水太りとは?水太りの原因や解消法をご紹介

太ったというと、脂肪が増えたために体重が増えたと考える人が多いでしょう。もちろん脂肪がついたので肥満になる人もいます。しかし脂肪以外にも水太りということもあり、これも肥満の1つです。むくみなどで太ることであり、脂肪で太るより気づきにくく、改善にも時間がかかります。

ここでは、

についてまとめてみました。

水太りとはどんな症状なの?

ダイエット中のストレスを緩和する
身体の一部を押してみて、なかなか元に戻らず、押した跡が残るなら水太りかもしれません。水によって太っている状態であり、脂肪で太るのとは違います。

下半身に水分が溜まり慢性化したむくみ

水太りは、体内に水が溜まっている状態であり、脂肪とは違い身体はぶよぶよとします。通常人は水分を摂取し、身体に必要な分以外は尿や汗として排出されますが、何かの原因で排出できなくなり、体内に溜まりむくみとなったのが水太りです。特に体内の水は重力によって引っ張られ、下半身に溜まりやすいです。

ストッキングや靴下の跡が消えない

脚がむくんでいて押すとぶよぶよするのは、むくみの特徴と言えます。身体に余計に水分が溜まっているので、ストッキングだと締め付けて跡が付きます。下着などがきついと締め付けた跡が残りますが、その跡がなかなか消えないのも水太りの特徴です。

夕方に靴がきつくなる


身体の中の水分は、時間と共に重力で下に引っ張られるので、靴を履いていると、夕方や夜きつくなってきます。靴を履いていても、朝はそれほどきつくない、夕方ぐらいからきつく感じるとなれば、水太りになっているのかもしれません。さらに夕方になると脚や身体が重い、だるさがあるなども水太りが原因になっている可能性があります。

水太りの原因


水はカロリーがゼロなので、飲んでも脂肪になることはありません。しかし場合によっては体内に溜まりむくみを起こし、水太りを発生させます。むくんで水太りを発生させるのは、代謝が悪くなっているためです。代謝が悪いと身体から水分が出にくくなる、そのために水が溜まり水太りになるのです。代謝を悪くする原因はいくつかあります。

水分の摂りすぎ

体内に入った水分は、尿や汗で体外に排出され、必要な水分だけを身体は確保するようにできています。それらの機能による排出量には限界があります。そのために、水分を多く摂ると、身体の水分排出機能では間に合わず、むくみを起こすかもしれません。しかし水太りになるので水分を控えるのは、逆に水分排出機能を低下させるので、ある程度の水分摂取は必要です。

運動不足

運動不足は、代謝機能を低下させて血行を悪くするので、身体の水分排出機能を低下させます。このために身体に水が溜まりやすくなり、むくみ、水太りにもなりやすいです。また運動しないと汗もかかないので、余計に身体に水を溜めやすいです。

偏った食生活


偏った食生活は、代謝を悪くする原因になります。栄養が偏った食事、脂身や油、砂糖の多いような食事は、身体に負担をかけて、内臓などの機能を低下させるので、代謝低下に繋がります。また加工品やレトルト食品など、塩分の多い食事をすると、余計に身体に水分が溜まりやすいです。これは体内の塩分濃度が上がるために、身体に水を溜めて濃度を下げようとするからです。

お風呂に浸からずシャワーで済ませている

汗をかくと新陳代謝は活発になっていきます。入浴するときに、浴槽にお湯をはって身体を浸けずに、シャワーだけで済ますと、汗をかくことはほとんどなくなるので、代謝低下に繋がります。シャワーだと身体の芯まで温まらないので、汗をかきにくいです。

水太りになりやすい人の特徴


水太りは、代謝が落ちるとなりやすく、むくみのような症状がでます。生活習慣によっても、代謝は下がるので、身体の機能を下げるような生活をすると、水太りになりやすいです。

筋力がない

筋肉は、体内ではポンプの役割を果たし、血行を促進して、リンパの流れも促進します。筋肉が少ないと、血液の流れは悪くなり代謝も下がるので、結果として水太りを引き起こすかもしれません。筋肉をつけるならば、やはり筋トレをするしかないです。

