初デートは食事だけがいい9個の理由とお店を選ぶポイント

憧れの人との初デートはワクワクドキドキが止まりいません。一緒に過ごす時間が楽しみである反面、まだお互いのことをよく知らないので気まずい雰囲気になったり、会話が途切れたりしないか心配な人もいるでしょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

初デートは食事だけにすべき理由


好きな人と初めて時間を過ごす初デートは嬉しい反面、緊張し過ぎて何を話していいか困ってしまうこともあります。初デートは食事だけで済ませた方がいいと言われる理由についてまとめました。

拘束時間が短いので気疲れしにくい

食事時間は長くても2時間程度であり、拘束される時間が少ないので気疲れしにくいメリットがあります。初めてのデートで朝早くから待ち合わせして夕方までフルで時間を過ごすと気を遣い過ぎてぐったりと疲れてしまいまうでしょう。

食事ならゆっくりと座って落ち着いて会話することができます。一定の距離感も保たれるのでドキドキし過ぎることもないでしょう。食事が終わればそのまま別れることができるのもメリットと言えます。

食事だけだとデートに誘いやすい


初デートを誘うのはなかなかハードルが高いもの。いきなりテーマパークや映画館、公園などの定番デートスポットに誘うことにはためらいがあるでしょう。その点、食事だけであれば「美味しいと評判の○○に行かない?」「今話題の○○食べに行かない?」などと気軽に誘えます。

食事を一緒にするだけならと相手も警戒しないので初デートとして設定するには向いているでしょう。素直に美味しいものを一緒に食べたいと言いやすいのもメリットです。

料理という共通の話題があるので話しやすい

初デートで一番困るのはまだお互いのことを知らないので共通の話題がわからず会話が弾みにくくなることでしょう。食事デートであれば出てきたメニューや味について共通に話せる話題があるので、いちいち何をしゃべればいいか考えなくても話しやすくなります。

料理好きの人であれば調味料や調理方法についても話が広がるでしょう。「美味しいね」と共感しあうだけでも2人の距離がグッと縮まります。

移動しないので疲れにくい


初デートは極度に緊張しているので前夜から寝不足であることも珍しくありません。そんな状態で電車に乗ったり、歩いたりして長距離を移動するとそれだけで疲れてしまうでしょう。

食事だけのデートであれば移動はお店までだけで済みます。歩き回る必要がなくゆっくりと座った状態で会話を楽しめるので疲れにくいのが魅力です。移動しない分時間のロスがなく1ヵ所だけでたっぷりと2人の時間を過ごすこともできます。

しっかりと相手に集中できる

映画館や動物園など王道のデートスポットはたくさんありますが、一緒にいる相手以外の物を意識して見ることが多くなるため動きが忙しくなります。興味のあるものを見つけると瞬間的に1人の世界に浸ってしまうこともあるでしょう。

食事デートでは目の前の至近距離に相手の顔があり、しっかりと集中し続けることが可能です。意識を相手だけに集中しながら言葉を選んで会話できるので相手がどんな人かを見極めることもできるでしょう。

店員さんへの態度やマナーをみることができる


初デートでは相手の情報としては外見がほとんどで人柄や性格については全く分かっていない状態です。外見がOKであっても大切なのは中身なので、どんな人なのか探りたくなって当然でしょう。しかし、初デートであるため踏み込んだ質問を立て続けにすることもできません。

食事デートでは食事のマナーはもちろん、料理を提供するお店のスタッフに対する態度を観察することができます。デートの相手以外に対する態度には素の顔が見えやすくなり、人間性が垣間見ることができるでしょう。

物足りなさから次に繋がりやすい

食事だけの初デートでは盛り上がれば盛り上がるほど時間が足りないと感じ、もっと一緒に過ごしたい気持ちが高まり勝ちです。余韻や物足りなさを感じながら帰途につくことになり、デートの後も相手の事をずっと考え続けることもあるでしょう。

食事で過ごす時間だけでは物足りない気持ちが次に繋がりやすく、相手から2回目のデートを誘いやすくなります。食事デートでお互いのフィーリングが合うと感じれば、すぐにどちらからともなく2回目のデートの誘いがあるでしょう。

気温の変化が少ないので洋服選びが楽


動物園や公園などのアウトドアのデートスポットでは気温の変化に左右されることが多いため洋服選びも大変です。スポーツ観戦や映画鑑賞など屋内外の問題だけでなくシチュエーションに合った服を選ぶのも時間がかかるでしょう。

食事デートであればお店の雰囲気に合わせて服を選べばいいので天候を気にする必要がありません。ただ、高級レストランと庶民的な食事のお店では着ていく服が若干違うため、あらかじめお店の雰囲気を調べておいた方がいいでしょう。

化粧崩れの心配がいらない

移動距離が長くなったり、直射日光や雨などの影響を受けたりすることで化粧崩れしやすくなります。初デートではただでさえ緊張しているため変な汗が流れて化粧が崩れることもあるでしょう。

食事デートでは体を動かしたり、日光や雨などの影響を受けたりすることがないため化粧崩れの心配がいりません。食事の後に化粧室でリップを塗り直す程度のメイク直しで済むので荷物が化粧ポーチでかさばることもないでしょう。

初デートで失敗しない食事場所の選び方


初デートを食事だけにすると、長すぎないデート時間や落ち着いた場所の設定など、メリットが多いのが魅力です。ただ、お店の選び方によっては雰囲気にのまれて会話が盛り上がらないこともあるでしょう。初デートで失敗しない食事場所の選び方についてまとめました。

