視野を広げる9つの方法!視野を広げれば世界は変わる

職場の同僚や友人に極端に視野が狭い人はいないでしょうか。能力的には何の問題もないのに視野が狭いせいで失敗をしたり、友人づきあいに支障が生じたりすることも珍しくないでしょう。

ここでは、

についてご紹介します。

視野が狭い人の特徴


視野が狭い人は凝り固まった考え方や思考パターンのためにおもしろみに欠けるイメージがあります。また、偏った考え方から人間関係にも問題が生じそうです。視野が狭い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

協調性がない

視野が狭い人はさまざまな考え方や価値観を受け入れることができないため、独りよがりになりがちで協調性に欠ける傾向がみられます。1人で黙々と作業をする職人のような仕事であれば問題はないでしょう。しかし、チームでさまざまな考え方を出し合いながら仕事をしなければならない場合には足を引っ張ってしまう可能性があります

向上心を持てない

視野が狭い人は自分の知識や経験を積極的に広げようとしないため向上心が持てなくなります。それまでのやり方や考え方を転換してみることで向上することが可能となることもありますが、自分の価値観だけを信じているため変化が期待できません。同じパターンで思考し行動することは楽であっても成長にはつながらないでしょう。

思い込みが激しい


視野が狭い人は物事を1つの考え方で限定してしまうことが多く思い込みが激しい傾向がみられます。AにはBしかないと決めつけることから発想が始まるため物事が多方向に発展する可能性を自ら潰すことになります。他人に指摘されても自分の思い込みだけで実行しようとするため融通の利かない人間と思われることも多いでしょう。

仕事で失敗が多い

視野が狭いと自分の狭い考え方ややり方だけでしか仕事をしないため仕事での失敗が多くなる傾向があります。仕事で行き詰まっても周囲のアドバイスに耳を傾ける柔軟性にかけているため、自分のやり方を変えずに失敗することも多いでしょう。試行錯誤や柔軟な発想をすることが苦手とするため、仕事の効率が落ちてしまうこともあります。

視野を広げるメリット


視野が狭いと物事に多様性や可能性があることに気付かず人生で損をすることが多くなってしまいます。仕事だけでなくプライベートでの周囲の評価も低くなりがちです。視野を広げるとどんなメリットがあるかについて考えてみましょう。

物事を客観視できる

視野を広げると物事を幅広く客観的にみることができるようになります。視野が狭い人は自分だけの独特な価値観や主観でしか物事をとらえられないため、考え方や行動がワンパターン化しがちです。視野が広がると自分に対しても一歩引いて客観的にみることができ、新たな気づきも得られるでしょう。

色々な価値観を知れる

視野を広げると物事に対するさまざまな価値観が存在することに気付くことができます。視野が狭いと自分だけの価値観でしかものを見ることができないため、柔軟な発想や対応ができなくなってしまいます。さまざまな価値観があることに気付けば知識や知恵を引き出す手段も多様化し充実した生活にもつながるでしょう。

物事を多角的に考えられる


視野を広げると物事をさまざまな角度からとらえられるようになります。視野が狭いと偏った考え方でしか物事を見られなくなってしまいます。実際にはさまざまな特徴をもつ物に対しても1つの味方しかできなくなってしまうでしょう。視野を広げるとさまざまな方向から考えることができ新たな発見があります

小さな幸せを感じられる

視野を広げることによって日常生活のなかにある小さな幸せを感じられるようになります。視野が狭いと行動や思考のパターンに変化が少ない物事に対する興味や関心がわくことが少なくなりがちです。視野が広がれば空の青さや道端に割いている花の美しさなど、日頃何気なく過ごしてきた生活のなかに小さな幸せがあることに気付くようになるでしょう。

発想が柔軟になる

視野が広がると物事に対する考え方や発想が柔軟になります。視野が狭い人はこだわりが強く経験領域が狭いため、自分の固定概念だけで物事を判断する傾向があります。視野を広げることによって凝り固まった考えではなく、柔軟な発想で物事に対応することができるようになるでしょう。

色々なことに興味を持てるようになる


視野が広がると自分のテリトリーとしていたジャンルにこだわることなく、さまざまなことに興味を持てるようになります。視野が狭い人は特定の専門分野には強いもののそれ以外のことには疎い傾向があります。視野を広げてさまざまなことに興味がもてるようになれば、生き生きと楽しく生活することができ魅力アップにもつながるでしょう。

物事に対して積極性がでる

視野が広がると興味や関心の対象範囲が大きく広がります。興味や関心がわけば実際に試してみたくなり行動や実践に移すための行動力や積極性が出てきます。積極的に取り組めば新しい発見や気づきの素晴らしさを知り、自分にも無限の可能性があることを実感できるでしょう。

