食欲を抑える6つの方法と空腹を抑える食べ物

ダイエットすると、食事制限をしていき、カロリーを控える人も多いでしょう。しかしなかなか食欲を抑えられず、ついついお菓子などを食べてしまい、ダイエットが上手くいかないという人もいるのではないでしょうか?食事を制限しすぎて、その反動でリバウンドするのも恐ろしいものです。

ここでは、

についてまとめてみました。

食欲が抑えられない原因

糖質制限ダイエットを成功させる食事のポイント
人間なので、運動をしなくても、だまっていてもお腹は空きます。1日に必要な分だけ食べれば生命を維持できますが、必要以上に食べてしまい食欲が抑えられないとなると、その原因はいくつか考えられます。

食生活の乱れなどにより栄養が足りていない

栄養が足りていないというのも、食欲が抑えられない原因の1つです。身体への栄養が少ないので、沢山食べ物を摂取しようと、食欲が沸くように自然と身体が働くのです。栄養が不足するのは、食生活が乱れるときや、炭水化物を食べないようにするなどの極端なダイエットにより引き起こされます。健康のためにも、必要な栄養は摂取しながら、ダイエットした方が良いです。

ダイエットのリバウンド

ダイエットすると、無理に食事を少なくして摂取カロリーを抑えるので、身体は栄養が不足した状態になります。そのために、ダイエット後には食欲は沸くものです。しかし急激に栄養を取らないようにしたために、ストレスと食欲を抑えるホルモンの分泌低下によって、いくら食べても食欲が収まらないという状態になってしまいます。

ストレス


食べてはいけないと思うと、ストレスに感じる人ときもあります。ストレスを感じると、食欲を抑える働きのあるホルモンの1つであるレプチンの分泌が下がり、これによって食欲が抑えられなくなってしまうのです。またストレス受けた身体は、ダメージを回復しようと、栄養を必要とするので、これも食欲を増やしてしまいます。

睡眠不足

食欲に関するホルモンは、レプチンの他にグレチンもあります。グレチンは食欲を増加させるホルモンです。睡眠時間が短いほどグレチンは多く分泌されるので、睡眠不足になると、食欲が沸きやすいです。

イライラや何かに怒っている

イライラしていると、ストレスを感じるので食欲が抑えられなくなります。またストレスを感じると、人は交感神経が優位になるので、副交感神経を働かせようとします。副交感神経を活発にするのに、手軽で効果のある方法が食事です。食事してストレス解消する人もいるので、イライラするなどしたら、ドカ食いする人もいるでしょう。これらによって、イライラは食欲を抑えにくく、必要以上に食事をしてしまいます。

不安や孤独


食べ物を食べると、幸福感を感じ満足を得る人も多いです。不安や孤独を感じて気分が落ち込んでいると、気持ちを回復させようとして食欲が沸き、ダイエットをしていても何かを食べてしまうような人がいます。さらに、人間の脳は心配事を抱えると、手っ取り早くすぐに満足感を得られる美味しい食べ物を求める傾向にあります。これらの2つの事により、不安や孤独は食欲を沸かせます。

退屈

人は偽の食欲を感じることもあり、これは感情によって起こされる食欲です。十分に食事をしており、栄養も足りていながらも、感情によって食欲が沸くのです。食欲を沸かす感情の1つが退屈です。特に暇だと、食べ物にも目が移りやすく、余計に食欲が沸くでしょう。逆に食事をするほど忙しい時は、空腹であっても食欲は沸きません。

食欲を抑える6つの方法


食欲が沸けば、抑えるために何か食べ物を食べるのは、ダイエットしている人ならば避けたいでしょう。なんとか食欲を抑えるならば、他のことを行い紛らわせます。

炭酸水でお腹を膨らませる

食欲を抑えるために、水を飲んで胃を膨らませるのは有効な方法です。炭酸水だと炭酸で胃が膨らむので、さらに効果は高いです。炭酸水を飲むなら、200mlなどコップ1杯程度だと、余計に食欲を刺激するかもしれません。飲むならば小さいペットボトル1本分である50ml程度は飲んでください。

歯磨きをする

歯磨きを、とくに歯磨き粉を使って磨けば、口の中が歯磨き粉の味にあり、食欲がなくなっていきます。歯磨き粉の味で口の中が満たされているときに、食事をしたいと思う人は少ないでしょう。その状態で食べ物を食べれば、歯磨き粉の味がするので、美味しくないとも感じて食欲を抑えるのにさらに効果的です。ただし1日に何度も歯磨き粉で磨くと、歯のエナメル質を削るので、磨きすぎに注意してください。

