告白の言葉を選ぶポイントと男女別のおすすめのセリフ10選

ずっと想い続ける人に告白するために言葉選びに迷った経験はありませんか。告白の言葉は本気の気持ちを伝えるものであると同時に相手の心に残るものでなければなりません。

ここでは、

についてまとめてみました。

告白の言葉を選ぶ際に重要なポイント


告白の言葉は相手に自分が特別な好意を寄せていることを伝える大切な言葉です。言葉の選び方によってその後の2人の関係が良くも悪くも変化することになります。告白の言葉を選ぶ際に重要なポイントとは何でしょうか。

真剣なことが伝わる言葉を選ぶ

告白は冗談や軽い気持ちで行うべきものではありません。したがって、告白の言葉は相手位に対する気持ちが本物であることを真剣に伝えるものを選ぶべきでしょう。言葉の選択を誤ってしまったために本意を理解してもらえず振られてしまうこともあります。

たくさんの言葉をダラダラと長く並べると印象に残らないだけでなくくどく思われるため、簡潔に真剣な想いを伝えられる言葉を選ぶようにしましょう。

本当に好きなことが伝わる言葉を選ぶ

告白の言葉選びに悩み過ぎると言葉だけが先行して想いが伝わらなくなることがあります。どんなに格好いい言葉であっても本当に相手のことが好きであることが伝わらないと意味がありません。

相手にどうして欲しいかは次のステップとなるので、まずは自分が相手をとても好きであることを簡潔に伝えるようにしましょう。抽象的な表現よりもわかりやすい具体的な表現の方がおすすめです。

相手の立場を考えた言葉を選ぶ


せっかく勇気を出して告白したのにその言葉によって相手を追い詰めたり負担をかけてしまったりしては意味がなくなります。自分と相手との距離感から相手の立場を考えた適切な告白の言葉を選ぶことが大切です。

自分が相手のことをよく知っているのとは違って相手が自分の存在を意識していない場合もあります。自分の気持ちを伝えることは大切ですが気持ちを押し付けないようにすることも大切と言えるでしょう。

変に凝りすぎない

人生の節目となるプロポーズであればサプライズを考えて一生の思い出に残るものとしたいと思うでしょう。しかし、恋愛に至るための告白であれば凝りすぎると逆に引かれてしまうこともあります。

告白は受け入れてもらえるかどうかわからないため、場所や演出に凝り過ぎて失敗するとダメージが大きくなります。相手からもオーバーな人と思われる可能性もあるでしょう。

告白するシチュエーションに合わせて選ぶ

シチュエーションに合わせたムード、距離感によって告白の言葉は適切に選ぶことが大切です。その場の雰囲気や勢いで突然告白することもあるでしょうが、ほとんどの場合は心の準備をするためにも事前に入念なプランを練るはずです。

多少距離が近い状態であれば、デートや食事の際に、片思い中ならどこかに呼び出して、など告白するシチュエーションはそれぞれ違います。

緊張しても噛まないセリフにする


告白の言葉には胸に刺さる素敵なものがたくさんありますが、緊張したときでも噛んでしまわない言いやすいものを選ぶことが大切です。ここ一番のときにしっかりと言えなかったら場がシラケてしまいます。

ずっと好きだった気持ちを告白する瞬間、緊張しない人はいません。しかし、ずっと言えなかった想いを伝える大切な機会となるためセリフで失敗するとずっと後まで引きずってしまうでしょう。

男性からの告白の言葉


女性よりも男性が告白する割合は高く全体の半数以上と言われています。告白に慣れていても女性をガッカリさせてしまうこともあります。女性が喜ぶ男性からの告白の言葉を紹介します。

ひとめぼれしました

一目惚れは何らかの関係があって徐々に親しくなるのではなく、ふとした瞬間に女性を見かけて好きになってしまうことです。したがって、「ひとめぼれしました」は女性の外見が男性の好みのタイプにぴったりでとても魅力的に見えたことを伝える告白の言葉と言えます。

一目惚れと言われて嬉しくない女性はいないはずです。女性の方は男性の存在すら気づいていない場合や知り合ってからほとんど時間が経っていないこともあるでしょう。

付き合ってください

堂々と男らしく「付き合ってください」と言われると気持ちがストレートに伝わって心が動きやすくなるものです。あまりにも定番過ぎる言葉ですが、それだけに女性が憧れている告白の言葉でもあります。

