上司と不倫関係に陥る理由とは?対処法を知ってのめりこまない!

最初はそんなつもりじゃなかったのに……不倫否定派だったのに……気づけば上司と不倫関係に陥ってしまっていたという女性は少なくありません。

上司と部下は不倫に陥りやすい条件が最もそろっています。上司と不倫関係になりやすい理由や、上司と不倫関係になってしまった場合の対処法をまとめました。

上司と不倫関係になりやすい理由

これだけ、不倫に対するバッシングが厳しいご時世でも、上司と部下の不倫はびっくりするぐらい世の中に溢れているのが現状です。上司と不倫関係になりやすい理由として、以下の点があげられます。

仕事ができる男性に惹かれるため

そもそも、女性は仕事ができる男性をかっこいいと思わない人はいません。また、仕事ができる男性は周囲に対する気遣いもでき、相手が求めていることに素早く気づいて行動を起こします。仕事ができる男性が総じて恋愛上手なのは、ここに理由があるといえます。

そして、仕事ができる上司は自分よりも経験豊富で、的確にアドバイスをくれるため、その包容力と優しさに惹かれてしまうのです。

一緒にいる時間が長いため

まず、一日の中で、一緒にいる時間が長いため、親しみが湧きやすくなります。一緒にいる時間が長くなると、仕事だけの話に留まらず、プライベートなことまで話すようになるのは珍しくありません。

そして、仕事を通して、共に苦楽を味わうため上司でもあり“同志”でもあるわけです。つまり、ほかの人間関係よりも濃い繋がりとなり“特別感”が生まれます。

自分のことを誰よりもわかってくれる存在として、次第に恋愛感情が芽生えるのです。

上司と不倫をするリスク

不倫がバレると以下のような経済的、社会的制裁が待ち受けています。そもそも、理性が働けば不倫に陥ることはないかもしれませんが、改めて認識すると不倫なんてとてもできるものではありません。

バレると上司の昇格に影響が出る可能性も

上司と不倫関係になり、周囲にまったく怪しまれないということは考えにくいです。どこからともなく、噂は広がるものです。

そこで、もし会社にバレてしまった場合、あなたが職場にいづらくなるのはもちろんのこと、大切な上司の立場まで危うくなります。具体的には異動、昇進・昇格への影響が考えられます。場合によっては降格もあり得ます。

自分も仕事を辞めなければいけなくなる

仮に上司が異動になったとしても、あなたは会社に残ることは難しいでしょう。周囲からの目や、バッシングなどに耐えられず自主退社に追い込まれるのがオチです。

大切な上司も、仕事もなくなる……。不倫にはそれだけの覚悟が必要です。

お互いの家族に影響が出る

離婚になるケースがあります。たとえば、上司に子どもがいた場合、養育費を請求されたり、慰謝料を請求されたりします。離婚を免れても、上手く夫婦がヨリを戻して、やり直すことができる家庭は少ないです。

上司に不倫関係を誘われた際の断り方

自分はいけないと思っていても、上司から誘われた場合無下に断ることはしにくいですよね。好きな人の期待に応えられないのはツライものがありますが、お互いの幸せを思うと断らなければなりません。ここでは、上司に不倫関係を誘われた際の断り方をアドバイスします。

軽い上司の場合

上司が軽いノリで誘ってきた場合は、こちらも冗談交じりで和やかに断るのがベターでしょう。上司に恥をかかせない、嫌な気分にさせないために、褒め言葉を入れるのがポイントです。

「〇〇さんのことは好きだけれども、不倫はいけない……」といったニュアンスで断りましょう。「自分はすぐに顔に出るタイプなので……」と付け加えると上司は、「それはマズイな」と思います。

真面目な上司の場合

真面目な上司に対しては、謙遜しながら断るのが良いでしょう。真面目な人は一度断れば、しつこく誘ってくることはまずありません。

「自分みたいなのが〇〇さんとお付き合いなんてもったいない。万が一バレたときに、私はいいですが〇〇さんの仕事や家庭に影響が出るのは嫌ですから.……」という風に断れば、こちらの気持ちを汲んでくれるでしょう。

上司と不倫関係にならないための日頃の上司との関わり方

上司と部下は親密な仲になりやすいということを頭に入れておき、妻子ある男性とは特別な関係にならないよう、自分を戒めておきましょう。上司と不倫関係にならないための、日頃の上司との関わり方を解説します。

プライベートな話をしすぎない

上司と不倫関係にならないためには、公私混同しないことが大切です。上司とは仕事上の付き合いと割り切り、極力プライベートな話をするのはやめておくのが良いです。

自分にその気がなくても、家族の話やプライベートな相談をすると、男性は自分に心を許してくれていると思い、勝手に深読みしてしまいます。時には雑談も必要ですが、できるだけ仕事に関係のある話をするようにしましょう。

近づきすぎない

上司と話すときに近すぎたり、ボディタッチをしたりすると自分に気があるのではないかと勘違いさせてしまいます。人は信頼関係が厚い相手に対してはどうしても距離が近くなってしまうものですが、変な誤解を招かないためにも、近づきすぎないように気をつけましょう。

勘違いさせてしまう言葉を発さない

上司を褒めて良い気分にさせる、いわゆる媚びるのが上手い女性もいます。女性は上司のご機嫌取りのつもりでも、男性は単純なため、「自分のことが好きなのかな?」と勘違いしがちです。

「すごいですね!」などの一般的な褒め言葉は良いですが、勘違いさせてしまうような言葉は発さないようにしましょう。

上司と不倫関係になってしまった場合の対処法

男と女ですからいくら気をつけていても、時に間違いをおかしてしまうこともあるでしょう。上司と不倫関係になってしまったら、さらにお互いのめり込んでしまわないうちに、早くその状態から抜け出すことが大切です。上司と不倫関係になってしまった場合の対処法について、見ていきましょう。

冗談交じりで誘いをかわす

常に仕事で一緒な分、上司からの誘いをはっきり断ると、その後の仕事に影響が出ないか心配になるでしょう。そのため、まずは上司から誘われないようにうまく忠告することが大切です。

「のめり込むとまわりが見えなくなるタイプなので、上司の家族や仕事にも迷惑かけちゃうかもしれませんからこれ以上はダメですよ!」と。それでもモーションをかけてくるようであれば、「ダメですって!」と冗談交じりで誘いをかわすようにしましょう。

笑顔で上手くかわせば、その後の雰囲気も暗くならずに済み、仕事がやりにくくなるということも避けられるでしょう。

不倫関係を解消するよう遠回しにアピール

セクハラ

さりげなく自分の家族の存在を話に出します。「大切にしなきゃいけない優先順位を間違ってしまって申し訳ありませんでした」などという具合にです。そうして、さらっと不倫関係を解消するようにアピールします。

ダイレクトに別れてくださいというわけではないため、上司を傷つけないで済みます。上司も自分だけならまだしも、大切な部下の家族に迷惑をかけるわけにはいかないと、自分の欲にブレーキをかけることができるでしょう。

まとめ

理由は何であれ、不倫の末路に幸せはありません。より良く仕事を進めるためには、上司と部下の信頼関係が不可欠ではありますが、常に一線を引くことを忘れないようにしましょう。

- 1 / 1ページ -