あるもの探しをはじめよう「日常にある〇〇な幸せ」

無意識のうちに「ないもの探し」していませんか?

あなたの近くにある小さな幸せ探し

「私には、あれも、これもない」

誰かと比べては、何かが足りないように感じてはいませんか?

周りを見渡してばかりいると…

自分の持っているものが色あせて見えることもあるでしょう。

大切なものが何か見失ってしまいがち。

だからこそ一緒に

日常の中にある「あるもの探しの旅」へ出かけましょう。

あなたには、思っていたよりも多くのものに囲まれています。

さあ、探してみよう。日常にある〇〇な幸せ

美味しいものを味わえる

美味しいものが食べられる瞬間は、まさに幸せのひと時。

自分で料理を作ることができなくても

想い・技術・知識が詰まった、誰かが作ってくれる幅広い料理を

私たちは味わうことができます。

頭の中にある、考えていることや悩みごとを1度忘れて

今、目の前にある料理を楽しんでみませんか?

大切にしたい存在がある

近くにいる存在であるほど、当たり前になりがち。

生きている限り、「ずっと」という言葉はありません。

時間と共に、すべてのものは流れていきます。

何かに必死になり過ぎて、

身近な大切にしたい存在を後回しにしていませんか。

大切な人と過ごした思い出だけは、

ずっとあなたの心の中に残ります。

たくさん素敵な思い出を重ねていきたいですね。

それを思い出す度に、あなたを幸せな気分にしてくれるでしょう。

わたしの帰る場所がある

あなたを包み込んでくれる場所があります。

それは、あなたの部屋。

あるいは、誰かの隣かもしれません。

普段生活しているような場所ではなく、

自然の中に存在することもあるでしょう。

日本よりも海外の生活が合う人もいるかもしれません。

「自分には居場所がない」そう感じることも時にはあるでしょう。

でも、絶望的な気分になる必要はありません。

この広い世界には、あなたが心地よいと思える場所が必ずあります。

美しいものがある世界

何かに必死になるほど、

視野が狭まり、周りが見えなくなってしまいます。

日常の中には、じっくりと観察してみると

美しいと感じるものがたくさん。

自然が生み出す美しさだけではなく、

人が生み出した美しさも、私たちの心を豊かにしてくれますね。

美しさに触れることで、癒されることもあります。

自然を感じたり、アートに触れたりして。

幸せは追うもの、掴むものではなく感じるもの

幸せは、追ったり掴んだりすることはできません。

幸せは自分で感じて、自分で決めるもの。

「幸せは〇〇である」と押し付ける、決めつけることも

幸せとは、異なるものでしょう。

あなたも、身近にある小さな幸せを探してはみませんか?

誰かの言う幸せではなく、「私だけの幸せ」を。