雰囲気がかわいい女子の特徴と雰囲気かわいい女子になる7つの方法

女子ならば、誰でも1度はかわいいと見られたいと思ったことはあるでしょう。女子ならば、美しくなりたいとも、また女子ならかわいくなりたいとも思います。女子であれば、服装やメイクによって大きく雰囲気が変わるものです。

ここでは、

についてまとめてみました。

雰囲気がかわいい女子の外見


人は外見によって雰囲気は大きく変わります。見た目を工夫すれば、かわいい雰囲気を出すことも可能です。

メイクはナチュラルメイク

かわいい雰囲気にするためのメイクの基本は、ナチュラルメイクです。素肌に近いようなメイクであり、手抜きとは違います。素肌を綺麗に見せるようなメイクになり、清楚感を醸し出します。日本人女性は、元々童顔の人が多いので、ナチュラルメイクにすると、かわいく見えやすいです。

肌が白く美肌

肌が白くて美肌で綺麗な方が、かわいく見られます。肌が汚いとどうしても目立ってしまうので、かわいいという印象の前に、汚い肌だと思われてしまうのです。顔などの肌は常に晒す部分で目立ちやすく、ニキビやシミなどはすぐ目についてしまい、印象を悪くします。

歯が綺麗


歯もその人の印象や雰囲気を作る要因の1つです。歯は口を閉じていれば見えませんが、話すときや、笑うときに見える部分で、顔の印象を作ります。その歯が汚い、茶色い、虫歯がある、歯並びが悪くガタガタであるなどなら、あまり良い印象とはならず、かわいい雰囲気も出せません。歯が汚いと口臭も発生するので、余計に印象を悪くします。

髪型はサラサラかふんわり

髪はサラサラでふんわりした髪型だと、かわいく見られやすいです。髪がべたべた、ボリュームのないヘアスタイルは、かわいい雰囲気にになりにくいです。髪がボサボサ、フケがついているなどだと清潔には見えず、かわいい雰囲気にもつながりません。髪もヘアスタイルと同時に、清潔感も大切です。

髪色は茶髪すぎない

茶色が濃いカラーの髪は、かわいい雰囲気にはなりにくいです。明るすぎる茶髪は、派手な印象となります。ブラウンをヘアカラーに取り入れるにしても、薄く黒髪に映えるぐらいがかわいい雰囲気にマッチしており、ヘアカラーもメイクと同じく清楚感を出すようにします。同じく、ブルーやパープルでも、明るすぎると派手に見えてしまいます。

萌袖


服を着たときに、親指近くまで袖があるのが萌袖です。大きめのニットを着たときなどに萌袖になりやすく、幼い感じでかわいくなります。特に背の低い女子や、童顔の女子だと、萌袖にすると子供っぽく見られて、かわいい雰囲気も出ます。ただし、やり過ぎは厳禁です。あざといと思われたり、またはサイズの合う服を買えないほど貧乏なのかなど、マイナスの印象を与えるときもあります。

派手な服装よりなごむ定番服

雰囲気のかわいい女子というと、服装はなごむようなデザインで落ち着いており、派手な服はあまり着ません。また、露出の多いような服装も避ける傾向にあり、落ち着いた服を着ます。ふわっと見えるような服、スカートなど女性らしい服を着ます。

柔らかな色合いの服

服の色としては、白やピンク系があり、パステルカラーと呼ばれる色の服を着ることも多いです。ただし季節を考えて、服の色も選んでおり、白色は夏に、黒色は冬に多くするという感じです。季節に合う色の服を着るにしても、上から下まで白で統一、または黒で統一すると単調すぎてかわいくありません。上下とジャケットの色の合わせ方や、アクセサリーを組み合わせるなど、コーディネートが上手くかわいく見えるのかもしれません。

周りの空気がいい香りがする


かわいい雰囲気の女子は、良い香りがします。良い香りといっても、香水のような人工的な匂いではありません。シャンプーや石けんのような、誰もが良い香りと感じる自然な匂いを発します。香水は付けすぎると臭くなり、その臭いを嫌いという人もいます。しかし石けんのような匂いは嫌いな人は少ないです。香りは人の記憶に長く残り、良い香りがするだけでその人が近くにいても良いと思うものです。

仕草がかわいい

仕草がかわいいと、その女子もかわいいと感じます。それはけっしてぶりっ子のような仕草という意味ではありません。おっとりとしており、どこか抜けているようなことをします。意識してなのか無意識なのか、性格からなのか、自然とかわいい仕草をするのです。リアクションにしても、大きな仕草である、しっかりと意見を言ってくれるなど、かわいいと思えて愛おしくなるような行動をします。

雰囲気がかわいい女子の性格


雰囲気がかわいい女子は、人に好かれやすい性格をしています。雰囲気がかわいく、性格で好かれるので、異性にモテる女子も多いです。雰囲気がかわいくても、性格が良くなければ、人は離れていってしまうでしょう。

愛嬌があっていつもにこにこしている

愛嬌がありにこにこしている事が多く、笑顔は他人に良い印象を与えます。にこにこしているので人に安心感を与え、愛嬌があるので他人とうまくやっていきやすいです。人は誰でも怒っているような表情の人よりも、にこにこしている人の方が、一緒にいたいと思うものでしょう。

積極的に話すよりは聞き上手

意見は言いますが、人の話はしっかり聞いて聞き上手です。相手の話を最後まで聞いてあげるので、自分の意見を聞いてくれているんだと、安心感や信頼感を相手に与えます。相手の話を途中で遮ることはせず、次の話につなげます。しっかり聞いてくれるので、信頼が生まれて、かわいい女子だと思われるのです。

