恋愛アドバイザーが教える!ツイッターで出会いを掴むきっかけと注意点

ネットでの出会いが珍しくなくなっている今の世の中。ツイッター(Twitter)でも、ユーザー同士での恋愛の話がよく出ます。ただ、自分には無縁と思っている人もいるでしょう。今回はそんな人に向けて、恋愛アドバイザーのyukinanaさん提供の情報をもとに、ツイッターでの出会いについて詳しくまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

ツイッターで異性と出会うのは本当に可能?

出会い系サイトではないツイッターですが、そこで異性と出会うことはできるのでしょうか?ここでは、その答えや理由についてご説明します。

ツイッターで出会える可能性は大いにあり!

結論から言いますと、ツイッターで異性と出会うことは可能です。なぜなら、出会い系サイトなどと違い、知らない人と繋がることに抵抗感が薄いため。

ツイッターはネットの中だけではなく、リアルな繋がりを持つ人も非常に多いのが特徴です。そのため、きっかけさえ掴むことができれば、異性との出会いの場になる可能性は高いと言えますよ。

ツイッターは出会いの宝庫!

ツイッターの日本国内ユーザー数は4,500万人(2018年10月時点)にものぼり、国内ではLINEに次いで多くの利用者を有するSNSとなっています。

しかも、LINEと違って不特定多数との交流が可能なツイッターだからこそ、多くの異性と出会えるチャンスがあると言っても過言ではないのです。

ツイッターで出会うきっかけの作り方とは?

スマホ

ツイッターで見知らぬ異性に出会うためには、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。ここでは、警戒されることなく出会えるきっかけと、仲を深めていける方法についてまとめました。

新しくアカウントを作る

ツイッター未経験者は新しいアカウントを作る必要があります。また、すでにツイッターユーザーであっても、リアルな繋がりの内容が含まれている場合は、新規アカウント(裏アカウント)の取得をおすすめします。なお、とくに今までのツイッターのやり取りに問題がないのであれば、そのままのアカウントを使ってもかまいません。

出会う相手に情報を見てもらうためにも、自分のbio(プロフィール)はいい加減なことを記入するのではなく、なるべく作り込むとより効果的です。


ポイント
相手に好印象を与えたいからといって、嘘のプロフィールはNGです。実際会うことになったときに、トラブルのもとになる場合もありますよ。

共通の趣味を持つ相手を選んでフォローする

ツイッターで出会った相手と仲を進展させたいのであれば、一緒にいて楽しめる相手が好ましいですよね。そんな人を見つけるためにも、まずはどんなジャンルで相手を探すかを決めてください。このとき、実際に自分の趣味や興味のあるジャンルを選ぶと、のちに相手ができたとき会話が盛り上がりますよ。

ジャンルは複数でもかまいませんが、異性も好みそうなジャンルを選ぶと良いですね。ジャンルを決めたら実際にツイッターで活動をはじめましょう。もちろん、話題は上で決めたジャンルの内容で。

ある程度つぶやきが増えてきたら、特定のジャンルで検索をかけてみましょう。たとえば、野球観戦が好きなら、好きな野球チームの名前で検索してみてください。

これと思った相手が見つかったら、さっそくフォローしましょう。「突然すみません」と一言挨拶を添えて、同じ趣味だから仲良くなりたい旨を伝えれば、フォローバックしてくれる確率も高まりますよ。

このとき、あまりなれなれしいと引かれてしまう場合も。相手に好印象を与えるには、まずは控えめな態度をとることを心がけましょう。

ポイント

出会いを探していることを悟られないように!相手の警戒心を解くことが最優先です。そのためには異性ばかりフォローせずに、多少は同性も交えておくと相手も安心しますよ。また、1日に大量のフォローをするとアカウントが凍結される場合があるので、人数はほどほど(多くて30くらいまで)にしましょう。

何度かやり取りしたらDMに移行する

選んだ相手のツィートには「いいね」をしたり、リプライ(返信)を重ねたりして距離を縮めていきましょう。慣れてきたら、次はDM(直リプとも)で個人的なやり取りの段階に移ります。


ポイント

1対1でのやり取りができるDMでは、それとなく恋愛話などを混ぜてみると、相手の反応が伺えるかもしれません。ただし、あまりにもあからさま過ぎると相手に警戒されたり、不快感を与えてしまったりすることもあるので、くれぐれも気をつけましょう。

慣れてきたと感じたら、会うように誘ってみる

DMのやり取りで文面に気安さが出てきたら、「一緒に野球観戦に行きませんか?」などと、直接会う旨の話を持ち出してみてください。ただし、いきなり二人きりでは相手も警戒するため、同じ趣味の仲間を入れて何人かで行くのがおすすめです。

