【風水】カレンダーで運気アップする方法!設置場所やおすすめの種類

約四千年前の中国で発祥した気の力を利用した環境学である風水。陰陽五行説に基づき、環境を整えることで運気を味方につける智恵のひとつです。そんな風水においてカレンダーは一年を司る重要アイテム。カレンダーの飾り方ひとつで、運気アップが期待できるのです。

そこで、

などをまとめてみました。

風水的カレンダーの選び方


一年を通して目にすることになるカレンダー。なんとなくで選んでいませんか。カレンダーは風水では重要なアイテムに位置づけられています。まずは一年をハッピーに過ごせる風水的カレンダーの選び方を見てみましょう。

明るい雰囲気のものを選ぶと運気アップ

カレンダーを選ぶ際に気をつけたいのは、明るい雰囲気のものを選ぶこと。植物や花など自然の風景の綺麗な印象を与えるものがおすすめです。カレンダーは風水的に時の運を司るアイテムであり、近い未来を意味するもの。その年の運気に影響を与えます。風水で運気アップを狙いながらも、自分が気に入ったデザインのものを選びたいものです。どのような運を引き寄せたいかによってもオススメのデザインは異なります。具体的には下記を参考にしながら、全体としては明るい雰囲気のものを選ぶように心がけましょう。

恋愛運はピンクのカレンダー

恋愛運アップを狙うならカレンダーの色はずばり、ピンク。よくある白地に黒などのモノトーンなカレンダーは機能的ですが、恋愛むきではありません。ピンクや花柄がメインに使われているカレンダーを選んでみましょう。さらに南西の方角にカレンダーを貼ることで、さらなる恋愛運アップが期待できます。南西の方角には、カレンダーだけでなくピンク色のアイテムを置くことで、恋愛運アップをサポートしてくれますよ。まずは出会いがほしいという人には、南東もおすすめの方位です。

仕事運は1ヶ月単位のめくり&日付くっきり

時計 カレンダー
仕事運アップには、1ヶ月単位の月めくりで日付くっきり見えるものを選びましょう。日付がごちゃごちゃと見づらいものは時の運を得にくいといわれています。デザインとしては、木の気を意識したものがおすすめ。予定を記入する際、小さな目標なども添えて書くと、よい運気を呼び込むことにつながります。できる限りネガティブな言葉や記号は使わないようにし、ポジティブなもので満たしておくことも重要なポイント。書斎やデスクのある寝室に貼りましょう。

金運アップは黄色のカレンダー

風水的に数字はお金に直接関係するため、数字がたくさん書かれているカレンダーには金運を高める効果が期待できるといわれています。風水的に金運アップのカラーといえば、言わずと知れた黄色。黄色は豊かさを象徴し、見る人の心も明るくしてくれます。

なかには金運アップにつながる開運日が入ったカレンダーもあります。開運日とは、一粒の籾を蒔くと稲穂が万倍にもなるという意味の一粒万倍や、財運の神様である弁財天の使いである蛇が財福をもたらすとされる巳の日など。財布を新調したり、銀行口座の開設や、宝くじの購入などにも最適といわれているので、目安にするのもおすすめです。

暗い印象のカレンダーは運気がダウンするため避ける

暗く寂しげな雰囲気のカレンダーは陰の気を引き寄せ、運気を下げてしまいます。カレンダーを飾る部屋には陰の気が満ち、さらにカレンダーを目にするたびに自分の運気も下がるので、暗い印象のカレンダーは避けましょう。色味やデザインも大切ですが、ぱっと目にした瞬間の印象も大切。一年の時を司るカレンダーは、自分が明るくポジティブな気持ちになれるものを選びましょう。

カレンダーを飾る場所のポイント


カレンダーを選んだら、飾る場所にも大切なポイントがあります。運気アップしたい内容によっても、おすすめの場所が変わってきます。毎年同じ場所に飾っているという人も、すてきな一年にするためにあらためてチェックしてみてくださいね。

明るい場所に飾る

カレンダーは、リビングや寝室など、明るい場所に飾るのがよいとされています。人が集まり、長時間過ごす場所になるので、目にする機会も多くスケジュール管理がしやすくなります。風水的にはもちろん、家族みんなで予定が共有できるので、うっかりダブルブッキングという事態を防ぐことができますし、カレンダーを見ながら家族の会話のきっかけも増えて、いいこと尽くしですね。

北東で不動産運アップ

不動産運のアップには北東の方角がおすすめです。とくに白や黄色のカレンダーは相性がいいといわれています。北東は鬼が通るといわれる鬼門に位置し、財産運や不動産運を司ります。また再生や変化、変革を意味する方角でもあるため、月日の変化を伴うカレンダーは相性がよく、吉運を意味するのです。カレンダーのほかに、雑誌や本だな、机、収納家具などを置くのにもよい方位とされていますので、カレンダーに合わせ、インテリアの参考にしてみてくださいね。