スクワットや腹筋などの運動


運動して身体を動かせば、意識は運動に向くので、食欲を紛らわせられます。効果が高いのは、散歩など家から出ての運動です。家を離れれば、食べ物を目にしないので、食欲があっても食事は我慢できるでしょう。夕食までゆっくり歩くのも良いかもしれません。歩けば健康にも良いです。外に行かないとなれば、部屋でスクワットや腹筋運動でも、同じように食欲を抑える効果があります。

飢点など食欲を抑えるツボを押す

耳の裏には飢点というツボがあります。これは食欲を抑えるのに効果のあるツボです。耳ツボダイエットでも使われるツボです。ツボを押せばすぐ食欲がなくなるわけではないですが、食事の15分ぐらい前に押しておけば、食事まで食べ物を我慢できるかもしれません。このツボを押してから、お菓子を少しだけ食べるなどしても良いでしょう。

嫌いな臭いをかぐ

醤油の香ばしい臭い、焼きたてのパンの臭いなどは、食欲を引き立てます。感情的に食欲を沸かせる臭いもあります。逆に悪臭など、嫌だと思うような臭いは、気分を悪くして食べたい意欲を消すので、食欲を抑えるのに効果的です。タバコやトイレなど、自分が嫌だと思う臭いなら何でも構いません。またキンモクセイなども食欲を抑える効果があるでの、アロマも使えます。

規則正しい生活を送る

ジョギングよりもウォーキングがダイエットに向いている理由
規則正しい生活を送れば、食欲は抑えやすいです。睡眠不足を防ぎ自律神経を働かせて、食欲を抑えやすくしてくれます。規則正しい生活で、毎日食事をする時間を同じにすれば、空いた時間には食べ物を食べない習慣を作りやすいです。

食欲を効果的に抑える食べ物


食欲を紛らわせる方法は、一時的な効果しかない場合が多いです。時間が経てばどうしても何か食べ物を食べたくなってしまうかもしれません。そんなときに無理に我慢するのは、ストレスを多くしてしまいます。食べるものと食べ方を工夫すれば、ダイエットに影響少なく何かを食べられます。

水分多めのスープ

水分を多くしてスープを作れば、スープのカロリーが少なくなるので、ダイエットへの影響を少なく、太る心配も減らせます。スープに野菜を少しだけ入れるなどして食べてみてください。ちゃんこ鍋のように具材たっぷりでは、沢山カロリーをとってしまいます。

ナッツ類

食べ物をじっくり何度も噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて、食欲がなくなっていきます。何か食べたいと思ったら、何度も噛んで食べるのも有効な方法です。ただし沢山の量を食べてしまっては、必要以上のカロリーを摂取してしまいます。何度も噛んで食べるのに良いのがナッツ類です。特に皮付きが良いです。硬いので何度も噛むことができ、皮があるの噛みにくく、じっくり時間をかけて食べられます。ただしナッツ類はカロリーが高いので、1度に食べるには数個にしてください。

するめ

するめはよく噛んで食べる食べ物の1つでしょう。時間をかけて食べるのには良い食べ物です。お腹が空いたら、1切れだけ口に含んで、何十回も噛んで食べてみましょう。そのうち食欲がなくなっていきます。するめは塩分が多いので、塩分の取りすぎに気をつけてください。

ビターチョコレート

 

お腹が空いたときは、チョコレートを1個だけ食べるのも良いでしょう。甘くて美味しいので、心が満たされます。食べるならば、カカオ70%以上配合のチョコレートにしてください。ダイエットのことを考えるなら、ノンシュガーのチョコレートの方がカロリーが少ないです。チョコレートは、コレステロール値を下げる、脂肪がつきにくくするなど、身体に嬉しい効果が沢山で、ストレスを和らげます。

おからクッキー

おからは白米の3分の1ほどのカロリーで、低カロリー食品です。おからダイエットがあるように、ダイエット食品に使われてきました。少し食べても、それほどカロリーは気になりません。100g食べてもカロリーは112kcakであり、空腹時に食べるなら50g程度にします。ただし食べるなら、油や砂糖を使っていないクッキーの方が良いです。

まとめ

人は、何もしなくても自然にお腹は空きます。しかしストレスやダイエットで無理に食事を我慢するなどして、食欲が沸きやすい状態になっているかもしれません。食欲を抑えるなら、他の事で気を紛らわせるか、またはカロリーの少ない食べ物を少しだけ食べます。今回いくつか食欲を抑える方法をご紹介したので、試してみてください。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。