタワーが必要とされる理由を見てみましょう。

猫は高い所が好き

祖先リビアヤマネコの習性が強く残る猫は、高い所が好き。その理由は猫が瞬発力には長けるものの、持久力のあまりないことによります。高い所からあたりを見渡し、いち早く危険を察知することで、外敵に襲われにくくなるというメリットがあるのです。また他の猫より高い場所にいることで、優位に立っていることを示すという効果も。猫にとって、高い場所は安心できる場所なのです。

自分だけのスペースでストレス軽減

猫は自分の身体に対して、小さい箱や穴に入るのがだいすき。これも狭い岩場に隠れていたヤマネコ時代の習性が残ったもので、すき間のような狭い場所にいると精神的に落ち着くのです。縄張り意識の強い動物なので、見晴らしのいい場所を好みます。さらにふかふかしているところもだいすき。とくに冬は体温調整のために、ふかふかした場所に寝そべったりします。やわらかい布は猫がどんな体勢をとっていても包み込んでくれるので、安心できるのです。キャットタワーの隠れ家やハンモックは、猫にとって安心してくつろげる場所です。

運動不足解消になる


高い所に昇るのが好きな猫は、昇り降りをすることで同時に運動もしています。運動不足は肥満や病気の原因になってしまうため、適度な運動は猫にとっても大切。ただし猫は昇るのは得意でも降りるのはあまり得意ではありません。棚の上など、ステップのない高い所に昇ってしまうと、着地の際に脚を傷めてしまう恐れがあります。キャットタワーなら、ちょうどいい高さにステップがついているので、猫たちも楽しみながら運動不足を解消することができます。家具に傷がついてしまう心配も回避することができますね。

いたずら防止、危険防止になる

猫の習性のひとつ、爪とぎ。鋭い爪の維持のほか、マーキングや自己アピール、そして気分転換やリラックスの効果があるといわれています。とはいえ、猫が壁や家具で爪とぎするのは避けたいもの。そんなときにも、キャットタワーは役立ちます。ポールに巻き付けた麻紐など爪とぎがついているものが多くあります。また好奇心旺盛な猫たちはストーブや食器棚など、昇ってほしくないような場所でも猫はお構いなしに昇ってしまいます。キャットタワーがあれば、自由に昇り降りできるので安心です。

キャットタワー設置方法の種類


キャットタワーはその設置方法によって、大まかに2つに分類することができます。床に置いて使う据え置きタイプとポールで床と天井に本体を固定するつっぱりタイプ。猫の性格や大きさ、置く場所を考慮しながら、それぞれの特徴を見ていきましょう。

安定感があり場所移動が簡単な据え置きタイプ

安定感のある据え置きタイプは種類が豊富で大型猫やシニア、子猫とすべての猫に適応します。高さや大きさなど、猫の成長に合わせて選ぶことができるほか、サイズもコンパクトなものからお部屋の角を利用するコーナー型、大型のワイドタイプまでさまざま。設置に手間がかからず、設置後の移動も可能なので、掃除もラクです。

より高く天井と床をつっぱり棒で固定するつっぱりタイプ

天井と床の間で高さを調整し、つっぱり棒で固定するつっぱりタイプ。据え置きタイプに比べ、高さがあるものが多く、上下運動が大好きな遊び盛りの猫にぴったりです。しっかりと固定されるので、飛び乗ったり飛び降りたりでぐらついたり転倒したりする可能性が低く、複数の猫が乗っても安心です。高い所が好きな猫もプライベートスペースが確保できるので喜びますよ。

愛猫のタイプに合わせて選ぶ


猫の性格や特徴によっても、選ぶべきキャットタワーはかわってきます。猫は高い所が好きというのはあくまで一般論。高い所が嫌いな猫や狭い所には入らない猫もいます。普段から自分の猫をよく観察し、行動を把握しておきましょう。

子猫・シニア猫には昇降しやすいもの

子猫は身体能力が未熟。とくに高い所からの落下で脚や背骨を骨折すれば、一生不自由が残る恐れもあります。子猫のうちは背の低い据え置きタイプで十分です。徐々に段数やステップの幅を広くできるものもあります。一方、シニア猫はジャンプ力が衰えるのに高い所には昇りたがるもの。ステップの幅を調整できる階段タイプのタワーで無理のないステップ幅をつくってあげましょう。

