ドライヤーの冷風はいつ使う?使い方次第でツヤのある美しい髪に

みなさんはドライヤーを使う時、冷風を使うでしょうか?それとも温風を使うでしょうか?この違いによって、実は髪の毛に与える影響も違ってきます。

そこで、

  • ドライヤーの冷風を使うメリット
  • ドライヤーで髪を乾かす手順と冷風のタイミング
  • ドライヤーの冷風を使うときの注意点

について紹介します。

ドライヤーの冷風を使うメリット


ドライヤーには温風と冷風があり、多くの人は温風を使うでしょう。しかし、冷風も上手に使っていくと髪の毛の質をより高めていくことができます。そこで、ここではドライヤーの冷風を使うメリットについて紹介します。普段温風を使っている人もぜひ、冷風を使ってみてください。

髪にツヤが出る

ドライヤーの冷風を使うと、実は髪の毛にツヤが出ると言われています。髪の毛というのはデリケートなもので、温風によって温めすぎると、髪の毛の状態も乾燥してしまいやすくなります。そうなるとパサパサになりやすくなるのです。温風だけに頼っていると髪の毛の質も悪くなってしまうことがあるので、ぜひ冷風も使うようにしてください。

しかし、ドライヤーの冷風を使うと髪の毛もパサパサになりにくく、よりツヤのある状態を保つことができるのです。近年はドライヤーの質も高くなってきて、より髪の毛に良いものも増えていると言えるのではないでしょうか。ドライヤーの性能によって違ってきますが、より髪の毛に優しい空気を送ることができるドライヤーを使えば効果的です。

寝癖がつきにくくなる

ドライヤーの冷風を使うと、髪の毛がしっとりとしてくるので寝癖もつきにくくなります。どうしても寝癖が気になるという方は、ドライヤーの冷風で髪の毛を整えてみてはいかがでしょうか。髪の毛自体がしっとりしてくるので、毛先がまとまらないという人にも効果が期待できます。髪の毛は温風だと温められてボサボサになることもあるので注意です。

ただ、寝癖に関しては寝相などによっても変わってきます。寝相が良くない人は、寝返りなどをうっている間に、髪の毛にも寝癖がついてしまうことが多いです。寝返りをうつ他にも、色々な要素で寝癖というのはついてしまいます。そこを理解しつつ、ドライヤーの冷風で調節していくのが良いのではないでしょうか。使い方によってはかなり有効ですよ。

髪のボリュームを抑えてくれる


ドライヤーの冷風は髪の毛のボリュームを抑えてくれるのも特徴となっています。ボサボサに広がってしまった髪の毛もまとめてしっとりさせてくれるので、全体的にボリュームも落ち着いて見えるのです。また、ツヤが出るので髪の毛全体の一体感も出てきます。一体感がある髪の毛はボリュームも少なめに見えるので、髪の毛の主張を良い具合にできます。

髪の毛はボリュームがあった方が良いと思う人も多いかもしれません。でも、毛量が多い女性などは、男性に比べても髪の毛が邪魔になるということもあるでしょう。また、ヘアスタイルによっても落ち着いた髪の毛の方が良いということも多いです。普段からスタイリングを気にする人は、ぜひドライヤーの冷風を使ってみてはいかがでしょうか。

キューティクルを閉じるため乾燥しにくくなる

キューティクルを閉じてくれるので、ドライヤーの冷風を使うと髪の毛が乾燥しにくくなります。そのため、パサパサとした髪質を改善してくれます。サラサラでスルッとした肌触りの髪の毛になるのです。もちろんドライヤーの冷風だけでは十分でないこともあるので、シャンプーやトリートメントにもこだわってみると効果はさらに高まります。

キューティクルがあると、髪の毛はダメージが蓄積してしまうでしょう。そのダメージが蓄積すると、より印象も悪くなります。髪の毛を健康に保つためにもドライヤーの冷風を使った方が良いです。温風はそれらのダメージもより加速させてしまうことがあります。ドライヤーの機能によってはマイナスイオンが出るものもあるので、合わせて使いましょう。

ドライヤーで髪を乾かす手順と冷風のタイミング


ドライヤーで髪の毛を乾かす時には、手順をしっかりマスターしておくと良いです。意外と間違ったドライヤーの使い方をしている人もいるかもしれません。ここでは冷風のタイミングも含めて解説するので、ぜひ今日や明日から使ってみてください。

