自宅ダイエットはメリットいっぱい♡おすすめダイエット法7選

ダイエットを決意して、何か運動を開始しようと考える人は多いでしょう。例えばウォーキングを毎日しようと思えば、雨の日や寒い日があって、なかなか続かないかもしれません。手軽な運動を始めたい人適しているのが自宅ダイエットです。家の中で運動するので、毎日時間を作れば、雨の日でも寒い日でも行えます。

ここでは、

についてご紹介します。

自宅ダイエットのメリット


運動でのダイエットの中でも、自宅ダイエットは手軽で始めやすいです。トレーニングしたことのないような女性でも始められます。

スポーツジムに通う必要がなく手軽

運動する方法の1つというと、スポーツジムに通うことです。スポーツジムは、毎回その場所まで通わないとならない、トレーニング器具の使い方を覚えないといけない、さらに会費もかかります。自宅から通えない場所にあれば、行くこともできません。その点自宅ダイエットは、部屋で運動するので、家にいれば誰でも行えます

一人でもできる効果的なダイエットがある

遊びのような運動から、簡単な動作まで、自宅ダイエットでは手軽に出来る運動をしていきます。そのために、身体の動かし方やポーズなどを覚える必要はほとんどなく、特別な技術も必要としません。自宅に運動できるスペースがあれば、誰でも始められます

コスパが高い

ダイエット
トレーニング器具を買う、スポーツジムに通うなどするとお金がかかります。買った器具を使うのか、長くスポーツジムに通えるのかはわからず、必ずしもコストパフォーマンスが良いとは言えません。自宅ダイエットならば、必要な道具をそろえてもお金はそれほどかからずに運動できるので、コスパが高いです。

天候に左右されない

部屋で運動すれば、天候に左右されず毎日続けられます。雨が降っても雪が降っても、寒い日でも暑い日でも、台風でも関係なく運動できます。ダイエットのために、毎日続けやすい運動と言えるのでしょう。

外出しないのでメイクの心配がいらない

スポーツジムに行くなど、運動して汗を流しても、外に行くとなればメイクしてから出かける人が多いでしょう。自宅ダイエットならば、部屋で運動するので、メイクの必要はありません

室内なので夜でも安全


室内で運動すれば、朝でも昼でも夜でも、時間に関係なくいつでも行えます。1日の終わりに時間を作って、夜に運動しても良いでしょう。夜に室内で女性一人が運動しても、安全なので安心して行えます。

日焼けの心配がない

日焼けは気にする女性は多いかもしれません。日焼けするとシミやたるみの原因となってしまいます。室内での運動なら日焼けしにくく、お肌を傷めにくいです。窓を通過して紫外線は室内に入るので、日焼けを気にするならば、窓から離れた場所で運動するか、UVカートレースやシートなどを取り付けると良いです。

おすすめ自宅ダイエットの基準


自宅ダイエットのために身体を動かすならば、どんな運動でも構いません。ただし行うなら、続けやすいような運動がよいでしょう。始めてもすぐ止めてしまっては、ダイエットの効果が生まれません。

体力がなくても挑戦できるもの

体力がなくてもできるような運動だと、女性や初心者でも始められます。ベンチプレスのような体力や力を沢山使うもの、また2時間や3時間など自分の体力に見合わない運動は、無理があります。たとえそのような運動が出来たとしても、長続きしにくいです。体力がなくてもできる運動を自宅ダイエットに取り入れると、長続きしやすく、体重も落としやすいです。

落としたい部位に合わせられるもの

脂肪を落としたいと思うなら、落としたい部位の運動をしてください。手を動かす運動をしても、足の脂肪は落ちていきません。太もも、お腹、背中、お尻、二の腕など脂肪を落としたい場所は人それぞれでしょう。落としたい部位を使うような運動を、自宅ダイエットでは取り入れていきます。

初期投資費用の安いもの


お金があるなら初期費用に費やしても構いませんが、運動するならお金をかけずに始められるものだと行いやすいでしょう。おすすめは、自分の身体だけで行える運動です。これなら始めるのにお金はかかりません。

