ハングリー精神が人生に与えるメリットと精神を鍛える7つの方法

「ハングリー精神が足りない」と言われたことはありませんか。物に恵まれた現代社会ではガツガツと飢えた状態で強く物事を欲することはほとんどないでしょう。ハングリー精神は言い換えればチャレンジ精神でもあり、自分の大きく成長させる原動力にもなるものです。

ここでは、

についてご紹介します。

ハングリー精神とは?


職場でハングリー精神がないから弱い、成功できないと言われてもピンとこないことがあるのではないでしょうか。精神的な強さを表す言葉として何となく理解できます。ハングリー精神の本来の意味するものは何なのでしょうか。

向上心を持ち続ける強い意志

ハングリー精神は成功や勝利などを欲するために向上心を持ち続ける強い意志のことを指します。現状に満足せず自分はもっとできる人間だと思って高い理想や目標を掲げます。弱い自分に決別するため、また、より高みを目指すために常に努力するためには、そのエネルギー源となるハングリー精神が必要になると言えるでしょう。

物事を強く欲する気持ち

ハングリー精神は、勝利や成功など、どうしても手に入れたい物を強く欲する気持ちの原動力となるものでもあります。何かを手に掴みたいと思っても困難な状況から諦めてしまうことはよくあります。しかし、ハングリー精神を身に付けた人は途中でひるむことなく初志貫徹します。物事を欲する気持ちが尋常ではないのでしょう。

精神的に飢えている心の状態


精神的に満たされている人にハングリー精神は宿りにくいものです。ハングリーとは空腹、飢えている状態を指す言葉であるため、精神的に満たされておらず常に植えている状態のことをハングリー精神と言うこともできます。常に欠乏感があり満たされない心を埋めるため、強いエネルギーを生み出しながら物事に積極的に取り組むのでしょう

恵まれない環境から脱出するために必要な強い気持ち

ハングリー精神は、恵まれない生育環境や職場環境などから脱出するために必要となる強い気持です。ハングリー精神は、決して幸福とは言えない状況に甘んじることなく、よりよい立場や環境を求めて必死にもがこうとする原動力となります。幼少時代に貧困で苦しんだ人がハングリー精神によって成功する例は少なくありません。

ハングリー精神のメリット


仕事やスポーツにはハングリー精神が必要であると言われます。ハングリー精神を養うことによって常にモチベーションや向上心を高めながら物事に取り組むことができるでしょう。ハングリー精神を持つことのメリットについて紹介します。

仕事を意欲的に取り組める

ハングリー精神は飢えて強く物を欲したり、向上したいと思ったりする気持ちです。飢えはマイナスの状態ととらえられがちですが、そこから生まれるエネルギーはとても強大で物事を力強く推し進める力になります。同僚をライバル視したり、イバル社に敵対心を抱いたりすることで仕事を意欲的に取り組むことができるでしょう。

出世する可能性が高い

仕事で出世する際には誰にも負けないためにハングリー精神が必須となります。昇進する明確な目標を設定してがむしゃらに仕事に打ち込まなければなりません。ハングリー精神はライバルがいて打ち負かす際にも必要とされるものです。ハングリー精神があれば先輩、同僚、後輩のなかから何歩もリードして出世する可能性が高くなるでしょう、

充実した毎日を送ることができる

ハングリー精神を持っている人の特徴


ハングリー精神があると簡単に叶えることができない目標に向かって毎日努力し続けることができます。目標達成のために無駄な時間の使い方をせずに効率的に行動することにも配慮するでしょう。ただダラダラと過ごす日はなくなるので毎日がとても充実したものになります。ストイックな生活は人間的な成長も促してくれるでしょう。


ハングリー精神の持ち主は、周囲の意見に流されず確固たる信念を持って1つのことに努力し続けることができます。大きな夢や目標を実現するまでは途中で投げ出すこともないでしょう。ハングリー精神を持っている人にはどんな特徴があるのでしょうか。

