品のある女性とはどんな人?特徴を恋愛アドバイザーが教えます

品のある女性と聞いて、あなたはどんな人をイメージしますか?パッと特定の誰かを思い浮かべることはできても、ディテールを問われるとはっきりしない部分があるという人もいるのではないでしょうか。

今回は恋愛アドバイザーであるA.K さん提供の情報を基に……

  • 品のある女性と思われる雰囲気
  • 品のある女性と思われる言葉遣い
  • 品のある女性と思われる行動
  • 品のある女性と思われるメイクや髪型
  • 品のある女性と思われる服装

以上の内容でお届けします。

品のある女性と思われる雰囲気

品のある女性が放つ特別な空気感には、その人の育ってきた環境も大きく関係しています。どんな雰囲気を周囲に感じさせているのか、主なものをここでは4つピックアップしました。

育ちが良さそう

実際に育ちが良い女性は幼い頃からお茶やお花など、さまざまな習い事をしている人が多く、礼儀作法がひととおり身についています。そのため、「この人は良い家庭で育ってきたんだろうなぁ」と感じさせる雰囲気を、品のある女性は持っています。

知的なイメージ

実際に学歴が高いわけではなくても、賢そうな雰囲気をまとっています。自分のことを愚かな人間とは思っておらず、人から笑われるような行動はとりません。

落ち着きがある

品がある女性は感情の起伏が激しくなく、常に冷静で落ち着いた雰囲気を持っています。これは育った環境が良く、自分に余裕があるためです。友人や家族と楽しく会話していても、大口を開けて笑ったり、激しい口調で話したりすることもありません。

美人

線が細く、儚く見えるような美人と表現されることが、品のある女性は多いです。やや古風で一見すると地味ですが、パーツが整った顔立ちをしています。

品のある女性と思われる言葉遣い

言葉遣いは、その人の印象を大きく左右します。品が良い女性と良くない女性には話し方に違いがあるのです。詳しくは以下の通りです。

正しい日本語を使っている

品のある女性は、正しい日本語の使い方を知っているため、育ちが良く小さな頃から正しく教え込まれている印象を周囲に与えます。また、目上の人にはしっかりと正しい敬語で話し、全体的にやわらかく丁寧な言葉遣いをしている人が多いです。

汚い言葉を使わない

たとえば、超・ガチで・キモいなどといった若い世代が使うような言葉や、死ね・おまえ・嫌いなどといった汚い言葉は使いません。品格のある女性は、いわれた相手を不快にさせるようなワードを選ばないのです。

口調がゆったりしている

品がある女性は余裕や落ち着きを持っているため、早口で話しません。誰が聞いても聞き取りやすいゆったりとした口調で話します。

また、会話をしているときも相手の話をさえぎらずにじっくりと聞き、そのあとひと呼吸おいてから自分が話しはじめます。

品のある女性と思われる行動

どんなに美しい女性でも、行動次第で一気に印象が変わってしまうことも。品がある女性の行動には、主として以下の5つの特徴があります。

  • 気遣いができる
  • 出しゃばらない
  • 悪口には参加しない
  • 所作が美しい
  • 言葉遣いが丁寧

順番に解説していきます。

気遣いができる

肌に優しいミネラルスティックファンデーション

品がある女性はまわりをよく見ています。そして、困っている人や助けを欲しがっている人がいたら、すぐに気づいて親切な対応をするのです。その親切心というのはちょっとしたところでも見え、女性らしい心遣いが自然に出てくるのが特徴です。

でしゃばらない

目立ちたいという気持ちがないため、自分に注目が集まったとしても決して積極的になったり出過ぎた真似をしたりしません。人と争うこともせず、譲るような言動をとります。

また、我が強くなく、誰かに何かを頼まれたときには嫌な顔をせず引き受けることが多いです。自分からでしゃばったり、自分だけ得をしようと考えたりすることはありません。

悪口には参加しない

女性同士での集まりには悪口や噂話がつきものですが、品のある女性は人の嫌がることを好まず、他人の噂に興味は持ちません。

そのため、そういった話しには誘われても入らず、同じ輪に入らざるを得ない場合には賛同もせず、意見も発しません。しかし、悪口の度がすぎると、指摘することもあります。

所作が美しい

品の良さは、ひとつひとつの仕草にも現れます。たとえば、姿勢や食べ方、そして携帯を見る仕草や歩き方など細かな行動までもが女性らしく美しいのです。立ち姿勢も座り姿勢も、猫背になっていて気だるそうな印象は品がありません。

言葉遣いが丁寧

これまでにも述べたように、品のある女性は正しい日本語を使うことができ、汚い言葉を使用することはありません。そのため、話す相手が気分を害することがなく、信頼を得やすいのが特徴です。

品のある女性と思われるメイクや髪型

女性がまず変えられるところといえば、見た目があげられるでしょう。品のある女性がチョイスするメイクや髪型は主張が強すぎず、優しい印象になるものが多いです。

ピンク系カラー

チークや口紅には女性らしいピンク系カラーを選ぶ人が多く、派手なカラーのポイントメイクもあまり使いません。アイシャドウも主張が強い色は避け、ナチュラルに仕上がるブラウン系を使う人が多いです。もともとの素材を最大限に活かした、シンプルなメイクをしています。

暗めで綺麗な髪

ヘアカラーは黒髪や暗めのトーンにしていて、ナチュラルに近い髪色を選んでいる人が多いです。そして髪の毛のメンテナンスもしっかりとしていて、傷みなどないサラサラヘアです。暗めで美しい髪は清潔感もあり、品格高く見えます。

品のある女性と思われる服装

服装はその人の品格を左右するものであり、選ぶ色、形、素材などによっても印象は大きく変わります。多くの品のある女性がしている服装について、詳しく見ていきましょう。

淡い色をチョイスしている

品が良い女性は主張が強くないため、派手な色の服も選ぶことはあまりありません。優しい印象で女性らしい服を選ぶため、白やパステルカラーなどの淡い色を選ぶ人が多いです。

シンプルなファッション

露出が激しかったり、個性が強かったりするファッションを好まない人が多く、あくまでシンプルで、流行の影響を受けにくいような服を選びます。また、派手な印象は避けたいと思う人が多いため、必然的に柄物よりも無地の割合が高めになります。

小物は最小限

アクセサリーや時計など、小物は上品でシンプルなデザインを選び、たくさんつけることはせず、最小限の小物使いをします。また、カラーはゴールド系よりもシルバー系、上品な印象を与えるパールなども身につけます。

上質なものをさりげなく

高い品質のものをさりげなく身につけていると、品のある印象になります。たとえば、ブランド品でもロゴやプリントデザインが大きくていかにもというものではなく、よく見るとブランドのものだとわかるくらいのアイテムです。選ぶときには、着心地や使い勝手を重視しています。

まとめ

品のある女性に憧れている人は多いでしょう。ただ、品があるように見せるのはなかなか難しいものです。見た目から仕草や言葉遣い、そしてまとっている雰囲気などのすべてが影響するためです。

しかし、絶対に変われないということはありません。品のある女性と自分の違いを比べるだけでも、気づけることがあるでしょう。まずは見た目から入り、そこから言葉遣いや所作に気をつけることで、女性としての品格を磨くことができます。

今回ご紹介した内容を参考に、品のある女性の特徴を上手く取り入れ、変わるのを目指してみるのも良いのではないでしょうか。

- 1 / 1ページ -