しっかりものというよりは少しドジ


しっかりものというよりは、少しドジだと、かわいいと思われます。それは決して間抜けであるという意味ではなく、仕事などで影響のない程度に失敗するのです。そんなドジっ子を見れば、男子は助けてあげたいと思い、かわいいと思います。または普段はしっかりしているのに、生活ではドジな面があるなど、ギャップも好印象を与えます。

何事にも一生懸命

何事にも一生懸命だと、頑張っているんだと思われて、かわいいとも思われます。適当に物事をこなしていると、ろくでもない奴だと思われてしまうでしょう。ひたむきに頑張り、人の見えないところで努力すると、意外な面もあるんだなと感心されて好印象です。

清潔感がある

汚い感じがしたり、口臭や汗臭いにおいがあると、かわいいとは思われません。それは女性らしいというイメージも壊すことになってしまいます。かわいい女子というと、清楚感もイメージの1つです。いい香りがするというのと同時に、清楚感があり、おしとなかな感じがあれば、かわいいと思われやすいです。

言葉遣いが柔らかい


言葉遣いが柔らかいのもかわいい雰囲気につながりますが、丁寧で上品な言葉を使うという意味ではありません。おっとりとした感じでゆっくり話すのです。ただしあまりゆっくりと話すぎると、逆にウザいと思われてしまいます。

目を見て話しが出来る

目を見て話すと、相手は自分の話を聞いてくれていると思い信頼が得やすいです。それは好印象にもつながり、かわいいとも思われるようになります。しかしそれは相手を威圧すするように目を見て話すのではなく、しっかりと相手の話を聞くために目を見るのです。

人懐っこい

人懐っこく愛嬌のある女性は、一緒にいても楽しいものです。男性としても、そんな女性は一緒にいたいと思い、親しみが生まれます。逆に人見知りして、人と接しようとしなければ、かわいい以前に人が寄りつきません。

誰にでも優しい


優しいというのも、相手に与える印象を決める要因です。優しくしてくれる人は、誰でも嫌とは思わないでしょう。自分に対し優しくしてくれれば、印象が良くなり、かわいいとも思うものです。ただし優しすぎるとつけ込まれて利用されることもあるので、場合によってははっきり意見を言った方が良いでしょう。

裏表がない

素直であり表裏がなく、感じたことをそのまま感情に表す女子は、かわいく見えます。表で良い顔をしても、裏では良く思っていないような表裏のある人物は、その性格が顔にも表れるものであり、かわいいとも思われません。

雰囲気がかわいい女子を目指すために心がけたいこと


雰囲気とは、その人の表面に漂う空気や印象です。それは外見などの見た目によって雰囲気は作られますが、内面も関わります。かわいい女子を目指すなら、内面から磨いてください。

いつも笑顔を心がける

いつもムッとしていて怒っているようでは、かわいいとは思われません。怒りっぽく表情が怪訝だと、人は寄ってこないので、かわいい以前の問題です。いつもニコニコと笑顔を心がけてください。笑顔は人に安心感を与え、好印象になり、かわいいとも思われます

肌や髪のお手入れを怠らない

不潔で汚い人は、かわいいと思われないので、お肌や髪のお手入れをしてください。また歯磨き、洗髪など身体を清潔にして、口臭や体臭は発生しないように気をつけます。不潔だと汚い人物だと思われてしまい、さらに口臭や体臭があると、人は距離を置きます。

清潔感を大切にする


身体を綺麗にするのと一緒に、清潔感も大切にしてください。清潔感とは綺麗に見えるように、身だしなみを整えることです。洗濯した綺麗な服を着て、自分の身体のサイズに合った大きすぎない衣類を身につけます。靴も清潔に、付けるアクセサリーやバッグなども綺麗に保ちます。清潔感のために良い匂いを出そうと、香水を使うのはおすすめできません。香水の匂いを嫌う人がいるためです。

自分のいい所を知る

性格や行動での自分のいい所を知って、それを武器にして前面に出してください。良い部分は相手からの印象も良く、かわいい雰囲気にもつながります。例えば、笑顔がすてき、おっとりした性格などです。

姿勢や仕草に気を配る

人の印象を作るのは、姿勢や仕草もあります。無理にぶりっ子してかわいい仕草をするのは、あざといと思われるだけです。まずはマイナスの印象にならないように気をつけてください。姿勢は正す、下品な仕草はしないなどです。そうして良い印象をもたれるようになれば、萌袖などを取り入れていっても良いかもしれません。

派手な服装でなく自分に合ったものを選ぶ


普段から派手な服装をするなら問題ないですが、そうでなければ、自分に合った服を着てください。無理して背伸びして、自分の雰囲気に合わない服を着ても、似合わないだけです。かわいい雰囲気ならば、女性らしい服装、少し子供っぽいような服装もありますが、これらが似合わないなら、無理して着る必要はありません。

思いやりの気持ちをもって接する

かわいい雰囲気を作るには、好印象を持たれることも大切です。知人や友人に対しては、思いやりをもって接してください。思いやりがあれば、優しい女子だと思われて、かわいい雰囲気にもつながります。

まとめ

雰囲気がかわいい人と言うと、笑顔がすてき、明るい性格だなど、好印象になるような特徴もあります。まずはすてきな女子になるために、今回ご紹介したことを試してみてください。すぐにかわいくなるのは難しいかもしれませんが、徐々に変化していき、やがてかわいい人と思われるようになります。