現状に満足できていない

ハングリー精神の持ち主は自分の限界を定めることがありません。もっともっと成長できると信じているため、現状がどんなによくても満足することはないでしょう。そもそも掲げている目標や夢が普通の努力では実現不可能なレベルものです。小さな課題をクリアしたからといっていちいち満足していては最終目標に到達できません。

チャレンジ精神を持っている

ハングリー精神を持っている人は、常に何かにチャレンジする強い気持ちを持っています。1つのことをクリアできても満足することなくすぐに次の目標を設定して努力します。チャレンジを続けることが自分を強くし磨いてくれるものであると信じているのでしょう。ハードルの高いチャレンジに燃えるのが大きな特徴と言えるでしょう。

夢や目標をしっかりともっている


ハングリー精神の持ち主は、最終的に手に入れたい物、実現したいこと、などの明確な夢や目標を設定しています。夢や目標が大きくて実現困難なものであればあるほど努力のしがいがあると考える傾向もあるでしょう。夢や目標を実現するためには途中で投げ出さず、ブレずに強い信念を持って取り組むことができるのも特徴と言えます。

他人と自分を比較することが多い

ハングリー精神はボクサーなど相手のいるスポーツでも要求されることがあります。したがって、他人と自分を比較してどちらが強いか、優っているかを常に意識することになります。絶対に他人に負けたくない気持ちの原動力となるのがハングリー精神と言ってもいいでしょう。他人よりも自分が劣っているとわかれば何倍もの努力をすることになります

他人よりも自分を優先する

ハングリー精神の持ち主は常に自分の高い理想や目標を実現することだけを考えています。したがって自然に他人よりも自分を優先することが多くなります。これは他人をないがしろにするのではなく、他人に負けずに自分が一番になることを意味しています。他人に優しさを振りまいたり、気を遣っていたりしても自分の目標は達成できません

ムダ使いをしない

働く女性の給与や待遇の問題
ハングリー精神は物事に飢えた状態であるために強く欲するものです。物に満たされて安心しきっている状況ではハングリー精神を養うことはできません。普段から最小限の物やお金を大切に使うことを心がけており、決して無駄遣いするようなことはしないでしょう。恵まれない生育環境で育った人がハングリー精神で成功する例はいくつもあります。

現在の地位を失うことにおびえている

ハングリー精神の持ち主は相当な努力を重ねて現在の地位や能力を築き上げています。しそれと同時に、現在の地位や実力が絶対的なものでなくいつでも他人に奪われたり崩されたりするリスクをよく理解しています。そのため、現状に漫然とした態度でいることはなく、常に向上心を持って努力し続ける強い精神力の持ち主と言えるでしょう。

ハングリー精神を鍛える方法

働く女性の悩みで多いものはコレだ!結婚や出産・給与や待遇
自分を取り巻く環境によって自然にハングリー精神を身に付けることができる人もいます。しかし、そうでない場合は、自分で意識して鍛えないとハングリー精神を持つことはできません。ハングリー精神を鍛えるための方法を紹介します。

常に目標を持ち続ける

ハングリー精神を鍛えるためには常に目標を持ち続けるために安易にゴールを作らないことが大切です。高い理想や目標に向かって努力し続けることが必要であるためゴールに到達して安心してはいけません。常に満たされない気持ちを持ち続けることが大切です。目標を繰り返し設定して気持ちが途切れてしまわないようにしましょう。

目標とする人物を身近な人に設定する

ハングリー精神を鍛えるには高い理想や目標を持つことが重要です。しかし、その理想や目標があまりにも漠然としていると途中で疲れて見失ってしまうこともあるでしょう。できるだけ身近な人に目標を設定すると、日々嫉妬や負けん気に火をつけることができて気持ちが折れることがありません。身近な人を上手に利用して起爆剤にしましょう。

現状に満足しない

現状に満足してしまったらそこで終わりとなり、何かを求めるために気持ちを強くすることはありません。ハングリー精神を鍛える上で最も不必要なのが満たされてしまうことです。「これくらいでいい」と満足、妥協することでハングリー精神は萎えてしまいます。現状に決して満足せず貪欲に目標を設定するようにしましょう。

