夏に人気の髪色4選!アッシュカラーで透明感のある夏を

夏と言えば出会いの時期で、旅行や海水浴、キャンプとイベントも多い季節です。夏休みもあるので、何か休日の予定を立てる人も多いのではないでしょうか?人との出会いも多いこの季節は、髪色を変えてイメチェンを考えている人もいるかもしれません。夏のイメージというと、太陽、青い空、入道雲などさわやかな印象を与える物が多いです。

ここでは、

についてまとめてみました。

夏に人気の髪色は?


夏に人気の髪色と言うと、暗めよりも明るい感じで透明感ある色です。透明感は夏というイメージにぴったりで、髪色も透明感ある色が人気です。また、元気、涼しげ、かわいい、クールなども夏のイメージになります。

夏の元気カラー☆アッシュベージュ

柔らかにふんわりと見せてくれるアッシュベージュは、女性に人気のカラーです。外国人風のヘアスタイルになり、どんなファッションでも似合います。ベージュのある色ですが、濃すぎると印象が悪くなりやすく、アッシュにベージュを若干加えたような色が夏には良いです。

涼しげな透明感☆グレージュ

夏のヘアカラーというとグレージュは定番です。赤い色が目立つ日本人にはぴったり合うような色なので、夏のみならず他の季節でも定番になっています。アッシュグレーと似ていますが、黄色が目立ちにくいグレージュは夏におすすめです。よりグレーが強いのがこのヘアカラーの特徴で、黄色を強めたいならアッシュグレーです。

とびきりかわいい☆ピンクアッシュ

グレージュやブルージュが人気の中で、ピンクアッシュも注目を浴びています。ブリーチしてから染めるとしっかりピンクが発色し、ブリーチなしで染めると落ち着いた色になります。黒髪にピンクを乗せるので、いくつものアレンジが可能です。グラデーションにする、一部分だけアクセントとにするなど、多彩な楽しみ方があります。さらにレッドやパープルを加えても、すてきなヘアカラーにできます。

誰よりもクール☆ブルージュ

ブルージュも人気のヘアカラーです。ブルー系の色にしたいと思うなら、その1つにブルージュがあり、藍色のようなヘアカラーにできます。ブルーとベージュを合わせた色がブルージュです。髪の赤色をカバーし、ツヤのある深みのあるヘアカラーにします。ブリーチなしでも染めることが可能となっており、深い藍色にも、薄めに染めることもできます。

アッシュベージュのヘアカラー


明るくするか、暗くするかで印象が大きく変わるのがアッシュベージュです。グレーの入った透明感ある色となり、アッシュに柔らかい印象をプラスします。透明感を出せる色ですが、ブリーチなしでも染められる、そんなヘアカラーです。

透け感あり!おしゃれなショートボブ


ショートボブにアッシュベージュを乗せると、ショートヘアながらも、おしゃれな雰囲気を醸し出せます。光が当たると透明感を出し、スタイリッシュに見せられます。クールすぎず、アッシュベージュの柔らかい印象をうまく使ったスタイルと言えるでしょう。落ち着いた感じにしながらも、それでいて透明感があります。

夏だから髪色は明るくなくちゃ


ロングヘアにもアッシュベージュは似合います。明るめのベージュにしているので、ロングヘアながらも、透明感のあるヘアスタイルです。女性らしさも同時に演出し、夏の日差しの中で輝くような髪になるでしょう。

アッシュベージュでハイライト


ショートヘアの明るいアッシュベージュに、ハイライトを加えたヘアカラーとなっています。ショートにすると全体的にボリュームを出しにくいですが、ハイライトを入れると立体的に見えます。アッシュベージュにハイライトを加えれば、明るさと暗さを同時に取り入れられるのです。

グレージュのヘアカラー

グレーとベージュを混ぜた色がグレージュです。グレーだけでは黒髪だと印象が薄いので、そこにベージュをプラスするのです。透明感を出し髪を柔らかく見せる効果があります。見た目は黒髪ですが、光が当たるとグレージュの透明感がでてきます。黒髪より透明感があり軽さのある色です。