大型・多頭猫にはポール太など安定感重視で

大型猫や多頭飼いの場合は、たくさん動き回っても安心なワイドタイプがおすすめです。とくに多頭飼いの場合は、複数の猫が乗っても倒れないようポールが太いものや土台がしっかりしているものを選びましょう。また猫は犬ほどきっちりとした順列を定めないため、場所の取り合いでケンカになることも。公平に遊んでくつろげるよう、ハンモックや隠れ家など十分に居場所が確保できるもの選ぶのもポイントです。

キャットウォーク付き・ハンモック付きなどは愛猫の好みに合わせて


キャットウォークやハンモックを気に入るかは猫の性格次第。愛猫の性格や日頃の行動をよく見て、好みにあったものを選んであげましょう。心配なときには、お部屋の高い所にくつろげるようなスペースを作って、しばらくようすを見てみるのもおすすめです。高い所を歩くのが好きな猫には、キャットウォーク付きのキャットタワーを用意してあげると、よろこんで歩きます。

お手入れやインテリアに合わせて選ぶ


キャットタワーを選ぶ前に、置き場所を決めておきましょう。置く場所によって、サイズや設置方法などのタイプ、デザインが変わってきます。猫だけでなく飼い主にとっても快適なキャットタワーを選ぶことができますよ。

インテリアにもマッチしたい方は木製などがオシャレ

インテリアにうまく溶け込む木製のキャットタワー。家具やフローリングに合わせた木目調のものを選ぶことで、景観を損なわずインテリアにもよくなじみます。時を重ねるごとに木製の自然の風合いの変化がたのしめるほか、ハウスダストが溜まりにくく、お手入れもラク。さらに頑丈で安定感もあるため、大型猫や複数飼いにも安心して使えます。

省スペースタイプやキズがつかない据え置きタイプなどを

お部屋のスペースや猫の大きさなどに合わせて種類豊富な据え置きタイプ。つっぱりタイプのように、天井に傷をつけたり穴をあけたりする心配もありません。掃除や模様替えの際も簡単に移動ができておすすめです。またお部屋の角を活用できるコーナー型、つっぱりタイプのなかにはスリムタイプといった省スペースタイプのキャットタワーもあるので、お部屋の条件に合わせて、最適なものを選びましょう。

ハウスの位置・付属品交換などお手入れのしやすさもチェック


ハウスやトンネル、ポールなどの付属品のお手入れのしやすさも大切なポイント。ハウスが手の届かない位置にあると、お手入れが億劫になってしまいます。掃除のしやすさや、部分的に交換できるかなども購入前にチェックしましょう。猫はもちろん、人間も快適に使い続けられるかという観点もキャットタワー選びの大切なポイントです。

据え置きタイプのキャットタワー人気商品

リビングなどの床にそのまま置くだけで設置できる据え置きタイプのキャットタワー。猫の成長に合わせて、さまざまな高さのものが選べます。サイズもコンパクトな省スペースタイプから、お部屋の角を活用できるコーナー型、安定のワイドタイプまで豊富です。

SONGMICS キャットタワー 据え置き 巨大猫ハウス 耐荷重7kgハンモック ふかふか 頑丈耐久


猫の遊び場にぴったりな室内用キャットランド。見晴らしのよい高台をはじめ、大きな隠れ家、爪とぎボール、くつろげるハンモック、猫パンチ用の吊り下げ、幅広い台座などたくさんの遊び場が詰め込まれています。高さ148cmと低めなので組み立てやすく、力学的原理に基づいたデザインは大きな猫が遊んでも揺れにくい安定感。やわらかい起毛生地がふわふわの手触りで、猫にとっても寝心地がよさそうです。