南西で健康運・家庭運アップ


鬼門にあたる北東に対し、裏鬼門にあたるのが南西。健康運や家庭運を司る方角といわれています。南西と相性がいいカラーは、コーラルピンクやパステルイエロー、そしてライムグリーンです。とくに恋愛運をアップさせたいという人は、南西に明るめのピンクがメインカラーのカレンダーを飾ることで、出会い運がアップ。進行中の恋を成就させたい人や、今のパートナーとの仲を長続きさせたい場合にも有効です。

西で金運アップ

金運アップを望む人は、西にカレンダーを飾りましょう。黄色のカレンダーがおすすめ。逆に陰である水の気をもつブラックはNGです。風水では数字はお金と結びつくもの。数字のたくさん書かれたカレンダーを金運を司る西に飾ることは、金運を高めることにつながります。カレンダーに限らず数字が書かれた時計などのようなものも、西に置くことで目にするたびに数字の大切さが刷り込まれ、自然と無駄遣いが減るようになります。

トイレに飾ると運気ダウン

家の中で最も陰の気が溜まりやすいトイレにカレンダーを飾るのはタブー。ついつい便利でトイレにカレンダーを置いている人も少なくないのでは。トイレにカレンダーを置くと悪い気が移ってしまい、大切な約束に遅刻したり、仕事の締め切りに間に合わないなど、思い通りに事が運ばなくなってしまうといわれています。カレンダーは未来を象徴するもの。トイレに飾っているという人は、今からでも場所を移し、運気の流れを変えましょう。

玄関に人の顔が映っているものは飾らない

運気の出入口と考えられている玄関。明るい雰囲気のカレンダーを飾ることで運気を引き寄せる効果が期待できます。ただし写真でもイラストでも、人の顔が写っているカレンダーは、玄関に飾るのを控えましょう。風水において、人の顔は鏡と同じ意味をもっています。玄関に鏡や人の顔があることで、せっかく玄関から入ってきた吉運が跳ね返されてしまう恐れがあります。玄関から新しい気が入ってこないことは、家の中に古い気が滞る原因にもなりますから、玄関は気の出入りを妨げないようにするのがポイントです。

空間や家具とのバランスがとれるように飾る

風水ではバランスが重要視されています。狭いスペースに大きすぎるカレンダーを飾ったり、その逆で小さすぎて近づかないと見えないようなものはNG。部屋の広さやインテリアに見合ったカレンダーを選びましょう。またもうひとつ、風水の大切なポイントとして挙げられるのが、整理整頓されたスッキリとした状態を保つこと。カレンダーを貼ることによってその場所が煩雑になってしまわないよう、注意しましょう。

カレンダーを飾る位置は、目線より上がよいとされています。カレンダーを低い位置に飾ってしまうと、カレンダーを見るたびに目線を下げることとなり、結果的に運気も下げることに。棚や家具の上など、ふさわしい場所を探してみましょう。

カレンダーを風水に取り入れる注意点


風水のヒントをカレンダーに取り入れる際の注意点をまとめてみました。ちょっとしたポイントに気をつけながら、たのしく風水の知恵を取り入れることで運気をアップさせましょう。どの家庭にもあるアイテムだけに、気軽に始められますね。

目的別に使い分けると運気アップ

カレンダーは目的別に使い分けます。仕事用のカレンダーにプライベートな予定を書き込まないこと。仕事運が下がってしまいます。仕事用とプライベート用のカレンダーはしっかりと分けましょう。もしも仕事とプライベートの予定がリンクするような場合、たとえば子供の入学式で仕事を休む場合などには、仕事用のカレンダーには有給などと書いておくのがおすすめです。仕事用にはキャラクターや絵が描かれているものは避け、数字がはっきりと見やすいものを選びましょう。

月が替わったらめくる

カレンダーのめくり忘れは時の運を逃すことにつながり、チャンスに弱い人になってしまいます。運気のダウンにつながりますので、カレンダーは目に入りやすい場所に飾り、月替わりとともに忘れずめくりましょう。一方、2~3ヶ月に一度めくるタイプのものは、気の流れが遅くなってしまいます。サブやプライベート用としてはいいのですが、仕事用のカレンダーには向いていません。仕事用としては1ヶ月ごとの月めくりのものがベスト。物事を新たにスタートさせ、成長させる気の満ちた月曜始まりのものを選びましょう。

まとめ

一年を司る役割を担っているカレンダー。どの家庭にもひとつはあるアイテムですが、選び方や飾る場所についてはあまり考えていなかった人も多いのではないでしょうか。風水の知恵を取り入れほんの少しの工夫を加えることで、運気アップが期待できるかもしれません。もし最近うまくいっていないことがあるなら家にあるカレンダーの場所を見直してみては。