お肌が老化してしまう原因

鼻の下が乾燥してしまう原因と乾燥したときの6つの対処法

顔のパーツで乾燥しやすい部位に鼻の下があります。鼻の下の乾燥は目立ちやすく、肌荒れが起こるとメイクでさらに悪化することもあるので対策が必要です。

ここでは、

についてまとめてみました。

鼻の下がカサカサに乾燥してしまう原因


鼻の下がカサカサに乾燥するのは、ライフスタイルが原因になっているケースがほとんどです。まずは、どんな理由で鼻の下が乾燥するか要因を知りましょう。ここでは、鼻の下がカサカサする主な原因を紹介します。

もともと皮脂腺が少ない部位

鼻の下は、顔のパーツの中でも皮脂腺が少ない部位です。皮脂腺から分泌される皮脂には保湿の働きがあるため、皮脂腺が少ないことで乾燥しやすくなります。特に乾燥肌や混合肌タイプの人は、他の人よりも皮脂が分泌されにくいため乾燥しやすくなるので注意が必要です。

外気の乾燥

外気が乾燥していると、鼻の下もカサカサしやすくなります。外気の乾燥が、肌に分泌される潤い成分を蒸発させるからです。特に空気が乾燥しやすい冬や春は、肌の乾燥も顕著になります。夏でもエアコンの効いた室内は乾燥しているため気をつけましょう。

除毛による肌へのダメージ

丸顔の悩み
鼻の下に生えている産毛を処理すると、肌に負担をかけて鼻の下が乾燥します。特にカミソリを使って除毛していると、肌の表面を削り取って角質が傷つくため、保湿機能が低下するので注意が必要です。除毛した後は、しっかり保湿を行いましょう。

ストレス

ストレスが多い環境だと、自律神経が乱れて保湿機能が正常に働かず、鼻の下の乾燥を引き起こす場合があります。ストレスが原因の場合、肌質が敏感肌や乾燥肌に変わることも少なくありません。リラックスする時間を作って、ストレスを発散させていきましょう。

鼻のかみすぎ

鼻をかみすぎることも、鼻の乾燥を引き起こす原因です。鼻炎や花粉症の人は、他の人に比べて鼻をかむ機会が多いので気をつけましょう。使用するティッシュは柔らかいソフトタイプを選ぶと肌に与える刺激は減らせます。鼻水がひどい場合は、病院で鼻水を止める医薬品を処方してもらいましょう。

不規則なライフスタイル


食生活の乱れや睡眠不足など、不規則なライフスタイルは鼻の下を乾燥させる原因になります。ライフスタイルが乱れると、自律神経が乱れてしまうためです。せっかくスキンケアしても、十分な効果を得ることができません。肌が持っているバリア機能が低下し、鼻の下だけでなく他の部位も乾燥するので注意しましょう。

化粧品があっていない

使用している化粧品が合ってないことも、鼻の下を乾燥させる原因になります。化粧品を変えて乾燥しやすくなった場合は要注意です。また、乾燥が気になって他の化粧品に変えて症状が改善することもあります。自分の肌質に合った化粧品を探すことが大切です。

過度なスキンケア

過度なスキンケアは、肌の乾燥を促します。特に1日に何度も洗顔している人は要注意です。皮脂が分泌されると顔のテカリが気になるため、ついつい何度も顔を洗ってしまいます。適度な皮脂は保湿成分として働き、洗い流すことは肌の乾燥を促すため気をつけましょう。

鼻の下が乾燥してしまったときの対処法


鼻の下の乾燥が気になるときは、保湿を促すことや乾燥を防ぐことが大切です。正しい対処法で、鼻回りの乾燥を緩和させる効果が期待できます。ここでは、鼻の下が乾燥してしまったときの具体的な対処法を紹介します。

リップクリームを付ける

鼻の下が乾燥したときは、リップクリームを付けると乾燥が改善される場合があります。本来は唇の保湿をするために使用するものですが、保湿効果や炎症を抑える働きが大きいため、鼻の下の乾燥にも効果を発揮するのです。自分の好みに合ったリップクリームを選びましょう。

ホホバオイルなどの天然オイルでラップパック

鼻回りの乾燥が気になる場合は、ホホバオイルを使うと良いでしょう。保湿効果が高く、肌の細胞に働きかけて再生を促す働きがあります。肌へのダメージも少なく、乾燥肌体質の人でも安心です。ホホバオイルを選ぶときは、より保湿効果が期待できる未精製のオイルを選びましょう。

