髪がはねるときの対処法!はねを生かしてブローを楽しもう

忙しい朝、髪の毛がはねていると憂鬱ですよね。朝、何度も手直ししたのに夕方にははねてしまう髪は悩みのタネ。

そこで、ここでは

についてまとめてみました。諦めていた髪の毛のはね問題の解決の糸口が見つかるかもしれません。セットしたてのような思い通りのヘアスタイルをキープして、一日中ステキ女子で過ごしましょう。

髪がはねる原因


そもそもどうして髪がはねてしまうのでしょうか。先天的な要因から後天的なものまで、原因はさまざま。対処法を見る前に、まずは原因をチェックしてみましょう。原因を知ることで、直し方も変わってきますよ。

髪が肩にあたってはねてしまう

髪の毛が肩にあたる伸ばしかけボブやミディアムレングスの人は、肩にあたる部分の髪の毛がはねやすくなります。とくに肩上から2cm~3cmのときにはねやすいといわれています。肩にあたった毛先がそのままクセづいてしまうためです。

ダメージを受けて乾燥した髪の毛も、本来髪の毛を守るキューティクルがはがれて水分やたんぱく質が流れ出て、内側がスカスカになりはねる原因となります。水分や油分の不足したダメージヘアは空気中の水分を含みやすくなっているため、髪の毛が膨張してはねたり、うねったりしてしまうのです。普段からトリートメントで補修するほか、カラーやパーマ後のケアをしたり、濡れたまま寝たりしないように気をつける必要があります。

ショートからの伸ばしかけでカットしていない

ショートの中でもはねやすいのが、ショートボブ。短いショートのときには、はねが気にならなくても、伸びて長さが出てくることで髪の毛のうねりがはねにつながってしまうのです。

また自分の頭の形に合っていないカットやレイヤーを入れすぎてしまった場合にも髪がはねやすくなる傾向にあるよう。とくに髪の毛に大きなうねりがある場合、根元から毛量調整すると毛先がはねやすくなります。美容院で髪を切る際、はねやすい場所や扱いにくいところを美容師さんに相談しながら、頭の形に合ったヘアスタイルを決めるのがおすすめです。

元々の生えグセがある


髪の毛には基本的に、根元の方向とは逆方向に毛先が収まろうとする性質があります。つまり、つむじが時計回りの人の場合、左サイドは根元の方向が前を向き、毛先は内側に収まりやすくなります。逆に、右サイドは根元の方向が後ろを向いてしまうため、毛先が前を向いてひっくり返り、はねやすくなるのです。これが先天的な髪の毛のはねる原因です。

さらに生まれつきの毛根の形や体質でくせ毛の人や、頭皮の皮脂などの影響ではねてしまう場合もあります。

髪がはねるときの対処


では髪がはねるときの対処はどうすればいいのでしょうか。原因別に対処法を6つ挙げてみました。朝はねを直したのに、夕方にはまたはねていたということがないよう、しっかり対処法をチェックしてキレイなヘアスタイルをキープしましょう。

カットに行く

中途半端な長さやレイヤーが原因ではねてしまう場合、はねない長さやはねが気にならないヘアスタイルにカットするのがおすすめ。くせ毛や生えグセではねてしまう人も、よくはねる場所や扱いづらい箇所を美容師さんに伝え、頭の形や毛流を活かしたカットをしてもらうことで、はねが気にならなくなります。ただしロングを目指して伸ばしかけという人にとっては、カットしても一時的な対処にしかならないので、別の対処法をおすすめします。

毛先にパーマをかける

どうしてもはねてしまうという毛先には、パーマをかけてしまいましょう。朝の煩わしいスタイリングがぐっとラクになり、一日中美しい髪型をキープできます。とくに伸ばしかけの人におすすめしたい方法です。ただしパーマはダメージの原因になり、ダメージははねの原因になりますから、パーマ後はしっかりトリートメントでケアすることを忘れずに。