ブリーチなしで軽い暗髪


ブリーチなしで、グレージュで染めると、全体的に薄くベージュが乗ったようなヘアカラーになります。黒髪に透明感をプラスしたようになっており、オフィスでも日常でも似合うスタイルです。黒く染めると黒色マジックで塗ったような色になりますが、グレージュならば自然な暗めの黒色になります。ブリーチなしで染められるので、ヘアカラーを使う初心者におすすめです。

グラデーションで毛先明るく


全体をグレージュで染めながらも、毛先を明るくして、グラデーションにもできます。毛先に向けて明るい色になっていき、グレージュの一色とは違う、ふわっとした印象を与えてくれます。グラデーションにするならば、ロングヘアの方がよいでしょう。毛先だけ明るくするので、オフィスでも問題なく使えるヘアカラーです。

ひし形ボブ×グレージュ


毛先を緩くカールにして、ひし形のボブカットにグレージュを加えたスタイルです。ぺたっとなるショートカットは好みじゃないという方に、トップを緩くカーブをかければボリュームを出せます。ショートのボブカットというとボーイッシュのような雰囲気になりますが、ボリュームを出してひし形スタイルにすれば、女性らしい髪型になります

ピンクアッシュのヘアカラー


かわいらしいヘアカラーにしたいという女性には、ピンクアッシュがおすすめです。ブリーチありなしでも印象が変わり、グラデーションにもできます。ピンクにアッシュを足したような髪色になるので、どぎついピンクにはなりません。

ロングさんのピンクアッシュ


ロングヘアに明るめのピンクアッシュを乗せたヘアアレンジです。アッシュが入っていながらも、ピンクが発色して映えているので、外国人風スタイルになっています。ブリーチしてから染めるか、されらにピンクを強めると明るいトーンが楽しめます。ただし、明るいピンクアッシュは、色落ちしやすいのが欠点です。

エアリーなピンクアッシュ


ショートカットの空気をふくんだようなふわっとした髪型です。毛先を明るめにして、全体にブラウンを入れ、ほのかに毛先に向かってピンクが強くなるようにしています。光の加減によって色の変化が楽しめるようなヘアカラーです。

オレンジ強め!大人のピンクヘア


全体的にピンクを強くしたヘアカラーで、女性らしさを演出しています。明るめのピンクアッシュにすれば、子どもぽっくならず、大人の女性のヘアスタイルになります。明るく染めても、アッシュが入っているので、ギラギラしたピンクにはなりません。

ブルージュのヘアカラー

髪を染めてヘアカラーを変えたいけど、何色が良いか迷う人におすすめの色です。ブルーとベージュを混ぜたような色のブルージュは、深い藍色のようになり、黒髪にさらに深みを持たせてくれます。深みがありながらも真っ黒ではなく、ツヤもでてオシャレに演出可能です。

黒髪なのにこんなに軽い


ブルーがほのかに漂うなようなブルージュのヘアスタイルは、黒髪でありながらも、軽さがあります。真っ黒に染めるのとは違い、光の当たる加減によっても、黒になり青にもなるので、オシャレです。ブルージュは、ブルーブラックなどとも呼ばれています。

グレージュとのグラデーションで


ブルージュによって、日本人の髪色の強い赤みを抑えてカバーしています。赤みが弱まり透明感や柔らかさのあるヘアスタイルです。光に当たっても、黄色っぽさや赤みは出にくく、透明感がしっかりと出てくれます。明るめの色ながらも派手すぎないです。

ブルージュ+ハイライト


ブルージュに染めて、立体感も出したいというなら、ハイライトを加えるのがおすすめです。ハイライトを使うなら、明るめよりも暗めのブルージュが良いです。立体感を出して、セレブのようなヘアスタイルになります。

まとめ

夏というと太陽が燦々と輝き、人は活動的になる季節です。そんな季節に人気の4色、アッシュベージュ、グレージュ、ピンクアッシュ、ブルージュをご紹介しました。どれもショートヘアにもロングヘアにも似合い、アレンジの仕方がいくつもあります。今回紹介したヘアカラーとヘアスタイルを参考にして、是非試してみてください。