褒め言葉や愛の言葉を数多く並べられるよりも一言で告白してくれる方が男性の潔さを感じることができるでしょう。

ずっと好きなんだ


この告白の言葉の重要キーワードは「ずっと」です。昨日今日芽生えた恋心ではなく長い間1人の女性を想い続けてきた気持ちが強く伝わる言葉となるでしょう。時間が経過すると想いが冷めることはよくあるのに長い時間をかけてさらに愛情が強くなっていることを告げられた女性はキュンとなるでしょう。

男性の誠実さがしっかりと伝わる言葉として効果的で、特に関心がなかった男性からであってもドキッとするでしょう。

大切にします

「愛しています」「付き合ってください」などの告白の言葉は自分の気持ちや希望を伝える

ものです。しかし、「大切にします」は彼女の立場を尊重していることを表現する言葉となります。好きな気持ちを全面に出すのではなく、彼女の事を心から大切に思っている気持ちが伝わるでしょう。

男性にとって彼女が特別な存在であることを伝える言葉として、女性をキュンキュンさせてくれる言葉になるでしょう

俺の彼女になって

告白の言葉としてはかなりざっくばらんでフランクなものです。男性のことをあまり知らない関係でこれを言われたらチャラい男のナンパと勘違いされることもあるでしょう。

しかし、男性とある程度デートを重ねていて親しくなっている場合は、少し乱暴なこの言葉にクラっときてしまう女性もいるはずです。肩に力が入らずに言える告白の言葉なので、答える女性も改まって固くなることもないでしょう。

女性からの告白の言葉


女性から告白するのはなかなか勇気がいるもの。なかなかあり得ないシチュエーションだけに、告白された男性はドキドキがとまりません。男性に人気の女性からの告白の言葉を紹介します。

好きです

女性にじっと目を見つめられながら「好きです」と言われてドキッとしない男性はいないでしょう。真っすぐでひたむきな気持ちがストレートに伝わる最上級の告白の言葉と言えます。

自分の気持ちをはっきりと伝えるためにどれほどの勇気が必要かがよくわかる言葉であるため、男性も真剣に答えなくてはと考えるでしょう。片思いをずっと続けて悶々とするより口に出してスッキリしたい告白の言葉でもあります。

付き合ってください

男性の告白の言葉としてもポピュラーな「付き合ってください」を女性から切り出すのはなかなか勇気がいるものです。「好きだから一緒に居たい」と言葉にしなくても「付き合ってください」のなかに全ての気持ちが含まれます。

この言葉を言われた男性は好きか、嫌いかではなく付き合うか付き合わないかの返答を迫られることになります。しばらく考えさせてくれと言われることがあるかもしれませんが、真剣に考えて答を出してくれるでしょう。

一緒にいたい

彼女の好きなところはどこ?うまく言えない男ゴコロ10選
2人の距離感をぐっと縮めてくれる告白の言葉です。相手のことが本当に好きで片時も欠かさず傍に居たい気持ちがよく伝わってきます。それまでの2人にある程度の距離を保ったつきあいがあることが前提となるため、片思いからの告白には向かない言葉と言えるでしょう。

相手も自分を想う気持ちがあることが確認できてから言いたい告白の言葉です。男性が口にする前に女性の方から言うことで「俺、もっとしっかりしなくちゃ」と思わせることもできるでしょう。

あなたの一番にしてください

ちょっとしたユーモアとともに胸に刺さる魅力的な告白の言葉です。ある程度恋愛慣れした女性が小悪魔的な魅力を込めて言うのにぴったりでしょう。何回かデートを重ねていても自分が本命かどうかわからない場合、相手に他にも仲の良い女性の存在が感じられる場合などにも有効な言葉です。

好きな気持ちを積極的に伝える言葉ですが、気軽に言うことで男性にも負担をかけない告白の言葉と言えます。

好きになってもらうまで頑張るね

何ともけなげで謙虚な告白の言葉です。相手に意中の人がいるとき、または、まだ自分を友人としてしか見てくれていないことを自覚しているときに彼に言いたい言葉となります。現時点では恋愛に発展する可能性が低いものの、彼を好きな気持ちにこれからも変わりがないことをはっきりと宣言するものです。

この言葉を言われて意識しない男性はいないでしょうし、好きになってもらうための具体的な努力が見えればカップルになれる可能性も高まるでしょう。

まとめ

相手のことが大好きであることを伝える告白の言葉は、セリフによって与える印象が変わってくるため言葉選びは慎重に行う必要があります。相手を本気で好きだと伝わる言葉選びとともにシチュエーションや関係性に合ったものを選ぶことも大切です。男女別に言われて嬉しい告白の言葉を参考にして相手をドキッとさせる告白の言葉を選びましょう。