知る喜びを感じることができる

視野を広げるとそれまで興味や関心がなかったさまざまなことに対して知ることの喜びを感じられるようになります。こだわりが強く特定のことにしか興味がない偏った考え方になりやすく自分に不必要な情報は遮断してしまいがちです。視野を広げることによって無限の知識や情報を得る機会が得られ物事に柔軟に対応できるようになるでしょう。

色々な人との交流が楽しくなる


視野を広げると多様な価値観や生き方に共感できるようになります。強いこだわりでこれしかないと決めつけることもないので他人の話を聞くのも楽しくなるでしょう。職場の同僚や気心が知れた友人だけでなく異業種業界の人との交流などにも興味、関心をもって臨むことができるようになるでしょう。

視野を広げるおすすめの方法


視野が狭い人は自分で気づかずに思考や行動を限定する生活パターンを崩そうとしません。何もかも慣れていることばかりなので新しい刺激によって成長する機会に恵まれていないと言えるでしょう。視野を広げるためのおすすめの方法を紹介します。

色々な人と接する機会を増やす

視野の狭い人は自分の考え方に近い人や自分に異を唱えない人などの限定された交友関係のなかで満足している傾向があります。人間関係で不自由さは感じないでしょうが人間的な成長が期待できません。いろいろな人と接する機会を増やすことによって、自分は全く異なる考え方や生き方に触れることができ視野を広げることができるでしょう。

沢山の本を読む

読書にはお金をかけずにさまざまな疑似体験ができ、全く違う世界を覗くことができる魅力があります。作者の考え方や登場人物の心情などから、新しい気づきを得られることが多く貴重な経験となるでしょう。さまざまなジャンルの本を読むことによって、新たな気づきを実生活に活かすための視野を広げることができます。

色々なジャンルの映画や音楽を聞く


視野が狭い人は趣味が少なく1つのことを深く掘り探ろうとする傾向があります。特定の分野についてはとても詳しいのですが、他のこととなると全く知識がないばかりか興味も持ちません。映画や音楽に関しても限られた好きなジャンルだけでなく、さまざまなものに触れることによって新しい世界を知ることができるでしょう。

いつもと知らない道を散歩してみる

視野が狭い人は自分が安心して行動、思考できる狭いフィールドを確保して安心してしまう傾向があります。散歩するにしてもいつも同じ道で同じものを見て確認することで安堵するのでしょう。たまには知らない道を散歩してみると新しい発見の連続に脳が刺激を受けて活性化します。これまで考えなかったようなことに思いが及ぶようになるでしょう。

普段は入らないようなお店に行く

視野が狭い人には知らず知らずのうちに自分で行動範囲を限定している傾向もみられます。食事やショッピングで利用するお店も限られているため、安心はできますが新しい刺激を受けることがありません。普段は入らないようなお店に行くことで新鮮さやちょっとした違和感を覚えることから視野を広げることが可能となります

引越しをする


視野を広げるために引越しをして環境に変化を与えるのもいいでしょう。いつも同じ道、同じ環境だと行動パターンも決まってしまい、毎日の生活に変化が起きにくくなります。当たり前の生活に違和感を覚えることなく何も考えずに過ごしてしまいがちです。引越しをして環境が変われば新しい発見の連続で感覚も刺激されるでしょう。

普段は選ばないような選択をしてみる

視野が狭い人は自分では意識していなくても強いこだわりや変化のないルーティンがある場合が多いようです。複数のなかから1つを選択する際にも特に考えずにいつも同じものばかりを選んでしまいます。ワンパターンの思考は視野を狭めやすくなるため、普段は選ばないような選択をして新鮮な感覚を味わうといいでしょう。

イメチェンをしてみる

視野が狭い人は、メイクやファッションにも強いこだわりがあって流行りを取り入れることに抵抗があることも多いようです。より多様な価値観や感覚を身に付けるためにはイメチェンしてみるのもいいでしょう。自分に対する見方が自分だけでなく周囲も変化するので、新しい世界に触れるきっかけにもなるでしょう。

新しい趣味を初めてみる

定期的に運動をする
思い切ってこれまで経験したことがないような新しい趣味を始めてみるのもおすすめです。新しい趣味ではこれまでの知識や技術を生かすことができません。初めは戸惑うことも多いでしょう。しかし、触れるもの全てが新鮮で一気に視野が広がり新しい世界を知ることができます。

まとめ

視野が狭いと特定の分野に関する知識や偏った考え方だけで物事をとらえてしまいがちです。新しい発見や気づきを自ら遮断しているともいえるため、人間的な成長も期待できないでしょう。視野を広げるためのさまざまな方法を試して、充実した楽しい人生を送りましょう。