小さなことからはじめる「丁寧なひとり暮らし」

生きることを実感する「丁寧なひとり暮らし」

小さなことを積み重ねて習慣になる

生活のひとつ、ひとつの行動を味わう。

ゆったりとした時間が流れる丁寧な暮らし。

普段は忙しい生活を送っているからこそ、そんな時間に憧れる。

生活のふとした瞬間に、生きていることを感じる。

そんな一瞬があってもいいかもしれませんね。

今回は、小さなことを積み重ねていくことからはじめる。

丁寧なひとり暮らしの進め方について見ていきましょう。

「丁寧なひとり暮らし」の易しいはじめ方

「土鍋」でご飯を炊いて味わう

普段の食事をワンランクアップしてくれる土鍋ごはん。

「土鍋でごはんを炊く」と聞くと難しいように感じるかもしれません。

しかし、その日で食べる分を炊くだけなので、

意外と短時間で炊き上げることができます。

火の扱い方などコツさえ分かってしまえば、難しくはありません。

ごはんが炊けるまでの間に、おかず作り。

何より、炊きたてのごはんが美味しい。

いつもより少し多くの幸せが味わえるかもしれません。

「アロマ」の香りを楽しめる余裕を

部屋の空気感をガラリと変えてくれる香り。

より生活を豊かにしてくれる要素のひとつですね。

香りを楽しむ時間を意識して生活の中に取り入れることで、

心にちょっとした余裕を与えてくれるでしょう。

香りによっても、人に与える印象が大きく異なります。

その日の気分や体調に合わせて香りを選んでみて。

自分のために香りを堪能する瞬間は、贅沢なひと時。

育てる喜びを感じる「ベランダ菜園」

育てる喜びと食べる楽しみを与えてくれる「家庭菜園」。

小さなスペースで出来る、ベランダ菜園はワンルームにもぴったり。

都会になるほど、自然と触れ合う機会が減ってしまうもの。

ベランダ菜園に関わる時間が自身を癒すことにも繋がるかも。

トマトやバジルなど、初心者でも作りやすい野菜やハーブを育ててみましょう。

自分で作った野菜やハーブを使った食事は、格別です。

日々、命をもらって生きていることを再確認することができますね。

「季節」を部屋に迎える

意識して季節を部屋に迎える。

部屋に季節の花、食卓に旬の食材を取り入れてもいいでしょう。

旬のものは、あなたに元気を与えてくれます。

日本では季節を楽しむ行事も多くありますね。

四季の移り変わりを味わう。

今、生きることに意識を集中させることができます。

ちょっとだけ四季を意識してみることで、

あなたの生活をより豊かにしてくれるでしょう。

身の回りをじっくり「磨き整える」

身の回りを磨き整えることは、心を整えることにも繋がります。

何だか気持ちがスッキリしない時こそ、磨いてみましょう。

ただ夢中になって、床や棚の汚れを落としてみる。

それと同時に、自分の心も磨かれていくような感覚を味わうでしょう。

部屋の空気が、なんとなく違うことに気づく。

掃除を終えたころには、気持ちのモヤモヤも軽くなっているはず。

丁寧な暮らしが自分を大切にすることに繋がる

丁寧な暮らしは、自分を大切にすることに繋がります。

生活のひとつ、ひとつの動作を味わうことで、生きることを感じる。

普段のワンシーンを味わうことから意識してみるといいですね。