駅から近いお店

初デートでは相手の顔を緊張していて見過ごしてしまうこともあります。そんな初デートの食事の場所をわかりにくい場所に設定したらさらに混乱を招くことになるでしょう。ポイントは駅チカでとにかくわかりやすい場所にあるお店です。

最近ではスマホの地図アプリを使えばお店まで案内してくれることもありますが、できれば地図アプリも必要ないくらいわかりやすい場所にあるといいでしょう。食事の後に駅ですぐに別れられるのも疲れないポイントとなります。

個室は今の関係性を見定めてから予約する


何度もデート重ねているカップルであれば、2人だけの時間をゆっくりと過ごすために食事のお店で個室を予約することがあります。しかし、初デートでいきなり個室は緊張するのが普通です。どちらかが話をしない限り静寂な時間しか流れません。

まだ会話もぎくしゃくしている2人であれば、周りのお客さんの騒がしさが助けてくれることも少なくありません。今の2人の関係性からオープンエリアにするか個室にするかを選んで予約した方がいいでしょう。

男性が好きなお肉料理がある場所

初デートで食事だけする場合は女性にとってはデートする場所が食事の店であるだけで緊張することには変わりはありません。何が食べたいかなどと考える余裕もなければ場合によっては味がよくわからないこともあるでしょう。

男性は一般的に食べることが大好きなので、男性が喜ぶ肉料理がメインの店にすると男性のテンションが上がって話が弾む可能性があります。敢えて女性が好きそうなメニューでなないものを選ぶことで女性の心遣いを感じることもあるでしょう。

おしゃれだけど無難なお店


初デートで食事する場合は、適度におしゃれだけど気取りがなくリラックスして食事ができる無難な店を選ぶことがポイントです。緊張する初デートでさらに緊張を高めるような高級すぎるお店を選ぶのはNGです。お店の雰囲気にのまれてしまって会話を楽しむどころではなくなってしまうでしょう。

センスがいいのにアットホームで気持ちが安らぐお店であれば、ゆったりと食事と会話を楽しむことができます。お店選びのセンスの良さも相手に好印象を与えるでしょう。

安すぎず高すぎない価格設定

初デートで食事の店を選ぶ際は、安過ぎず高すぎない価格の設定にも気を遣いましょう。あまり安すぎる店は庶民的ではありますが、初デートを軽くみているような誤解を与えてしまいます。かといって、あまり高級すぎると経済観念を疑われることにもなるでしょう。

初デートの食事代は割り勘が基本ですが、男性が払ってくれることも想定して合計金額があまり高くならないようなお店を選ぶことも大切です。

初デートを面白くする会話のネタ


初デートではなかなか会話が弾まず苦戦してしまうもの。相手の事を理解するだけでなく自分をアピールするためにも楽しい会話は必須です。初めての食事デートを盛り上げてくれる会話のネタをまとめました。

出てきた料理

何も会話が思いつかない場合は、食事で出てきた料理について話すのが無難です。味付けや盛り付け、使用されている食材や調理法など、料理だけでも話そうと思えばいくらでも話題はあります。

最終的には「美味しい料理で楽しい時間を過ごせた」と思えるように、少々味に難があっても料理を批判することはやめた方がいいでしょう。褒め上手だと優しさがあり気配りができることもアピールできます。

好きな食べ物

食事の店でのデートで話題のネタとなるといえばやはり食べ物のことでしょう。提供された料理だけでなくお互いの好きな食べ物についての会話で盛り上がることができます。「なぜその食べ物が好きなのか」「死ぬ前に食べたい食べ物」など、食べ物ネタだけでも話は尽きません。

男性の好きな食べ物や料理が女性の得意料理であると「今度食べさせてよ」と今後のつきあいにつなげることも可能です。

学生時代の話


学生時代の話も初デートの話題としておすすめです。現在の状況は既に知っていることも多いため、相手の人となりを知るには過去にさかのぼった話なら興味深く聞けます。おもしろいエピソードがあればそこから話を発展させることも可能でしょう。

会話が弾むなかで考え方や言動の傾向なども知ることができます。ただし、学生時代の恋愛や失恋などは初デートでは控えていた方が無難です。お互いの恋愛事情以外の楽しい話で盛り上がるようにしましょう。

共通の趣味の話

初デートで趣味の話をするのも定番です。相手がどんなことに興味関心を持っていて、どんな態度で接しているかは今後の恋愛にも影響してきます。お互いの趣味に共通点があれば大いに盛り上がることでしょう。

スポーツや釣り、フェスやゲームなど、何か1つでも共通の話題があれば深く掘り下げて話を広げることができます。「今度一緒にやろう」と次のデートを約束するきっかけになるかもしれません。

出身地

お互いの出身地について話題にするのもいいでしょう。お互いに田舎があればその土地ならではの美味しいものやおもしろい習慣、方言などを話題にして盛り上がることができます。相手の出身地に訪れたことがあれば、なおさらローカルな話題で楽しい時間が過ごせるでしょう。

出身地が生んだ銘菓やスター、生産量日本一など、出身地のネタだけでもたっぷりと会話することができます。

まとめ

初デートではお互いに緊張して会話が弾みにくく時間を持て余しがちです。初デートを食事だけにすることによってある程度時間を制限することができます。ゆっくりと座って食事しながら落ち着いて相手のことを見つめることができるのもメリットと言えるでしょう。食事場所の選び方や話題などに注意して初めての食事デートを成功させましょう。