生えグセには縮毛矯正をかける


生えグセによるはねやうねりが広範囲に見られる人には、縮毛矯正をかけるという対処法もあります。くせ毛や生えグセのある人の場合、髪の表面はまっすぐになっても、耳周りや襟足部分は内側の髪の毛がうねっていたりするという特徴があります。その場合、カットだけではカバーできないこともあるので縮毛矯正をかけるのが確実。最近は丸みのある自然な縮毛矯正もかけられるので、つるんときれいにまとまった毛先を目指すなら、縮毛矯正もおすすめです。

根元から濡らしてブローをする

はねているのは毛先でも、実は髪の根元がつぶれてクセがついている場合がほとんど。毛先だけ濡らしてブローしても、原因である根元を直さない限りすぐにはねてしまいます。はねている毛束を持ち上げて、その根元をヘアミストや水でしっとりと湿らせます。続いて毛先も軽く濡らし、根元を意識しながらブローすることではねは思い通りに直るはず。

そもそも前の日にきちんと乾かさないまま寝てしまうと、根元がつぶれて乾いてしまう原因になります。そのほかにも、濡れた髪は摩擦などダメージを受けやすく、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるなどデメリットばかり。忙しい毎日の中で、髪の毛を乾かす間も惜しいのは事実ですが、翌朝のことを考えると、髪の毛が濡れたまま寝てしまうのは避けたいものです。

ストレートアイロンを使う

はねた部分の髪の毛を、ぬるま湯や蒸しタオルで根元から濡らします。ヘアアイロンの熱もダメージの原因になりますから、ヘアアイロン用のスタイリング剤をつけて、髪の毛を保護しましょう。スタイリング剤は、その後も長時間にわたって、美しいヘアスタイルをキープしてくれます。ヘアアイロンを使う場合も、はねが気になる毛先だけでなく、根元からアイロンをあてます
ダメージも髪の毛がはねる原因になるので、アイロンを使ったあとも、トリートメントやヘアミルク、オイルなどでキューティクルのケアをしておきましょう。

はねを生かして外はねにブローをする


どうしようもないはねは逆手にとって、外はねスタイルにしてしまいましょう。コテで髪全体を外はねにします。最後にトップの髪を少しつまんで内巻きにすると、髪全体にふんわり感がでて、自然な外はねボブスタイルに。またはワックスやオイルで毛束感を出しながら、全体的にクシュクシュっと動きをつけてヌケ感のあるスタイルに仕上げることもできます。無理にはねを直そうとするよりも、もともとの自然な毛流を活かしたスタイルのほうが、ナチュラルに決まる場合もあります。

髪が肩にあたる!伸ばしかけヘアアレンジ

髪の毛が肩にあたる伸ばしかけのミディアムヘアを乗り切るアレンジをご紹介します。はねてしまったときの鉄板アレンジがあれば、忙しい朝のはねも怖くありません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

お団子ハーフアップは伸ばしかけヘアに最適


どうしても避けられないミディアムヘアの襟足のはね。思い切ったお団子ハーフアップなら、外はねもキュートに仕上がります。オイルでツヤ感と束感を出し、無造作にまとめあげたお団子がさりげなくておしゃれ。ユルくカジュアルな印象です。トップはつまんでボリュームを出し、後れ毛を残すことで、女性らしさを感じさせます。忙しい朝でもささっと手軽にまとめられるのに、オシャレに見える上級テクです。

ルーズにまとめる


ふわっとランダムにはねたままの髪の毛を、ルーズにまとめただけの簡単ヘアアレンジ。髪の毛をヘアゴムに巻き付けて見えないようにしたことで、インパクトのあるヘアアクセサリーが、シンプルなのに印象的なヘアスタイルの魅力を引き立てています。ピアスとのコーディネートもすてきですね。後れ毛が輪郭を縁取り、小顔効果と女性らしさをプラス。はねた毛先のランダムさがかえって、ヘアスタイル全体に立体感を与え、明るい髪色を美しく見せています。伸ばしかけではねた髪だとは、誰も気づきません。

まとめ

はねる髪の毛の原因と対処法、はねてしまったときのアレンジをまとめてみました。手直しには苦労する髪の毛のはね。原因は人それぞれなので、ご紹介したさまざまな対処法を試し、自分に合ったものを探してみましょう。頭の形に合わせたカットや、生えグセによってブローの仕方を変えることで緩和する場合も多いので、美容師さんに相談してみるのもおすすめです。