趣味で繋がると初対面同士でも話が盛り上がりやすく、警戒心もあっという間にほぐれますよ。何度か複数人で会ってみて、手ごたえを感じたら今度は1対1で誘ってみましょう。これに応じてくれるようになったら、見事出会いをゲットしたことになりますね。


ポイント

直接会えるオフ会などがあれば、積極的に参加しましょう!どの集まりに良い出会いがあるかわかりません。

また、自分からの誘いを断られたとしてもしつこくせず、「では、次の機会に」とさらりと流して、少し間をおいてから再度声をかけてみましょう。何度誘っても断られるようであれば、脈なしと考えて間違いないです。

ツイッターの出会いで結婚の可能性はある?

ツイッターが出会いのきっかけになったとして、その後の交際の行方が気になるところですね。ツイッターがきっかけとなった交際の特徴と、結婚できる可能性について見ていきましょう。

結婚したカップル多数!

ツイッターで出会い、結婚して子どもがいるカップルはたくさんいます。ツイッターは匿名性があるため、自分の本性をさらけ出せる場所でもあります。そのため、自分と趣味や生活習慣、価値観が似ている人も探しやすいというメリットがあるのです。

直接会ってみて、それ以上に惹かれる部分があれば、出会って半年でゴールイン!なんてことも少なくありませんよ。

ツイッターが出会いの交際の特徴

日本だけでなく、世界中で繋がることができるツイッター。出会った相手が近隣に住んでいるとは限りません、むしろ近所というほうが稀で、互いの居住地が遠方のケースが多いです。

よって、親密な間柄になれた場合も、遠距離恋愛になる確率が非常に高いのは、覚悟しておいたほうが良いでしょう。それが嫌であれば、なるべく近くにいる人に絞り込んで異性を探すしかありません。

また、ネットでのやり取りは、自分の都合の悪い部分を隠すこともできるので、実際に会ってガッカリ……ということもあるかもしれません。ツイッターで出会いを期待する場合は、こういったことも普通にあるのがネットと思っておくと、実際に自分の身に起きたときのショックは軽く済むでしょう。

ツイッターでの出会いに危険はある?

顔や素性が分からない相手と繋がることができるツイッターですが、誰とでも気軽に絡んでリスクはないのでしょうか?ツイッターでのやり取りでトラブルの被害者にならないためにも、以下の内容を押さえておきましょう。

仲良くなれば危険性は低い(ただし優良なユーザーに限る)

長い時間をかけてDMのやり取りをし、ある程度仲良くなってからであれば、詐欺などの犯罪行為の危険性はほとんどありません。しかし、詐欺などが目的でない場合でも、素性が分からない相手に変わりはありません。最初から1対1で会うのを避けるのは、自分にとっても相手にとっても大きな安心感に繋がるはずです。

悪徳商売のアカウントには要警戒!

ネットでの出会いを利用して、個人情報を抜く行為をする人や、高額な資金を騙し取ろうとする人がいます。次のような特徴を持つアカウントと接点を持つのは避けましょう。

別のサイトに誘導する人

URLなどを送ってくる人には注意が必要です!アドレス回収業者や、詐欺サイトの可能性があります。個人情報を抜き取られるなどするリスクが高いので、不用意に他サイトに移動しないようにしましょう。

意識高い系の人

自称エリートや月収100万円など高収入を謳っている人は、怪しさ全開です!単なる自慢かもしれませんが、たいていはネットワークビジネスへの勧誘や、高額商材の販売が目的のアカウント。オイシイ話には裏があると肝に銘じて食いつかないようにしましょう。

まとめ

国内利用者4,500万人を誇るツイッターでは、異性と出会うことも可能です。そのためには、相手を選び時間をかけてツイッターでやり取りを重ねていく必要があります。慣れてきたらDMでのやり取りをプラスし、その中て直接会えるように距離を縮めていきましょう。

同じ趣味や価値観が似ている人を探しやすいツイッターだからこそ、その出会いがきっかけで結婚するカップルも多数出ています。しかし、実際に会ってみたところ、顔やキャラがツイッター上とはかけ離れていて、失望してしまうことも……。そんなことも十分にあり得るというのは覚悟しておきましょう。

また、不特定多数の人と繋がることができるがゆえに、中には詐欺や悪徳商売などの犯罪目的の人が紛れているのも事実です。実際に会うことになる前に、時間をかけて相手と仲良くなっておけばそういった心配は減りますが、見抜く目は養っておきたいところ。

リアルでは知り合う機会がない人でも、ツイッターではいろいろな人と出会うきっかけが作れます。ぜひ、素敵な出会いを掴んでくださいね。

- 1 / 1ページ -