満たされないと感じるのはなぜ?原因と7つの解決策

人はときには満たされないと感じることもあります。寂しさ、悲しさ、虚しさなど、満たされないという気持ちの中にもいくつかの感情が存在します。満たされないなら、人は満足したいと感じるものでしょう。満たされないために、暴飲暴食に走る、無駄遣いして衝動買いばかりするような人もいます。

ここでは、

についてまとめてみました。

心が満たされないと感じる人の心理


心が満たされないと感じる人の心理は、普通の気持ちとは違います。多くの場合に、マイナスのネガティブな心理が働いているために、満たされないと感じるようです。

何でもでネガティブに考えてしまう

物事にはマイナスとプラスの面があり、1つの出来事でも、ポジティブにとらえるかネガティブにとらえるかで、自分の気持ちに影響を与えます。満たされないと感じることの多い人は、何事もネガティブに取らえやすいです。うまくいかないと思うために、満たされない気持ちにつながっていくのです。

孤独感がある

寂しさを感じやすい人は、満たされないと感じやすいです。それは孤独感を抱くので、充実していないと思うようになり、その結果として心は満たされません。人は一人で暮らし、一人になることも多いです。そのような生活で寂しいと思うなら、心は満たされにくいかもしれません。

理想に届かないと満足できない


理想に届かないと満足を感じにくいです。自分の目標に結果が届いていないと感じるためです。このような人は、言い換えれば、理想の高い人間かもしれません。理想を下げれば、心が満たされやすくなるかもしれませんが、高い理想の中で生きてきたなら、それは難しいことです。

毎日をつまらないと感じる

毎日つまらないと感じれば、充実感を得にくいので、満たされないと感じるでしょう。つまらないと感じるのは、毎日が平凡で変化のない生活を送っていることが要因の1つです。朝仕事に行って夕方帰ってきて、夜に眠る、そんな機械的な同じ毎日を繰り返しているとつまらないかもしれません。何か新しいことにチャレンジすれば、生活に変化をもたらします。

何かが足りないと感じてしまう

より完璧を求めると、何事をするにしても結果によっては、何か足りないと物足りなさ感じるときもあります。物足りなさは、結果として満たされない気持ちにつながります。今の日本はあらゆる物があふれており、多くの物が簡単に手に入る国です。何でも簡単に手に入りますが、少しでも手に入らないと物足りなさを感じさせる原因になるのかもしれません

人より不幸と感じてしまう


人と比べて上を見れば、不幸だと感じやすく、これも満たされない気持ちにつながります。仕事であれば能力や地位、また女性なら外見を比べて、自分は下で不幸な人生だと思う人はいます。劣等感を感じやすい人ほど、自分は不幸だと思いやすいです。

自分の存在も否定したくなる

あまりに劣等感が酷いと、満たされないという気持ちのみならず、自分の存在すら否定します。大きな失敗があるとき、うまくいかない事が続くときなど、自分否定につながりやすいです。気持ちを切り替える術を知らないと、どんどんネガティブになるばかりでしょう。

誰も信用できない

人と関わって何かをするならば、信用がないとうまく物事は進みませんが、誰も信用できないとなれば、疑心暗鬼になり物事も良い方向には行かず、結果満足できないことばかりです。誰も信用できないとなれば、生活もしにくいでしょう。常に他人を敵視するようなことにもなるので、心も体も疲れます。

イライラがおさまらない


イライラして怒っているようなときは、怒りの感情が心を支配してネガティブな気持ちになっているので、満足は感じていません。通常イライラは時間が経てば収まるものですが、なにかにつけてイライラしやすいとなれば、満足も感じにくいでしょう。

心が満たされないと感じる原因


満たされないと感じるのは、何か原因があります。満たされないので、満足したいと他力本願的に考えているだけでは、いつまでも気持ちは改善しないでしょう。

愛情が得られないと感じている

愛情不足は心が満たされない原因の1つです。特に幼い頃の家庭環境が影響しており、両親から十分に愛情を注がれなかったために、大人になっても寂しい気持ちを募らせます。愛情は人間を正しく成長させるのには重要であり、愛情不足のまま育つと、何をしても満たされず、常に空虚な気持ちを抱えます。

誰かに認めてもらいたい

誰かに認められたい、言い換えれば自分は認められていないと感じると、満たされない気持ちを感じやすいです。それは今までの生活において、充実した時間を過ごしていない、何か行い達成感を感じたことがないような人ほど、他人に認められたいと思います

自分の思いが上手く伝わらない


自分の思いが相手に伝わらないと、何で理解してくれないのかということになり、心が満たされにくくなります。なぜ相手に自分の思いが伝わらないのかは、説明や言葉が下手、または自分中心に考えているからです。相手にばかり物事を押しつけ、相手が変わるべきだと考えているような人も、自分の思いは伝わりにくいです。

完全さを求めてしまう

完全を求める人、完璧主義の人は、心が満たされにくいです。何をするにしても完璧でないと気が済まず、1つでも不完全なところがあれば気になり満足できません。性格から完璧を求める人、そして立派な人物になりたいと完璧を求める人がいます。

