寝起きに行うストレッチが人気!初心者におすすめのストレッチ4選

寝起きストレッチをする女性が増えていますが、朝が弱い女性には特におすすめです。朝ストレッチをするだけで、ダイエット効果や体のだるさの解消効果も期待できます。

ここでは、

についてまとめてみました。

寝起きに行うストレッチの効果とは?


寝起きにストレッチを行うと、健康や美容面でさまざまな効果が期待できます。まずは、どんな効果が得られるのかチェックしましょう。ここでは、寝起きストレッチがもたらす主な効果を紹介します。

寝起きの体のだるさや重さの解消

寝起きのストレッチは、寝起きのだるさや重さの解消効果が期待できます。ストレッチをすると、交感神経を活発化させて身体を活動状態に持っていけるためです。また、朝日を浴びながらのストレッチだと、セロトニンと呼ばれる幸せホルモンの分泌も促すため、さらに体のだるさは解消されるでしょう。

肩や首などのコリの解消

寝起きにストレッチするメリットは、肩や首などのコリを解消できることです。起きたときにコリを感じるのは、寝ているときに寝返りを打つことや寝具が体にフィットしてないことが理由になります。朝ストレッチをすることで、肩や首のコリをいち早く解消できるのです。

頭をスッキリとさせる


起きたときのボーっとした頭をスッキリさせるために、寝起きのストレッチは効果的です。寝ている間は体温も血圧も低くなっており、体は休息モードに入っているため、目覚めても体は起きていません。マッサージをすることで全身に血液を巡らせ、脳も目覚めさせることができるのです。

体の歪みの改善

寝起きのストレッチは、体の歪みの改善を図る効果が期待できるでしょう。体が歪んでしまうのは、寝ているときの姿勢も関係しています。起きたときにストレッチで調整すると、姿勢をリセットできるのです。しかし、起きたときにストレッチをせずに歪みを整えないと歪んだ姿勢が作られます。正しい姿勢を作るためにも、ストレッチは欠かせません。

腰痛の改善

朝起きたときに腰の痛みを感じる場合は、寝起きのストレッチで改善効果が期待できるでしょう。寝起きの腰痛は寝るときの姿勢も関係しており、状態としては筋肉が凝り固まっています。朝のストレッチを行うことで、腰の痛みに関係する筋肉を解し、腰痛改善に繋がるわけです。ただし、無理をすると逆効果になるので慎重に行う必要があります。

ダイエット効果


寝起きにストレッチをすることは、ダイエットに効果的です。寝起きは一日の中で、もっとも基礎代謝が下がっている時間帯になります。そのまま目が覚めるのを待っていると、朝の時間帯を基礎代謝が低い状態で過ごさなければなりません。しかし、朝からストレッチをすると全体の代謝量を上げることができるため、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

自律神経のバランスを整える効果

寝起きのストレッチは、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。寝起きは自律神経の働きが不活発で、やる気が起こらずだるさを感じるのです。ストレッチをして血行の流れを促すと、自律神経が整ってきます。寝起きの不快感も早めに解消されて、すっきりした朝のスタートが切れるでしょう。

便秘を解消する効果

寝起きに行うストレッチは、便秘解消にも効果的です。ストレッチをして代謝を上げて腸の運動を活発するためですが、激しい運動よりもゆったりしたストレッチを行うのがポイントになります。また、ストレッチなら起きた体勢のまま行うことができるので、排便のタイミングが朝ごはん食べた後くらいになるでしょう。

朝から食欲が出る

朝ごはん
朝起きて食欲が出ないは、寝起きストレッチがおすすめです。起きたときは血流が悪く、代謝が上がって血流がアップするまで食欲は出にくくなっています。ストレッチで血行を促すと、食欲が湧いてくるのです。美味しく朝食を食べるためにも、食事前のストレッチをおすすめします。

ストレッチ初心者におすすめの寝起きストレッチ


寝起きストレッチには、さまざまな目的や種類があります。まずは、ストレッチする目的を明確化させましょう。その上で自分に適したストレッチをすることが大事です。ここでは、ストレッチ初心者でも簡単にできるストレッチを紹介します。