過去ではなく未来のことを考える


ハングリー精神を鍛えるうえで過去の思い出に浸ることは必要ではありません。過去にどんなに努力した自分がいたとしても、そのことに満足したら先に進めなくなってしまいます。これから何が起こるかわからない未来のことだけを考えてがむしゃらに突き進むことが大切です。今に満足できていないからこそ未来に何かを求めるのです。

挑戦する喜びを知る

初めからハングリー精神を鍛えることに抵抗があるのであれば、まず挑戦する喜びを知ることから始めてみましょう。小さなことでも挑戦してクリアできれば強い満足感や達成感が得られます。徐々に困難で実現不可能な目標を設定できるようにすれば、挑戦し続けるためにハングリー精神が必要となることが理解できるでしょう。

自意識過剰になってみる

ハングリー精神を鍛えるには自分や他人に打ち勝つ力をつける必要があります。自分に対して自信がなく安易に人を認めて勝てないと思うようだとハングリー精神は維持できません。少しでも自意識過剰になって「自分が一番」「誰にも負けない」と暗示をかけてみましょう。自分に対するうぬぼれや過度な自信がガソリンとなって精神力が鍛えられます。

刺激を受けられる人と交流を持つ


ハングリー精神を鍛えるためには自分だけでなく周囲の人を上手く利用することも大切です。自分だけで気持ちを強く持とうとしても限界があります。常に自分に刺激を与えてくれるような人と交流を持つことでモチベーションを維持し続けることができます。また、成功者が身近にいることで嫉妬心や粘り強い努力心に火をつけることができるでしょう。

ハングリー精神の注意点


ハングリー精神は生きるための強いエネルギーを生み出すきっかけになります。しかし、自分にさまざまな無理を強いることにもなるため注意すべき点もあります。ハングリー精神を持ち続けるうえで注意すべき点をみてみましょう。

感情的になりやすい

ハングリー精神を維持するためには常に緊張感に満ちている状態で気が落ち着く暇がありません。穏やかにゆったりとすることもほとんどないため、ちょっとしたことでカッとなったり、言葉が急に激しくなったりと感情的になりやすくなります。交感神経優位な状態が続き疲弊するとさらに感情的になりやすくなるため注意が必要です。

チームワークを乱してしまう

ハングリー精神の持ち主はいつも血気盛んで衰えることを知りません。常に何かを求めてストイックに努力する点では周囲にも尊敬されます。その反面、自分の意見を無理やり押し通してでも目的を達成しようとすることがあるため、チームワークを乱してしまうことがあります。一人だけ熱量が感情で周囲が置いてきぼりになることも少なくありません。

友人にも努力を強いてしまう


ハングリー精神の持ち主は常に自分を鼓舞しながら高い理想に向かって突き進んでいます。簡単にできることには興味がないため、相当な努力が必要なことに積極的に取り組むことにも慣れています。自分が努力できるのだから友人も努力して当然と考えて、無理やり友人にも無理難題を押し付けてしまうこともあるでしょう。

ストレスが溜まりやすい

ハングリー精神を持ち続けるためには常に現状に満足しない不満と何かを求める強い気持ちを維持しなければなりません。精神的に楽な状態は自堕落だと考えてしまうため、とことんまで自分を追い詰めてしまうことになります。そのため、自分では気づいていないつもりでもストレスが溜まりやすく、爆発すると取り返しがつかないこともあるでしょう。

まとめ

ハングリー精神は恵まれない環境から脱出するため、物事を強く欲するために常に飢えた状態で努力し続ける強い心を意味します。ハングリー精神を持つと強い信念や粘り強く努力する姿勢などを身に付けることができ仕事でもプライベートでも大きなメリットがあります。さまざまな方法を活用した精神鍛錬を通してハングリー精神を養いましょう。

- 1 / 1ページ -