SONGMICS キャットタワー 猫タワー 直径7.1cm支柱12本 頑丈耐久 段差あり

高いところに昇りたい猫も満足の154cmの据え置きタイプです。猫の遊び場はもちろん、快適に過ごせる工夫が随所に凝縮された猫タワー。爪とぎにはニオイのしない天然サイザル麻を使用し、太くて壊れにくいので長持ちします。やわらかな色合いはインテリアにも溶け込みやすく、女性でもお掃除しやすい高さです。組み立てが簡単なのもうれしいですね。

ottostyle.jp キャットツリー GRANDE 【ベージュ】 天井つっぱり棒なしタイプ 据え置き ローステップ 低い段差


ステップ台やお部屋の段差がすべて30cm以内のローステップ設計のため、足腰の弱ったシニア猫、ぽっちゃり猫や子猫でも簡単に昇り降りできる高さです。本体中心部についている秘密のお部屋はぽっちゃり猫でもゆったりくつろぐのに十分な広さ。入口以外にも3つの穴が開いていて、閉塞感もありません。工具は付属で組み立ても簡単。最上段を設置せず、一段低く組み立てることで、175cmから145cmのコンパクトサイズにもアレンジが可能です。

ottostyle.jp キャットツリー キャットシェルフ インテリア調 猫タワー


木目調でデザイン性の高い家具調タイプ。インテリア家具にも使われているしっかりした板材を使用しているため、安定性も抜群です。フローリングや他の家具に合わせて4つのカラーから選べます。フレーム上部を壁にあてがい、立て掛けるタイプなので、持ち運びにも便利。階段のような段差を思う存分昇り降りできるので、運動不足になりがちな室内飼いの猫にぴったりです。

つっぱりタイプのキャットタワー人気商品

天井につっぱることでしっかり固定させるつっぱりタイプ。据え置きタイプに比べ高さがあるので、高い所が大好きな猫や遊び盛りの猫にぴったり。ポールに足場がついているだけのシンプルなものから、おもちゃや隠れ家がついているタイプなどもあります。

ボンビアルコン (Bonbi) キャットポール


設置にそれほどスペースを必要としないスリムなポールタイプ。組み立ても簡単で、棚板5枚とハンモック1台は45度刻みで好きな位置に固定できます。床から天井までの高さは、220cm~265cmの範囲で調整可能。昇り降りを重視したタワーになっているので、上下運動が好きな猫にはとくにおすすめ。場所をとらないうえに、シンプルでモダンなデザインなのがうれしいですね。

アイリスプラザ キャットタワー 突っ張り 人気 大型猫 つめとぎ付き 突っ張り


お部屋のコーナーに置くことができてコンパクトなキャットタワー。2本のポールで天井に突っ張るので、強度は十分です。隠れ家や通り抜けて遊べるまる穴通路、ジャンプに最適な段々ステップがついているので、元気な猫も思い切り遊ぶことができます。さらにポールで爪とぎができるので、ストレス解消にもぴったり。てっぺんの台座は見晴らしがよく、猫のお気に入りスポットになるかも。

大きな猫ちゃん対応 キャットタワー 突っ張り スリム CW-RT022


丈夫な直径約90mmの柱を使用し、高密度の木材を使用しているので強度と耐久性を考えた頑丈なキャットタワーです。大きな猫ややんちゃな猫、多頭飼いにも対応しています。大型ながら、設置面積を抑えたコンパクト設計。中間の踏み台は回転して向きを変えることができるので、猫の運動レベルやレイアウトを考えて調整することができます。ふかふかのクッションパッド付きなので、猫たちの居心地も抜群。

タンスのゲン キャットタワー 突っ張り タイプ 幅60×奥行40.5×高さ230~253cm


ふわふわのバスケットハンモック2つ、ハンモック1つ、隠れ家1つとゆったりくつろげる場所がたくさんあるので、3~4匹飼いに最適なサイズです。支柱は全面麻紐使用。十分に爪とぎができるうえ、猫が滑らず上段まで昇りやすくなっています。子猫やシニア猫でも昇り降りがしやすい階段付き。直径約7cmの支柱2本でしっかり突っ張らせることができるので、元気な猫が駆け上がっても安心です。

まとめ

室内飼いの猫のストレスや運動不足の解消に便利なキャットタワー。猫だけでなく飼い主にとっても大切なアイテムといえそうです。実際にリビングに置いてみると、イメージよりも圧迫感があったということもありますので、できるだけ購入前に実物を見てみることをお勧めします。愛猫にとっても、飼い主にとっても居心地のよい居住空間になるといいですね。