しっかりとタオルドライする

まずはしっかりとタオルドライしてください。水分が大量に残っている状態のままドライヤーをしても、乾かすまでに時間が相当かかります。また、水気が多い状態のまま乾かそうとすると、ドライヤーを使う時間が多くなり、結果的に髪の毛にも頭皮にも良くない状態が続くと言えるでしょう。それは髪の毛や頭皮を悪化させる原因になります。

水分や水気が残っている髪の毛は、タオルでギュッと吸収するようにしましょう。ただ、この時タオルでゴシゴシと髪の毛を拭くのはあまりおすすめしません。ダメージが余計に加速してしまうし、キューティクルも悪化してしまうことがありますからね。極力は髪の毛を上から押して圧迫するような形で吸収していくのが良いです。

まずは温風で髪全体を乾かす

タオルドライの後は、温風を使って髪の毛全体を乾かしていきましょう。いきなり冷風で乾かすと水分が多いので寒いですし、急激に冷やされると髪の毛によっても良いとは言えません。極力は水気が少なくなってくるまで、ドライヤーの温風を使いましょう。

ちなみに、髪の毛を乾かす時には、全体をしっかり乾かしていくようにしましょう。特に重要なのが根元です。髪の毛の根元はより頭皮と密着しているということもあり、しっかり乾かさないといけません。毛先はむしろ乾かしすぎると乾燥してパサパサになるので、適度に乾かす程度で十分です。しっとり感がちょっと残るくらいまで温風で乾かしましょう。

仕上げに冷風で根元から毛先へあてコームでとかす


最後に仕上げとして冷風で根元から毛先へコームで乾かしていきましょう。コームを使うことで、髪の毛を流れるような美しさへと導いていくことができます。コームがないドライヤーしかないという時には、他のクシでも代用することが可能です。また、コームもクシもない時は手で髪の毛を上から下に撫でるようにすると、より乾かしやすいでしょう。

なお、冷風は強弱があるドライヤーもありますが、極力は弱で使っていくことをおすすめします。強だと風が当たりすぎて、髪の毛にダメージが残ってしまうこともあります。よりしっとりさせたいということであれば、弱でじっくりと髪の毛に浸透させていくことが必要です。こればかりはドライヤーによって変わってくるので、注意しておきましょう。

ドライヤーの冷風を使うときの注意点


ドライヤーの冷風を使う時は、注意点も守っておくことが必要です。注意点を守らずに間違った方法でやっていると髪の毛にとっても頭皮にとっても良くありません。そこで、ここからは注意点を細かく紹介していきます。こちらも確認しておいてください。

冷風だけで乾かすとゴワゴワしてしまうので注意

冷風を使うことをおすすめしていますが、冷風だけというのはNGです。実は冷風だけで乾かすと、髪の毛がゴワゴワしてしまうことが多く、最終的にはパサパサになってしまうことがあります。

乾かすのなら、温風もしっかり使っておくことをおすすめします。重要なのは温風と冷風を上手に使い分けていくことです。そこで適当にやってしまうと、やはり髪の毛にとっても良い環境にならないので注意してくださいね。

触って乾いたかどうか確認する

実際に触って乾いたかどうか確認することも重要です。実は、冷風は髪が冷たくなるので半乾きでも全部乾いたと勘違いしてしまうことが多いです。そのため、半乾きの状態で放置してしまうこともあります。そうなると、髪の毛にとっての負担は大きくなり、キューティクルやダメージの原因となってしまうでしょう。

冷たくても、まずはしっかりと触ってみて水分や水気がないかどうか確認してください。この時、手で触れてしっとりとした感覚がある場合は、ちゃんと乾かした方が良いです。ただ、シャンプーやトリートメントによって、髪の毛の仕上がりも違ってくるので、そこは自分の手で感触を確かめておくと良いでしょうね。

まとめ

ドライヤーの冷風は使いどころさえわかれば、髪の毛にとっても良い状態を作っていくことができます。まずはそこを意識して、ドライヤーの冷風の使い方もマスターしておきましょう。こちらでは温風と冷風の両方を使うことをおすすめしています。ぜひ注意点に気を付けながら、ツヤのある綺麗な髪の毛を作っていきましょう。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。