彼氏の嫉妬にはどう対処すべき?上手に対処して理想の彼女になろう

彼氏が嫉妬深くて悩んだ経験はないでしょうか。少しくらいのやきもちであれば愛情の裏返しであり嬉しいと感じることもあります。しかし、度が過ぎた嫉妬心にはどう対応していいかわからなくなることもあるでしょう。

ここでは、

  • 嫉妬は「好き」という感情の裏返し
  • 彼氏が嫉妬するのはどうして?
  • 嫉妬している男性のサイン
  • 嫉妬深い彼氏との付き合い方
  • 嫉妬深い彼氏に対してやってはいけない行動

についてご紹介します。

あわせて読みたい

ジェラシーの意味とは?彼がジェラシーを感じているときの正しい対応

続きを読む

嫉妬は「好き」という感情の裏返し


他の男性と親しそうにしていて彼氏にやきもちを焼かれると嬉しい気持ちになる女性もいるでしょう。嫉妬は好きの裏返しであり嫉妬してくれることで彼氏の愛情を計ることもできます。愛情の裏返しで湧いてくる嫉妬心にはどのような理由があるのでしょうか。

大好きで自分から離れて欲しくないから嫉妬する

彼女のことが大好きでたまらず自分から離れて欲しくないことが原因で嫉妬深くなる場合もあります。彼女と2人でいる今の幸せが壊れることが怖く、ずっとそばにいて欲しいから嫉妬してしまうのでしょう。嫉妬はそれほど彼女に対する気持ちが強いことを表しています。

彼の目の前で異性と楽しそうに会話しているのに何の関心も示してくれないよりは、彼氏の愛を感じることができるはずです。嫉妬は愛の裏返しではありますが、限度を超えると苦痛になることもあります。

他の男性に取られてしまうことを不安に感じて嫉妬する

自分に自信のある男性は彼女が自分から離れることはないと確信しているため嫉妬することは少ないでしょう。一方、過去に嫌な経験があったり、自分に自信がなさすぎたりすることで強い不安感から嫉妬深くなる男性もいます。

異性と親しくしているだけで彼女をとられてしまうと思い込んで落ち込み、嫉妬深い行動から彼女の気持ちを試そうとすることもあるでしょう。彼女がストレートに愛情を表現するタイプでない場合は嫉妬心が強くなる傾向があります。

彼氏が嫉妬するのはどうして?


自分のことを大好きな彼氏が少しやきもちを焼くのは彼女にとっても嬉しいことでしょう。しかし、度が過ぎた嫉妬は彼女を苦しめることにもなります。彼氏が異常に嫉妬するのにはどのような理由があるのでしょうか。

恋愛経験が浅いため嫉妬心と上手に付き合えない

恋愛経験が豊富な彼氏なら心に余裕があるため、彼女の行動を監視して嫉妬することも少ないでしょう。しかし、これまでに恋愛経験があまりない彼氏の場合は独占欲を抑えきれず過剰に嫉妬してしまうこともあります。

彼女に対する嫉妬心にも慣れておらず、自分のなかで消化できずに過剰な表現となって言動に表れることも少なくありません。彼女がいなくなってしまう不安感や他の男に対する嫉妬心と上手に付き合えず対処法がわからないタイプと言えるでしょう。

プライドが高く相手の言い分に納得できない

プライドが高い男性は一見強そうにみえますが、実は傷つきやすくナイーブで心がもろいのが特徴です。過剰な自尊心があるために己の弱さは認めず全ての問題の原因を相手に押し付けます。誤解や妄想であっても彼女の言い分に納得することはなく、自分のなかで飛躍した考えで物事を考えるようになってしまいます。

普段から自分の思い通りにならないと感情的になったり、彼女を意のままに操ろうとするタイプの男性はプライドが高く嫉妬深いと言えるでしょう。

時間が余って監視しがちになってしまう


彼氏に仕事以外にこれといって熱中できる趣味がなく同性の友達も少ない場合は、普段から暇をもてあそぶことから嫉妬深くなることも考えられます。時間が余って仕方がないため、自分の時間を彼女の監視に全てあててしまい彼女の言動にもとても敏感になります。