寝たままできる目覚めすっきりストレッチ


朝起きて、すぐにできるストレッチ法です。ベッドの上で行うこともできるため、目が覚めてストレッチをすると起き上がったときにスッキリします。体にかかる負荷が少なく、腰痛や肩こりが気になる人にも効果が期待できるでしょう。起床時は身体が固まっているため、ゆっくり少しずつ体を動かすことが大事です。

ぽっこりお腹を引き締める腹筋ストレッチ


寝起きからしっかりダイエットしたい人におすすめの腹筋ストレッチです。寝たままの姿勢で行うことができるため、起床時にそのまま行うと良いでしょう。ゆっくりした動作で、少しずつ腹筋に負荷をかけるのがポイントになります。ストレッチに十分な時間が取れなくても、少ない時間でも良いので毎日継続して行うことが腹筋を鍛えるためのコツです。

寝起きの腰痛をほぐすストレッチ


朝起きたときに腰痛がひどくて背中が伸ばせない人におすすめの寝起きストレッチです。寝ている間は動きが少ないため、腰周辺の筋肉は反った状態になっています。うつぶせで背中を丸め、骨盤周辺の筋肉をほぐすイメージで行いましょう。寝起きで体が固まっている場合は、少しずつ動かし代謝を上げていくと良いでしょう。

寝起きの肩の痛みを解消するストレッチ


寝起きの肩が痛い症状は、肩周辺の筋肉が固まっているためです。このストレッチは、縄跳びを使って簡単に凝った筋肉の緩和を促します。ストレッチをしてみると、肩甲骨あたりの筋肉が動いているのが実感できるでしょう。肩甲骨の筋肉をほぐすと、肩の痛い症状が軽減されます

寝起きに行うストレッチの注意点


寝起きにストレッチをする場合、正しい方法で行う必要があります。間違った方法ですると、効果が得られないだけでなく体を痛める原因にもなるので注意しましょう。ここでは、具体的に寝起きストレッチで気をつけることを紹介します。

勢いをつけて行わない

寝起きにストレッチするときの注意点は、勢いをつけて行なわないことです。勢いをつけてしまうと、急に固まっている体を伸ばすことになり、筋肉の痛みにつながる場合があります。まずは、少しずつ体を動かすことをイメージしましょう。勢いをつけなくても痛みを感じる場合は、無理をせず様子を見ましょう。

痛いと思うほど伸ばさない

ストレッチはよく伸ばすのが基本ですが、痛いと思うほど伸ばさないようにしましょう。伸ばし過ぎると故障の原因になります。朝ストレッチは代謝を上げることが目的です。いきなり、ストレッチ効果を得ようとすると逆効果になります。ゆっくり伸ばして体を慣らしていきましょう。

左右均等に行う


寝起きストレッチは、左右均等に行うのがポイントです。腰痛や肩こりなどの症状は、左右のバランスが崩れることで生じる場合もあります。ストレッチが左右どちらかに偏ることは、体のバランスが崩れることになるでしょう。アンバランスなストレッチが体の不調の原因になる可能性もあるので、必ず左右均等に行うことを意識してください。

しっかりと呼吸をしながら行う

ストレッチをするときは、しっかり呼吸をしながら行ってください。深い呼吸をして全身に酸素を取り入れることで、細胞の活性化を促すことができます。代謝を効率的に上げることができるので、自律神経の働きや体のコリの解消効果にも効果的です。呼吸を意識せずに行ってしまうと、十分なストレッチ効果が得られない可能性があります。

まとめ

寝起きストレッチは、体のバランスを整えるために欠かせません。ストレッチをすることで自律神経を整えることやダイエット効果、健康効果も期待できるでしょう。ストレッチをする場合は、正しい姿勢で行うことが大切です。また、他の時間帯よりも体が固まっているため無理はしないようにしましょう。朝ストレッチで快適な1日にしてください。