肩こり解消方法6選!頑固な肩こりにおすすめの解消グッズ

肩こりに悩む女性はたくさんいます。肩こりを放っておくと、慢性的な痛みに苦しむことや他の痛みを併発することもあるので早めの対策が必要です。

ここでは、

についてまとめてみました。

肩こりの原因


肩こりの原因は、人によって異なります。肩こりを解消するためには、肩こりの原因を知らなければなりません。ここでは、肩こりが起こりやすい原因を紹介します。

慢性的な運動不足

肩こりが起こりやすい原因として多いのが、慢性的な運動不足です。運動をしないと血流が滞りやすくなり、肩の筋肉に新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくい状態になっています。また、適度な運動をしていると肩の筋肉を動かす機会も増え、筋肉の軟化を促して肩こり防止につながるでしょう。

ストレス

ストレスを感じてしまうと、自律神経の働きが悪くなります。自律神経の働きが悪いと、肩の筋肉が緊張して、血流が悪くなることや発痛物質が出やすくなるのです。ストレスを感じる機会が多くなるほど、肩こりの症状も悪化していく悪循環になります。適度にストレスを解消させることが大事です。

筋肉量の低下

代謝をアップさせる「無酸素運動」
筋肉量が低下することで、肩こりが起こる場合があります。筋肉が低下すると、肩甲骨周りから肩周りの柔軟性が低下するからです。柔軟性がないと、少し動かしただけで痛みを感じるようになります。首から背中にかけての筋肉は使用する機会が少ないため、日頃から意識して筋トレしなければなりません。

同じ姿勢で長時間動かない

肩こりは、同じ姿勢で長時間動かない人に起こりやすい症状でもあります。デスクワークの人に肩凝りが多いのも、同じ姿勢でずっといるためです。同じ姿勢だと肩周りの筋肉を使うことがありません。筋肉が凝り固まってしまうことで、痛みを感じるようになるのです。同じ姿勢でいる必要がある環境でも、空いた時間には肩を動かしましょう。

眼精疲労

眼精疲労も肩こりを引き起こす要因の一つです。毛様体筋と呼ばれる目の筋肉は、自律神経でコントロールされています。眼精疲労で毛様体筋が疲れると、首や肩の筋肉が凝りやすくなるのです。現代人は、スマホの見すぎやデスクワークなどで目を酷使する機会が多くあります。適度に目を休める時間も必要です。

気圧の変化


肩こりは気圧の変化に伴って発生する場合があります。低気圧や台風の接近など、大きな気圧変化をもたらす気象条件のときは注意が必要です。気圧が肩こりを引き起こすのは、気圧変化に体が順応できてないことが理由になります。気圧が下がると血管が膨張しやすいため、運動量を減らすなどの対策が有効です。

効果的な肩こり解消法


肩こりはストレッチやツボ押しなどで解消効果が期待できます。また、食事や睡眠、適度な運動を取り入れるのも効果的です。ここでは、効果的な肩こり解消法を見ていきましょう。

ストレッチ

効果的な肩こり解消として、おすすめするのがストレッチです。ストレッチをして筋肉の柔軟性を高めることで痛みの軽減効果が期待できます。ストレッチは負荷をかけ過ぎないように、ゆっくり行うのがコツです。痛みを感じる場合は悪化する可能性もあるので、止めて様子を見ましょう。

ツボ押し

簡単にできる肩こりの解消法として、ツボ押しがあります。特に効果が期待されるツボが、肩の真ん中にある肩井と呼ばれる場所です。肩井に手をかけて、押したままの状態でぐるぐる回していくと良いでしょう。ツボを押しながら回すと、肩甲骨も刺激されて肩周りの柔軟性が高まります

食事


肩こりの解消法として、食事の見直しがあります。肩こりが起こるのは血行不良が大きく関係しているため、血行不良を改善する食材を摂取すると良いでしょう。ビタミンB1やビタミンB6などは、特に意識して摂取したい栄養分です。これらの栄養分が含まれている豚肉や大豆などを取り入れた食事を心がけましょう。