物事が自分の思うように進まない

物事が思うように進まなければ、人は不満に思うものです。ただし人生において、することなすこと全て自分の思い通りに進むことはありえません。人はそのような生活をしていき、どこか妥協し、または改善して次につなげるのです。しかし思い通りに進まないときに、妥協できないとなれば、不満ばかり溜まっていきます。

心が満たされないと感じる人の解決策7つ


心が満たされないときは、寂しさや虚しさも感じていることも多いでしょう。次にご紹介するような解決策を試してみると、気持ちが満たされるかもしれません。

周りを整理して環境を変えてみる

日常生活において、変化をつけるのは気持ちを高めるのに効果的です。新しいことにチャレンジしても変化をもたらしますが、手軽に行うなら周りの整理です。部屋を片付けて掃除するなどすると、気分が一新して気持ちが良いです。整理整頓は、何か新しいことをやるぞと言うチャレンジの気持ちも起きてきます。

何か打ち込めることに挑戦してみる

満たされない気持ちを紛らわせるのに、何かにチャレンジして打ち込むのも良いでしょう。
自分の趣味をさらに深めるのも、資格取得などのために勉強する、スポーツをするなどがあります。料理の腕を上げていき食事を楽しむようなことも良いかもしれませんが、食べ物が関わることについては、食べ過ぎに注意してください。

誰かと比較するのをやめてみる


今まで比較をしてきたような人は難しいかもしれませんが、誰かと比べるのを止めると心が軽くなり、満たされない気持ちも和らぎます。人は人、他人がどうであっても関係なく、自分はとにかく頑張ると考えるのです。他人との優劣や上下を気にしないように心がけてみてください。

すべてのことに「ありがとう」と感謝する

すべてに何に対してでも「ありがとう」と言わなくても、時には意識して「ありがとう」と感謝の念を持ってみると、考え方や気持ちのとらえ方が変わります。特に不満をもって満足できないとなれば、一度冷静になって、物事に対し感謝してみます。うまくいかず思い通りにならず、頭にくるようなことがあっても、時間をおいて冷静になれば、人間は多くの人に支えられながら生きているので、感謝できる面も見えるかもしれません。

知識を得て自信につなげる

劣等感を抱いて満足できないとなれば、知識を得て自信を持つのは1つの方法です。知識を得るならば、本を読むのが良いでしょう。読書が面白いとなれば、満たされない気持ちも忘れられるかもしれません。知識を得れば、空いた心の隙間も埋められます。

恋愛をして愛情をもらう


愛情で満たされれば、心が空虚になることはなく、寂しさも感じず、満たされていないと感じにくくなります。家族の愛情を得られれば良いですが、人によっては難しい場合もあるでしょう。そんなときは、恋愛をしてみてください。誰かを好きだという気持ちだけでも、満たされない心をカバーできます。恋人を作れば、充実した毎日を送り愛情を得られるので、さらに良いです。

負担が大きいものをひとつやめてみる

精神的負担や疲労が大きいと、満たされないと感じやすくなります。大きなストレスになるようなことがあれば、その原因を改善するか、環境を変えてみてください。どうしても負担を減らすのが難しいとなれば、リフレッシュするなど負担を発散できる方法を考えてみます。意外にも、自分では平気だと思っていても、小さなことでも大きな負担になっているときもあります。

心を満たすために考えたい4つのこと


満たされないと感じるならば、時間が解決してくれるかもしれません。しかし根本を解決しないとまた満たされないと感じることも多く、根本を解決してた方が良いです。

家族や友人との関りが大事

愛情は空っぽの心を埋めて、満たされない気持ちをなくしてくれます。そのために、日々の生活の中での、家族や友人との関係を良くして、愛されるように努めてください。家族や友人との関係が悪いと、彼らと衝突を起こし、心に亀裂を入れて満たしてはくれません

お互いが笑顔になれる恋愛

恋愛も愛情を得るには、良い方法です。しかしそれも家族や友人関係と同じで、お互いに不満をぶつけ合うような仲では、愛情は得られにくいです。お互いを嫌うようでは、気持ちがすさんでしまいます。あなたも相手を愛し、相手からも愛されるような恋人関係を築いてください

自分と向き合って肯定感を高める


自分を否定しては、自信は持てず心にも余裕は生まれず、満たされない状態となります。まずは自分と向き合い、自分を肯定するようにしてください。自分で自分のことを認めれば、自信にもつながります。仕事や資格取得など、何かを行い頑張れば、達成感にもつながり自信も生まれます

経済力を得て心に余裕を

経済力がなくお金に困ると、先行きが不安で、心にも余裕が生まれません。自分の欲しい物も買えないので、満たされないと感じやすいです。この場合は経済力を得るのが、効果のある対処方法です。ただし収入を得るのは、そう簡単ではありません。節約すれば、ストレスがあり、心に良くないです。何か出来そうな副業を行う、転職や資格取得、キャリアアップで収入アップを目指すなど、経済力を得る方法はいくつかあります。

まとめ

人はときには、心が満たされないと感じるときもあるでしょう。ただそれは、通常は一時的なものですが、慢性的に感じる人や、何かの拍子で満たされないと感じやすい人もいます。寂しいなど、生活に影響が出そうなほど満たされない気持ちが強いなら、ご紹介した原因を元に考え、何か対処してみてください。