ワセリンで保湿する

白色ワセリンを塗りマスクをして寝る
鼻の下の乾燥を防ぐ方法として、ワセリンを使った保湿法があります。ワセリンを鼻の下に塗ると乾燥を防いでくれるでしょう。また、ワセリンを綿棒で取って、鼻の中に塗るとワセリンがフィルターになってくれます。鼻の乾燥の原因となる花粉予防にも一定の効果が期待できるでしょう。

濡れマスクで保湿する

鼻回りの乾燥を防ぐ方法として、濡れマスクの使用があります。濡れマスクは市販で販売されている専用の濡れマスクや、一般的なマスクを湿らせて使うことも可能です。鼻の下の乾燥だけでなく、風邪予防にもなるため、風邪が原因の鼻水予防にもつながっていきます。

肌のバリア機能を上げる食事をする

鼻の下の乾燥が気になる場合は、肌のバリア機能を上げる食事をしましょう。タンパク質やビタミンA、ビタミンC、亜鉛などの成分がおすすめです。野菜や肉類、魚介類に多く含まれているので、これらの食材を日頃から意識して摂取しましょう。

洗顔方法を見直す


鼻の下の乾燥対策として、洗顔方法の見直しがあります。洗顔は肌への刺激が少ないタイプを使うと良いでしょう。洗顔の頻度も見直し、回数が増え過ぎないように見直すことも大事です。また、洗顔後はしっかりすすぎをして成分を残さないことやタオルでゴシゴシ水分をふき取らないように気をつけましょう。

鼻の下の乾燥を予防する方法


鼻の下の乾燥を予防するためには、生活習慣の改善を図ることや肌の保湿を促すことが大切です。ここでは、鼻の下の乾燥を予防する方法を紹介します。

質の高い睡眠をとる

鼻の下の乾燥を防ぐためには、質の高い睡眠を取りましょう。睡眠を取ることで、自律神経の働きを整える効果が期待できます。鼻の下にある皮脂腺の働きを促し、乾燥も防ぐことに繋がるのです。肌のコンディションを整えるためにも、夜更かしをせずに睡眠リズムを一定にしましょう。

半身浴などでリラックスする

半身浴をしてリラックスするのも、鼻の下の乾燥を防ぐ方法です。リラックスすることで、肌の乾燥と関わりが深いストレスを緩和します。全身の代謝を促すため、肌のバリア機能を高めて乾燥しにくい肌質にもなるでしょう。ただし、保湿成分を奪いやすくなるため、お湯で何度も顔を洗うのは控えるようにしてください。

保湿ティッシュを使用する


鼻の下の乾燥を防ぐためには、保湿ティッシュの使用をおすすめします。保湿ティッシュは水分を多く含んだティッシュで、通常のティッシュと違うのはソフトな使い心地です。刺激が弱いため、鼻の下が荒れるのを防ぐことができます。また、保湿ティッシュを選ぶときは保湿成分が含まれているタイプがおすすめです。

ノーメイクデーを作り肌を休ませる

ノーメイクデーを作って、肌を休ませるのも鼻の下の乾燥防止におすすめです。あえて肌にスキンケアをしないことで、肌が持っている本来の力を回復させます。スキンケア対策をしても肌の状態が改善しない場合は、メイクを控えて様子を見ましょう。

天然成分で作られた石鹸を使用する

鼻の下の乾燥には、天然成分で作られた石鹸の使用をおすすめします。化学成分が多く含まれている石鹸は肌の保湿成分も奪ってしまうため、天然成分で作れている方が肌の乾燥を防げるからです。石鹸を選ぶときは、含有されている成分にも注目して選びましょう。

ブースターで保湿効果をアップさせる


ブースターを使って、保湿効果を高めることも鼻の下の乾燥対策におすすめです。化粧品などのスキンケア商品の浸透を助け、より保湿を促すことができます。オイルや化粧水などのタイプがありますが、どちらを使っても乾燥対策には効果的です。使用しやすい方を使うと良いでしょう。

まとめ

鼻の下が乾燥するのは、生活習慣の乱れや空気の乾燥、間違ったスキンケアなどが原因です。鼻の下の乾燥は肌荒れの原因にもなるので、原因を知って対策する必要があります。また、鼻炎や花粉症などが原因で鼻水が出やすい人は、医療機関に相談してみるのもおすすめです。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。