ウォーキング

ウォーキングは、肩こり解消として有効な方法の一つです。ウォーキングをして歩くことで、筋肉量を増やすことや血行改善が期待できます。ただし、姿勢が悪いままウォーキングすると逆効果になるので注意が必要です。ウォーキングは、正しい姿勢を意識して行いましょう。また、すぐに効果が出るわけではないため、続けることも必要です。

ぬるめのお湯に入浴

つらい肩こりには、ぬるめのお湯で入浴するのも効果的です。お湯に入ることで痛みの原因となる肩の血流の滞りが解消されます。ぬるめのお湯にするのがポイントですが、これは熱いお湯だと交感神経が優位になって緊張した状態が作られるからです。40℃くらいのお湯で、長い時間湯船に浸かることを意識しましょう。

毎日決まった時間の早寝早起き


毎日決まった時間の早寝早起きは、肩こり解消に効果が期待できます。体の回復を促すホルモンは深夜に分泌されており、寝ている時に多く分泌されるからです。夜更かしをしていると、ホルモン分泌が減って肩こりの解消が遅れます。また、起きる時間と寝る時間を一定にすることで体のリズムも整うのです。

おすすめの肩こり解消グッズ

肩こり解消には、専用のグッズ使用もおすすめです。肩こり解消グッズは多く販売されていますが、肩こりに対するアプローチの仕方から商品選びをする必要もあります。ここでは、肩こり解消効果が期待できる商品を見ていきましょう。

Naipo マッサージ枕

温感ヒーターが搭載されているマッサージピローです。人の手でマッサージしてもらっているような指圧感が心地よく、リラックスと筋肉の緩和を促します。首や肩にフィットする人間工学に基づいたコンパクトなデザインも魅力です。

休憩中の枕としての使用や、車の座席に設置すること、デスクワーク用の椅子にクッションとして置くなどの使い道があります。3Dマッサージヘッドが緊張した肩の筋肉をほぐしてくれるでしょう。

オムロン マッサージクッション


コンパクトでありながら、機能が充実しているクッションマッサージャです。カバーは柔らかく、肌触りのいい生地を使用して質感は高級感があります。ヒーターモードにして肩を温めることができるので、日ごろのデスクワークで凝り固まっている肩周辺の筋肉をほぐす効果が期待できるでしょう。

マッサージモードに設定すると、内蔵の揉み玉が回転し、肩こりにダイレクトに効果を働きかけます。首兼用のクッションとして使うこともできるので、首から肩にかけて広範囲のコリがある人にもおすすめです。

アテックス(ATEX) 指圧器


手の届かない部位に対して、指圧のような感覚で押すことのできる指圧器です。アームの曲線が体にフィットし、肩こり解消に効果的なツボもピンポイントで押すことができます。
耐久性に優れており、コスパが高いアイテムです。アームの部分がしっかりしているので、押す力は強弱がつけられます。肩こりの状態に応じて、押す力を調整するとよいでしょう。

ピップ マグネループ EX 高磁力タイプ


首や肩のコリをほぐしていきます。永久磁石の磁力を使って人体に磁力線を浸透させることで、肩こりの解消効果が期待できるでしょう。軽量タイプとなっており、装着しても違和感がありません。肩の奥にジーンとくるようなしつこい肩こりにもおすすめです。少しずつ緩和していくため、効果が出るまでには一定の時間がかかります。

桐灰化学 あずきのチカラ 首肩用


首や肩をじわっとほぐしていく100%あずきの天然蒸気が、気になる肩コリに効果を働きかけていきます。広く包み込むような形状をしているため、首元から肩、背中にかけて広範囲をカバーするでしょう。使用すると気持ちがよく、リラックス効果も期待できます。

電子レンジで加熱するだけで、簡単に使用できるのもメリットです。何度も繰り返して使うことができるため、コスパにも優れています。

まとめ

頑固な肩こりは、運動不足やストレス、気圧変化などが関係しています。肩こり対策をするためには、肩こりが起こっている原因を知りましょう。肩こりの症状に合わせた解消法を実施する必要がありますが、正しい方法で行わないと逆効果になる場合もあります。解消グッズの使用も含め、肩に負担のかからない生活習慣を意識することも大事です。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。