楽しくて続けやすいもの

楽しいと思うような運動の方が、続けやすいです。嫌々行う、苦痛に感じるようでは長続きしないでしょう。簡単な運動だと行いやすく、楽しいとも感じやすいです。自宅ダイエットを続けていき大変だと思ったらなら、新しい運動を取り入れると楽しく感じます。また計画や目標を立てると、運動を続けやすいです。

オトナ女子に大人気の自宅ダイエット法


自宅ダイエットは、自分の好きな運動をしてスリムな身体を目指せます。いくつも運動の種類はありますが、中でも手軽にできるおすすめをご紹介します。

プチ断食

半日程度の短い時間食べ物を食べないのがプチ断食です。通常断食というと、1日や3日など、日にち単位で行います。このような1日以上行う断食は、身体への負担が大きく、初心者が行うと体を壊しやすいです。しかしプチ断食だと、食事をしない時間は半日ぐらいなので、体への負担少なく行えます

やり方は、1日にうちに16時間程度食事をしない時間を設けます。例えば、夕方6時に食事をして、翌日の昼の12時までは何も食べません。プチ断食の間は、水やお茶は飲んで構いません。

踏み台昇降運動

段差の低いところで、上り下りする運動です。階段でも、または段ボールや背の低い箱を使って行います。10分程度から始めても十分効果があり、リズムに合わせて行ってください

DVDなどを見ながら行うダンスエクササイズ


ダンスは体全身を使うので、ダイエットに良い運動です。ダンスならどんな種類でもダイエットに効果があり、体を鍛えるので筋肉を付けて体を引き締めてくれます。ダンスの仕方がわからない人は、DVDなどを見ながら身体を動かすと良いです。Youtubeなどの動画サイトでも、ダンス解説の動画もあるので、そのようなものを見て身体を動かすのも良いでしょう。

フラフープ

ぽっこり出たお腹を引っ込めてスリムにするのに効果があるのがフラフープです。同じ時間運動すると、ジョギングに近いカロリーを消費し、ダイエット効果が高いです。初心者であれば、1日20分ぐらいから始めてください。もしもフラフープがなければ、腰を回すだけのエアフラフープも同じ運動になります。

ヨガ

動物などのポーズをしていくのがヨガです。ポーズと一緒に呼吸法も意識して行います。ヨガは有酸素運動の1つであり、脂肪を燃焼させることも可能です。呼吸法をプラスするとより脂肪燃焼効果が高く、基本は腹式呼吸です。腹式呼吸を使うので、お腹を引っ込める効果があり、ウェストやインナーマッスルを鍛えられます。さらに、血行促進、代謝アップ、冷え性改善、免疫力アップなど、健康に良い効果も多いです。

ヨガは1日30分程度行います。ダイエットに対し即効性はないですが、続けていくと痩せられます。いろいろなヨガのポーズがあるので、本、DVD、Youtubeなどを見て行ってください。

スクワット


スクワットは、全身の大きい筋肉を鍛えるのに効果のある運動で、脂肪燃焼させる他に、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることも可能です。行うときは、5~10回程度、苦しいと感じる回数を1セットとします。1日には5セット前後行い、1セットごとに60秒程度休憩を挟みます。膝や腰に負担の大きい運動なので、無理せず行ってください。

エア縄跳び

縄を使わずに縄跳びをするのは、エア縄跳びです。縄跳びをしているつもりで、自分で縄を持っているつもりで、何度もジャンプします。縄がないとやりにくいと感じる人は、エア縄跳び用のグリップだけ売っているので、それを使ってください。行うときは、3分飛んで1分休憩するなどを繰り返していきます。このサイクルで10分や20分などエア縄跳びを続けます。10分や20分休み無しで続けると、膝や腰を傷めるかもしれません。

まとめ

自宅ダイエットは、自室で運動してダイエットできるので、手軽で始めやすいです。身近な運動で自宅ダイエットはでき、トレーニング器具などは必要ありません。家で時間さえ作ればいつでもできます。10分や20分程度の運動でも効果はありますが、即効性はないので、続けていくことが大切です。今回ご紹介した運動を参考に、始めてみてください。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。