仕事以外の生活が全て彼女のことだけで占められているため心に余裕もないのでしょう。彼氏としては悪気は全くなく彼女を思うあまりの行動と捉えています。しかし、彼女からするとひとつ間違えばストーカーまがいの行動であるため気持ち悪くなることもあるでしょう。

これまでの恋愛にトラウマを持っている

これまでの恋愛経験でトラウマを抱えてしまって嫉妬深さに拍車がかかってしまう男性もいます。信じていた彼女に裏切られたり、傷つけられたりして心に大きな傷を負ってしまった男性は恋愛に対して臆病かつ過敏になります。

現在つきあっている彼女との間で悪夢が繰り返させるのではないかと疑心暗鬼になって嫉妬深くなってしまうのでしょう。少しでも不安が生じるとあらゆる手を使って彼女の潔白を証明させようとします。嫉妬心の根底に拭いきれない大きな不安があると言えるでしょう。

嫉妬している男性のサイン


顔や態度に表れやすい彼氏ならすぐに嫉妬していることがわかるでしょう。しかし、表面上はクールに装いながら心の中では嫉妬の炎が燃え盛っていることも考えられます。嫉妬している男性が発信するサインにはどんなものがあるのでしょうか。

連絡に対して返事をすぐに返すように要求する

お互いを信頼している間柄であれば忙しくて多少連絡がつきにくくても気にしません。しかし、嫉妬深い男性は自分が発信した連絡に対してすぐに返事がこないと不安になり、浮気を疑ってしまう傾向があります

なかには彼氏からの連絡に対して〇分以内に返さないとアウトと言う男性もいるようです。マメに連絡することは彼氏を安心させることにもつながるでしょうが、あまりに度が過ぎると疲れることもあるでしょう。

異性との交遊関係を探る

嫉妬深い男性は普段の何気ない会話のなかから彼女の異性との交遊関係を探ることがあります。「この間の飲み会ってメンバーは誰だったの?」「食事って誰としたの?」と彼女と一緒でなかった時間や場所、相手などを細かくチェックすることも珍しくありません。

少しでも嘘をついたり、記憶してなかったりすると浮気していると疑うので、彼女はグループでの活動であっても異性がいる場に行くことが億劫になることでしょう。

異性と遊ぶことを禁止する


嫉妬深さも度が過ぎると異性との交遊関係を探るだけでなく、異性と遊ぶこと自体を禁止することもあります。これは異性と2人きりで遊ぶことだけでなく大人数の男女で遊ぶことも含まれるため、異性がいる場には全く参加できないことを意味します

飲み会やレクレーションなどで異性と一緒になることは当然で、なかには参加したくなくてもしなくてはならない場合もあるでしょう。そんなときは、極力彼氏にバレないように嘘をつくことになってしまいます。

定期的にスマホチェックをする

嫉妬深い彼氏は彼女に黙って勝手に見ることはなくても、定期的に彼女にスマホを提出させてチェックすることがあります。メールやLINE、カメラフォルダのチェックだけでなく、入力履歴までチェックする度が過ぎた彼氏もいるようです。

スマホ本体だけでなく彼女がやっているインスタやツイッターなどSNS全てをパトロールすることも忘れないので、男性がいるメンバーで写した写真もアップできないでしょう。行動が規制されるだけでなく信じてもらえないことに苛立ちを覚えることもあって当然です。

嫉妬深い彼氏との付き合い方


嫉妬深い彼氏とつきあうには彼氏に余計な心配や嫉妬をさせないようにすることが一番です。気を遣うことが多く疲れてしまうこともあるでしょうがこの先もつきあいたいのであれば努力が必要です。嫉妬深い彼氏とつきあう具体的な方法について考えてみましょう。

彼の話によく耳を傾ける

彼女としては浮気などを全く意図していない行動でも何かにつけて嫉妬深くなる彼氏にうんざりすることもあるでしょう。しかし、嫉妬を無視したり、頭ごなしに否定したりしても良い結果は得られません。

彼氏が嫉妬をした場合はまず彼の言い分をよく聞いてあげましょう。ひとしきり話をすることで彼の気持ちも落ち着きます。途中で口を挟まないように最後まで話をさせてあげましょう。そのうえで勘違いや誤解があれば事実を伝えて安心させてあげましょう。