体を動かす習慣がない

運動しない人は、血行が悪くなりやすいので、代謝も下がり水太りもなりやすいでしょう。運動する習慣のない人は、筋肉も少なく、やはりこれも水太りを起こしやすくします。1日10分や20分でも良いので、簡単な運動をした方が良いでしょう。

冷え性


冷え性は血行が悪いとなりやすいです。このために冷え性の人ほど、水太りにもなってしまいます。冷え性というと手足と末端が冷えるのがその症状です。また顔の一部だけ熱いなども冷え性の1つであり、これは血行が悪いために、体温調節が上手くできていないので、身体の一部だけ熱くなるのです。冷え性改善には、身体を温める、運動をするなどしたら良いです。

塩分の濃い食事が多い

塩分の濃いような食べ物を好んで食べる人は、身体に水分を溜めやすく、むくみや水太りを起こします。体内で塩分が多くなり、塩分濃度が高まれば、身体は濃度を下げようと水分を溜め込みます。この作用によって、むくみや水太りが起こるのです。日本人は1日の目標塩分摂取量よりも、男女ともに3gほど多く摂取しています。普通の食生活をしていると塩分過多になりやすいので、ラーメンなどの汁は飲まない、食事の味付けは薄くするなどして、塩分を控えた方が良いです。塩分の取りすぎは、高血圧にも繋がってしまいます。

水太りを解消する方法


身体に余分な水が溜まっている状態がむくみであり、むくみが酷くなると水太りになります。水太りを解消するための基本としては、水の溜まりにくい身体を作っていく、身体の中の余分な水は体外に出やすくするということです。運動や食べ物で改善していきます。

カリウムが豊富な食べ物を食べる

カリウムは、おしっこを出しやすくしてくれて、体内の余分な水分の排出を手助けしてくれます。カリウムの多く含まれる食べ物というと、バナナ、メロン、ほうれん草、さつまいも、大豆などです。栄養バランスの良い食事をしていれば、カリウムが不足することはないですが、むくみがあるなら、これらの食べ物を多く食べるようにしてください。

歩いたり階段を使ったりする機会を増やす

身体を動かす機会を増やし、血行を促進し、汗を出すようにすると、身体の中の水分が出やすくなります。日常の中ならば、歩くことや、階段を上るなど、出来るだけ身体を動かすように努めてください。例えば、通勤や買い物では歩くようにする、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使って移動するなどです。

スクワット


身体を動かし筋トレするのも、血行を促進し筋肉を付けるので、水太り解消には良いです。スクワットは全身を効率よく鍛えるので、筋トレには良い運動です。毎日スクワットしてトレーニングするのも良いかもしれませんが、頑張りすぎると体を痛めるので、無理のない範囲で行ってください。腕立て伏せや腹筋運動など、他の筋トレを取り入れていっても良いでしょう。

踏み台昇降

手軽にできる運動というと、踏み台昇降があります。階段や段ボールなどを使い、その場で上り下りするだけの運動です。手軽で簡単ながらも、筋トレにも運動不足にも効果があり、日頃運動していない人でも始めやすいです。最初は10分ぐらいを目安にして行ってみてください。

リンパマッサージ

リンパの流れを良くして、身体の中の水分排出を促すマッサージです。全身にリンパは流れているので、お風呂に入ったときや時間のあるときに、身体をマッサージしてみてください。首、ふくらはぎ、太もも、お腹などを力を入れすぎないようにして手でマッサージします。力を入れすぎると痛いので、気持ちよいと思うぐらいの力で行ってみてください。

まとめ

人間は水分を必要とするので、毎日水分摂取をします。通常身体の中の余分な水分は尿や汗で排出されるようになっていますが、運動不足や塩分の取りすぎなどがあると、水太りすることもあります。水太り解消は運動するのが良いですが、食事でも改善可能です。今回ご紹介した方法を参考にして、運動などをしていってください。