彼の良いところを褒める

嫉妬深い男性に共通する点として自分に対する自信のなさがあります。彼女が他の異性の存在をアピールすることによって自分と比較して落ち込み、それが嫉妬となって表現されることも少なくありません。

普段から彼の良い所をみつけてオーバーに褒めて自身を持たせてあげることが大切です。彼氏の友達を引き合いにだして彼氏の優れている点を具体的に並べてあげましょう。容姿だけでなく内面の良さをアピールすることで自分に対する自信を持てるようになります。

連絡はマメに取る


嫉妬深い彼氏は目の前に彼女がいない状態になると不安でたまらなくなります。自分の知らないところで男性と楽しく過ごしているのではないかとありもしない妄想をして勝手に嫉妬してしまうこともあるでしょう。

彼の誤解や妄想を解くためにも普段からマメに連絡を取るように心がけましょう。仕事の都合などでしばらく会えない際には、特に電話やメール、LINEなどで頻繁に連絡を取って安心させてあげることが大切です。

異性とは二人きりで会わないように心掛ける

嫉妬深い彼氏にとって、最も彼女の裏切り行為ととらえるのが異性と2人切り出会うことでしょう。恋愛感情は全くない相手であっても異性と2人で会うことは極力避け、同性の友人を交えて3人以上で会うようにすることが大切です。

なかには複数であっても異性がいる飲み会に行くことを快く思わない彼氏もいます。異性がいる飲み会に行く際には、余計な嫉妬や心配をさせないように黙っておくことも必要でしょう。

嫉妬深い彼氏に対してやってはいけない行動


彼氏が人一倍嫉妬深いことを理解しているのであれば、彼女の日頃の言動で些細な誤解も生じないようにデリケートな対応が求められます。嫉妬深い彼氏が激怒してしまいそうな彼女がやってはいけない行動についてまとめました。

異性と二人きりで遊ぶ

彼氏が異常に嫉妬深くなくても一般的に考えてNGなのは異性と二人きりで遊ぶことでしょう。包容力があって彼女の行動に深い理解がある彼氏でも許してくれない可能性もあります。

仕事上の同僚や先輩、大学のサークル仲間、など彼女としては性を超えたつきあいだと思っていても嫉妬深い彼氏は男女の1対1のデートとしかとらえません。どんなに言い訳をしても納得してくれず修羅場を招く可能性が高くなると考えられます。

イケメン芸能人の話をする

身近でいつでも接触できる可能性がある異性とは違って芸能人は雲の上の存在であり、どんなに夢中になっても別物です。しかし、嫉妬深い彼氏にとってはイケメン芸能人の話をするだけでも機嫌が悪くなります

嫉妬深い彼氏は独占欲が強く他の男性に強いライバル心を抱いているため、たとえ相手が芸能人であっても考えられないほど嫉妬してしまうことがあります。イケメン芸能人の話に興味を示さないだけでも嫉妬していると考えていいでしょう。

元彼との思い出話をする


嫉妬深い彼氏にとって元彼との話ほどNGなものはありません。彼女からすればこんなに酷い男だったと悪口を話しているつもりであっても、自分が知らない男性と共有した時間や空間の話をされると嫉妬してしまいます。

「このレストラン、元彼と来たことがある」などの不用意な発言で彼氏が激怒することもあるでしょう。嫉妬深い彼氏でなくても、現在の彼氏の前で元彼の話をするのはデリカシーに欠けた行為であることを自覚しておく必要があります。

異性の友達を褒める

彼氏と仲の良い友達を素直な気持ちで褒めることはよくあります。彼氏に良い友達がいることを喜んでの行為ですが、それで嫉妬深い彼氏を怒らせてしまうこともあるでしょう。彼女にとって一番の存在は自分であり、たとえ仲の良い友達であっても自分より褒められることが許せないのでしょう。

特に彼氏がけんかした友達をかばうと嫉妬が激しくなることがあるため注意が必要です。嫉妬深い彼氏にとっては異性としてではなく人間として褒めることも許せません

まとめ

彼女のことが大好きで離れたくない気持ちが強い彼氏は嫉妬することが多いでしょう。彼女を愛していればこそのことですが、なかには嫉妬深さが度を越えていて辟易してしまうこともあります。彼氏が嫉妬する原因や嫉妬させないための方法を理解して、嫉妬を愛情に変換して上手につきあえるように努力しましょう。